soraka さん プロフィール

  •  
sorakaさん: sorakaの揺れる思い〜不妊治療・養子縁組の記録〜
ハンドル名soraka さん
ブログタイトルsorakaの揺れる思い〜不妊治療・養子縁組の記録〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/asumisoraka/
サイト紹介文男性不妊のため、AID治療を経て、養子縁組で子どもと出会いました。日々の思いを記録しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2013/08/16 17:54

soraka さんのブログ記事

  • 血液型
  • 我が子の血液型は、私達夫婦からは産まれることはない血液型です。AIDでは(私が通っていた病院は)、血液型を気にしてくれていたんですよね。夫の血液型と同じ血液型のドナーさん。一応、周囲の人にわからないようにするための配慮。ただ、血液型のせいで予約取れないことも多かったし(◯型は休止とかもあった)、子どもにも告知する気満々だったので、「そんな配慮するより、何型でもよいから予約を取らせて」と思っていました。そ [続きを読む]
  • 血の繋がり
  • 保育園での写真がたまってきたので、昨夜は深夜に1人起きて、アルバムに整理してみましたちょうど年度末でもうすぐ進級だしね。「この1年ですごく成長したなー」としみじみ1年前の今ごろは、我が子がちゃんと保育園生活に馴染めるのか心配だらけでしたが、大きな問題はなく無事に1年を終えようとしています。我が子、よく頑張りましたほめてあげなくちゃ。1年間分の写真を見て、当時のエピソードなんか思い出しながら、眠気も忘 [続きを読む]
  • 今年も
  • 4月2日に養子の日のイベントがあります!よ〜しの日2017今年は単に話を聞くだけではなく、養親や養子当事者など同じ立場の人同士で交流できる企画もあるようです。年々、企画が工夫されてきている気がします。同じ団体の人と交流する機会はあるけど、団体を越えて交流する機会はあまりないので面白そうということで、ちょっと予定は未定な部分もありますが、とりあえず申し込んでみました。このイベント、いろんな団体の話をまと [続きを読む]
  • 養親もいろいろ
  • 最近、特別養子縁組関係のブログが増えてきたなと思います。私がうっすら養子縁組を考え始めた4年前くらいは数も少ないし、ほとんど同じ民間団体の方だったように思うのですが、今は数も増えたし、子どもを迎えるルートも様々、そして私と同じ共働きの方も増えてきましたなので、いろんな方のブログを読ませて頂いているのですが(なかなかコメントできずですみません)、そこでふと気づきました。養親もいろいろだなって。当たり前 [続きを読む]
  • 仕事のバランス
  • 仕事が忙しすぎてフラフラです。帰宅してからも、子どもを寝かしつけて、深夜に仕事する毎日この年齢で寝る時間を削られるのはかなりきつい…。若い頃は多少、徹夜しても大丈夫だったのにな。でも、一番辛いのは子どもへの思い。単純に一緒に過ごす時間も短いし(休日にも仕事に行ってるから)、自分がいっぱいいっぱいだから、心に余裕を持ってゆったり接してあげられていないのがすごく心苦しい…。あんなに子どもを持つことを望 [続きを読む]
  • 子どもも持ちたい理由(一人目と二人目の違い)
  • 先日は二人目に関する記事にコメントやメッセージ、いいね!などをありがとうございました。私の二人目願望はまだまだ漠然としたものです。なので、今すぐに何か行動に移すつもりはないのですが、自分の気持ちに向き合ったり、情報収集などは少しずつやっていきたいなと思っています。本当は、何も考えなくてよいなら、二人目が欲しいです。でも、一人目を迎えるまでにはいろいろな苦労があったので、悲しいかな気軽に「二人目も [続きを読む]
  • 子どもの銀行口座開設
  • ここ最近は、体調は悪いのに、超忙しい毎日という…。本当に倒れそうですが、何とか生きています!この週末は久しぶりに休めたので、ちょっと元気回復しました。 で、そんな忙しい最中ではありましたが、ちょっとした隙間時間に、やっとできました!!子ども名義の銀行口座の開設です。今年は初めてお金が入った「お年玉」も頂いたので、そろそろやらなきゃな〜と頑張りました。 8月18日のブログ↓で「やりたい」と公言 [続きを読む]
  • 年賀状と二人目のこと
  • 未だに年賀状を書いているダメダメな私です(本当はもう年賀状は出せない時期ですね…。今日からはそろそろ寒中見舞いにしよう。)年賀状といえば、私にとっては落ち込むのが毎年の恒例でした。結婚前は結婚報告に焦り、子どもを希望してからは出産報告に凹み…。本当はとっても良い風習だとは思うのですが、私には落ち込む要素の強いツールでした。決して年賀状が悪いわけではなく、私の人生のタイミングと合ってなかっただけです [続きを読む]
  • 養親の大変さ
  • あけましておめでとうございます。今年も気まぐれ更新でゆるゆると綴りたいと思います。こんなブログですが、これからもよろしくお願いいたします。さて。遅くなりましたが、前回のブログの続き。AbemaTVの「みのもんたのよるバズ」で特別養子縁組が取り上げられたときの感想です。養親→素晴らしい人実親→悪いことをした人みたいな雰囲気がちょっと気になりました。決して実親を責めるような発言があったわけではないのですが、 [続きを読む]
  • 時代は変わってる…
  • 先週の土曜だったかな。AbemaTVの「みのもんたのよるバズ」で特別養子縁組が取り上げられたので、見てみました。某民間団体の代表、子どもを迎えた養親、そして子どもを養子に出した実親の3者が出演していました。初心者向きという感じの内容で、私からすれば特に目新しいことは何もなかったのですが…。みのさん(好き嫌いは別として、超有名人)が特別養子縁組というワードを語っていることや、こんなネット配信のバラエティ的 [続きを読む]
  • 養子縁組家庭への調査
  • 31年ぶりに養子縁組家庭への調査が行われたそうです。↓http://www.nippon-foundation.or.jp/news/articles/2016/77.htmlこの調査の興味深いところは、子ども本人にも聞いているところ。子ども自身の自己肯定感は一般家庭よりも上回っていたそうですなんか、安心したー。自分の子どものことではないのだけど。やっぱり子どもには「産まれてきて良かった」と思って欲しくて。養子ということで悩む日もこれからあるとは思うのですが [続きを読む]
  • 続”似んどころ”
  • ずいぶん前にこんなブログを書いていましたね。当時はまだ子どもを迎える前で、AIDをしていた時でした。 「ここは母ちゃん似んどころ、ここは父ちゃん似んどころ…」という手遊び歌の話です。この手遊び歌、かなりメジャーみたいで、またしても先日、仕事で行った小さいお子さんが集まるイベントで歌われていました。でも、今回は意外と平常心で聞けました!子どもを迎える前は、こんな手遊び歌にも「我が家は血の繋がりがな [続きを読む]
  • 入籍したらやりたかったこと
  • 本日2回目の更新です。実は、今さら前回のブログのような気持ちになったのには理由がありまして…。基本的に入籍してからは、普段の生活で「養子」だなんてこと、頭から消えていました。入籍前だってそんなに意識はしてなかったけど、やはり自分達とは違う苗字を名乗る場面もあり、その際には養子であることを説明していたので、ちらほら意識する場面もあったのです。でも、入籍してからはそんな場面とは無縁。このままだと、いつ [続きを読む]
  • 初心
  • 今日は久しぶりに限定ではない普通の記事です。徐々に通常モードに戻していけたらと考えています。さて。今月は夏休みを取ることができ、久しぶりに親子でゆっくり過ごすことができました入籍した喜びに浸る暇もなく4月から職場復帰し、毎日ドタバタと過ごしてきました。復帰前は我が子と離れることが憂鬱で仕方がなかったけど、いざ復帰したら「寂しい」なんて感じる余裕さえありませんでしたそして。久しぶりに我が子と濃密に過 [続きを読む]
  • ブログのあり方
  • 相変わらずアメンバー問題にやられてます私のブログ、コメントやいいねの数は多くないので、自分ではひっそりやっているつもりでした。なので、今回、自分が知らない方からのアメンバー申請の多さに驚くと同時に、怖くなりました。アメンバーの記事を書いてからも、こちらの状況を理解して頂けない申請はありますし…。というわけで、大変勝手なのですが、現時点で申請されている方も少し保留にさせて下さい。どこまでがOKとかい [続きを読む]
  • アメンバーについて
  • 限定記事を書くようにしてから、アメンバー申請が増えました。こうなることは今までの経験から予測していました。なので、先手を打ってアメンバー申請に関するお願いを5月28日のブログに併記しました(現在は削除しています)。しかし、そのお願いを守って頂けない方の申請が多く、がっかりというか、ぐったりというか、はたまた恐怖というか…。正直なところ、このままブログを続けてよいものか迷っています。基本的に今まで関わ [続きを読む]
  • 我が子と出会うまで⑧申込と面接
  • いろいろ迷いながらも、前に進む決心をし、児相の里親登録と民間団体2か所へ申し込むことにしました。とはいえ、申し込み書類を書くのも四苦八苦それぞれ項目は違いますが、子どもを迎えたい理由はもちろんのこと、養育方針だったり、はたまた自分自身の子ども時代の思い出、親への思いなど…とにかく考えないと書けないことばかり。締め切りがあるわけでもないので、思うように筆が進まず、放置していた時間も長かった…。詳細な [続きを読む]
  • 我が子と出会うまで⑦病気や障害を受け入れること
  • なぜ、病気や障害に対して立ち止まってしまうのか…ずっと考えていました。その理由の1つにモデルとなる先輩がいないことがありました。例えば、愛着障害。これは経験者のお話を聞く機会もあったし、ブログにしている人もいました。だから、大変でも乗り越えた先の未来をイメージできたし、もし悩んでもその思いを相談したり共有できる人がいるという安心感がありました。私が特別養子縁組の道に進む決心を後押ししてくれたのも、 [続きを読む]
  • 我が子と出会うまで⑥無条件に受け入れること
  • 前回の続きです。今まで民間団体で説明を聞いてきた経験から「子どもを選ぶ」ことに負のイメージがありましたが、児相の方から話を聞いて素直に「確かにそうだよね」とハッとしました。「子どもについて、少しでもひっかかるなら断って下さい」そう言われて、私の中に迷いが出てきました。この時点では児相と民間団体、どちらから子どもを迎えるかはわかりませんでしたが、機関は違っても、「子どもを迎える」行為は同じであり、 [続きを読む]
  • 我が子と出会うまで⑤児相の里親登録とカルチャーショック
  • ずいぶん間があいてしまいましたが、我が子と出会うまでシリーズ第5話です。早いもので、もうすぐ我が子も1歳になります。なので、ちょっとペースアップしなくては。できれば1歳になるまでに完結させたい…1歳という節目に我が子を迎えた時のことを振り返り、初心に戻るというのも悪くないですね。さて、本題。民間団体を巡った結論として、まずは仕事を辞めなくてもOKな団体を目指すことにしました。自分の優先順位1位は「子ども [続きを読む]
  • プラスマイナス0
  • 最近あった辛いこと一番辛かったことは、このブログとはあまり関係がないことなので省略。ここでは、ブログに関係することを紹介します。ちなみに一番辛かったこととは辛さのレベルが違います。つまり、それほどたいしたことない出来事です。ただ、心が若干、ザワザワというか、グサグサしました。我が子が来てからは本当に毎日が幸せで、今まで辛かった周囲の妊娠・出産報告も心から喜べたし、育児話も楽しめていました。でも、 [続きを読む]
  • とりあえず近況
  • 諸事情により、怒濤の毎日ですただ。仕事と育児の両立は思ったより大変ではありません。むしろ、どちらも今まで以上に楽しめていて充実しています。子どもと関われる時間が限られてるからこそ、お迎えの時間があるから残業できないからこそ、どちらも密度がギュッと詰まっています。子どもがいない時は、育児と仕事の両立をしている人を見て、尊敬の気持ちでいっぱいでした。「仕事だけでも疲れるのに、家に帰って子どもをお風呂 [続きを読む]
  • どたばた新生活スタート
  • 昨日から職場復帰しました。息子は保育園へ。実は保育園が決まった時、自分で決めたことなのに「子どもと別れるなんて耐えられない」「預けるなんてかわいそうかな」と、気持ちが不安定になりかけていましたしかし、3月上旬から家族で順々に体調を崩し(私もインフルに)、大げさだけど日々生きていくだけで精一杯に。悩んだり考える余裕なんて全くなくなりましたやっと回復に向かい始めたと思った頃には3月最終週。病み上がりの [続きを読む]
  • 我が子と出会うまで④民間団体めぐりの成果
  • A団体の説明会以降、私達はB団体、C団体、D団体の説明会に参加しました。この3つの説明会に参加するのは思いの外、大変でした半年以上先までいっぱいとか、ホームページに掲載されてすぐに満席とか…。とにかく情報争奪戦。気づいたら締め切られていて悔しい思いも何度かしたので、こまめに団体のホームページをチェックしたり、団体に今後の説明会予定を問い合わせて申し込み開始時刻と同時に予約したり(コンサートか何かのチケ [続きを読む]
  • お腹の中にいた時のこと
  • 前回の更新から時間が空いてしまいました。ちょっと予定がいろいろ入っていたのと、1番の原因は私の体調不良です。まだ本調子ではないので、前回の続きを書きたいのですが、それを書くには少し時間がかかりそうなので、今日は簡単に書けそうなことにします。時々、今の我が子の様子をみて、お腹の中にいた時のことを聞かれます。元気なので→「お腹の中にいた時も強く蹴ってたでしょ?」髪フサフサなので→「お腹の中にいた時はく [続きを読む]