grattamacco さん プロフィール

  •  
grattamaccoさん: Caro Diario 今日、どこに行こう?
ハンドル名grattamacco さん
ブログタイトルCaro Diario 今日、どこに行こう?
ブログURLhttp://cetinaia.seesaa.net/
サイト紹介文年に数回の海外と国内の旅行記を中心に、ちょこっと贅沢グルメの備忘録と美術展レポートを。
自由文ご覧いただきありがとうございます。
鶏卵素麺とシンガポールの北京ダック記事が人気です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供118回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2013/08/18 00:36

grattamacco さんのブログ記事

  • 混んでます! 伊勢丹マパティスリー@ラヴィルリエ
  • 今週の伊勢丹マパティスリーは、待望のパティスリー・ラヴィルリエ from大阪。午前中に行ったけど、予想以上の混み方。まず、店のブースに入るのに5分待ち。そして会計は30分待ち。伊勢丹のケーキの梱包。ケーキがずれないように底にテープをテープで止めて、周りを板目紙で覆ってと、すごく丁寧に扱ってくれるから、時間がかかるんだよね。だから、すごく待つことに。その代わり、うっかり少し箱を斜めに持ってしまっても、形を [続きを読む]
  • イギリスは美味しい! 英国展@日本橋三越
  • 恒例、日本橋三越の英国展。今年は2週連続で、前半・後半と出店店舗を一部入れ替えての展開。これは2回とも行かねばと思った人は私だけではないだろう。行った曜日や時間帯が違うので、単純には比較できないが、後半の方が混んでいた。前半の目玉は、ペギー・ポーションのグロリアスヴィクトリアケーキ。彼女が作るフォトジェニックなお菓子は、ロンドンで食べるべき逸品。ロンドンセレブ御用達で、日本のサロネーゼにファンも多 [続きを読む]
  • 香港B級グルメの味と極上マンゴースィーツを東京で
  • 香港焼きそばが食べたくなって、日本橋の高島屋の「糖朝」へ。香港焼きそばの特徴は2つあって、まず弾力があって細い、海老の卵を練り込んだ海老麺。そして、濃いめの中国醤油。多分オイスターソースも入っている。日本のソース焼きそばも美味しけど、この細い麺と独特の醤油味が、時々、無性に食べたくなる。本当はマンダリンオリエンタル「センス」の香港焼きそばが絶品なんだけど、急に思い立ったので、さっと食べられるこの店 [続きを読む]
  • 昭和レトロなケーキとクッキー ローザー洋菓子店@田園調布
  • 所用で田園調布へ。改札を出て左に行くと「田園調布に家が建つ」のコント(古い)で知られる、超豪邸が立ち並ぶ高級住宅街。駅の斜め前にあるレピドールに寄ろうと思ったら定休日だったので、線路を挟んで駅とは反対側の「ローザー洋菓子店」へ。初めての訪問だ。駅の反対側は、田園調布と言ってもやや庶民的。商店街を5分ほど歩くと、昭和っぽいたたずまいの店があった。ここはクッキーとチョコレートが有名。チョコレートは溶け [続きを読む]
  • 美味しくてフォトジェニック 六本木の2つ星フレンチ
  • 六本木のミシュラン2つ星レストラン「リューズ」。ミッドタウンのサントリー美術館に行く機会があったので、ランチに寄ってみた。さすがミシュラン2つ星。味はロブション系だ。見た目も綺麗で、インスタ映えするのもいい。前菜はムースの中にたっぷりのずわいガニ。ドットが可愛い。フォアグラ。お店のスペシャリテ。肉厚のしいたけが美味なタルト。香辛料の使い方がちょっと中華料理風の魚とイカのラビオリ。低温調理のポークロ [続きを読む]
  • 勝どき 知る人ぞ知る名店 豪華すぎる立ち飲み居酒屋で一人飲み
  • 所用で勝どきへ。17時過ぎに用事が終わり、自宅へ戻ろうとして、お昼ご飯を食べ損ねていたことに気付く。じゃあ、今日は勝どきで一杯。前々から行きたいと思っていた、地下鉄駅近くの立ち飲み割烹に行くことにした。縄のれんの地味な外観の引き戸を開けると、すでに満員(並んでいないだけでも奇跡的)。入り口近くのスペースに入り込んで、まずこの店の看板メニューでもある「毛カニサラダ」を注文。下の甲羅が見えないくらいカニ [続きを読む]
  • フランス ブルゴーニュ 美しきワイン街道の村
  • 昨年のフランスの旅。リヨンからローカル電車に乗って1時間半ほど、ワインの街ボーヌへ。駅前にはタクシーも止まっていて、即、ワイナリーへ直行できて便利。白ワインの名産地、ピュリニーモンラッシェ村に到着。タクシーで大体20分くらい。値段は日本円にして2500〜3000円くらいだったと思う。早く着きすぎたので、村を散策。周囲をぶどう畑に囲まれた小さな農村。村はずれには小さな祠も。全体、空気が清々しい。いいワインを作 [続きを読む]
  • 閉店が惜しまれる 青山のパン&レストラン
  • 表参道の交差点のすぐ近くにある老舗のパン屋「青山アンデルセン」が2017年7月末で閉店するそうだ。「アンデルセン」はチェーン店なので、他の店舗で買えばいいだけなんだけど、ここでしか買えない限定のデニッシュペストリーもあるし、30年あまり利用してきた店だけに、やはり閉店は惜しまれる。「青山アンデルセン」の地下と2・3Fにはレストランもある。地下の方はカジュアルなサンドイッチバーで、1Fで買ったパンを持ち込んで [続きを読む]
  • 京都のケーキ屋 気鋭の食べログNO.1店&閉店が決まっている老舗店
  • 京都といえば和菓子というイメージがあるが、個性的なケーキ屋もたくさんある。前回の旅では「グランヴァニーユ」でその美味しさに震えたが、今回は、まず食べログ京都NO.1のケーキ店「パティスリーエス」へ。平日の夕方だったので、イートインスペースも待ち時間なく利用できた。しかし、ショーケースのケーキは既に半分くらいは売り切れ。人気の高さが伺える。うっかり見逃してしまいそうな店の入り口。うなぎの寝床形式で、入る [続きを読む]
  • 初夏の京都で魅惑の和食 ミシュラン1つ星 
  • 仕事で関西に行ったついでに、京都に立ち寄る。入梅前の爽やかな季節。天気にも恵まれて、すっかり旅行気分だ。まず向かったのは、年に2度しかない特別拝観中の建仁寺は両足院の庭。本来は半夏生という植物で夏至の季節に葉が白くなる植物で有名なのだが、まだその季節には至らず、かわりサツキの花がお出迎え。同じく建仁寺の霊源院。甘茶の花の庭。甘茶って砂糖の入った甘い緑茶のことかと思っていた。花も初めて見た。ガクアジ [続きを読む]
  • 野菜たっぷり モダングリークレストラン@THE APOLLO銀座
  • 東急ブラザ銀座にあるギリシャ料理レストラン「THE APOLLO」でランチをした。ギリシャ料理といえば思い出すのが、30年ほど前にツアー旅行で訪れたアテネ。魚や野菜や米なども使ったギリシャの料理は素朴で美味しかったが、当時、多くの日本人はオリーブオイルに慣れていなかったため、ツアーの中で「ギリシャの料理は油っぽい」と、意外なほど不評だった。中にはオリーブオイルのせいで、お腹を壊したり人もいたほどだ。今では、朝 [続きを読む]
  • ハイレベル! 鎌倉の隠れ家的スパニッシュレストラン
  • 桜の咲く頃、鎌倉へ。観光客でごった返す中心部を避け、和田塚にあるスパニッシュレストランへ。暗めの照明、ネオビストロ風のお店は、ビルの2Fにあるせいかふらっと迷い込んだように入ってくる客もおらず落ち着ける。店の名前は「Arashida」。食べログで高い評価を受けている店だ。スペインはミシュラン2つ星で修行した嵐田シェフが作る伝統的なバスク料理がいただける。ランチは3500円。まずは、突き出し的に生ハム。バスク豚 [続きを読む]
  • GWの銀座で豪華でフォトジェニックなデザートを
  • 2017年のGWで最も熱かった街は銀座だと思う。銀座シックス、すごい混み方。特に地下、エスカレーターで降りたら、あまりに人が多ので、そのままUターンしてしまった。ディオールの中にあるというエルメのカフェに行ってみたかったが、また今度ね。ということでやってきたのが、東急プラザ銀座。こちらは昨年のオープンだけど、それなりに人がはいなくもないけれど、上の方は空いている。唯一、グラニースミスに列ができていたくら [続きを読む]
  • ピウス13世 美しき異端児
  • GW前半は、WOWOWで海外ドラマ「ピウス13世 美しき異端児(The Young Pope)」を鑑賞。途中から見たのでストーリーがわからず、オンデマンドで頭から見直していたら、すっかりハマってしまった。なんてったって、ジュード・ロウが法皇様役ですもん。スタイルがいいから、法衣姿がめちゃかっこいい。監督は「グレート・ビューティ 追憶のローマ」でアカデミー賞外国語映画賞を受賞したパオロ・ロレンティーニ。あの映画さながら、 [続きを読む]