わたおやじ さん プロフィール

  •  
わたおやじさん: ジェフ24時
ハンドル名わたおやじ さん
ブログタイトルジェフ24時
ブログURLhttp://ameblo.jp/waoyaji16/
サイト紹介文ジェフユナイテッド市原・千葉の話題を中心にグチったり、喜んだり気ままに書いています
自由文ジェフユナイテッド市原・千葉についてがほぼ100%。たまに関係ない事も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供126回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2013/08/26 01:46

わたおやじ さんのブログ記事

  • よくぞ言ってくれた
  • 湘南戦の完敗を受けてのインタビューから以下を引用しています。−−−ジェフユナイテッド千葉のファン・エスナイデル監督は「勝ちたいという気持ちが足りない。チームの中で話さなければいけない」と、怒りと不満をあらわにした。−−−ジェフユナイテッドの創成期より私を含め多くのジェフサポーターが抱いている不満の原点を言葉としてズバッと突いてくれました。これが無い限り強いチームにはなれない。勝者のメンタリティを自 [続きを読む]
  • 2戦連続完敗 ージェフVS湘南ー
  • 色々変更を迫られそうな2戦連続の完敗でした。基本的には戦術変更はして欲しく無いですが、対策は松本に続きしっかりされていました。これまでの対戦では最後の精度の部分で助けられた感はありますが力を持っている松本、湘南辺りはそう簡単には行かないと言う事でしょう。ジェフのリスキーな戦術は中盤の制圧、運動量、対人能力等で上回る必要が有ります。その意味では課題を見つけやすいとも言えます。これからの対戦相手も先の [続きを読む]
  • 浮沈を掛けた大一番 ージェフVS湘南PVー
  • 前節のアウェイ松本戦を落としてしまったジェフの次節対戦相手はこれまた昇格候補の湘南とのアウェイ戦となります。ジェフが永らくJ2の舞台にいるため前回のリーグ戦での対戦は2014年まて遡ってしまいます。対戦成績は3勝3分2敗で若干ジェフ優勢ですが過去の戦績は当てにもなりません。湘南のサッカーは全員攻撃全員守備で奪った後の敵ゴールに向かうスピードが特徴だと思っています。湘南スタイル、いいですよね、そう呼べるスタ [続きを読む]
  • 高橋壱晟選手
  • 松本戦と言う重要なゲームで再びの先発を果たしました。敵将も『良い選手、驚いた』とコメントしています。『将来の日本代表』とも言っています。その類い希な才能は誰もが認める所だと思いますし、よくぞジェフに来てくれたとも思います。この新しいジェフの宝を引き抜かれない為にも何としても来季こそはJ1で?過去にも幾つもの才能を失っているだけに強く思います。クラブ、選手、サポーターが一丸となり本気の「本気」を示す一 [続きを読む]
  • 反町戦略にやられる ージェフVS松本-
  • 遠く松本まで駆けつけた多くのジェフサポーターの願いもむなしく敗戦となってしまいました。ジェフはいつもの様にハイライン&ハイプレス。攻撃ではワイドにを愚直にこなしていました。驚いた事に松本も同じパターンを使って来ました。これにより也真人不在も相まって中盤の制圧が思い通りに出来ない状況に陥ってしまいました。しかし、今日のメンツには先発、控えを含めてこの状況を変える事が出来るメンバーがいません。これは指 [続きを読む]
  • 堅守攻略 ージェフVS松本PVー
  • 昇格候補の名古屋に完勝した次なる相手は松本山雅。ジェフはここまで2勝1分の無敗で上々スタートとなっています。そして今節は松本山雅の本拠地アルウィンに乗り込んでのゲームで、しかも松本のホーム開幕戦となり、光栄では有りますが難しい戦いとなりそうです。前節の岐阜対松本を見る限り松本の「恐さ」はあまり感じられませんでした。相手有っての事なので何とも言えない部分ですが・・・?松本は失点の少ない堅守のチームと言 [続きを読む]
  • キム ボムヨン選手期限付き加入
  • 3月13日付けで清水よりキムボムヨン選手(DF)の期限付き加入の発表が有りました。夏場の消耗戦を踏まえたDFの追加補強は大歓迎です。これで外人枠をフルに活用したこととなります。ジェフの奇異な戦術に一日も早くフィットして活躍する事を期待しています。アベショーの穴を埋める意味合いが強いと思いますが、これに刺激を受け岡野、乾両選手には更に発奮し自力でレギュラーをつかみ取って欲しいです。特に乾は攻撃のセンスも備 [続きを読む]
  • 前への推進力 ージェフVS名古屋ー
  • 昇格のライバルに完勝しました。近藤の居ない最終ラインはいつもよりやや低い感じがしましたが、それでも高めでした。ただ球の出所がアランダだけになってしまったので攻めの形は少し乏しかったですね。アランダはきつかったかも知れません、ご苦労さまでした。ポゼッション、シュート数、パス数(&成功率)でも名古屋を上回る結果を伴った勝利でうれしい限りです。名古屋にもいくつか決定的なチャンスは有りましたが決めきれずイ [続きを読む]
  • 決定力で勝とう --ジェフVS名古屋PV--
  • 前節はホーム山形戦で悔しい引き分けとなったジェフの次なる相手は名古屋です。ホーム開催の名古屋戦も負ける訳にはいきません。名古屋の前節は岐阜との対戦で、後半36分に先制され苦しんだ様です。終了間際に同点に追いつきましたがJ2の厳しさを実感したのではないでしょうか。名古屋は当然ポゼッションを志向するチームですから、ジェフとはポゼッション対決と言うことになります。しかし質の部分に於いてはやはり名古屋となるで [続きを読む]
  • ハイライン対策 --ジェフVS山形--
  • 2017シーズンのホーム開幕戦は11,000人あまりの観客数にて開催されました。開幕戦と言う状況を考えると寂しい人数でした。ジェフに対する期待の低さが数値で証明されてしまいました。数字の話はさておき、ゲームは1-1のドローとなりました。前半に幾度か有った得点チャンスを逃すと山形の思惑通りの前半0-0で後半勝負に!後半に入った直後の8分にジェフの左サイドで失ったボールをそのままバイタルエリアまで持ち込まれ、折り返し [続きを読む]
  • 木山モンテとホーム開幕戦 --ジェフVS山形PV--
  • いよいよ2017ホーム開幕戦です。ご存知の通り相手は木山さん率いる山形です。山形は第一節となるアウェイでの京都戦に勝利し、その勢いのまま北上しジェフにも勝ってホームに凱旋したいところでしょう。京都戦を見る限り山形も前線の3枚が積極的にプレスしてくるサッカーでした。ジェフもまたハイプレスでしかも最終ラインを高くし密集を作っていますので、1対1の競り合いで負けない事、そして、セカンドボールの回収率を高め主導 [続きを読む]
  • 主導するサッカー --ジェフVS町田--
  • 2017シーズンの開幕戦はアウェイ町田に乗り込み無事勝ち点3を得る事が出来ました。ゲーム序盤から攻勢に出たのはジェフ。昨シーズンまでの様に相手の出方を伺う事はせず、ひたすら自分達のやりたいサッカーを実践して行きました。エスナイデル監督の方針に従ったこの姿勢は本当にうれしい事です。そもそも相手の出方を伺うと言う考え方自体が勝者のメンタリティを殺ぐ考え方だし、プレーを消極的にしかねないと思います。柏とのプ [続きを読む]
  • DAZNは・・う〜ん臨場感が
  • 2017JリーグのDAZNによる配信が開始しました。放送を見ていて臨場感がかなり薄れた(スカパーに比べて)なと感じ何故だろう?ネット配信だから?等と色々考えていましたが気がつきました。それは選手の声、ボールを蹴る音などピッチ上の音が拾えていない為でした。カメラの台数を増やして様々なアンクルからの映像を撮ってはいるのでしょうが、ゲーム中のほとんどは高い位置中央のもので、スカパーと何ら変わらない。スカパーでは [続きを読む]
  • 奔放な攻撃を跳ね返せ --ジェフVS町田PV--
  • 町田と言えば形に拘らない奔放な攻撃のイメージが有ります。(私だけかな?)だからこそヤザーがフィットしている気がします。そして町田の弱点は守備かと思います。相手陣内深くにボールを持ち出し中央に戻す揺さぶりから得点したい。船山、サリーナスがキーポイントとなりそうですが、果たして誰がフィニッシュするのか?昨季7月のアウェイ町田戦はBS放送のサタデーナイトマッチでしたね。ジェフはメンバーが大きく変わり未だチ [続きを読む]
  • クラブの体質
  • 突然ですが、移籍してきた選手からよくジェフの印象として『真面目』とか『おとなしい』と言った言葉を聞くことがあります。これだけ強化担当、メンバーが変わったにも関わらずこの二点が変わらないのは何故なのだろう?こと2ワードはどちらかと言えば良い事なのですが勝つことに貪欲になる上ではマイナスに作用してしまう事が往々にしてある気がします。他のチーム(浦和や鹿島等)の雰囲気は知らないので私には比較は無理ですが [続きを読む]
  • 2017シーズの皮算用
  • 意味も無いのはわかっていても、毎年この時期になるとやってしまう皮算用企画です。今季J1から降格してきたチームは名古屋、湘南、福岡、J3から昇格は大分。ここでそれぞれの対戦成績は、名古屋5-4-17湘南 3-3-2福岡 9-5-4大分 23-6-4こう見るとやはり問題は名古屋となりますね。他はJ2に来てくれてありがとう(^^)ここ最近のJ2は上から下まで大混戦の状況で、特にPO進出争いに限れば18位位まてにチャンスがあると言っても過言で [続きを読む]
  • リスキー歓迎
  • そう言えば今季の公式戦では未だ無得点だったかな?対して失点は多めになってますね。まだまだ好守共に課題の多い状態ですが、エスナイデル監督はどう捉えているのでしょう。攻撃の形は前線のワイドに張った選手に大きく振ってから中を使うパターンが一つ。最後尾から繋ぎながら厚くなっている中盤で細かくパスを交換して崩しにかかるパターンが一つ。ラインは超高くハイプレルから奪って攻撃。一方守備は基本的に3バックで右も左 [続きを読む]
  • 期待と不安と --ちばぎんカップ観戦からー
  • 2017のちばぎんカップは0-2にてレイソルの勝利となりました。今回は勝敗にはあまりこだわっていなかったので結果に関しては落胆も何もありませんね。前半の立ち上がりはジェフが押し気味にゲームを進めていた印象があります。幾度か危ない場面も有ったのですが前半は0-0で終了。清武の動きが非常に良かった!後半に入り柏がジェフDFの後ろを使いだすと柏の時間が増えて行きましたが、そこは承知のジェフ。あまり慌てた様子もなく、 [続きを読む]
  • なぜか冷静 ーちばぎんカップー
  • 2017シーズの幕開け近しを告げるちばぎんカップがいよいよ明日となりました。毎年ジェフの勝利を願って止まないカップ戦でしたが、なぜか今年はそうでも有りません。たぶんですが、新加入選手を見るのが楽しみな事とそのパフォーマンスがどれ程かに興味の中心が有るからだと思う。心配なのは寒さだけ(寒いの苦手、関係無いけど)花見気分でゲーム観戦出来たらいいなと。レイソルさんには全力でジェフをボコりに来て欲しい。そこで [続きを読む]
  • 2017チームコンセプト
  • 実戦形式はまだ2戦ながらその中で見えてきたチームコンセプトはこらから始まるちばぎんカップ、そしてリーグ戦が楽しみになるものでした。超攻撃的布陣を確実に維持出来れば自ずとゲーム支配率は高まります。しかし最終ラインの後ろにポッカリ空いた広大なスペースに放り込まれた時のケアをどうするのかがまだ見えてきません。チーム全体での集中力と運動量が求められるハードな布陣に思えます。昨季遥也が担っていた左SHの位置に [続きを読む]
  • 誰が点取るん?
  • 2017シーズンの陣容が少しずつ明らかになって来ました。しかしです、昨季まで得点をシードしていたエウトン、遥也、阿道等がチームを去ってしまった今、誰が点取るでしょうか?也真人が残留してくれたことは良いニュースですが、それとて長澤やエウトン有っての得点も多かったはずです。最前線でのキープ力やFWとしての決定力を持った選手を早急に獲得しなければ戦力ダウンは明白でしょう。チームの本格始動迄に良い知らせが有れば [続きを読む]
  • 来シーズンの陣容やらでソワソワ
  • 少し前から噂にはなっていましたが、本当に来ました。これで中盤は競争激化必至です。現有がそのままならだけれど。来シーズンは単純に+12ゴール。也真人は今季と同数以上、遥也には背番号と同じ8ゴール、船山だって二桁近くは望めます。エウトンの情報がまだアップされていないことやその他主力の契約更新も発表されていないのは気になりますが。採るのと出すのの絡みやら、選手個々の思いもあるでしょうからそう簡単には決まらな [続きを読む]
  • 鹿島優勝おめでとうございます
  • 鹿島アントラーズ2016J1優勝おめでとうございます。チャンピオンシップで年間首位の浦和レッズが敗れ鹿島が優勝した訳だけれど何だかねぇそもそも前後期制そのものが何だかねなので。外野の私にはどうでも良いけれど2017シーズンからは1シーズン制に戻るらしいのでスッキリです。ジェフも早くこの争いに加わりたいですね。全力ユナイテッドにほんブログ村 [続きを読む]
  • 無念としか言えないケンペス選手の逝去
  • ジェフで活躍しJ2得点王にもなったケンペス選手が航空機墜落事故で帰らね人となってしまった。最初に墜落のニュースを聞いた時にはその犠牲者にまさかケンペス選手が含まれているなどとは思いもよらなかった。ケンペス選手はもとより、そのご家族、その他、この事故でお亡くなりになられた選手関係者、シャコペエンセに関わる全ての方、サポーターに心より哀悼の意を表します。いつの日か再び来日し、その姿をフクアリに見せて欲し [続きを読む]
  • 熱い冬の始まり
  • 新しい監督、ヘッドコーチが発表されました。やはり国内では引き受け手が居なかったのだろうか?監督のファン エスナイデル氏は勝者のメンタリティを植え付けるとか、前から厳しく行くとか言ってもますが、私の注目点は前者ですね。ただ問題はそれをどう具体化するかでしょう。方向性も大事だけれどやはり手法だよね。選手としての成功体験から考えればショートパスを繋ぎながら攻めるパターンが匂って来ます。アルゼンチンだしね [続きを読む]