mito さん プロフィール

  •  
mitoさん: walking slowly
ハンドル名mito さん
ブログタイトルwalking slowly
ブログURLhttps://miiitooo.blogspot.jp/
サイト紹介文365日。歩みは遅いけれど、自分の人生を自分で作るんだ。
自由文写真を撮ります。本を読みます。映画を観ます。ハンドメイドをします。楽器を弾きます。植物を育てます。思いついたこと考えたことをいろいろと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供149回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2013/08/23 15:00

mito さんのブログ記事

  • 私が真実
  • 騙されているなら、ずっと騙されているほうがいい。見えないものを疑うよりも、見えているものを信じているほうがいい。いつか本当のことを知るなら、それは今じゃなくずっと先でいい。疑いに目を瞑るから、どこまでも騙していてほしい。 [続きを読む]
  • 可愛いを散りばめて
  • 柄にもなく、年齢にも似つかわしくない、可愛らしいことやクサイセリフを言ってみたりする。文字にする時は、それぐらいオーバーでちょうどいいんじゃないかって思う。面と向かったらたぶん、そのほとんどが言えないで終わる。こんなことを言ってもらいたい、こんなことを知ってもらいたいっていうよりも、今のあなたにこんな気持ちを伝えたいって思えることが、伝えられることが、それが幸せだって、どうしてあの頃気付かなかっ [続きを読む]
  • 居心地
  • どんなに見た目が素敵でも、どんなに話が合っても、肌を触れ合わせたときに『なんか違う』と思う人がいる不思議。肌を重ねたときのしっくり感だけは、肌を重ね合わせたときにしか分からないから難易度が高い。肌を重ねたときの居心地の良さだけではなにも決められないけれど、居心地が良くなければなんか違う、この人ではない、になる。それぞれの世界での時間が充実しているうえで、会えない時間が、会っている時間が、言葉の飛ぶ [続きを読む]
  • 美しくではなく温かくありたいから
  • 思い出しても胸の痛みを感じることはないけれど、悲しいなと思ったりする。どうして、と思えば、どうしようもなかったんだろうな、という答えしか出てこないし、私の心の居場所をそこにすることは、もともと叶わなかったのだろう。どうしてと思う人のことは、私のなかでもう終わりした。もうそのまま触れないで、口にもしない。今大切なものを大切にする。この先どこまで続くか、いつまでもと思うからこそ不安に感じるし、でも今は [続きを読む]
  • 飛ばないことも大切
  • さあ動こう、さあ頑張ろう、と思ったら体調がいまいちだったり、疲れて寝てしまったり、生きるってほとんどが思うようにいかないし、生きるってまずは体調と心を整えるところから。羽が湿気って重くては飛べない。まずはじっと休むところから始め。これを伝えたいから今日これをしなくちゃ、これを叶えたいから少しづつこれをやっていかなきゃ、そういうのがあるってとてもいいことだ。毎日を楽しくするコツの一つはこれだな。あと [続きを読む]
  • fog の先に hug
  • 疲れが許容量を超えちゃって、疲れちゃうと寂しくなっちゃって、もっともっと言葉が欲しい、言葉だけじゃ足りないぬくもりが欲しい、触れていたいって、元気はいつだって3歩進んで2歩下がる。心地良いペース配分はどんなだったか、自分のペースはどこまで許されるのか、そもそもそんなことを考えなくてもいいのか、進みながら考えて、止まって考えて、考えても分からない。思いのままありのまま、って相当難しい。見えない先の時 [続きを読む]
  • 言葉が繋がること
  • 既読スルーというのは、どのくらいの時間が経過した辺りからいうのか? 一方通行の言葉の投げかけが、決して向こうからはやってこない言葉を待ちわびることが、とても悲しくて寂しいことがよく分かっているので、私は既読スルーを気にしない、というより既読されるだけで嬉しいと思う。それに加えて、どんなに遅くても翌日中には返事がくるという未来が約束されていれば、言葉が繋がる嬉しさが約束されていれば、それは本当に幸せ [続きを読む]
  • 優しさと温かさ
  • 人の優しさは見分けが難しい。心から向けられた優しさなのか、自分自身を守るために他者に向けられた優しさなのか、建前での優しさなのか。一見優しさとは解釈されないところに優しさが隠れていたり、偽物の優しさに騙されたり。でも『…温かさがあるかどうか…』を感じることができたなら、それは間違いないと思う。心の温かさだけは、嘘がないと思う。人は見た目が大事。心が見た目に表れるから見た目は大事。顔のつくりや身長を [続きを読む]
  •  自分だけの未来の予定  
  • 動いた分だけ何かが始まるということを、そんなに簡単に何かが始まるわけがない、と思っていたし、実際は動いた分だけやるべき何かが片付くだけ、動いた分だけ果たすべき何かの責任を果たすだけ、動いた分だけのほどでもないわずかなコミュニケーションが存在しただけ、であることがほどんどで、動いたところでそうたいして大きくは何も変わらない、だから目に見えないほど少しずつ少しずつなんだよね、と自分に言い聞かせていたの [続きを読む]
  • 距離感の差異が夏の収穫
  • 『野菜を持って行こうと思って』という予想外の言葉に笑った。想像以上に素朴で笑った。カッコつけてないのにカッコいい人ってのがこの世にはいる。違う。カッコいいのにカッコつけてない人なのか。どちらにしても人の魅力というのは、その人自身が出すものではなくて、第三者がどこに魅力を感じるかなんだな。自分の魅力を出そうなんてのは、無意味なことなんだ。だからお互い惹かれあう人というのは、奇跡なんだと思った。人と人 [続きを読む]
  • 前に進もう9月スタート
  • どうなるかは分からない。叶わないかもしれない。これからひとつひとつ進んでいく。これからひとつひとつ積み重ねていく。楽しいなと思える。幸せだなと思える。愛と思いやりをたくさんたくさん。もらうことよりも与えることを忘れない。今度こそ大切に大切にする。咲き始めたり、実り始めたりする秋、9月の始めの誓い。 [続きを読む]
  • それでもいつも見てるよ
  • 過去を否定するわけじゃない。過去は私の大切な宝物。たくさん辛いと思って、たくさん諦めて、たくさん悩んで、それでもと頑張って、たくさん考えた私が、今の私を作り出した。私は私の作品。知ってもらおうと気負うこともなく、優れているでしょうと見せようとすることもなく、見たくないと意識的に避けることもなく、聞きたくないと耳をふさぐこともなく、必要以上に頑張ることもなく、何かを犠牲にすることもなく、同じ距離感、 [続きを読む]
  • 親友が欲しいといっても無理に作るものでないし
  • 女友達もいいけれど、親友っているかなと考えると、私には心を許している女友達ってやっぱりいないような気がするのです。異性としても人間としても、好意を持てない人は同性異性関係なく親友にはなれないので論外ですが、私は男女間の友情は、異性として好意を持っていないと成立しないと思っていた人です。でも最近逆に、異性としての好意が高いほうが成立しないのかも、それはやはり友情ではなく恋よね、むしろ異性としての好意 [続きを読む]
  • どうしてこんなに寂しいのかな、って考えるけれど、誰かを思う気持ちは、思うだけであればあるほど、大きな寂しさを引き寄せるんだな。棚上げするって難しい。 [続きを読む]
  • 自分が情けなさすぎて嫌になった。一番の構ってちゃんは自分なんだ。自分のこと知ってもらいたがり。ひとりで立ちたがりながら、ちょっと構ってもらうとすぐに人に依存しかかる。もう、惑わされるものは何もないほうがいい。頼るものもないほうがいい。優しい言葉から意識的に遠ざからないとだめだ。ひとりでしっかりと空を眺めて歩かないとだめだ。 [続きを読む]
  • 悲しかったけど、諦めてるけど、失ったわけじゃない。手放したくないものは、まだ変わらない。ただ、なにも知らずに変えようとしてくれる人がいる。行動をほんの少し変えただけで、何かが動く。あなたが動かない時間に、私の世界が動く。私を咲かせようとしてくれる人は、他にもいる。一人や二人ではなく、いる。 [続きを読む]
  • ケアンズの写真を
  • 若干、トリミング具合が違うのですが、ちょっと見てください。ケアンズの夏の夜のクリスマスツリーなのですが、夜景の写真は、三脚がないと手ブレする可能性大です。この写真も拡大すると当然のごとく手ブレてます。光を取り込もうと感度を上げると画像が荒くなる(はず)だし、光を取り込もうとシャッター速度を遅くするとこれまた手ブレ(るはず)です。(ていうか、光を取り込む方法はこれで正解でしたか?という感じですが)。 [続きを読む]
  • たぶんレインボウシャワー(Cairns追加
  • ケアンズの写真を、やっと改めて編集してflickrにアップするなどしたわけなんですが、気付いたんですよ、この綺麗な木の花をここに登場させてないことに。レインボウシャワー。ケアンズに到着した初日、最初に目にした花は赤いポインシアナだったのですが、その次に目に入ってきたのがこれ。ちょっと藤の花に似てる。綺麗でどれだけ眺めていても飽きない。 [続きを読む]
  • 自分の軸だけで生きていける。リセットとかリスタートとか聞き飽きた言葉を毎日胸に。 [続きを読む]
  • まある
  • まあるく輝くひまわりのような人でありたい。私は、自分の生活や日々に納得がいかないことや不満があっても、自分にないものを持っている人や、毎日が楽しくて幸せなんだろうなあという人に嫉妬することがない人で、つまり、人のことをいいなと思ったり羨ましく思うことはあまりない人です。あの人のこういうところいいな、見習いたい、真似したい、というのはあります。それはなぜなんだろうと考えてみたんですけれど、人を羨むと [続きを読む]
  • 置かれた場所で咲きなさい、だっけ? 有名なある方の言葉ですが、置かれた場所でどうしても咲くことができない場合、咲くことのできる場所へ時々、数ヶ月に一度でもいいから、遠く近く関係なく、何をするかも関係なく、自分がやりたいこと見たいことを求めて、そこへ自分から出向いて行く行動力を持つことが、咲くことのできない場所にいる普段の日々を、救うのかもしれないなと思いました。これからでも、そういう自分になりたい [続きを読む]
  • 万人ウケする写真を撮るか撮らないか、は個人の意思によるものでありますし、万人ウケする写真を撮れる人の写真が好きか、といったらそうでなかったりもする。良い機材を使うとか、カメラや写真の知識とか、撮影する技術とか、あるのとないのでは当然差があるに決まっているのだけれど、写真の編集ができる今の時代、何をどう見せたいからどう撮って、そしてさらに見せたいものに近づける編集をする、ということになると、一番重要 [続きを読む]
  • 8月スタート夏を満喫しなくては
  • 春の写真を今頃やっとちょっと編集したりして、もう少しリアルタイムで今を生きていきたいと、これからはなんとかもう少しそうしていきたいと思うのでした。今朝目覚めて、『よし、8月スタート夏を満喫』という目標を掲げたのに、仕事から帰ったら永遠とお昼寝してしまったという、お昼寝できる贅沢を噛みしめながら、若干貴重な時間を無駄にしたような気持ちにもなり、『今日はこれでよし』とできないところが、私の欠点なのだろ [続きを読む]
  • 新しく生まれたもの
  • あなたが忘れていても、私は忘れていない。この想いに希望は持っているけれど、期待をしてはいけないのだろう。もうあまり計算せず考えず、関係なく自由にしよう。私をこの想いから解放してあげよう。 [続きを読む]
  • 愛のある人
  • 愛を与えるということと、一歩引いて眺める、ということが、私には足りないな。気をつけよう。努力しよう。 [続きを読む]