なかたむしんど さん プロフィール

  •  
なかたむしんどさん: Art Space TAKI スペース滝 中田虫人
ハンドル名なかたむしんど さん
ブログタイトルArt Space TAKI スペース滝 中田虫人
ブログURLhttp://sptaki.exblog.jp/
サイト紹介文能登.海辺アトリエギャラリー。現代美術.イラスト.マンガ.クラフト工芸.音楽.文学.古代史等/交流/紹介/寄稿
自由文中田虫人(むしんど)はイラストも描く造形美術家です。美術家、音楽家、画学生、サーファーなど色々な人が出入りしているアトリエ展示場「スペース滝」のオーナーです。芸術文化的人生論を語たる人です。
花丸ゆう(=田中雅樹)氏の4コマ漫画を連載中。北陸の自然や歴史、人間模様もせっせとアップしてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供135回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2013/08/17 10:52

なかたむしんど さんのブログ記事

  • 卒展選抜/金沢アートグミ
  • 卒展セレクション 2017会期 2017年 3月16日[木]−4月2日[日]10時−18時 入場無料 3/30休廊石川県内のアート、デザイン学校の卒業制作展の中から「金沢アートグミ」の会員が選んだ作品を展示。会社員、デザイナー、OL、アートファンなどさまざまな人で構成されるNPO会員の目で選ばれた作品中からアートグミが最終的に選出した1名に、今後様々なサポートを行う。金沢... [続きを読む]
  • 人色々々-19
  • [田中雅紀氏の連載マンガ]観葉植物我が家には9種類の観葉植物がいる。オリヅルランとジャコバサボテンは亡父から受け継いだものだが、その他の7種は私が100円ショップで買ったもの。100円ショップには観葉植物のコーナがあり、私はポット苗を時々買ってかえる。苗をすぐ鉢に植え替えて世話をするが、腐ったり枯らしてしまうものも多い。今生き残っているものは我が家の環境に合っているのか、かなり丈夫... [続きを読む]
  • 人色々々-19
  • [田中雅紀氏の連載マンガ]観葉植物我が家には9種類の観葉植物がいる。オリヅルランとジャコバサボテンは亡父から受け継いだものだが、その他の7種は私が100円ショップで買ったもの。100円ショップには観葉植物のコーナがあり、私はポット苗を時々買ってかえる。苗をすぐ鉢に植え替えて世話をするが、腐ったり枯らしてしまうものも多い。今生き残っているものは我が家の環境に合っているのか、かなり丈夫... [続きを読む]
  • 武のじいさま
  • 美大生になった当初、私は鶴来町から電車で金沢へ通った。あるとき”武(たけ)さん”と言う和服姿の色黒で丸顔、細身の老人から、古文書を丸めた包みをいただいた。私の家族はまだ越して来て長くはなく、ここ育ちの母からの説明で”タケのじいさん”という名士らしいと知ったが、一体どういうことかさっぱり合点のゆかぬまま、ほどなく一家は鶴来から転出した。だからそれきり彼と会ってはいない。別の日には大工と... [続きを読む]
  • シベリアからのDNA陽エナジー
  • 夜明けとともに目覚めるので朝焼けを見ます。今朝、雲の端の輝きを撮ろうと窓を開けると海鳴りがグオーッと入ってきた。漁師さんは山からの反射音で海沖を知るとおっしゃってましたが、山脈全体が大きく唸っていて、波もない港の中心で音が湧いてる感じでした。☆地図は人類の移動ルートを遺伝子でたどった一部です。この研究は、細胞核にあるミトコンドリアの女性遺伝子・X染色体の、ハプログループと呼ばれる短か... [続きを読む]
  • 山のウメ
  • 氷見市の古書店に行ったら、テナントの幾つかが店舗内移転で10日に再装オープンとのこと。空戻りをきらって、通ったことない山道に分け入ってから帰りました。ただしウメの写真は以前秋山ドライブでブログにあげたと同じ場所です。愛車が変わりました。杉野屋と言うところの溜め池沿いです。山(ピンクの丸印=杉野屋の溜め池)から滝に戻ると、夕暮れの中堤防にカモメがびっしり300羽弱。明日あたりから低気圧で荒れ... [続きを読む]
  • 展・演奏会の案内(加賀能登)
  • 2月が短くてあわててます。3月はあわただしくなりそう:ピアノの鶴見彩さんは石川県から表彰されたばかりですが、15日は「彩の会」主催の定期演奏会(金沢)です。 ※ 今夏は、スペース滝での演奏会と後援会総会(7月23日、午後)が決まっております。小松市のぎゃらりー・ソレイユで3月10日(金)〜27日(月)、ACB会員以外の方も加えた『自由表現展』開催。「小松市から急なお願いをされまして... [続きを読む]
  • 阿部屋の木造灯台
  • 志賀町・阿部屋、弁天島の灯台の紹介です。私がこの灯台を知ったのは最近でして、釣に来た昔も遠目にしてはいましたが、給水塔か工事用の鉄製のやぐらぐらいに思ってました。地元の方から灯台だと聞いて初めて弁天島に渡りました。こんな木造灯台はどこにもあるのでしょうか…私の灯台イメージとはえらく違います。ご覧のように結構大きく柱も25cm角以上あるようです。明かりはレンズ機構のない大型投光器のみのようです... [続きを読む]
  • 阿部屋弁天島
  • 崩れた樹木か、海中爆破に見えるかもしれませんが、波涛。逆光で波の柱がこんな風に写りました。お隣町の志賀町阿部屋(あぶや)漁港は弁天島という小半島(写真左の森)に抱かれています。昔は文字通りの島だったものを繋げたのでしょう。波柱が立つのは地図の⑥に続く突堤先です。弁天島にあるのは伊都久志麻(いつくしま)神社なので、本社は広島の安芸(あき)の宮島の厳島神社。そこでは3女神を祀るので、地方の小島に... [続きを読む]
  • 奇祭・うさまどうちゅう
  • 晴れの日が、夕方には雪だったりして安定しません…。この時季のみ鵜(ウ)を見かけます。港の天候によりますが、多くて4羽です。中に人が運んで来たものが2羽います。☆[鵜様道中・地図]:師走の10日ごろ、鵜浦で1羽捕獲し(予備も1羽)、3人の鵜捕部(うとりべ=集落の方が持ち回り)が徒歩で3日かけて気多神社まで運びます。夜中3時「寝覚めの神楽」等々の神事後、境内の灯を消し神前の案(=台)に... [続きを読む]
  • DoNote/新CD
  • [February 5, 2017]久しぶりにスペース滝の、ウェブ上の一角を借りて書くことにしよう。主に近況など。ほとんど音楽。新しい作品を作り始めて二ケ月ほど。2曲固まりかけている現状。今回は、9曲入れる事にした。それには特に意図は無いが、直感を信じ(だいたいこれ)、ちょうどいいサイズかと思う。制作にあたって、インスピレーションを受けたものがいくつかある。過去作品もそう。... [続きを読む]
  • おおつばき
  • とうとう車を換えることにしました。今のは軽なみの小型なのにベニヤ板がすっぽり載る。7人乗りだが、5人以上乗せたことはありません。大きい車はぶつけそうで気が進まない。現車が生産中止ではいかんともしがたく、軽自動車のワゴン商用車に決めました。代金振込の際女性銀行員が「車ですか楽しみですねえ」と話しかけてくれたけど実はちーとも嬉しくない。10年以上も乗り、海辺暮らしでサビは出る、ドアは閉まらない、... [続きを読む]
  • 人色々々-18
  • [田中雅紀氏の連載マンガ]スローモーション   新年になり、もう1ヶ月と6日。今年からは「人色々々」をもっと早くブログに送ろうと思っていたのがまた遅れてしまった。私は仕事を月に4日ほどしかしていない。だから時間を持て余すはずなのだが、次々雑用があったりで結構暇がない。なぜ暇ができないのかと反省すると、まず私がスローモーということか。仕事も遅いし、日常のやること全てがスローモー。身... [続きを読む]
  • Non title 2
  • なんだかよく分からないので「無題2」と言うことで…。場所は石川県羽咋市はくいしの北東郊外。右手すぐそばは弥生の復元遺跡公園「吉崎次場よっさきつば遺跡」です。当時は邑知潟おうちがたの湖畔でした。SANYOですから電気自動車ですが、どこの遊園地から来たんでしょう。ン?ガラスにステッカー見っけ、な〜んだゴルフ場からのお下がりかあ。虫人スペース滝 nkt@yacht.ocn.ne.jp9... [続きを読む]
  • 石川さん
  • 「石川さん」と言っても地元で知られている石川TV局のキャラクターのことではありません。最近ギター音楽の専門誌に特集されたギタリスト石川征樹さんです。悪天候の日曜に来館されました。スペ滝の冬はクローズ同然なので、あわてて暖房を入れて会場を見ていただきました。下のお嬢ちゃんは2歳だがなんとも個性があってかわゆい。いまも時々思い出します。当館での演奏会打診でしたが、夏の鶴見さんのピアノ... [続きを読む]
  • 臨死体験と量子論
  • 当館をリホームしていただいた大工さんに来てもらった。古い破風(軒かこい)が季節風で落ちたので。話していて思い出しました。彼は別の現場で、当時10mの梁から転落して奇跡的に助かった人。アドレナリンの分泌で痛さは感じなかったそう。で、臨死体験した私の手術時の話ににもなりました。ブログにあげてますので興味ある方は どうぞ。[★実は臨死体験?をしました]へ☆「[世界びっくりニュース/... [続きを読む]
  • いただきもの-1
  •  [ギタリスト垣田 堂]  2017年1月16日(月)「となりのテレ金ちゃん」(テレビ金沢)16:00〜19:00「松原健之の一曲だけのコンサート」のコーナーにて、少し映ります。 歌手の松原健之さん、なんなさん、3人で合奏する場面です。(垣田 堂)☆虫人は確定申告作りのたる日々です。年末に「蓬莱(ほうらい)」という能登のお正月飾りの縁起物を紹介するTV番組を見ました。特別な... [続きを読む]
  • 人色々々-17
  • [田中雅紀氏の連載マンガ]新年  皆さま 寒中お見舞い申し上げます!!年が明け、元日から3ヶ日金沢は良い天気。その後も北陸には珍しい晴れの日が多く、10日現在まだ積雪がない。初詣には行けなかったがネットのおみくじを引いた。くじは「末吉」。末吉ではあるが「後で良いことがある」と書いてあった。良いことは信じることにして、今年に期待したいと思います。 皆さまも今年が良い年になられ... [続きを読む]
  • 『徐福(じょふく)』
  • 徐福(じょふく)が実在の人で、青年男女数千人と、織り・紙農漁業・木工・製鉄・造船技術者などを船団にして、日本列島にたどり着いたのは、「史記」や徐阜村の言い伝えから事実と言えます。一度は失敗、二度目は戻らずそこで王になった、という。教科書では扱いにくく意外にしられていませんが。挿絵画家の西のぼる氏が「新聞を見た」といって、私が紙面に出るたびその日のうちに電話してくれ、お礼かたがたお宅にお邪... [続きを読む]
  • 2017年賀
  • 本年もよろしくお願い申し上げます。今年は夏に鶴見彩さんのピアノリサイタルを予定しておりますが、日取りなどはおってお知らせできるとおもいます。虫人スペース滝 nkt@yacht.ocn.ne.jp925-0005 石川県羽咋市滝町レ99-88  TEL&FAX 0767-23-4401 [続きを読む]
  • ねぶた を買ってしまった
  • ねぶた、を一基買ってしまった。ミニサイズだが120cmwあって、日本のバブル期以前に作られた古いものかも知れないです。「津軽ねぶた工房」は健在のようで、今も作られているのでしょう。きのう古物店で見つけた衝動買いで、傷みはひどいが明かり映えします。中の40Wの電灯6個をLEDに換えましたが、25Wの豆球2個はそのままなので、消費電力は100W/h。☆富山県福野町で行われた垣田堂氏のギター... [続きを読む]
  • 福野のあんどん
  • 福野・神明社「夜高祭」の行燈(あんどん)富山県南砺市福野、神明社の5月1日2日の祭りで、神社は江戸時代初期の創建。阿曽三右衛門が野尻野に新しい町を立てたいと願い出、64軒の家並みとなったが、大火で全戸が消失。2名が伊勢神宮からの分霊をいただいた帰り、県境の倶利伽藍峠で日が暮れ、人々は手提げ行燈(あんどん)を手作りし迎えに出た。それに意匠を加えた夜高行燈を御神燈として町内を練る、のが起源... [続きを読む]
  • 赤飯まんじゅう
  • ギターの服部さんが、忘年会に持って来られ好評だったのが「赤飯まんじゅう」。羽咋市の昔の中心商店街にあり、今もがんばってるお店の一つ「あさお樹庵・菓子店」が唯一製造してるという。餡(あん)に代かえて赤飯が入っている。金沢や長野県などにも同菓はあるようですが、あっさりした甘さは、上に乗った栗が効いて上品。現代人好みかも。HPもあり、新聞、TVでも度々取り上げられている意欲ある経営をされている店。... [続きを読む]
  • 舞さん逆さま'16忘年会
  • 忘年会もたけなわ。時を見計らって、私はギターの垣田堂氏にやや強引に演奏をお願いしました。備え付けのギターを手に何やら相談があって”垣田流”の即興演奏が始まったのですが、同席の舞踏家・いわいまつりさんこと加藤舞さんがこれも即興でこの踊りにくそうなギターにあわせて見事に舞踏を演じてくれました。写真は奥の部屋窓で逆さに吊りをし、ドタット床に落ちる処。皆さんのカメラが一斉に動きます。☆初めて... [続きを読む]