てぃも さん プロフィール

  •  
てぃもさん: 航空留学生・カナダ在住てぃものブログ
ハンドル名てぃも さん
ブログタイトル航空留学生・カナダ在住てぃものブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/sky-clear-victoria/
サイト紹介文カナダでのフライトレーニング、生活の様子を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2013/08/25 11:41

てぃも さんのブログ記事

  • 全村避難
  • フライトの予定のない日曜日が一本の電話で大きく変わりました。 ある村の全村避難のフライトが入るかもしれないから、 すぐに空港へ来て、とのこと。 マニトバ州には道路が通っていない村がいくつもあります。 冬季は凍った湖の上を走ることで車でも行ける場所も多いのですが、 夏は飛行機か船でしか行けません。 滑走路もそれほど長くない場所が多いので、大型の飛行機は離着陸 できません。 そんな村の一つの近隣で雷により森林 [続きを読む]
  • ドアが開いた????
  • お客さんに肩たたかれたシリーズ第2弾。 何事かと思ったら、 ドアが開いた!とのこと。 Beech99は与圧されていないので、吸い出される危険は 少ないとはいえ、ドアがもし本当に開いたら 一大事です。 すぐに安全に着陸できる場所へ向かわなければいけません。 ただ、この時はコックピットにある警告灯もついていませんでしたし、 後ろを振り返っても特に変わった様子もなく、 音も普段と変わらない様子でした。 キャプテン、僕とも [続きを読む]
  • コーヒー飲む?
  • ありがたい、ご親切はありがたいんですけど、 離陸直後はやめてください。 僕が飛ばしている飛行機はコックピットと客席の間に ドアがありません。 ということで、たまに飛行中に話しかけられます。 機内はすごくうるさいので、そうしょっちゅうあるわけではない とは思いますが。 先日、離陸直後に肩をたたかれたので、何事かと思ったら、 コーヒーいるか?と。 正直思いました。 今それを聞くか?と。 離陸から水平飛行に入るま [続きを読む]
  • 一番長い日
  • 昨日はこの会社に入って一番長く仕事をした一日でした。 パイロットは仕事ができる時間が法律で決まっています。 僕が仕事をしているエアタクシー(カナダでは703とも呼ばれます)の カテゴリーですと、一日に14時間を超える勤務は認められません。(いろいろ例外はあります) 昨日は1時間45分くらい離れたフリンフロンという場所へ 2往復しました。 それなら8時間もあれば終わるんじゃないの?と 思われるかもしれませんが、目的 [続きを読む]
  • ナイスタッチダウン
  • 最近満足のいくタッチダウンが増えてきました。 だいぶBeech99にも慣れてきたのかな、と思います。 ランディング(着陸)ではなくて、タッチダウンと書いたのは あくまで優しく降ろせるようになっただけで、狙った場所に 降ろせないことがあるからです。 空港で飛行機を見ていると大体みんな同じ位置で 接地しています。 今は性能面で余裕のある滑走路でしか離着陸をしていないので 問題ないですが、将来ぎりぎりの厳しいコンディ [続きを読む]
  • コックピットから見える風景
  • 今日はフライトタイムが9.6時間というえらく長い一日でした。 2人で飛ばしているとはいえ、オートパイロットなしで これだけ飛ばすとさすがに疲れます。 今日は貨物だけのレグがあり、気流もスムースだったので、 少し写真を取ってみました。 日の出です。とても美しい時間帯です。 次の2枚が僕がコックピットから見ている典型的な風景です。 はい、湖と森以外は何もありません。 どなたかがブログでmiddle of nowhere(へんぴ [続きを読む]
  • 黒いペンを持ってますか?
  • って言われたのかと思って、ポケットにさしてたペンを差し出したら すごい笑われた。 実はDo you have black pants? ようは黒いズボン持ってる?って聞きたかったみたい。 ペンとパンツまさかって思いますよね。 僕が働いている会社のチーフパイロットはオーストラリア人 なのですが、たまにこういうことが発生します。 オーストラリア英語はカナダ英語に慣れた僕には非常に 聞き取りにくいです。 よく、そんなに長いこといれば英 [続きを読む]
  • ひさびさにフライト
  • 休みと飛行機の都合もあって9日ぶりのフライトでした。 まだまだ経験が少ない中で、これだけ休むと 技術的になまっているなあと自分でも感じますし、 手順が抜けてしまったりすることもあります。 幸い、今は2人で飛行機を飛ばしているので、1人が何か忘れても もう1人がフォローできるので、問題にはなりません。 2人で飛ばす意味がここにあります。 ただ、そこに甘えずしっかりと定着させていけるように したいなと思っています [続きを読む]
  • GPS チェックライド
  • 先週、GPSチェックライドがありました。 テストやチェックばっかり、それがパイロットの生活です。 今回はGPS(カーナビみたいなものです)を計器飛行で 使用するためのお墨付きを得るためのチェックでした。 といっても、僕が飛ばしている飛行機は右席の計器には GPSの情報が表示されないので、真ん中にあるGPSの 扱いと、キャプテンがGPSアプローチをしているときにする 飛行機を飛ばす以外の業務を見られただけでした。 特に質 [続きを読む]
  • 北の湖で
  • インストラクター時代の元同僚とすれ違い。 今日は天候の影響で予定していた場所に降りられず、 近くの設備の整った空港へ到着地が変更になりました。 お客さんの到着を待っていたら、 他社のダッシュ8がやってきました。 中にはなんと元同僚がパイロットとして座っていました。 数か月前まではセスナで毎日すれ違っていましたが、 今こうして、大きな飛行機で同じことが起こると 感慨深いものがあります。 帰りはBeech 99 で初め [続きを読む]
  • MRJ@ウィニペグ
  • なんとなんとMRJ(ミツビシリージョナルジェット)がウィニペグに やってきました。 数日前の話ですが、今日、パリへ到着したとの発表があったので、 このブログを書きます。 その日は出勤日でしたが、フライトがなかったので、 ハンガーで他の仕事をしていたところ、キングエアが フライトから帰ってきました。 キングエアを飛ばしていた友人がANAがウィニペグにいたよ。 というので、最初はダイバートでもしたのかな?と思って [続きを読む]
  • マイクのテスト
  • マイクのテストをしたいとき、なんというでしょうか?(カラオケとか学校行事とかの時です) 日本だと僕の周りでは「あー」という人が多いと思うんですが、 英語が母語の人はほぼ間違いなく check, check, check, one two one two と言います。 なんででしょうか?テレビか映画の影響でしょうか? ---------------------------------------------------------- コックピットはうるさいので、隣にいる人ともマイクとヘッドフォンを [続きを読む]
  • クリアランスデリバリー
  • お客さんを乗せた二回目のフライトも前とは別のフィッシングロッジへ。 今度はさらに早い時間。 着いたその日からフルで釣りができるように こんなスケジュールのようです。 今回は何もないいいフライトでした。 僕の勤めている会社のベースは国際空港ではなく、 近く(エアタイムで6分くらいです)のローカル空港にあるのですが、 やはりお客さんにとっては国際空港のほうが都合がいいので、 (エアラインはすべてウィニペグイ [続きを読む]
  • お仕事
  • ようやく、というか、ついに、というか、今の会社に入って初めて お客さんを乗せたフライトに行ってきました。 テストには合格していますが、まだ実地訓練段階なので、トレーニング キャプテンとしか飛べません。 実際の運航の中でトレーニングでは学べなかったところを補って いきます。当然この段階までに飛行機を飛ばすことまでは できているわけですが、やはりお客さんを乗せると 飛行機を飛ばすこと以外でやることが多少変わ [続きを読む]
  • メディカルチェックのち真夏日=冷えたビール
  • 今年もメディカルチェックの季節がやってまいりました。 ウィニペグへ引っ越しはしたものの、今まで見てもらっていたドクターに 続けてみてもらったほうが何かと便利なので、スタインバックまで 行ってきました。 視力は眼鏡なしではかなりぎりぎりになってきましたが、それ以外は 問題なくクリアできました。 これでまた一年飛ぶことができます。 さて、昨日のウィニペグは33℃の真夏日(カナダに真夏日という概念が あるのかはわ [続きを読む]
  • ウィニペグの中の中国
  • チャイナタウンにあるスーパーマーケットに行ってみました。 お店に入ったら完全に外とは別世界。 中国語しか聞こえてきません。 売っているものも中国のものをはじめ、日本のものや韓国のものなど 東アジア製品ばかりでした。 日本でいう普通のサイズの人参(カナダのスーパーでは ベイビーキャロットが多い)、にら、にんにくの芽など、 カナダのチェーン店ではあまり見ることができない野菜も 売っていました。 こういうところ [続きを読む]
  • タービンエンジン
  • 今週はお休みばっかりです。 訓練中に土日返上の日があったので、その分の休みをもらえました。 インストラクターの時は日曜以外は仕事だったので、 悪いことしているような気がします(笑) さて、記憶が確かなうちに違いを感じたことをつらつらと 書いてるわけですが、その一つがエンジン。 Beech99はターボプロップという種類のエンジンがついています。 今まではピストンエンジンでしたので、まあ言ってしまえば 車のエンジン [続きを読む]
  • SOP
  • 今回、チャーター便を飛ばす会社に入ってきて大きく変わったことの 一つが、パイロットの数です。 今まではインストラクターとして、飛行機を一人で飛ばせるように 教えてきました。 でも今は2人で協力して飛行機を飛ばしています。 当然、二人のパイロットの意思疎通がうまくいかないと 安全に飛ばすことができません。 そこでみんなが同じような手順で飛ばしたらいいじゃん、 ということで定められているのが、SOP(standard ope [続きを読む]
  • PCC
  • PCC(pilot competency check)に合格しました。 フライトインストラクターを3月で辞め、今は チャーター便を飛ばす会社で働いています。 この会社ではビーチ99という飛行機を飛ばすことになりました。 双発ターボプロップ機で、2人のクルーと 9人までのお客さんが乗れます。(ほんとはもっと乗れるんですが、許可書上9人までとなっているので) 前にも書いた通り、トレーニングの予定が ずれにずれて今日までかかってしまいました [続きを読む]
  • 久しぶりの飛行
  • 久しぶりに飛んできました。 3月でインストラクターをやめ、4月からチャーター便を 飛ばす会社へ転職しました。 今はトレーニングの真っ最中。 もともとの予定ではすでにトレーニングは終わっているはずでしたが、 いろいろあって(会社と運輸局の都合)、ずれにずれて 5月になってしまいました。 これから飛ばす飛行機はビーチクラフト99という 飛行機です。 うちの会社の許可 [続きを読む]
  • ウィニペグへ引っ越し
  • 今月初めにウィニペグに引っ越してきました。 カナダに来て初めてアパートを借りました。 久しぶりの一人暮らし。 最初の数日はなれませんでしたが、数日たてば なんと気楽なものか。 アパートの契約は日本と比べて時間もかかり、 探すのも面倒でした。 今回でなんとなく手順が分かったので、 次はもう少しうまくできるかな、と思います。 カナダではパイロットに引っ越しはつきもの [続きを読む]
  • なにが役に立つかなんてわからないなぁ
  • 日本で仕事をしていた時にやっていたことが 今更ながら役に立っています。 危険品の輸送。 海上輸送と航空輸送、日本とカナダの違いはありますが、 基本的なルールは同じです。 この勉強をしないといけないことになったのですが、 昔やっていたことなので、わりとスムースに理解できて いるように思います。 日本で仕事をしているときはただただ面倒な (手数が普通品よりかかるので [続きを読む]
  • 帰国の飛行機の中で
  • 中国人のおばちゃんに中国語でめっちゃ話しかけられた。英語喋ったら大人しくなった。なんだったんだろう?というか、私は中国っぽいのか?バンクーバーから成田の飛行機で隣に座った学生さん。すごーい晴れてる、きれーいって感動してた。その頃僕は、うん、この高度だといつも晴れてるけどね、って思ってた。知識があるって人生をつまらなくするのかな? [続きを読む]
  • 成長?
  • バンクーバー空港にいます。飛行機を待っていると、どこからともなく空港ツアーの一団がやってきました。僕の目の前で説明を始めたので、なんとなく聞いていました。すると参加者が飛行機自体について質問を始めました。案内人は多分、空港の人で航空会社の人ではなさそうでしたので、答えるのに非常に苦労していました。僕も4年前はそうだったなぁ、なんて思えるのは成長したって事なのでしょうか。よっぽどご説明しましょうか? [続きを読む]
  • ジョンカラノテガミ
  • とてもうれしいメールを生徒からもらいました。 正確に言うと、僕の上司に生徒が出したメールを 見せてもらいました。 「PPLのテストにほぼ満点で合格できたのは、てぃものおかげです。 彼はストレスフリーのレッスン環境を作ってくれた。 辛抱強く問題点を指摘したり、解決方法、練習方法を 教えてくれた。レッスンは毎回とても疲れたけれど、 次回がいつも楽しみで仕方がなかった。 て [続きを読む]