Class5 さん プロフィール

  •  
Class5さん: Redの足跡 〜浦和レッズレディース〜
ハンドル名Class5 さん
ブログタイトルRedの足跡 〜浦和レッズレディース〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/true-red-destination
サイト紹介文浦和レッズレディースを中心としたなでしこリーグ観戦記、女子サッカーの話題、なでしこジャパン、日本代表
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2013/08/16 01:59

Class5 さんのブログ記事

  • 感想のみ vs ちふれASエルフェン埼玉
  • 鴻巣より帰宅 1-0の勝利。 「勝ったから良しとしよう」という言葉さえも言いたくない無様な試合。 試合終了後、とても拍手で迎える気にはなれなかった。 塩越の先制ゴールが生まれた時は前回の直接対決の様なゴールラッシュを期待したのだが、90分間ずっとその幻を追い、こんなはずじゃないというフラストレーションを感じ続けた試合だった。冷静に振り返ると、それは慢心でしかないのだが。 カップ戦を使って選手起用やシステム [続きを読む]
  • 感想のみ vs マイナビベガルタ仙台レディース
  • 駒場より帰宅。 0-0のドロー。 沖縄には遠征できなかったので、私にとっては中2週空いての試合。 リーグカップということでいくつかのチャレンジがあって然りで、その中でも安藤梢をどうチームに組み込んで行くのかという事が大きな命題であることは間違いない。 もちろん公式戦であり結果も出していかなければならず、予選リーグ突破はノルマと言ってもいいくらいだ。一方で安藤に固執し過ぎて、その他のチャレンジがないがしろ [続きを読む]
  • 感想のみ vs INAC神戸レオネッサ
  • 駒場より帰宅 0-1の敗戦。 試合終了と共に悔しさが込み上げ、帰路の途中で悔しさが込み上げ、帰宅して込み上げ、そしてこの記事を書きながらまた悔しさが込み上げる。 血がたぎるとはまさにこの事ぞという熱い戦いで、技術的にも球際でも気持ちの面でも非常に見応えのある素晴らしい試合だった。 しかし敗者はこの痛みを受け止めなければならない。 1つ強がりを言うならば、この熱い思いを、血のたぎる [続きを読む]
  • 感想のみ vs アルビレックス新潟レディース
  • 駒場より帰宅 3-0の勝利。 "決定力"と"試合運び"歯車ががっちりと噛み合った素晴らしい勝利だった。 2-0で終わっても十分完勝と言えただろうが、止めの3点目となった木崎のゴールが僅かに残ったであろう物足りなさを完全に埋め、さらにお釣りが来るくらいの満足感を与えてくれた。 日差しの強い中で午前中のユースの試合から観戦したので日焼けしてピリピリするが、ほろ酔いでぐっすり眠れそうだ。 &nbs [続きを読む]
  • 各選手へのコメント ノジマステラ神奈川相模原戦
  • ■池田咲紀子4試合連続での無失点という結果は当然評価するが、雨で一番注意すべきハーフバウンドのクロスを取りこぼしてしまう致命的なミスが一回。また、その雨を利用したクロスやシュートをほとんど打たせなかった仲間たちに感謝すべき試合と言えよう。まだまだ改善すべき課題があって、逆に成長を観ていくのが楽しみでもある。 ■木崎あおい高いポジションを取り攻撃に厚みを持たせ、クロスやシュートでアクセント [続きを読む]
  • 感想のみ vs ノジマステラ神奈川相模原
  • 相模原より帰宅。 1-0の勝利。 心地よい倦怠感。うまく言葉に表せないけど、試合終了とともにいつも以上の嬉しさが込み上げてきた。 よく"胃がキリキリする様な"と形容されるが、試合後本当に胃が変な感じになってしまったほどジリジリした試合。雨の影響はあったものの、戦い方自体も決して褒められたものではなかった。 しかし連勝していることによるメンタル面の強みというか、自信とまではいかずとも『負 [続きを読む]
  • 各選手へのコメント ちふれASエルフェン埼玉戦
  • ■池田咲紀子いい意味で見せ場なし。終始安定したプレーで3試合連続の無失点に貢献した。セットプレーで2度ほど相手に先に触られるシーンがあり、直接関与するプレーではなかったがポジショニングなど怠りなく修正してもらいたい。 ■木崎あおい突破力のある薊選手と対峙して、やや力負けした部分はある。またポジショニングと左足のキックの課題は相変わらずで、開幕スタメンから着実に成長してきたがここで一つの壁 [続きを読む]
  • 感想のみ vs ちふれASエルフェン埼玉
  • 駒場より帰宅 7-0の勝利。 叩きのめす。 客観的に力の差があると言えども、同じカテゴリーのチームにこれだけの大差で勝つという事は簡単なことではない。 特に前半の戦い方は攻撃も守備もそれほどリズムがあった様には思わず、ハーフタイム時点では勝っても少し辛口のコメントをせねばと考えていたのだが、7点とも実に素晴らしい得点で、脱帽せざるを得ない。 今日は大勝に酔いしれよう。 「乾杯 [続きを読む]
  • 感想のみ vs 伊賀フットボールクラブくノ一
  • 伊賀より帰宅。 3-0の勝利。 本当は今日は行けなくて、仕事をしていたはずだったけど、昨日の仕事を終えて、帰宅途中の通過駅である東京で右往左往。気付いたら名古屋できし麺を食べていたという次第。 その流れも踏まえつつ、ひと言で感想を述べるならば「行って良かった」である。 前々節の試合後半に自滅したところから、前節は無様な試合ながら課題に取り組もうとする姿勢が感じられ、それによりまた新た [続きを読む]
  • 各選手へのコメント マイナビベガルタ仙台レディース戦
  • ■池田咲紀子まさに守護神。パーフェクトと称賛したい。PKのスーパーセーブを含め幾度かの素晴らしいセービングがあり、ハイボールへの対処も安定していた。PKのシーンは完璧に読んでしっかりと外へ弾き出したが、それ以上にその後のガッツポーズの格好良さに鳥肌が立った。得点してPOMを与えられなかった攻撃陣に喝を入れたい気持ちだったが、試合後のインタビューで「得点を引き寄せられる様な守備を」と語る姿には人間としての [続きを読む]
  • 感想のみ vs マイナビベガルタ仙台レディース
  • 本音は得点シーンが観たかった。前節の前半の様な相手を圧倒する攻撃でシュートを浴びせるシーンが観たかった。 ただ、そんな簡単なもんじゃない。 いきなり強くはなれない。 少しずつ前へ進むしかない。 そういう意味では悲観する試合ではなく、収穫の多い試合だったと捉えている。 前節の良かった点を継続できたこと、うまくいかなかった点のいくつかを改善出来たこと、そのことでまた新たな課題も見 [続きを読む]
  • 各選手へのコメント 日テレ・ベレーザ戦
  • ■池田咲紀子3失点ともシュートへの反応以外の面も含めて個の能力で防げないシーンではなかった。特に1失点目は一瞬の判断ミスで試合の流れを悪い方へ傾けた。多くの面で成長が感じられ、風格さえ感じる瞬間もありながら、失点が減らない状況を私自身も消化しきれていない。 ■木崎あおい1試合ごとに課題にトライしようという意識が感じられ、この試合では右利きの左SBながらためらいなく左足で蹴るプレーが目に付いた。そろ [続きを読む]
  • 感想のみ vs 日テレ・ベレーザ
  • 駒場より帰宅 0-3の敗戦。 主導権を握り攻め立て、幾度かの決定機を迎えながら決めきれず、一瞬の隙をつかれて失点するとガタガタと自滅。 絵に描いた様な負けっぷり。 さらに情けないのは私自身で、試合終了後も心の乱れの様な物が起こらず、まるでスクリーンの向こうで事が行わているような気持ちで周りに同調して拍手を送り、快晴の公園で穏やかなひと時を過ごしたかの如くボーっとした感覚で帰って [続きを読む]