23 さん プロフィール

  •  
23さん: area23
ハンドル名23 さん
ブログタイトルarea23
ブログURLhttp://area23s.blogspot.jp/
サイト紹介文蕎麦はじめとした食べ歩き、フィッシング、ゴルフ、海外ドラマ、音楽など
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供136回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2013/08/24 18:09

23 さんのブログ記事

  • おにぎり / ぼんご
  • JR大塚駅南口から徒歩5分。呆気ない外観の店舗。うどん屋かラーメン屋にも見える。歴としたおにぎり屋。しかも東京で1番らしい。店内はカウンター席のみ。びっしりと先客で埋まってる。メニュー表を見るとすごい種類。王道「しそ昆布」外れようがない美味さ。自分の中ではおにぎりの具の王様。大人の「じゃこ生七味」けっこう辛い。しかし美味。やけに味噌汁との相性が良い。冒険「明太クリームチーズ」驚愕の美味さ。初めての味。 [続きを読む]
  • 鶏の素揚げ / うえ山
  • バーボンロードの終点。綺麗に改装された倉庫の一画を店舗に。白い暖簾は健在。シンプルでスッキリした店内。非常に高い天井は開放感がある。鶏の素揚げ(ムネ・モモ)セット。脂のないムネ。ジューシーなモモ。素揚げなのに美味い。普段塩気がある方を好む私。卓上に塩など色々あるが全く不用。こういう美味しさもあるんだな〜と感心。あっという間に店内は満席。何人も入店を断られてる。カウンター角の1席は余計と思う。芋焼酎 [続きを読む]
  • うなぎ / 寿々喜
  • 夕方になると、まだ涼しさが味わえる5月末。とりあえずビール。キリンビール大瓶。うざく。玉葱、胡瓜、うなぎ。以前よりボリューム満点。どうしてうなぎがやわらかい酢に合うのか。相変わらず不思議で面白い。そして美味い。板わさ+山葵漬け。日本酒ぬる燗で。何ともよく合う。飲み過ぎは無粋というもの。お重ではなくうなぎ丼。老舗の伝統を感じさせる。豪快な焼き方。絶妙な焼き加減。うなぎの旨味と脂が注ぎ足された秘伝のタ [続きを読む]
  • 悪人 / 吉田修一
  • 高速開通で見捨てられた峠道の三瀬峠。そこで福岡市で保険外交員をしている石橋佳乃の絞殺死体が発見された。時期を同じく増田圭吾の行方が分からなくなった。長崎市の土木作業員・清水祐一は紳士服を販売してる光代からメールを受ける。清水祐一と光代の逃走劇は、物語とはいえ胸に来るものがあった。清水祐一は間違いなく殺人犯だ。しかし悪人ではないと思う。むしろ優しい人間じゃないか。欲圧されて生きてきた光代の純粋無垢な [続きを読む]
  • ピザ / ピッツァマンオオイマチ (PIZZAMAN OIMACHI)
  • ハートランドで乾杯。グリーンサラダ。多種類の菜っ葉。けっこう苦味がある。ビネガードレッシングが酸っぱくて美味。けど900円は納得できない。フレンチフライ。カリカリ&サクサクのポテト。塩気が効いてて美味しい。量も多くて嬉しい。添付けのケチャップは不要かな。マリナーラ(トマトソース・ニンニク・オリガノ)アンチョビをトッピング。味は悪くないが具やソースの薄っぺらさが残念。満足感も薄い。生地はもちもち。セン [続きを読む]
  • ノルチーナ / Pizzeria B
  • ランチでピザにビールでもと。ノルチーナ(サルシッチャ・ポルチーニ・松の実・トリュフオイル)これが大当たり。少しクセのあるサルシッチャ(ひき肉ソーセージ)とチーズのまとまり感が素晴らしい。キノコの水分がすごい。クルミの食感も中々。注文したら素早く焼きあがる。サラダ。シェリービネガーの自家製ドレッシングが美味のサラダ。ハートランドもヘネシートニックも爽やかで良かった。蒲田駅から徒歩2〜3分。簡素な外観。い [続きを読む]
  • 純レバ丼 / 菜苑
  • 注文はもちろん噂の「純レバ丼」タレが絡まったレバー。白飯。大量の葱。迫力の光景。レンゲで一口。...これは。味付けは甘辛。細切れのレバーは小ぶりで食べやすい。タレと相性抜群。濃い味付け。しかし大量の葱と相まって全く飽きない。完食するまで一気食い。驚きました。中毒性のある美味しさ。さり気なく中華スープ最高。価格はちょい高い。錦糸町駅と亀戸駅の丁度中間。葛餅で有名な船橋屋のお隣。たまたま物件探しで訪れて [続きを読む]
  • Run
  • 気持ちのいい風が流れる中多摩川沿いのロードをランニング。昼間は陽射しが強く暑かった。この2ヶ月間、呆れた現実や裏切りの醜態を目の当たりにした。事実を確かめもせず噂や風評によって接し方を変える人々や会社を責める気はない。それが普通だと思う。多くの取引先が手の平を返すような態度をしてきた中、あるメーカーは少しでもできる事はと手を差し伸べてくれた。下町にあるオフィスに挨拶に行くと、帰りにエレベーターを降 [続きを読む]
  • 草津湯
  • 連休最終日の夜。まったく楽しめなかったGW。自分にささやかな癒しを与えてあげようかと。いつも人気で混んでいるのにこの日は嬉しい事に空いてた。湯温が熱い。身体に沁みるよう。広々サウナが嬉しい。水風呂で冷やしながら何度も入り直して汗びっしょり。身体の芯からストレス解消できた。 [続きを読む]
  • 川崎ゴルフ練習場
  • GW真っ只中。練習にやってきた。連休は家族連れで出かけてるせいか打席に余裕がある。目下課題の右肩・右腕。クラブを振るだけなのに余計な動きをしている。長年培ってきた癖だけに脳と身体が違う動きをする。厄介である。しかしこれを克服しないと身体に優しく効率的なスイングを身につける事ができず、理想の球筋にならない。 [続きを読む]
  • ハンバーグダイナー MARU
  • JR大井町駅から徒歩7〜8分。初めての訪問。期待外れな外観にちょっとガッカリ。レトロアメリカンな雰囲気は無い。煤汚れた喫茶店の様相。店内はアットホームな雰囲気。厨房を囲むようにカウンター席が並ぶ。生真面目そうな店主。一定のペースで話す奥さま。冷やしたトマトを丸剥きしたサラダ。人参?ドレッシング。程好い硬さがありナイフがスッと入る。非常に甘いトマト。爽やかで美味。シャリアピンハンバーグ(200g)目玉焼きが [続きを読む]
  • グレートジャーマンクック(G.G.C)蒲田店
  • ドイツビールなどヨーロッパ系ビール専門店。京急蒲田駅から徒歩1分。店舗らしくない入口。訝しげに思いながら入店。店内は照明を絞って良い雰囲気。バーカウンターの奥に見える無数のタップ。なんと50以上ある。驚愕の種類。各国しかも各メーカーのクラフトビールを楽しめる。桜タルタルステーキ。臭みのない馬肉。大好きなレバーケーゼ。レモンを絞って。塩気が効いてて最高。予想以上のソーセージ(ミュンヘナーヴァイス・シン [続きを読む]
  • キアッキェローネ(Chiacchierone)
  • JR桜木町駅より徒歩15分。野毛坂の途中にある店舗。開店時間ちょうど一番で入店。店内には所狭しとテーブル席が配置。赤白チェックのテーブルクロス。かわいい。老朽感のある白ペンキ壁にイラストやら絵が掛かる。トラットリア(食堂)っぽくもあり好印象。窓際のテーブル席に通される。窓からは野毛坂を通る人の姿。穏やかな土曜のお昼。店名「Chiacchierone」とはイタリア語で「おしゃべり」。気がつけば店内は満席ガヤガヤ。どこ [続きを読む]
  • トゥジュールデビュテ (TOUJOURS DEBUTER)
  • 苦いフレンチコーヒーと名物チーズケーキを求めて訪問。地下に降りて入店。相変わらず最高の雰囲気。奥のテーブル席に潜むように着席。チーズケーキ。相変わらず絶品。お酒が効いてる。ブルーベリーとも最高。普段チーズケーキが嫌いな自分。これは別物。ネルドリップで入れたコーヒー。苦くて香ばしい。これが好き。思わずコーヒーお替り。都会の喧騒から隔離された別世界で飲む一杯のコーヒー。これだけで価値がある。トゥジュー [続きを読む]
  • 味噌漬け竹の子香り焼き / 厨
  • 汐入駅まで徒歩3分。横須賀中央駅からブラブラ歩いて辿り着いた。パリッとした入口。多くの先客で賑わう店内。ほぼ満席。まとまりの無い内装。とりあえずビール。地ダコ。柔らかい桜煮。塩+すだちで食べたい。生本鮪の中トロ。赤身の香りが残る中トロ。ほんと最高。塩でも美味。焼酎にチェンジ。アカモクポン酢。ネバネバ。味噌漬け竹の子香り焼き。これは絶品。是非また味わいたい。板場での魚臭さが漂うカウンター席。好き嫌い [続きを読む]
  • 東禅寺
  • 泉岳寺と品川の間にある寺。初夏を思わせる日曜。引越しで物件を内見するため高輪に来たついでに寄った。門から本堂までの通りが素晴らしい雰囲気。近くにこういった隠れスポットがあると嬉しい。物件自体はイマイチな印象。泉岳寺から徒歩5分。立地や条件は最高なだけに惜しい。 [続きを読む]
  • もりいろ
  • すっかり初夏を思わせる陽気。京急大森町駅から徒歩1分。11:30の開店と同時に入店。他に3組も一緒に。余計な装飾を省いた内装。静けさがあり清潔感が漂う。心が癒される雰囲気。冷えたビール。かぁ〜美味い。ビールが嬉しい季節がやってきた。レバーオイル漬け。これは美味。とうふ味噌漬け。甘いチーズの様。かなりクセあり。クレソンのポテトサラザ。ほんのり苦味とオリーブのイタリアン風味が新しい。焼き味噌。しそが効いてる [続きを読む]
  • 出版禁止 / 長江俊和
  • この本を出版した長江俊和。彼は知人から紹介された出版禁止となったルポ「カミュの刺客」を読み、驚きと興奮を覚えて出版。事件で亡くなった映像作家の熊切敏の秘書だった新藤七緒(しんどうななお)。熊切と心中を決行するものの熊切は死に、彼女は生き残った。若橋が新藤へ取材し、それを中心に構成されたのルポが「カミュの刺客」。その「カミュの刺客」を書いたフリージャーナリスト若橋呉成(わかはしくれなり)。彼は熊切を [続きを読む]
  • 花見風呂 / 桜館
  • 花見にやって来た。といっても風呂に浸かりながらの見物。休日の夜〆に銭湯にきた。この時期の桜館では黒湯に浸かりながら桜を眺める事ができる。昼間も良いが、夜は黒湯エリアが薄暗くライトアップされた夜桜がさらに風情を感じさせる。久しぶりの桜館。何となく気楽な感じがする。黒湯はじんわり温まる。勢いのあるジャグジー風呂。この日の水風呂は最強に冷たかった。温度計では13℃だがもっと低いはず。電気風呂に挑戦したり。 [続きを読む]