おきなべ さん プロフィール

  •  
おきなべさん: 沖縄片想い日記
ハンドル名おきなべ さん
ブログタイトル沖縄片想い日記
ブログURLhttp://hateruma11.ti-da.net/
サイト紹介文沖縄大好き
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供125回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2013/08/18 18:05

おきなべ さんのブログ記事

  • 辺野古埋め立て
  • 今朝の中国新聞にも、第1面に辺野古埋め立て開始の記事がでていた。まるで、もう引き返せないと誤解を与えるような見出し記事だ。反対封じに政府が着々と進めてるという見方も記事には出ていた。実際は、護岸工事のために、護岸の内側に石材を入れた袋を波打ち際にに備えただけで、護岸の内側に土砂を入れる本格的な埋め立ては来年前半に、政府は始めたい意向。まだまだ引き返せる希望は失ってはいけないのだけど。ゲート前に多く [続きを読む]
  • 黒豚姫の神隠し
  • 沖縄の離島、宇嘉見島(架空の島)の物語。中学生と、黒豚の神様が、友達になって、てんやわんや。ある日、謎を解明すべく、ニライカナイへ黒豚の神様と中学生の男の子が行くと、そこは食堂もある普通の街だった。人間世界とほとんど変わらないニライカナイ。ここではミルク神も黒豚姫を一目置いている。黒豚姫は、人間界から流れてくる疫を食べるのが仕事だ。ある日、黒豚姫は厄を食べることを辞めたのだ。かわいい素敵な中学生の [続きを読む]
  • 宮古島へ行くことにした
  • 広島はいい天気が続いています。沖縄の梅雨入りが気になります。5月連休は、どうにか天気が良くなって欲しいけれど、こればかりは運。沖縄の観光、すごい。安い宿は取れたのだけど、レンタカーも高いのしか空いてないので、慶良間諸島へ1泊で行ってみようかと思いました。阿嘉島で1泊を考えて、民宿が果たして空いてるのか調べてみると、空いていない。片っ端から10軒電話したけれど、3日から6日まで全部ペケ。日帰りを考えたが [続きを読む]
  • 連休沖縄行き断念の撤回
  • 18年くらい乗ったイプサムを手離した。20万キロ まだ乗れるんだけど、外観はガタガタで、家族がお父さん恥ずかしいよと言うので思いきって。新しい車はフリードです。庄原の桜を見に日曜日出かけた。この車の後部座席をしまえば、なんとか斜めになって眠れそうです。ちょっと窮屈だけど、今流行りの車中泊の旅ができそう。5月の連休、沖縄行きを断念して、北陸へ4泊5日の車中泊の旅に気持ちが動いていた。城崎温泉、舞鶴、敦賀、 [続きを読む]
  • 沖縄行き 断念
  • 5月の連休。6日の土曜日を休みにすれば連続5日間の休みだ。今年は、ペットを飼いだしたので、家族から一人で旅行してもいいよと気持ちよく許可がおりた。5日間も沖縄へ滞在できるとは夢のような話。苦労して、飛行機のチケットを確保した。優待券で半額だ。今日までが、支払い期限。で、楽天の旅行サイトでレンタカーと宿の空き具合 見て、なまら驚いた。5日間で一番安いレンタカーが10万円。安い宿なんてない。リゾートホテルが1 [続きを読む]
  • ユイレール工事
  • 3月の沖縄続き浦添の前田トンネル付近では、ユイレールの工事が行われていました。延長工事は首里駅から、石嶺駅、経塚駅、浦添前田駅、てだこ浦西駅まで伸びる予定です。2019年開業予定なので、あと2年ですね。那覇は渋滞がひどくて、この延長工事によって渋滞緩和ができるそうです。最寄りの駅までマイカーで行き、ユイレール乗って各地へ行く。でも、駐車料金が高いとそれほどの効果はないかもしれない。観光客はレンタカーを借 [続きを読む]
  • トイプードル飼うことに
  • はじめましてトイプードルの雌生まれは2017年12月9日まだ0歳名前はももです。縁あって、おきなべ家で飼われることになりました。ビーグルのランが亡くなって1年半。もうペットは飼うことはないと決めていたんですけど、家族のどうしてもっていう希望で飼うことになりました。トイプードルという犬種の希望は娘。家の中で飼うことになりそうです。トイレしつけで、いま大変ゲージから出して遊んでると、あちこちにおしっこやウンチ [続きを読む]
  • 今日は浜下りの日
  • 今日は旧暦3月3日浜下りの日カレンダー見ると、干潮が14:49(那覇港?)ちょうどいい時刻アカマタ伝説由来の浜下り。各地で伝統的な行事が行われるのかな。沖縄で、もうすいぶん海遊びをしていない。年とって、海へ入るのがめんどくさくなったのか、行く場所はグスクや街の散歩ばかり。今度こそ、海の中 見たい。 [続きを読む]
  • 沖展
  • 3月18日から浦添体育館で、沖縄美術展覧会が開催されてるというので、行って見てきました。絵画、版画、彫刻、写真、書芸、工芸、グラフィックデザインなど810点の作品です。体育館の中は、衝立によって2DKや4LDK、もっと広い空間に区分されて、それぞれの作品が展示されています。入場料は1000円でした(当日券)絵画では懐かしい風景もあって、昔の沖縄を彷彿させてくれたり、染色や陶芸も本格的で素晴らしかった。出口には沖縄 [続きを読む]
  • トイプードル
  • 沖縄から帰って、はや3日目。今回は初めての経験があった。広島へ帰る時間を2時間早めたのだ。1分1秒長く滞在することに全てをかけていた沖縄人生。おおげさでもなかった。伊丹経由をキャンセルして、広島行きが1席空席が出たので、2時間早くなるが変更した。新幹線乗らなくていいし、3時間以上短縮、費用も1万円弱浮く。今回の沖縄行きなんか変だった。何かが変わってきてる。僕も沖縄も。あんまり考えないようしよう。帰ると娘が [続きを読む]
  • 辺野古 大浦湾 3/20
  • あっという間に沖縄最終日。ほんと、もっともっと長く滞在したい。沖縄の歴史が好きなので、グスク廻りをじっくりしてみたいけど、次のチャンスで。今日は朝6時に起きて、辺野古へ向かいました。昨夜はめずらしく北谷に泊まったので、辺野古までは高速使って1時間もあれば到着します。分断された海岸。沖縄では、ここだけでなく、あらゆる場所にフェンスがあって、あちらからは自由に、こちらからは逮捕も覚悟で臨時制限区域の説明 [続きを読む]
  • 標的の島 風かたか
  • いつも、沖縄初日は興奮するのか眠れません。うまいぐあいに、今日は那覇の桜坂劇場で22時から24時過ぎまで「標的の島、風かたか」の上映がありました.。広島での上映が4月中旬だったので、今回、桜坂で見ることができ幸運でした。やっぱり涙が出ます。隣に座ってた若い女性が二人、ずっと泣いていて、僕もつられてしまいます。今回は辺野古に行かないでおこうと思っていたのだけど、この映画を見たら、やっぱり行く気になってしま [続きを読む]
  • 明日から沖縄だけど
  • 連休の沖縄本島の天気予報は曇り。今回の沖縄も、青い空は期待できそうにない。春はこんな天気が多いですね。写真は名護明日から沖縄だけど、まだホテルもレンタカーも予約していない。どうしようかと迷ってたら、もう出発が明日になってしまった。レンタカー今回どうしようかなあ。あったら便利だし、いつものように眠れなかったら、翌日ホテル早朝4時出発もできる。でも空港着いて、レンタカー借りるまでの1時間がとても無駄な時 [続きを読む]
  • 春の沖縄行き
  • 僕にとっては恒例の春の沖縄行きが近づいてきました。この2連休を使って、2泊3日の予定です。最近は、沖縄へ行くと、よく曇っています。なかなか、すかっとした青空には巡り会えないです。写真は中城湾の南西石油精油所の風景。なんでもない風景ですけど。今回は沖縄行きをずいぶん迷いました。実は友人と親族が入院していて、何かあったら大変だし、気分良く旅もできないと思っていました。先日、見舞いに行くと友人も病状が安定 [続きを読む]
  • きしもと食堂
  • 今帰仁から中部へ帰る途中、本部で多くの人が並んでたそば屋さん。さっき食べたばかりだけど、チャンスは2度ないと思い、本部本店でなく近くの行列のない八重岳店へ行く。ここは有名店で、観光雑誌や旅行誌に必ずといっていいほど載ってる店だ。ソバは白くてモチモチしてた。出汁は好きな味。角煮もうまい。歴史のあるお店だそうだ。 [続きを読む]
  • 胸が痛い
  • いよいよ狭心症か。じゃなくってーーーBEGINが憂歌団の木村充揮とコラボしてるのをyou tubeで見つけた。憂歌団の代表曲 胸が痛いBEGINの比嘉永昇が歌うのもいい。加山雄三さんの君といつまでも木村充揮の唄もしびれるぜなもし。そろそろ沖縄行きのこと考えなくちゃ。行こうと思えばいける。早く決めないと。行きたいのは行きたいけれど、なぜか以前のようになれない。自分が変わったのか、沖縄が変わったのか。胸がちょっと痛い。 [続きを読む]
  • 菜の花
  • 鞆の浦へ向かう途中、菜の花がいっぱい咲いてた。もうすぐ春。さっき、先日結婚した衛生士さんの妊娠の報告あった。昨日は、熱発で病院へ行くと休みの連絡があって、なんとなくそんな気がしていた。おめでとう。 [続きを読む]
  • 元、五つの赤い風船 長野たかしさんライブ
  • 西岡たかしさんの率いる五つの赤い風船というフォークグループ。解散したのは沖縄復帰の年だった。その元メンバーのベーシスト長野たかしさんのライブが福山であった。オヤジバンドしている知人からの紹介で土曜日午後にライブを見に行ってきた。現在、長野さんは、奥さんと二人でライブ活動や子供向け劇団の公演などをしているとのこと。あの頃のフォーク歌手のメッセイジ性やとっぽい雰囲気が、70歳近くになられるはずなんだけど [続きを読む]
  • ウミエラ館でサンゴ礁の海のお話会
  • 明日土曜日、午後6時から泡瀬のウミエラ館で、サンゴ礁の話や写真展が開催。写真家の牧志治さん、小早川共男さん、有光智彦さん、海洋学者の安部真理子さんも登場して話されるみたい。すごいメンバーだ。沖縄の海の状況がどうなってるのか。泡瀬や大浦湾のサンゴは?那覇や浦添の海はどうなってるのか。びっくりするほど綺麗な海や生物の写真の展示、今後その海が守られるのか死んでしまうのか。いい話も悪い話も。貴重な話を聞け [続きを読む]
  • 運天港の為朝伝説
  • 運天港と云えばせりかくののろの、 あけしののろの、あまくれおろちへ、よろいぬらちへ、うんてんつけて、こみなとつけて、かつうたけさがる、やまくれおろちへ、よろいぬらちへ、やまとのいくさ、やしろのいくさ、一隊のヨロイ武者が運天の浜に上陸した。勝宇岳の上には雲がたれこめ、勢理客のノロ、あけしのノロが、その雨雲をよびおろして、武者たちのヨロイを濡らした。聞けば、かれらの本国である大和、山城ではいま戦がたけ [続きを読む]
  • 古宇利大橋
  • 運天港から見る古宇利大橋。右側が屋我地島 左側が古宇利島。古宇利島にも人類発祥の伝説があり、歴史を感じさせる海峡だ。天然の港、運天港。かつては賑わっただろう運天や古宇利の港を、タイムスリップして見てみたい。うじょうじょ、舟がおったんだろうか。 [続きを読む]
  • 旧運天港
  • ここは旧運天港のはしっこのほう。古宇利大橋が開通するまでは、古宇利丸が運航していたそうだ。今は静かな漁港だった。崖が削られて四角い洞窟のようになってるのが、いくつかある。墓群なんだろうか。でも、中を覗いてみると、漁具のようなものも置いてあった。今帰仁村の古い墓は、海岸や崖の中腹、集落から離れた窪地や港に分布してるという。港近くの崖にも、あちこちと、削られた跡があった。近くに百按司墓(むむじゃな)や [続きを読む]