寺やん さん プロフィール

  •  
寺やんさん: 気まぐれ散策部隊の散策日記
ハンドル名寺やん さん
ブログタイトル気まぐれ散策部隊の散策日記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/view001sp
サイト紹介文中国地方の非電化区を中心に活動しています。また、イベントなどで他の地域に行ったりもしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供196回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2013/08/25 20:57

寺やん さんのブログ記事

  • みまさかノスタルジー 登場して間もない頃 
  • キハ47系2連。ことぶき運用。登場して1週間が過ぎた時に撮影したものです。最近の臨時やことぶきとしての運用で見るノスタルジー編成の塗装が汚れていてちょっと悲しいかな〜〜。この頃は塗装がピカピカでした。ノスタルジー撮るなら綺麗な時に・・・。時間が出来た週末は大体津山線に行ったような・・・。まだまだ走るこの車両。撮るのはもちろんですけど。近いうちに乗りたいと思っています。2016/04/16   弓削〜神目 [続きを読む]
  • 青空の下で気動車を撮る。
  • 昼から地元でプチ鉄でキハ47系2連を撮影。今日の山陰地方は午前中は曇り、午後から晴れていました。初夏を思わせる気候。昨日の賑わいをみせていた駅。今日は乗客もわずかに降車する日常の風景に戻っていました。梅雨時期というのに雨の降る日は少なく晴れの日が続いています。明日も暑くなりそうですね。鉄活動されます際には体調崩されませんように・・・。次の週末は時間があったらキタ近畿イベントの臨時列車を見に行きたいですね [続きを読む]
  • 山陰線、円山川橋梁で289系
  • 円山川橋梁で289系を撮影。非貫通型先頭車がやっと撮れた〜。ようやく念願が叶いました。晴れ空の下を行く列車は良いですね〜〜。瑞風が通った後なので誰も居なくてゆったりと撮れました。多客期の増結シーズンも良さそうですね。また、来ようと思います。2017/06/17 [続きを読む]
  • 今日から「瑞風」が中国地方を駆ける・・・。
  • 2017年6月17日。トワイライトエクスプレス瑞風の運用が開始されました。大阪から山陰線経由で下関のコースを走ります。沿線はどこも一目みたいと携帯やカメラを持つ人の姿が見られました。北近畿地方に姿を見せて上り坂に挑む。ディーゼル音を響かせていました。青空の下を走る列車を見送りました。運行初日という事で香住駅、浜坂駅などで歓迎のセレモニーが開催されていたようです。この列車が地域の活性化に繋がる事を願うばか [続きを読む]
  • 朝の日差しを受けて走る。
  • キハ187系 Sいなば2号。青空の下、エンジン音を轟かせて勾配を上っていました。智頭急行線に入りこれから高速で走る為に加速。いなばに乗ったのは・・・。9年前、岡山に行った時でしょうか・・・。今は他のルートで岡山に行っているので乗る機会がなかったり。いつか乗って爆走を体験したいですね〜〜。2017/06/10 [続きを読む]
  • 久しぶりに伯備貨物
  • 10日の臨時列車ノスタルジー編成を撮ってから新見経由で北上。その後に黒坂を過ぎたあたりで貨物が撮れそうでしたので・・・。久しぶりにこの場所に来ました。バックが霞んでいますけど・・・。EF64牽引のコンテナ貨物を久しぶりに見えて嬉しかったです。機関車牽引は迫力ありますね〜〜。あとは、やくも7連も撮って帰路につきました。2017/06/10 [続きを読む]
  • 夕暮れ時の回送
  • キハ126系 ジオパークラッピング列車の米子へ回送途中を撮影。この列車が走る頃もまだ日が高いです。梅雨の中休みなのか日曜日は天気がよく初夏を思わせるように暑かった〜〜。そういえば、17日から瑞風が営業運転されます。特別なトワイライトが走っていたのもついこの間のように感じ。瑞風の発表も・・・。時が経つのが早い。いよいよです。楽しみです。瑞風の活躍で地元も活性化する事にも期待したい。2017/06/11 [続きを読む]
  • 臨時列車 「美作国 地酒列車」  姫新線編
  • 福渡駅から一気に姫新線の沿線に移動。撮影場所は以前から気になっていた場所に行きました。臨時列車の運転区間。田園地帯を走るノスタルジー編成。ゆったりした姫新線の風景にノスタルジー塗装は合いますね〜。回送区間で新見に向かうノスタルジー編成。山里が望める築堤を力強い走りで通過していきました。この度の臨時は往路のみで撤収でした。次のノスタルジー編成の臨時運用は行くかどうかは思案しています。2017/06/10 [続きを読む]
  • 臨時列車 「美作国 地酒列車」  津山線編
  • 6月10日にノスタルジー色のキハ47系2両編成の臨時列車が岡山〜津山〜中国勝山を走りました。福渡でほぼ30分ぐらい停車との事でしたのでこちらでも撮ってきました。福渡駅に入線するノスタルジーキハ47系。この度のHM。福渡駅にて撮影。サボは「団体専用」を掲出していました。ホームで売っていたすぎ茶屋まんじゅう(420円)を買いました。黒糖を小麦粉に混ぜて練り込んだお饅頭でした。地元にも同じようなお菓子でふろしきまんじ [続きを読む]
  • 朝練で再び若鉄。
  • 1352D。日曜日も朝から晴れてました。再びあの場所で撮影です。キハ47系3連の後にやってくる列車。この前に撮影した時は背景の山々が霞んでいたので行ってきました。奥の山々がハッキリと見えました。しばらくは朝練が続きそうです(笑)。2017/06/04 [続きを読む]
  • 2017年 美保基地航空祭に伴う臨時列車の運行及び定期列車の増結
  • 5月28日に美保基地航空祭が開催されました。それに伴い臨時列車が増発、定期列車が4両に増結されて運用されました。1641K。鬼太郎、猫娘、ねずみ男の妖怪ラッピングが3両とぎやかな編成でした。後ろの車両はキハ47系。臨時列車。キハ47系4連。臨時幕。日中は快速運用もあったようです。そして、ブルーインパルス〜!かっこいい〜〜〜!帰りに渋滞しそうでしたので早めに切り上げ撤収。YS11のフライトは帰りに空港近くで飛んでいる [続きを読む]
  • 臨時快速ジオライナー
  • 晴れた空の下を行く臨時快速ジオライナー キハ126系2連。日中の気温が30度を越す初夏を思わす天候でした。とても暑かったです。田んぼに水が引かれ涼しく感じます。少し歩いただけで汗だく…。帽子を忘れたので顔が日焼けしてヒリヒリします。山陰地方はしばらく暑い日が続きそうです。ご覧頂きありがとうございます。2017/05/21 [続きを読む]
  • 若桜鉄道 今年もピンク色に・・・。
  • 今年も若桜鉄道のSLがピンク色に・・・。5月28日までと長くお披露目するようでしたので行ってきました。青空の下にピンク色のSL。この日に運転の予定が無いのでいつものところにありました。ギャラリーが一人も居ませんでした。ちょっと寂しいかも。トロッコ乗車コースはDD16形ディーゼル機関車の試運転をしていました。今日は構内に入らないで敷地外で見える場所からの見学でした。また来年もピンク色になるのかな〜〜。この色で走っ [続きを読む]
  • 丹鉄で黒松を見掛ける。
  • 5月連休の丹鉄散策で黒松の臨時を見掛けました。「ランチコース〜楽〜」のプランで走っていたようです。のんびりとした鉄道旅はいいですねぇ〜〜。黒松はいつかは乗ってみたい列車の一つです。6月から「近畿のキタだよ、北近畿!」キャンペーンが始まります。臨時列車も走ります。楽しみです(^-^)。ご覧頂きありがとうござます。2017/05/04 [続きを読む]
  • 2017年春 ありがとう10周年 みまさかスローライフ列車
  • 今年も5月13日・14日に因美線 津山〜智頭をみまさかスローライフ列車が走りました。この度も秋に続いてノスタルジー塗装のキハ40+キハ47の3連。14日に撮影に出掛けました。この日は昼からも天候が良く撮影日和でした。鳥取県のみで撮る予定でしたけど・・・。時間に余裕があったので物見峠を越えて美作河井駅まで行きました。列車が到着前に来たので松ぼうき鉄橋で動画撮影。その後で駅の方へ行きました。美作河井駅にて駅名表と列 [続きを読む]
  • 連休最終日の夕方の山陰線沿線で。
  • 夕暮れ時にキハ187系を撮りました。正面に夕日を浴びて走る列車。砂煙を上げての爆走中ですね〜〜。今日で5月連休が終わりました。この休みも時間を作って鉄活動で鉄分補給を十分できたと思います(笑)。さて、さて、明日から普段どおりに・・・。ご覧頂きありがとうございます。2017/05/07 [続きを読む]
  • まさに”隼”・・・。
  • 夕暮れ時の沿線。若桜鉄道の隼ラッピング列車を見ました。何と!時速200Kmで走行してました・・・。いやいやウソです(笑)。露光が少なかったので流し撮り。昨日は若桜が賑やかだったようです。今年もピンクの機関車もお目見えとの事です。28日までと長いので時間があったら行こうと思います。ご覧頂きありがとうございます。2017/05/06 [続きを読む]
  • 田植えの季節ですね〜〜。
  • 今日は朝は雨でしたけど。昼過ぎからは晴れ間が見えるお天気になりました。来週はスローライフ列車の運行日。撮影場所を決めるために因美線を散策してました。ちょうどその時にやってきた。キハ120系。水田には田植えがしてあり水鏡のようになっていました。周囲でも田植えの作業されている方々が見られました。長閑な田園風景を眺めて気分が癒される感じでした。来週のスローライフ列車は岡山県には行かずに鳥取県側の往路と復路 [続きを読む]