ちゃっぷりん さん プロフィール

  •  
ちゃっぷりんさん: 言葉の階段
ハンドル名ちゃっぷりん さん
ブログタイトル言葉の階段
ブログURLhttp://ameblo.jp/bohemiaan/
サイト紹介文うたかたにいざなう 詩・文学・心・うた・想い・愛・宇宙・空・海・命
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供270回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2013/08/21 20:17

ちゃっぷりん さんのブログ記事

  • 2017/04/25
  • 大丈夫?心配している。※こないだ、どこで読んだか忘れたけど、覚えている言葉がある。「それはたとえば、好きな女と長く付き合うことで分かる、そのひとの魅力」これが分かると、他の女なんて全く興味なくなる。もう誰も及ぶことなどできないぐらいのものを与えられているから。 [続きを読む]
  • 2017/04/24
  • まだ言葉を話せぬ子供は言葉を話さぬ草花や空と語らえる妖精みたいないきものですいつか言葉を話すようになる頃言葉を話さぬものに心も思考もないのだと誤解したつまらぬ大人にならぬようなかには言葉を話す大人でも物言わぬものの声たとえば水が欲しいんじゃろうと分かる人はその妖精の心を保ちながら大人になれた人あなたの日常からはそれが本当に伝わります今日の生け花 とっても素敵あなたの心が見れてとても嬉しいです [続きを読む]
  • 2017/04/23
  • 長く独りで眠り続けてきた。時計の秒針の刻む音で苛つき、部屋の外にほっぽりだすぐらいに神経質だと思われる自分が、愛しい人の息がかかるぐらいの近さで眠れるというのは、自分自身を安心させた。それぐらいまでに、自分自身と同じぐらい、許しあえる易き人であると、身も心も認めているからである。愛しい人も同じように神経質ななのに眠ってくれる。それがどれだけ嬉しいことか。夜中に目を覚ましたとき、寝息を聴いた。また目 [続きを読む]
  • 2017/04/23
  • ホテルで遅い朝食をご馳走になりました美味しかったしゆっくりできた代官山で散策デート前に通った道を思い出して歩みを進めたまた洋服を買っていただいてありがとう可愛い小道の階段途中にあるワッフル屋さんローズとピーチのハーブティー美味しかったね小さな子供が懐いてきて可愛かったタクシーで第二にまで見つめあい続ける僕らはいつでもそうする本当に素晴らしいデートをありがとう [続きを読む]
  • 2017/04/22
  • パウリスタで朝食をいい店員さんだったあなたの好きなジョンさんと同じコーヒーを鳩のつく文房具屋に寄って歌舞伎座へ僕らの今年の花見は、醍醐の花見贅沢だねぇ一谷嫩軍記は感動でしたここでも獅子の虫の話(寄生虫)があった輪廻もあってこの16年なんであったろうか夢じゃ 夢じゃ受け入れかねぬ現実に対峙して吐くあのセリフは私には強すぎたあちこち連れ回してごめんこのあと銀座シックスを抜けチョコのブティックに寄ったあとカ [続きを読む]
  • 2017/04/15
  • 今日はパソコンが壊れてシステムの復元をかけたら、オフィスのオーソリが解除されて、お手上げ。復旧をかけているあいだ、時間があったからアイロンがけしました。パンツに靴下に。。。一番難しかったのは、あなたに贈っていただいたデニムのシャツ。縫製が立体的で、普通のシャツとは作りがぜんぜん違うことに気がつきました。あなたには私にはもったいないお洋服をたくさんいただいてて、本当にありがとう。大事にしてます。 [続きを読む]
  • 2017/04/14
  • 今日はいい風が吹いていたよ小さく見えるほど高いところでトンビが悠然と旋回してたきょう 心配で病院に行きましたなんでもないと笑ってあしらわれましたなんでもないのになぜかしゅんと落ち込むのでしたあなたの言っていた青い花分かりましたよあれは私の好きな花です違うかな田舎の線路とか大学の芝に生えててしゅっと伸びた穂先に青っぽい花が小さくその姿が好きなんシチリアに来たこの店は あなたを連れて行くのに適うレベルだ [続きを読む]
  • 2017/04/14
  • 今日はいい風が吹いていたよ小さく見えるほど高いところでトンビが悠然と旋回してたきょう 心配で病院に行きましたなんでもないと笑ってあしらわれましたなんでもないのになぜかしゅんと落ち込むのでしたあなたの言っていた青い花分かりましたよあれは私の好きな花です違うかな田舎の線路とか大学の芝に生えててしゅっと伸びた穂先に青っぽい花が小さくその姿が好きなんシチリアに来たこの店は あなたを連れて行くのに適うレベルだ [続きを読む]