わたおやじ さん プロフィール

  •  
わたおやじさん: ジェフ24時
ハンドル名わたおやじ さん
ブログタイトルジェフ24時
ブログURLhttp://ameblo.jp/waoyaji16/
サイト紹介文ジェフユナイテッド市原・千葉の話題を中心にグチったり、喜んだり気ままに書いています
自由文ジェフユナイテッド市原・千葉についてがほぼ100%。たまに関係ない事も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2013/08/26 01:46

わたおやじ さんのブログ記事

  • 旅行のついでに
  • まだまだ先の話になりますが、九州旅行を計画しています。ついでと言っては失礼ですが、鹿児島ユナイテッドのゲームが見られたらと思い調べてみましたが残念?日程が合いませんでした。鹿児島や福島といったチーム名に“ユナイテッド”と付くチームはどこか気になります。全く関係ないのにね。まあ、旅は旅として楽しみます。??にほんブログ村 [続きを読む]
  • スタッツが虚しい ージェフVS熊本ー
  • ホームで無敗は守るも痛恨の引き分け。今節も圧倒的に攻めるも、結果として攻めているだけ。熊本の堅守の前に工夫も無く、指宿の個の力による同点弾止まり。先制されてもひっくり返す力。固められてもこじ開けるアイディア。足りないことだらけ。15節を終えてもいっこうに波に乗れない現状。正直来季に期待だな。せめてPOには行って欲しいとは思う。毎度まいど、ゲームスタッツが虚しいジェフです。??にほんブログ村 [続きを読む]
  • 熊本戦から始めよう
  • 勝つことに貪欲になる。その1つが終始集中力を持つ事たとえリードしていたとしてもそして諦めない事ジェフに最も欠けている事。技術以前のプロとしての問題。熊本戦から始めよう?全力ユナイテッド????にほんブログ村 [続きを読む]
  • 堅守を崩せるか ージェフVS熊本PVー
  • 圧倒的に攻め込むも自らのミスからゲームを壊してしまったヴェルディ戦から精神的修正は成るだろうか。今節ホームに迎えるのは清武の古巣熊本。熊本が震災から立ち上がりリーグ戦を再開した初戦を思い出します。熊本の現在地は勝ち点14の18位で4連敗で迎えた前節岐阜戦に1-2で久しぶりの勝利を収めています。ゲーム内容はさい先良く安選手のあげた得点で先行するも岐阜に主導権を握られてしまう展開だったようです。熊本の戦術の基 [続きを読む]
  • 連勝出来ないには訳がある ージェフVS東京Vー
  • 今更言うまでも無くサッカーは1点を争うスポーツ。そのために守備が重要なのですが、そこの所が安定しない限り連勝は難しくなるでしょう。それでも例としては余りに飛躍しているのを承知で言えばレアルマドリードのような決定力のある攻撃陣をそろえていれば今の戦術でも行ける気がします。しかし、ジェフ程度では?でしょう。今節のヴェルディ戦でもそうですが優位に攻めている間に得点を奪えなかった事が全てです。前節のような [続きを読む]
  • 連勝爆発で波に乗りたい -ジェフVS東京VPV-
  • ホームでの長崎戦に5-0の完勝を果たしたジェフは、中3日にて東京Vとのアウェイ戦に臨みます。ヴェルディは前節讃岐と対戦(アウェイ)し0-0のドロー。アランビニェーロにボールを集め攻撃の形を作ろうとしますが、讃岐の守備網を崩せずだったようです。ヴェルディとの対戦では2014年シーズンから6戦して負けが有りません。かと言って、1勝5分ですから勝算は5分と言った所です。これからもどんどん順位を上げて行かなければ成らない [続きを読む]
  • 残念なゲーム ージェフVS長崎ー
  • 2戦連続のアウェイ戦を1分1敗でホームに戻ったジェフはフクアリに長崎を迎えての1戦でした。長崎には分が悪く1点をどちらが取るかの厳しい戦いを予想していましたが、蓋を開けると5-0の完勝となりました。清武はハットトリック、船山も2得点と素晴らしい結果を残す事が出来ました。この勝ちパターンを忘れず自分たちの在るべき姿として選手全員が記憶に焼き付けて欲しいと願います。今節の長崎戦の勝因は高い位置でボールを奪った [続きを読む]
  • 敵は我に有り ージェフVS長崎PVー
  • ゴールデンウイークの3連戦を1勝1分1敗、2戦続いたアウェイ戦からホームに戻り向かえる相手は長崎です。上位陣を追って行かなければならないこの連戦は下位が相手の又とないチャンスでしたが、あろう事かその下位に1度も勝てず散々な結果となってしまいました。圧倒的にポゼッションするも得点を奪えず、あっさりと失点してしまう脆弱体質は全く改善しません。長崎の前節は水戸と対戦し、こちらもゴール数では水戸を圧倒するも全 [続きを読む]
  • 巧者と未熟者 ージェフVS金沢ー
  • ジェフが好きだし、強くなって欲しいからこれからも応援は当然します。でも、本当に応援のしがいが無いチームです。今回も下位に沈む金沢から勝ち点1すら奪えず。前半の数的優位は生かせず。金沢のシュート11本に対し27本のシュートを放つも1点止まり。コーナーキックも金沢1に対し10と主導していたのは間違いない。しかしそれだけ、いつもそれだけ。今の戦術を続けるには余りにお粗末な守備力と攻撃力。このままで良いはずが無い [続きを読む]
  • 攻撃力か守備力か ージェフVS金沢PVー
  • 連戦の最後はアウェイでの金沢戦です。ジェフは前節讃岐と対戦し自分たちの志向するサッカーをさせてもらえず1-1のドローとなりました。本当の理由は分かりませんがトップを入れ替え、清武ら何名かのレギュラーを外してきました。讃岐の取った戦術、つまり自陣を固めてのカウンターはジェフのように攻撃力の乏しいチームには有効に機能していたと思います。いっぽう金沢は東京Vと対戦し先制するも2-1にて逆転負けとなりました。前 [続きを読む]
  • 何も成せず ージェフVS讃岐ー
  • 敵地に乗り込んだ連戦の2戦目は痛いドローに。21位に沈み連敗中の讃岐に何も出来ず。いつもどおりポゼッションはするものの前線の動きや勇気を持った仕掛けは一切無しではどういう結果も当然。このままでは順位もこのまま中位が定位置に。「自分たちがやろうとしていた事は出来ていた」ではもう済まされない。チームも選手も真剣に話し合う時期が来ている。やはり本当に勝ちたいのか?がとやもやと共に疑問として残るゲームだった [続きを読む]
  • 鋭いカウンターとセットプレー ージェフVS讃岐PVー
  • ゴールデンウイークと言うことで中3日での連戦の次の相手は讃岐です。3連戦の内2戦がアウェイはちょっときついでしょうが何とか上に食らいつく為にチーム一丸となって欲しいところです。前節徳島戦では一人少なくなった相手に思うような戦いが出来なかったことの反省や修正もままならない状況で讃岐と対峙するわけですが、自分たちがやらなければならない事が明確になっている今季のジェフは昨年までのような心配は無いのかも知れ [続きを読む]
  • 良かったのは勝ったことだけ ージェフVS徳島ー
  • やっと勝ちました。横浜FC戦の後遺症を心配していましたが選手達は引きずる事無くゲームに入っていたと思います。前半の早い時間帯に徳島のレッド1発で数的優位となったことを考えればゲームの支配、得点には不満が残ります。危険なミスやチャンスでのミスも相変わらず解消出来ていません。攻撃陣の決定力も落第点でしょう。特にラリベイ、船山はジェフじゃなかったらベンチ外もあり得ます。ラリベイはいつになったら費用対効果を [続きを読む]
  • 成功体験に基づく戦略 ージェフVS徳島PVー
  • 徳島は前節アウェイにて町田と対戦し0-1で勝利を収めています。今季の町田はジェフほどではないものの似たようなハイプレス&ハイラインで臨んでいますので、徳島は今節のジェフ戦も町田戦の成功体験をベースにしてくると予想されます。サイドチェンジ&奪ったボールをジェフの背後に供給するパターンです。それをさせない為には前線からの早い潰しが不可欠となるでしょう。うまくはがされると横浜FC戦の再現もあり得ます。昇格を [続きを読む]
  • シタタカになれ
  • これまでの戦いにおいてかなりの確率で押し込んでいますし、数字を見ても支配率、パスの数、成功率でも圧倒しているのは確かです。優勢にゲームを進めているのは間違いない無いのですが勝てていませんね。そこがいわゆる「シタタカさの欠如」なのでしょう。永いリーグ戦を勝ち抜き昇格を勝ち取る為には無くてはならない力です。それを身に付け無ければチームはこのまま、或いは降格もあり得ます。環境が恵まれ過ぎているのでしょう [続きを読む]
  • 決定力の差 ージェフVS横浜FCー
  • もうあまり書く気が起きません。圧倒的にポゼッションし攻めている間に得点できなかったのが全て。これは今節の横浜FC戦に限ったことでは有りません。これからも決定力を何とかしない限り勝っては行けないでしょう。そう言うサッカースタイルを選択したのだから決めるべき時に決めきる技術力、執念、覚悟が必須です。あ〜情けない。次節はホームだ、絶対に勝て?全力ユナイテッド??????にほんブログ村 [続きを読む]
  • 逆転の機会 ージェフVS横浜PVー
  • 山口戦に何とか勝利した次なる相手は横浜FCです。横浜の勝ち点は14、対するジェフは12と、このゲームに勝利すれば順位が逆転します。これまでも逆転の機会に失敗しているジェフは今回はものにしたい所。横浜FCは前節アウェイにて町田と対戦し0-1で敗れています。オウンゴールでの失点でしたが、攻撃では町田のコンパクトな陣形と早いプレスに苦しんでいます。イバ選手を含め多くの外国籍選手はスペースを与えると本来の力を発揮し [続きを読む]
  • プレゼント ージェフVS山口ー
  • 山口のアウェイ維新に乗り込んだジェフは約1ヶ月ぶりの勝利を手にしました。ポゼッションからゲームの主導権を握りチャンスを作って行く所まではまあいつも通り出来ています。しかし、ゴールを決められない所もいつも通りです。超攻撃的サッカーとは言われていますが結果はほど遠い現実。8節終了時点で9得点では情けない限りです。終始優位に進めていたゲームも得点を奪えない内にいつしか山口の時間を迎えてしまいます。ゴールこ [続きを読む]
  • 最終ラインの攻防 ージェフVS山口PVー
  • ホーム2連戦を1つも取れずに4試合勝ちの無いジェフはアウェイにて山口との対戦となります。山口とは昨季2度対戦し1分1敗と勝っていません。前回のアウェイ戦では4-2と叩きのめされています。山口も低迷し苦しい状況ですがジェフも又同じ。両軍にとっては結果が求められる1戦となります。前節の群馬戦の前半の様なアグレッシブさの無い戦いをすると山口相手に大量失点も考えられます。ハイライン&ハイプレスを続け結果も求めるなら [続きを読む]
  • 軌道修正
  • リーグ戦を7節まで終了し勝ち点9の13位と低迷しているジェフ。そろそろ周囲から雑音が聞こえて来そうです。それよりも選手の間に疑心暗鬼が生まれるかも知れません。自動昇格の2位から勝ち点で7差、PO進出の6位とは4差と開いて来ています。これから暑くなる事を考えるとハイライン&ハイプレスは厳しいのではと考えるのはごく自然でしょう。エスナイデル監督は当然軌道修正はしないでしょうが、微調整をしてくる事はあり得ます。そ [続きを読む]
  • リスクに見合うスキル ージェフVS群馬ー
  • 簡単な相手は一つも無い。それはそうでしょう。とは言え、6連敗中の群馬をしかもホームに迎えて引き分けがやっとでは話になりません。失点のきっかけは中盤で競り負けた所からで、いつかはこんな失点も有るだろうと予想していたパターンでした。今の戦術を取る以上仕方の無いことで、それを受け入れそれでもやり続ける潔さが有れば良いと思います。問題は失点そのものでは無い。ジェフが取り組んでいる戦術をこのまま変えないので [続きを読む]
  • スタイルは通用するか ージェフVS群馬PVー
  • 前節京都との対戦は開始早々の6分に先制するも相変わらずのミスで逆転を許し、ADに近藤のヘッドで辛くも引き分けに持ち込んだゲームでした。群馬との対戦成績は6勝2分6敗の五分ながら勝利となると2014年10月まで遡ります。群馬はジェフを組みやすいと捉えている感があります。今季ガラリと変わったジェフの戦術が最近勝てていない群馬にどこまで通用するのか?一方群馬はなかなか勝てず最下位に沈んでいます。こういうチームに勝ち [続きを読む]
  • 甘さ未だ抜けず ージェフVS京都ー
  • アウェイ2連戦を連敗し迎えたホームフクアリでの京都戦。これまでの京都は波に乗れず負けが込んでいます。京都の調子が上向く前に勝っておきたかったのが正直な所でした。ジェフは開始早々の6分には清武のゴールで期待通り先制点をあげました。攻撃のベクトルが前に向いた素晴らしい得点シーンでしたので、これは前半の内にもう1点行けるのではと感じさせる素晴らしい立ち上がりでした。実際それからしばらくは良いテンポでゲーム [続きを読む]
  • 体を動かす力 ージェフVS京都PVー
  • 有っては成らない昇格候補の松本と湘南に連敗しホームに戻った次なる相手は京都です。京都もこれまで1勝4敗で19位と早々に苦しんでいます。京都の不振の原因は怪我による離脱やU20代表選出等がある様ですが勝てない事により選手がどこか自信を無くしている様に見えます。選手同士の距離感が悪い為パスを繋ぐサッカーは継承されているのですが前に仕掛けるパスが少ない印象です。前節対した長崎のプレスが特段早く強い訳では無かっ [続きを読む]
  • 吉田眞紀人選手が移籍
  • 吉田眞紀人選手の町田への期限付移籍が発表になりました。本人はジェフでレギュラー定着を掴むべく努力をしていたと思いますが、何せ実績が足りませんでした。眞紀人にとって町田での2017シーズンはこれからを考えると正に正念場の年となります。ここで活躍しなければジェフに戻ることは無いでしょうし、町田とて引き留めをしないとなれば・・・。それは本人が一番分かっているでしょう。あなたにジェフの18番を託したのはそれだけ [続きを読む]