萌奈の母 さん プロフィール

  •  
萌奈の母さん: 河合萌奈同好会
ハンドル名萌奈の母 さん
ブログタイトル河合萌奈同好会
ブログURLhttp://ameblo.jp/kawaimona1/
サイト紹介文リオデジャネイロからリオグランデに引越し。アメコカ4+ボロニーズで楽しい南米生活続行中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供120回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2013/08/15 21:46

萌奈の母 さんのブログ記事

  • さよならのこちら側から・・・夢
  • 前回の続き・・・ マー君のママ 「ごめんね。マー君、お外に出られないの・・・」まなちゃん・・・きっと嫌われたんだな、わたし。 続く にほんブログ村 今朝、夢の中で・・・野外スタジアムらしきところの客席の階段にいたら上の方からトランクが落ちてきたそれは古ぼけた赤い布張りのトランクで落ちたせいで持ち手のところが壊れたこれはジャスティンのトランクであたりを探したらジャスティンが人間の姿で立っていたバスケット [続きを読む]
  • さよならのこちら側から・・・
  • 困難な時を乗り越えるためには短い時を精いっぱい生きる花の清浄な力を借りるのもいいかもしれません ワンコドラマ「ママを探して3000日」・・・今までのお話はこちら白いワンコ、マー君を散歩に誘いに行ったまなちゃんですが・・・マー君の家もう一度お外に出てきてマー君の笑顔が見たいから・・・つづく にほんブログ村 [続きを読む]
  • 湿度対策と肝臓の関係
  • 約3年前に、犬5頭とリオデジャネイロにきて何が変わったというと・・・さすがに治安は悪いので散歩に出るときは緊張感がありましたが、動物に優しい国民性なので多頭飼いでも肩身の狭い思いをしなくなったことでしょう。 さらに寒暖差が少なく、循環器系に問題がある老犬には適した気候で、湿度が低く、どんなに暑くてもカラッとしているのが良かったようで、コッカーに特有の皮膚炎、外耳炎にならなくなりました。それで、常に皮 [続きを読む]
  • 犬の一日の必要水分量は?
  • 暑い日やお散歩の後など、ワンコがちゃんとがぶがぶ水を飲んでいれば別に心配ではないですが、逆に飲みすぎで病気ではないかと心配になることもあるでしょう。でもこちらは冬で、なんとなく水の飲む量が少ないのではないかと不安になってきました。特にうちのもなかは13歳でご飯時以外は寝ていることが多いです。 今まで多頭飼いで一頭一頭、必要なだけ水を飲めているのかわかりませんでしたが、今は一頭だけなので目配りできるよ [続きを読む]
  • 壊れた心を木の下に埋める・・・
  • あっという間に終わったかに見えたワンコドラマ「ママを探して3000日」。性懲りもなく再開です。今までのお話は こちらから・・・ ある晴れた日マー君と公園をお散歩しているとボール遊びをしている女の子たちに会いました 少しマー君を困らせようとしただけなのにすぐ返すつもりだったのに私、隠したことを忘れてしまった・・・毎日お外で楽しかったからごめんなさい・・・ あなたはありのままでいいのよ。本当に?にほんブ [続きを読む]
  • ブラジルでかちかち山
  • 体の芯から寒くなるような日が続いています。日本の暑さを半分にしたら、おたがいちょうどよくなるのに・・・ ということでうちの暖炉にも火が入りました。おお!まるで火事!これではすぐ薪がなくなってしまう火の調節が難しい・・・着火剤のアルコールジェルをつける紙くずがいるので家から紙ごみが無くなりましたもなか・・・背中がカチカチ山になるよ見た目ほど暖かくないし薪はすぐなくなるし寒くて外に出たくないので電話で [続きを読む]
  • 失った時は戻らないけど?
  • 毎日寒い日が続きます。こちらは本格的に冬になりました。 一生の折り返し地点をこえて、自分の好きなもの、愛する者がどんどんなくなってしまう・・・そういえばここ一年で、私の好きなロックスターたちが亡くなって、本当のお星さまになってしまったり、ステージから引退したり、しみじみ移り変わる年を感じるようになりましたが・・・ 70年代に、Angelというバンドがあって、80年代の音楽業界の商業化の波に乗れず解散して [続きを読む]
  • YouはNYに何しに来たの?
  • MOMAでゴッホの「星月夜」を鑑賞した後は、メトロポリタン美術館へ。本当は1日あってもすべては見つくせないほどの広さですが、駆け足でほとんど見て回りました。 The Metropolitan Museum of Art (Met)南アメリカの展示室に行ったらこんな金ぴかの王冠がありましたCrown of the Virgin of the Immaculate Conception(The Crown of the Andes)無原罪のお宿りの聖母の王冠(アンデスの王冠)征服者スペイン人が先住民のアンデスの [続きを読む]
  • ブラりNY旅
  • ぶらっとブラジルから離れてNYへ・・・神々の住む山々も深い青の湖もきれいなおねえさんのいる海もないニューヨークに何しに? MOMA(ニューヨーク近代美術館)にいってThe Starry Night(星月夜)に会いにその隣にはアンリ・ルソーの「夢」実物は204.5cm×298.5cmの大作です「モンパルナス駅」キリコの作品多数マッチ棒のような2人の影がいいねこのような名作もしっかり鑑賞しましたがルネ・マグリットの「光の帝国」が見当たらな [続きを読む]
  • ブラジルの田舎者ニューヨークに行く
  • 少し前の話・・・ニューヨークはブラジルへの乗り継ぎで通過することはあっても、行ったことはありませんでした。空港からマンハッタンまでタクシーだと高いので、地下鉄の乗り方を調べて節約旅行の始まりです。グランドセントラルターミナルに到着お宿はここから歩いて5分の便利なところですニューヨークはたくさん和食の店がありますね懐かしの天ぷらうどんを食べました歴史的高層ビルの立ち並ぶ古い大都会ですが裏通りに行くと [続きを読む]
  • ジャスティンの形見分け
  • 今日は珍しくよく晴れていて、最高気温19度。でも家の中はひんやりしていたので、もなかには綿入れジャンパーを着せて出動! 外に出ると日差しが強くて暑いので脱がせました公園に行くと暖かいせいか芝生を歩くたびに蚊がブーンと飛んできます寒い日が続いたというのに最低気温15度くらいだと蚊もまだ寒さに耐えて生き延びているのです自然な芝生の上より石畳の上の方が安全みたい・・・ ジャスティンが残していった療法食元気な [続きを読む]
  • 最近のブラジル食料事情
  • ブラジルの果物といえば、アサイーやマンゴー、パパイヤでしょうけど、ここブラジル南部は寒い地方なので、リンゴやカキが美味しいです。イチゴも出盛り期になって、リオで売っていたイチゴより新鮮でおいしいです。柿は日本の富有柿と同じですリンゴはふじ、ジョナゴールドやデリシャスのような味のリンゴもあります2年前にリオにいたときは薄切り肉やひき肉は肉屋さんに注文しなければ買えませんでしたが今はサンパウロではすき [続きを読む]
  • ブラジル犬連れ一人旅
  • ワンコがもなかだけになって、いつまでも家の中で鬱々していてもダメだしね・・・「もなかのおやじ」が出張でいないので、これはチャンス。広い庭のあるワンコ宿泊可の宿を探して、犬連れ一人旅を決行!というほど大げさではなく、車で30分ほどの近場です。避暑地カッシーノのはずれにある、お庭がきれいだという小さな宿に行ってみました。今住んでいるところは、街の中心なので広い芝生で自由に遊ばせるところがないのです。 家 [続きを読む]
  • 室内アジリティ?
  • 南半球のこちらの地方、今は冬です。ずーっと雨ばかり降って寒いです。先日は嵐でものすごい雨量で、交差点が池になっていました。そんなわけでなかなかお散歩に行けずにいると、室内遊戯するしかないですか・・・ これは!室内アジリティ?いえ、ここの家にもとからあった3色の謎な壺・・・ にほんブログ村 [続きを読む]
  • もうお散歩はできない?
  • 最近、もなかが一人っ子になって変わったことと言えば、毎朝5時に「お腹減った。ご飯作って」と私を起こしに来るようになったことです。両前足でバーンと、たたき起こしに来る感じです。 もなかはもう13歳ですし、貧血があって50mくらい歩いただけでハアハアいっています。血液検査の赤血球の数値は、日本の犬の正常値で見ると低いほうに辛うじて引っかかっている状態ですが、ブラジルの基準では獣医が重症な貧血と言って [続きを読む]
  • 安楽死ではない
  • ジャスティンとボロニーズのよしお君は同じ病気で、僧帽弁閉鎖不全症でした。でも犬種も体型も違う2頭が、同じ病気だからと言って同じ経過をたどるわけがありません。飼い主としては先に病気になったよしお君を療養の参考にしたいですが・・・ よしお君はブラジルに来て、心臓専門医のアドバイスを受け、年相応に悪くなったり、また復活したり小康状態を保っていました。くるくる歩き回るようになったので、子供用プールを使 [続きを読む]
  • もなかがうにか
  • ジャスティンがお空に行って、母一人取り残されてかわいそう?いや、まだもなか13歳がいるんです。 もなかは2004年に、近所のペットショップで何か月も店に置かれているのを見て買った子です。その時はまだペットショップにいる子たちがどんなところで生まれて、そのお母さんがどんな酷い環境で商品である子供を産まされているか、現状を何も知らなかったのです。子犬のころから病気をして、これは何か変だと気付いたこと [続きを読む]
  • どうして?ジャスティン
  • ジャスティンをお空に送った後、ペット葬儀場のCremapetからタクシーで、ポルトアレグレで一番大きな教会のカテドラルメトロポリターナに行って、ジャスティンやほかのみんなの供養に行ってきました。 Plaza marechal Deodoroから見た教会Catedral Metropolitana de Porto Alegreブラジル南部最大の都市ポルトアレグレで一番大きな教会なので功徳も大きいかと・・・お祈りをした後、ポルトアレグレの街を歩きますMercado Púb [続きを読む]
  • ジャス男と最後の旅
  • 私たちの住むRio Grangeにはそういう施設がないので、バスに5時間乗りブラジル南部最大の犯罪都市(笑)ポルトアレグレに行き、それからさらにタクシーで1時間かけてそこに着きました。 ジャス男「おかぁたま、ここはいったいどこですか?」おかあ「おかぁたまがここに来るのは4回目だよ。」ジャス男「それはどういうことなのですか?おかぁたま」おかあ「それはジャス男、私たちの魂は永遠だけれど、永遠の体は手に入らな [続きを読む]
  • 寒いけどゆっくりお休み
  • ジャス男「おかぁたま、今日のリオグランジは氷のように寒いです。」おかあ「そうだね、ここはブラジルの南の果て、南極に近いから寒いんだよ。」ジャス男「おかぁたま、南極はおいしいものですか?」おかあ「そうだよ!アイスクリームと同じようなものだよ。ここは冬だから布団をかぶってゆっくりお休み」ジャス男「はーい、少しおやすみなさい」 にほんブログ村 [続きを読む]
  • ジャスティン!17歳おめでとう!だけど・・・
  • 今日はジャスティンの17歳のお誕生日です。でもきれいなケーキも素敵なパーティもありません。それどころか昨夜はブラジル人スタッフに休日診療できる獣医さんを探してもらって、夜中に病院を開けて診察してもらいました。でも初めての獣医さんですから血液検査をして結果がわからないと治療はできない、日本なら院内ですぐできる簡単な検査でも、この田舎では病院とラボは別なので病院ではできません。獣医さんが朝一にラボにもっ [続きを読む]
  • 夜中に悪化したらどうすれば?
  • 昨晩、食事会があったのですけど、ジャス男が心配だし、自分も調子悪くて食欲もない。なんだか最近10年くらいまとめて年取ったような気がします。まともなものは食べていないし、ジャス男の看病でこれから体力が必要なので、ご飯を食べに行きました。本当は風邪も抜けきらないし、笑う元気もないけどね。 近所のレストラン Casa Europaの中から夜の街を見たところ結構不気味 フランスパンの上にトマト乗っているだけで [続きを読む]
  • こんな注射が効くのか
  • ジャスティンが固形物を食べなくなって3日・・・9年前、うちに来たジャスティンは餓死寸前で、背骨が浮き出ているばかりか、頭蓋骨のとんがりが頭の皮一枚から出っ張って見える状態でした。だから食に対する執着はひどくて、ご飯の用意をしている時から、ケージの中に入れてみんなから隔離しないととても危険でした。ご飯を待ちきれなくて、ワイヤーケージごとジャスティンがガタゴト移動するので、ほかの女の子コッカーが怖がっ [続きを読む]
  • ご飯を食べなくなりました
  • 昨日まで、腎臓サポートとささみをゆでたご飯を少し食べていたジャスティンでしたが、今朝はそれも食べません。それでもワンコクッキーを小さく砕いて手で食べさせたら、小さいクッキーを4個食べました。たんぱく制限も考えないで、美味しいものや好きなものを食べられるならいくらでも食べさせたいですが、後から苦しい思いをするから、食べないでじっとしていた方がいいかもしれません。下痢しておなかが痛くて苦しむでしょうか [続きを読む]
  • 久しぶりに…
  • ブラジルに来て初めてひどい風邪をひきました。風邪かなと思って薬を飲み始めて、2,3日たって急に高熱が出たのでインフルエンザだったのかもしれません。日本でインフルだったらすぐに熱が出て病院に行っているのでしょうけど、年のせいか熱の出るタイミングが遅い・・・そしてなかなか治らない。3日3晩、何も食べられなくて作ってくれる人もいないから、ひたすら鍋焼きうどんを夢見ていた・・・元々パンやご飯をあまり食べない [続きを読む]