わたおやじ さん プロフィール

  •  
わたおやじさん: ジェフ24時
ハンドル名わたおやじ さん
ブログタイトルジェフ24時
ブログURLhttp://ameblo.jp/waoyaji16/
サイト紹介文ジェフユナイテッド市原・千葉の話題を中心にグチったり、喜んだり気ままに書いています
自由文ジェフユナイテッド市原・千葉についてがほぼ100%。たまに関係ない事も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供132回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2013/08/26 01:46

わたおやじ さんのブログ記事

  • アウェイ克服 ージェフVS岐阜PVー
  • ヴェルディとの天皇杯2回戦を何とか突破し、リーグ戦に戻ります。岐阜との対戦成績をお復習い。通算では9勝3分4敗、アウェイ3勝2分3敗です。前回対戦は2016年9月長良川にて2-0で勝利しています。この時の得点者は也真人とエウトンでした。岐阜は水戸と同じ様なサッカーをするイメージがあり、複数人でボールに寄せ、奪っからのカウンター。しかもカウンターの強度は水戸より勝っている(と感じている)。また、一発で裏を狙うので [続きを読む]
  • 今は勝つことが ー天皇杯ヴェルディ戦ー
  • リーグ戦の借りは返す事が出来ました。そしてフクアリ無敗記録も守りました。組織的な粘り強い守備でクリーンシート達成も素晴らしいし、アカデミー出身の新戦力、古川選手がトップチームのゲームソフトに出場したことも明るいニュースです。しかも、待望のFW登録選手。しかしです。喜んでばかりいられません。今回もかなり圧倒は出来ていたものの、相変わらすの低い決定力。ラリさんに至ってはもう最悪な状態。スカウティングした [続きを読む]
  • リスタート ー天皇杯ヴェルディ戦PVー
  • 完敗を喫した前回のヴェルディ戦から再びの再戦となります。圧倒的に攻めるも得点出来ずにいると、アラン ホビニェイの投入からヴェルディにチャンスが出来始めました。かと言って流れを渡してしまった訳では無かったのですが、高木(善)選手の2ゴールを含む3失点で完敗となってしまいました。決定力の差と監督の手腕にやられてしまいました格好でした。ジェフはリーグ戦ではなかなか結果が伴って来ませんが、だからそ、ここでは [続きを読む]
  • 自信と自己暗示
  • かつて部活スポーツをしていた頃、一流選手の試合を観戦した事がありました。観戦後に自クラブに戻りプレーするとそれまでの自分には考えられない良いプレーが出来る様になっていました。勿論プロの選手とは到底比較など出来ないレベルなのは承知しています。しかし自信と暗示は間違い無く自身を変えていたことを身をもって体験しています。今回の水戸の選手達はこの“自信と暗示”が大きく働いていることは間違い有りません。何が [続きを読む]
  • ハイプレス合戦 ージェフVS水戸PVー
  • 首位福岡戦をホームで0-0のドローとしてしまった次の相手は好調水戸です。しかも苦手のアウェイ。水戸は現在11戦負け無し、直近では熊本、大分、松本を撃破しています。勝ち点は28で9位に着けています。対戦成績は9勝1分5:敗、アウェイ戦は2勝1分4敗。直近2試合はともに1-0で敗れています。水戸戦の個人的な印象は攻めるも崩せず、水戸のカウンターに沈む、そんな感じ。やはり先取点がどちらに入るかでゲームの行方が決まりそうで [続きを読む]
  • 工夫と精度 ージェフVS福岡ー
  • 取りあえずフクアリ無敗は守りました。序盤は町田が捌いてそこから縦に幾度も良いくさびを入れる事が出来ていましたが、福岡が並びを変えて来てから良い形が出来にくくなってしまいました。この辺はさすが井原監督です。ゲーム展開はジェフが攻め込む時間帯から始まり、徐々に福岡が盛り返す。すると互いに得点のチャンスを作って行きますが決定打が出ません。ゲーム終盤にはどうしても勝利が欲しいジェフが攻撃のピースを切りパワ [続きを読む]
  • ハイライン&ハイプレスの破壊力
  • 勿論ジェフのサッカーについてです。ハイライン&ハイプレスはジェフサッカーの代名詞としてもはや認知されています。相手がどこであれ変わらない戦術を取ってくるので対策は立てやすいとは思います。結果として対策がうまくハマってしまうと負け、ハマらないとジェフが勝つ。勝も負けるも己次第とは言いますが、そうでも無さそうです。ハイリスクを承知の戦術なので失点も仕方ない所でしょうが、監督はポゼッション率を高め相手の [続きを読む]
  • 相性を信じて ージェフVS福岡PVー
  • 失意の敗戦(何回目だよ)から1週間。次なる相手は好調福岡となります。福岡との対戦成績は9勝5分1敗。ホームでは4勝4分1敗。そしてフクアリではいまだ負け無しです。前節の岡山戦でも自らのミスで自滅をし、更に決めるべきところで決めきれなかった事が敗戦へつながってしまいました。岡山が良いサッカーをしていた訳では無く、ただがむしゃらに寄せ、走っただけです。実はこんな戦い方をするチームがジェフは苦手なようです。福 [続きを読む]
  • 自滅は勘弁して下さい ージェフVS岡山ー
  • 毎度この調子じゃぼやきたくもなりますよ。自分達がやりたいサッカーが出来たと言って勝った次はいつもこんなんじゃあ。確かに岡山はよく走り、良く寄せてきた。だから何なの?これでカンスタ5連敗??自らのミスで失点し、決めるべきチャンスでバカみたいにキーパー正面に蹴って。今季も夏前にすでに昇格断念。しかも、過去最低の順位が見えてきたよ。サポーターにいつまでこんなもやもやした日々を過ごさせる気か?個人攻撃した [続きを読む]
  • 中盤の攻防 ージェフVS岡山PVー
  • 愛媛を相手に途中まで完勝ムードで戦えていたが愛媛に与えてしまった2点目は余計だった。こういうちょっとした所を締めて行かないと上に行くのは難しくなるかも知れません。今節はアウェイで岡山戦となります。岡山戦の通算成績は7勝2分5敗、アウェイでは2勝0分3敗です。そして直近5戦は2-0-3、アウェイに限って何と4連敗中です。この嫌な流れは今節をもって断ち切りたい。岡山はとにかく全員が精力的に走り回るチーム。これを上手 [続きを読む]
  • 4バリエーションで勝利 ージェフVS愛媛ー
  • 先制点を奪われたのは頂けませんが、早い段階で同点に追いつけた事が勝利を呼び込めた要因だと思います。この戦術を続ける限り、愛媛に奪われた1点目のようなシーンは宿命かも知れません。それでも、今節のように決定力を維持出来れば、それは大きな問題にはならない気もします。愛媛のようなアグレッシブに攻めてくるチームには良い結果を残せる事が多いのですが、問題は守備を固めてカウンター狙いのチームにどう勝つか?今季連 [続きを読む]
  • 実力伯仲を競り勝つ ージェフVS愛媛PVー
  • 15節を終了して未だ波に乗れないジェフの次節は愛媛戦です。愛媛とのこれまでの戦績は9勝3分2敗、ホームでは6勝1分0敗で圧倒しているように見えますが、ここに大きな落とし穴が有ります。直近5ゲームの対戦では1勝2分2敗で負け越しています。ジェフがJ1から降格した当初は負けることなど考えられない相手でしたが、永らくのJ2生活でジェフは衰え、その間に愛媛は実力を付けてきたと言うことです。個人には気になるのは愛媛の河原選 [続きを読む]
  • 旅行のついでに
  • まだまだ先の話になりますが、九州旅行を計画しています。ついでと言っては失礼ですが、鹿児島ユナイテッドのゲームが見られたらと思い調べてみましたが残念?日程が合いませんでした。鹿児島や福島といったチーム名に“ユナイテッド”と付くチームはどこか気になります。全く関係ないのにね。まあ、旅は旅として楽しみます。??にほんブログ村 [続きを読む]
  • スタッツが虚しい ージェフVS熊本ー
  • ホームで無敗は守るも痛恨の引き分け。今節も圧倒的に攻めるも、結果として攻めているだけ。熊本の堅守の前に工夫も無く、指宿の個の力による同点弾止まり。先制されてもひっくり返す力。固められてもこじ開けるアイディア。足りないことだらけ。15節を終えてもいっこうに波に乗れない現状。正直来季に期待だな。せめてPOには行って欲しいとは思う。毎度まいど、ゲームスタッツが虚しいジェフです。??にほんブログ村 [続きを読む]
  • 熊本戦から始めよう
  • 勝つことに貪欲になる。その1つが終始集中力を持つ事たとえリードしていたとしてもそして諦めない事ジェフに最も欠けている事。技術以前のプロとしての問題。熊本戦から始めよう?全力ユナイテッド????にほんブログ村 [続きを読む]
  • 堅守を崩せるか ージェフVS熊本PVー
  • 圧倒的に攻め込むも自らのミスからゲームを壊してしまったヴェルディ戦から精神的修正は成るだろうか。今節ホームに迎えるのは清武の古巣熊本。熊本が震災から立ち上がりリーグ戦を再開した初戦を思い出します。熊本の現在地は勝ち点14の18位で4連敗で迎えた前節岐阜戦に1-2で久しぶりの勝利を収めています。ゲーム内容はさい先良く安選手のあげた得点で先行するも岐阜に主導権を握られてしまう展開だったようです。熊本の戦術の基 [続きを読む]
  • 連勝出来ないには訳がある ージェフVS東京Vー
  • 今更言うまでも無くサッカーは1点を争うスポーツ。そのために守備が重要なのですが、そこの所が安定しない限り連勝は難しくなるでしょう。それでも例としては余りに飛躍しているのを承知で言えばレアルマドリードのような決定力のある攻撃陣をそろえていれば今の戦術でも行ける気がします。しかし、ジェフ程度では?でしょう。今節のヴェルディ戦でもそうですが優位に攻めている間に得点を奪えなかった事が全てです。前節のような [続きを読む]
  • 連勝爆発で波に乗りたい -ジェフVS東京VPV-
  • ホームでの長崎戦に5-0の完勝を果たしたジェフは、中3日にて東京Vとのアウェイ戦に臨みます。ヴェルディは前節讃岐と対戦(アウェイ)し0-0のドロー。アランビニェーロにボールを集め攻撃の形を作ろうとしますが、讃岐の守備網を崩せずだったようです。ヴェルディとの対戦では2014年シーズンから6戦して負けが有りません。かと言って、1勝5分ですから勝算は5分と言った所です。これからもどんどん順位を上げて行かなければ成らない [続きを読む]
  • 残念なゲーム ージェフVS長崎ー
  • 2戦連続のアウェイ戦を1分1敗でホームに戻ったジェフはフクアリに長崎を迎えての1戦でした。長崎には分が悪く1点をどちらが取るかの厳しい戦いを予想していましたが、蓋を開けると5-0の完勝となりました。清武はハットトリック、船山も2得点と素晴らしい結果を残す事が出来ました。この勝ちパターンを忘れず自分たちの在るべき姿として選手全員が記憶に焼き付けて欲しいと願います。今節の長崎戦の勝因は高い位置でボールを奪った [続きを読む]
  • 敵は我に有り ージェフVS長崎PVー
  • ゴールデンウイークの3連戦を1勝1分1敗、2戦続いたアウェイ戦からホームに戻り向かえる相手は長崎です。上位陣を追って行かなければならないこの連戦は下位が相手の又とないチャンスでしたが、あろう事かその下位に1度も勝てず散々な結果となってしまいました。圧倒的にポゼッションするも得点を奪えず、あっさりと失点してしまう脆弱体質は全く改善しません。長崎の前節は水戸と対戦し、こちらもゴール数では水戸を圧倒するも全 [続きを読む]
  • 巧者と未熟者 ージェフVS金沢ー
  • ジェフが好きだし、強くなって欲しいからこれからも応援は当然します。でも、本当に応援のしがいが無いチームです。今回も下位に沈む金沢から勝ち点1すら奪えず。前半の数的優位は生かせず。金沢のシュート11本に対し27本のシュートを放つも1点止まり。コーナーキックも金沢1に対し10と主導していたのは間違いない。しかしそれだけ、いつもそれだけ。今の戦術を続けるには余りにお粗末な守備力と攻撃力。このままで良いはずが無い [続きを読む]
  • 攻撃力か守備力か ージェフVS金沢PVー
  • 連戦の最後はアウェイでの金沢戦です。ジェフは前節讃岐と対戦し自分たちの志向するサッカーをさせてもらえず1-1のドローとなりました。本当の理由は分かりませんがトップを入れ替え、清武ら何名かのレギュラーを外してきました。讃岐の取った戦術、つまり自陣を固めてのカウンターはジェフのように攻撃力の乏しいチームには有効に機能していたと思います。いっぽう金沢は東京Vと対戦し先制するも2-1にて逆転負けとなりました。前 [続きを読む]
  • 何も成せず ージェフVS讃岐ー
  • 敵地に乗り込んだ連戦の2戦目は痛いドローに。21位に沈み連敗中の讃岐に何も出来ず。いつもどおりポゼッションはするものの前線の動きや勇気を持った仕掛けは一切無しではどういう結果も当然。このままでは順位もこのまま中位が定位置に。「自分たちがやろうとしていた事は出来ていた」ではもう済まされない。チームも選手も真剣に話し合う時期が来ている。やはり本当に勝ちたいのか?がとやもやと共に疑問として残るゲームだった [続きを読む]
  • 鋭いカウンターとセットプレー ージェフVS讃岐PVー
  • ゴールデンウイークと言うことで中3日での連戦の次の相手は讃岐です。3連戦の内2戦がアウェイはちょっときついでしょうが何とか上に食らいつく為にチーム一丸となって欲しいところです。前節徳島戦では一人少なくなった相手に思うような戦いが出来なかったことの反省や修正もままならない状況で讃岐と対峙するわけですが、自分たちがやらなければならない事が明確になっている今季のジェフは昨年までのような心配は無いのかも知れ [続きを読む]