おきなべ さん プロフィール

  •  
おきなべさん: 沖縄片想い日記
ハンドル名おきなべ さん
ブログタイトル沖縄片想い日記
ブログURLhttp://hateruma11.ti-da.net/
サイト紹介文沖縄大好き
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2013/08/18 18:05

おきなべ さんのブログ記事

  • サザエの神社
  • むかしむかし、おばあさんが孫の耳が聞こえなくなったので、孫の耳が聞こえるようにして下さいとお願いしたら、だんだんと聞こえるようになりました。という言い伝え。母が難聴なので因島の耳明神社へ連れて行く。耳明神社と書いてみみご神社と読む。耳がサザエの形に似てるので、サザエの殻の中に、酒とお米を入れてお供えするそうだ。もう、どこもかしこもサザエだらけ。いろんなことを書いたお札がぶら下がっている。ひときわ目 [続きを読む]
  • 息子の帰省
  • 夏休みで、東京から息子のげんが帰省した。今年は長く居てくれて、1週間も滞在。来年の3月にようやく学生生活を終える。高校卒業後、親と同じ道を選んだため、6年間大学で勉強し、1年間の研修、大学院が4年間。合計11年間の長い学生生活だ。6年間だけは金銭的援助を行なったが、以降はバイトと奨学金でなんとかやってくれた。来年以降数年は大学に残り、その後は地元へ帰ってくるという。地元へ帰って来なくてもいいので、好きなよ [続きを読む]
  • 光進会発足
  • 尾道の中学時代の友人4人と、光進会を作った。光進会という名前は、もちろん加山雄三の持ち船、光進丸からとったもの。いささか恥ずかしいが、2名ほど熱烈な加山ファンがいるので仕方ない。1ヶ月半ほど前に、無料ボート試乗会に参加して、その日の反省会兼飲み会で、決めてしまったようなもの。当初は、ヤマハマリンクラブに一人が入会して会費を払い、みんなで乗ろうかと言っていたが、みんな平等に、姑息なことはやめようと、全 [続きを読む]
  • 突然の宮古島の旅の終わり
  • 長く書き続けた宮古島の旅の日記が、ついに今回で終了です。宮古島の旅 突然に終わってしまいました。4泊の予定が2泊の旅に。千代田カントリークラブで昼食を食べた後、宮古島総合博物館へ行って、宮古の歴史を大雑把に勉強してから、ゆかりの場所を訪ねてみようと思ってました。ところが入館する前に自宅から電話があり、母と叔母が同時入院したという報せ。二人ともかなり高齢で、母と叔母は、実家の尾道に二人で住んでいました [続きを読む]
  • 宮古島への陸上自衛隊配備計画
  • 新城海岸でのシュノーケルを早めに終え、どんな場所なのか陸上自衛隊配備計画のある千代田カントリークラブに行ってみた。島の中央に位置して、大嶽城址公園がそばにある。クラブの食堂で宮古そば食べた。すでに測量設計も行われていて、2017年8月にも防衛省が駐屯地建設を本格的に着手する計画になっている。地下水の影響、住民への説明不足など問題を大きく抱えるが、水面下では着々進んでるようだ。現時点ではミサイルの火薬庫 [続きを読む]
  • 新城海岸
  • この日二つ目の海岸。ここも、前日にシュノーケルをしようと目をつけてた場所。宮古島の東海岸にあって、宮古でも有名なシュノーケルのスポットらしい。設備もしっかりしていて、海の家で食事もできるし、シュノーケル3点セットの貸し出しもある。海岸のテラスは、場所により無料なのも嬉しい。それに、屋外のシャワーも無料だ。朝、8時頃には到着して、テラスでアイスコーヒー飲んでのんびり過ごす。さて、海の中。あまり沖に行か [続きを読む]
  • 宮古郊外
  • 中の島海岸でのシュノーケルを1時間ほどで、きりあげて、次のシュノーケルの場所、新城海岸へ向かう。シャワーもないので、そのままウェットスーツを着たまま移動した。途中の風景。宮古島の農地の40%以上がサトウキビ畑で占められてるそうだ。4月と8月に植え付けがあり。5月の連休の時は、小さな苗のサトウキビ畑をたくさん見た。台風も少なかったせいで、冬の収穫も多かったと聞いた。平良の街や宮古空港までの間は、建物も多く [続きを読む]
  • 中の島海岸(下地島)
  • 前日の宮古島一周の時に、シュノーケルをしようと目をつけていた海岸。宮古島の新城海岸と、下地島の中の島海岸です。まずは中の島海岸へ行った。早朝5時に起きて、平良の宿で、あらかじめ薄いウェットスーツを着てレンタカー乗りこんだ。今回は、ブーツと、足ヒレ、マスクなどあらかじめ自宅から宅急便で送っておいた。伊良部大橋通って30分の道のりだ。早朝なので、海岸には誰もいない。中の島海岸の海の中は想像どおりで、岩場 [続きを読む]
  • トゥリバーサンセットビーチ
  • 埋立地にできた人工のビーチ。平良港コースタルリゾート計画で、一大リゾート建設が予定されている。1990年に計画が策定され、もうすでに27年。今も継続されてるのかどうか知らないが、宮古の自然の海岸を多く見てきただけに、なんだかもったいないなあって思った。敷地が広くて、リゾートホテルや、マリーナ、スポーツ広場などを作る計画のようだけど、どこまで計画が進んでいるのかわからない。離島には離島の事情があり、埋め立 [続きを読む]
  • サバウツガー
  • 昭和41年まで230年間伊良部島の佐良地区ので使われていた井戸。それ以前は、水道設備がなかったというのが驚きだ。水汲みは女性の仕事で、1日3から4回、123の階段を往復していたと、案内板に書いていた。この日は疲れて、下まで降りる元気がない。今、思うと悔やまれる。疲れても、雨が降ろうが風が吹こうが、生活のために水汲みをしなければならなかった当時の人達。大変だっただろうな。2017年5月の宮古島の旅の記録2日目 [続きを読む]
  • 下地島空港
  • 2017年5月の宮古島の旅の記録2日目1979年に開港した下地島空港。パイロット訓練を目的にした飛行場で、かつては日本航空や全日空の操縦訓練使用されていたが撤退して、現在はどこかの小型機の訓練で使用されてるらしい。建設が表面化した頃、賛否両論が激しく対立。軍事転用しないという屋良覚書が琉球政府と日本政府で交わされ着工した。その後、自衛隊訓練誘致を決議したり、白紙撤回したり、普天間飛行場の移転が提案されたり、 [続きを読む]
  • 佐和田の浜
  • 2017年5月の宮古島の旅のこと書いてます。2日目海岸近くに多数の石が点在してた。18世紀の明和の大津波で運ばれたものだそうだ。下地島空港そばの海岸に、魚垣(かつ)という漁法で使われる石垣が残っていた。潮の引潮を利用して魚を捕まえる。大きな岩帯石という名前がついている。石の中央に波に侵食されたくぼみがある。現在は信仰対象になってるが、これも明和の大津波によって打ち上げられた津波石。世界最大だそうだ。このよ [続きを読む]
  • 通り池
  • 2017年5月の宮古島の旅のこと書いてます。2日目下地島西海岸に、二つの池が底でつながる通り池があった。水深が30m〜40mだという。この通り池にまつわる伝説を二つ人魚伝説(ヨナマタ伝説)ヨナマタが捕らえられて殺されそうになった時、ヨナマタの母が津波を送り、無事波に乗って海に戻ったが、島は全滅したと伝えられる。もう一つまま母がまま子を亡き者にしようと池に突き落としたら、この子は実子だったという、まま子いじめの [続きを読む]
  • 中の島海岸
  • 2017年5月の宮古島の旅の記録2日目下地島の西に面白そうな海岸があった。中の島海岸と書いてある。岩場が多くて、潜ったら楽しそうだ。翌日、シュノーケルする場所に決定。 [続きを読む]
  • 渡口の浜
  • 2017年5月の宮古島の旅のこと、書いてます。2日目ようやく、2日目の宮古島一周が終わりに近 づいてきた。2015年1月に開通した伊良部大橋を渡る。宮古島と伊良部島を結ぶ長さ3540mの橋。伊良部島の橋入口から島を縦断すると、下地島との間に渡口の浜があった。伊良部島を代表する海水浴場。 [続きを読む]
  • ふばかり石
  • 2017年5月の宮古島の旅のこと書いてます2日目平良市内の海岸近くに、石柱があった。地元では、ふばかり石(賦計り石)と呼んでいて、この石より身長が高くなると、人頭税が課せられるという言い伝えがあるそうだ。ただ、これは史実とは無関係のようで、人頭税に苦しめられた宮古の人々の声という見方もある。特に宮古島は、全体が隆起さんごの低地で、河川がなくやせ地だったため、当時の人頭税の過剰負担は計り知れないもの。15歳 [続きを読む]
  • 砂山ビーチ
  • 2017年5月の宮古島の旅のこと書いてます2日目サンゴ焦が砕けてできた砂丘ができていて、海岸には自然の洞門があった。平良市内にも近く、人も大勢いた。砂山から海岸に降り、再び登る。最近、それだけでヒーヒーゼーゼーする。運動不足だなあ。 [続きを読む]
  • ヤマハ無料ボート試乗会
  • 尾道(向島ドック)にあるヤマハマリンクラブで無料試乗会に先週参加。最近、2級船舶の免許を取った友人の特典で、中学の仲間4人で参加した。全員、2級船舶の免許は持っているので、簡単に操舵の方法をレクチャーされて、交代でハンドル握る。今のレジャー船は、より自動車の運転に近くなってるようだ。尾道水道から因島大橋の下まで試乗した。久しぶりに気持ちの良い海の上だった。終わった後、例によってマリンクラブからsea-sty [続きを読む]
  • 満月食堂
  • 2017年5月の宮古島の旅のこと書いてます。2日目午後2時頃にようやく昼食。どかか食堂がないかなと探していたのだけど、あまりない。西平安名崎から砂山ビーチへ行く途中に感じのいい食堂みつけた。体育館くらいの広さのスペースのある食堂だ。この時間なので、お客は僕一人だった。5月連休に、この時間もあるんだけど、お客さんがいないことは、食堂も経営がたいへんだ。昼時間は、きっと混むんだろうと思うけど。平良の中心街には [続きを読む]
  • 沖縄慰霊の日
  • 今日は沖縄戦で日本軍による組織的な戦闘が終わったとされる日です。小さな島が捨て石にされた戦闘が終わり、72年になります。だんだんと、当時のことを直接的に伝える人が少なくなってきました。元沖縄県知事選の太田昌秀さんは、当時、沖縄師範学校に在学中、鉄血勤皇隊に属し、悲惨な体験をしてこられました。太田さんは92歳で、先日亡くなられました。今もなお在日米軍専用施設面積の70%が集中する沖縄、名護辺野古では、埋め [続きを読む]
  • 大神島
  • 2017年5月の宮古島の旅のこと書いてます。2日目池間大橋から、大神島が見えた。本島の久高島と同じように、この島は信仰の強い島で神の島というイメージを持っていたので、遠くから見れたというだけで、感激した。この島の人々は、外来者の出入りを、心よしとしないようだ。古来からの信仰があり、外部のものには知られていないことと、かつて、租神祭りのとき、探究心に名を借りた強引な訪問者がいたことも影響してるらしい。久高 [続きを読む]
  • 西平安名崎
  • 2017年5月の宮古島の旅の記録2日目宮古島の北西端にある西平安名岬到着。風力発電の風車があり、風景に溶け込んでるようだ。北側には池間島大橋見える。ぐるっと回って行ってみよう。閑話休題今日の午後8時から、NHK Eテレで、石川真生さんの沖縄を撮るという番組が放送されます。怒りと笑いの琉球絵巻。ガンと戦いながら、手術も伸ばし、どうしてもやっておきたいことを優先する生きざま。沖縄で最も尊敬する人の一人です。 [続きを読む]
  • ミャークヌマ 宮古馬
  • 2017年5月の宮古島の旅の記録2日目宮古馬は体長120センチ、性格は従順でおとなしい。西平安名崎へ行く途中、宮古島らしい馬を牧場で発見した。 競馬好きなので、契約してるグリーンチャンネルで宮古馬の番組があって、あとから知ったこと。大正から昭和初期、一万頭の宮古馬が宮古島にはいました。農作業で活躍した馬も機械化によって、その頭数を次第に減らしていきます。1976年、宮古馬認められる馬は、たった14頭になってしまい [続きを読む]