むのん さん プロフィール

  •  
むのんさん: 薬剤師.NEWS
ハンドル名むのん さん
ブログタイトル薬剤師.NEWS
ブログURLhttp://yakuzaisi-news.com/
サイト紹介文薬剤師向け情報まとめブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 335日(平均0.5回/週) - 参加 2013/08/26 07:55

むのん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 薬価改定を2018年から毎年実施へ
  • 政府は2016年12月20日、「薬価制度の抜本改革に向けた基本方針」を発表しました。中身を見ていきます。1.薬価制度の抜本改革(1)保険収載後の状況の変化に対応できるよう、効能追加等に伴う一定規模以上の市場拡大に速やかに対応するため、新薬収載 の機会を最大限活用して年4回薬価を見直す。今回、オブシーボが緊急的に値下げされることになりました。今回と同じように高価or売れすぎているものについては、年4回のタイミング [続きを読む]
  • セララ(エプレレノン)に慢性心不全適応追加
  • 先日、セララ錠にて慢性心不全の適応が追加されました。セララ錠50mg|製品情報|PfizerPRO慢性心不全の治療について慢性心不全の収縮不全(HFrEF)の治療は下記のように分類されます。NYHA分類Ⅲから抗アルドステロン薬が使用が推奨されていますが、これまではスピロノラクトンのみ適応があり、エプレレノンの適応はありませんでした。今回、エプレレノンにおいてもスピロノラクトンと同様に慢性心不全での適応が追加されました。 [続きを読む]
  • タミフルDS乳児・新生児の保険適用
  • タミフルが、1歳未満への処方も保険適用になりました。2016年11月24日タミフルDSについて新生児と乳児への用法用量を追加しました。生後から1歳未満に対し3mg/kg 1日2回5日分で利用可能です。これまでタミフルは1歳以上のみ承認されており、添付文書にも『1歳未満の患者に対する安全性及び有効性は確立していない』と記載がありましたが、今回、1歳未満でも保険適用になりました。用量に注意幼小児の場合:2mg/kg(ドライシロップ [続きを読む]
  • 過活動膀胱(OAB)の薬剤一覧
  • 今月のクレデンシャルに過活動膀胱について載っていたので内容をまとめてみます。症状過活動膀胱(OAB)は急におしっこがしたくなる、トイレを我慢するのが難しい、トイレに行く回数が増えるといった症状を過活動膀胱と言います。原因加齢が一番です。そのほか脳梗塞やパーキンソン病などの神経疾患により生じることもあります。性差男性前立腺肥大症を伴うことが多いです。前立腺肥大症により尿が出にくくなり、尿意切迫感や頻尿 [続きを読む]
  • ネシーナ・トラゼンタ・テネリアで類天疱瘡
  • 2016年11月22日に一部DPP4阻害薬の使用上の注意が改訂されました。対象薬品と成分対象薬品は下記の成分と薬品になります。① アログリプチン安息香酸塩(ネシーナ錠 6.25mg、12.5mg、25mg)② アログリプチン安息香酸塩/ピオグリタゾン塩酸塩 (リオベル配合錠 LD、同配合錠 HD)③ リナグリプチン (トラゼンタ錠 5mg)④ テネリグリプチン臭化水素酸塩水和物 (テネリア錠 20mg)⑤ アログリプチン安息香酸塩/メトホルミン塩酸 [続きを読む]
  • プロマックに副作用「銅欠乏症」が追加
  • 2016年11月22日にプロマックの添付文書に「銅欠乏症」の副作用が追記されました。使用上の注意改訂情報下記のように改定されます。【医薬品名】ポラプレジンク[副作用]の「重大な副作用」の項に「銅欠乏症:本剤は亜鉛を含有するため、亜鉛により銅の吸収が阻害され銅欠乏症を起こすことがある。栄養状態不良の患者で銅欠乏に伴う汎血球減少や貧血が報告されているため、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。」独立行 [続きを読む]
  • 空打ち3単位のランタスXR注!ランタスとの違いを解説
  • 先日、長期投与ができるようになったランタスXR注射について、今回、まとめてみます。持効型インスリンランタスXRは持効型インスリンです。体重60kgの健常者では基礎インスリンが1日で24単位ほど分泌されています。(1時間に1単位)糖尿病の患者ではインスリンの分泌が低下しています。持効型インスリンは低下した基礎インスリンに下駄を履かせてあげるような役割になります。ランタスとの違いランタスとランタスXRとの違いです。1 [続きを読む]
  • ビラノア錠の薬効・用法・長期投与はいつから?
  • 2016年11月18日に薬価収載されるビラノア錠についてまとめてみます。表製品名ビラノア錠規格20mgメーカー大鵬薬品承認日2016年9月9日薬価収載日2016年11月18日含量ビラスチン20mg効能・効果アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)に伴うそう痒用法1日1回空腹時薬価79.7円長期投与制限2017年11月末用法・用量通常、成人にはビラスチンとして1回20mgを1日1回空腹時に経口投与する。適宜増減はありません [続きを読む]
  • デザレックス錠の薬価・用法・長期投与はいつから可能?
  • 2016年11月18日に薬価収載されるデザレックスについてまとめてみます。まとめ製品名デザレックス錠規格5mgメーカーMSD承認日2016年9月28日薬価収載日2016年11月18日含量デスロタジン5mg効能・効果アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)に伴うそう痒用法1日1回薬価64.9円長期投与制限2017年11月用法・用量通常、12 歳以上の小児及び成人にはデスロラタジンとして 1回5mg を1日1回経口投与する。12歳以 [続きを読む]
  • イニシンク配合錠の用法・発売時期・投与制限は?
  • エクア+メトホルミンの次はネシーナとメトホルミンの合剤です。ここではイニシンク配合錠についてまとめます。表製品名イニシンク配合錠メーカー武田薬品承認日2016年8月5日薬価収載2016年11月18日含量アログリプチン25mg・メトホルミン500mg効能・効果2型糖尿病薬価174.2円発売日未定長期投与制限2017年11月末まで成分メトホルミン錠500mgとアログリプチン…ネシーナ錠25mgの合剤です。用法はネシーナに合わせて分1となっていま [続きを読む]
  • オルメテック錠販売中止・OD錠へ切り替え
  • オルメテック錠が販売中止になります。OD錠はそのまま発売が継続です。販売中止になる規格今回、販売が中止になる規格は下記の3つです。オルメテック錠10オルメテック錠20オルメテック錠40販売が継続される規格下記の4つは継続して発売します。オルメテック錠5オルメテックOD錠10オルメテックOD錠20オルメテックOD錠405mgだけは錠剤が継続でそれ以外はOD錠へ切り替えがされます。販売中止時期・経過措置期間販売中止時期は2017年3 [続きを読む]
  • ミカトリオ錠の薬価・用法・発売時期などまとめ
  • ミカトリオ錠の製造販売が承認されました、。初めての3剤合剤の薬剤です。ここではミカトリオについての情報をまとめていきます。ミカトリオ錠ミカトリオ錠について2016年11月10日現在でわかっていることをまとめています。製品名ミカトリオ配合錠メーカー日本ベーリンガーインゲルハイム承認日2016年9月28日薬価収載2016年11月18日含量テルミサルタン80mg・ アムロジピン5mg・ ヒドロクロロチアジド12.5mg効能・効果高血圧薬価174 [続きを読む]
  • 2016年報酬改定薬価比較表
  • 新薬価が発表されました。下がるものもあれば変わらないものもあり、一部は値上がりするものもあります。新旧薬価改定比較2016年4月1日からの新薬価と旧薬価の比較Excelをおいておきます。無料でダウンロードできます。新旧薬価比較2016年版診療報酬情報提供サービスを参考に作成しています。大きく下がるもの大きく下がるのはハーボニー配合錠やソバルディ400mgなどがあります。一錠あたり2万円ほどさがります。クロピドグレル75m [続きを読む]
  • 2016年調剤報酬改定後の調剤報酬点数表
  • 2016年の報酬改定後の調剤報酬点数表を作成してみました。調剤料についても、後ほど追記予定です。また、変更や解釈なども追記していく予定です。薬学管理料薬剤服用歴管理指導料特例50調剤基本料1又は4以外を算定する保険薬局の場合手帳を持参していない患者1.過去6ヶ月内に処方せんを持参した患者382. 1以外503 特別養護老人ホームの場合38交通費は患者の負担薬剤服用歴に基づき薬剤情報提供文書により基本的な説明を行うこ [続きを読む]
  • 後発医薬品調剤体制加算は75%と65%【2016年報酬改定】
  • 後発医薬品調剤体制加算について、点数は変わりありませんが、後発割合が10%ずつ増えました。これまで後発医薬品調剤体制加算1…18点(55%以上)後発医薬品調剤体制加算2…22点(65%以上)2016年報酬改定では後発医薬品調剤体制加算1…18点(65%以上)後発医薬品調剤体制加算2…22点(75%以上)となります。変更不可の処方箋は薬局だけではどうしようもないところなのですがね。一般名処方加算薬局ではなく病院についての話です [続きを読む]
  • 一本化される基準調剤加算【2016年報酬改定】
  • 今回の報酬改定では基準調剤加算も変わっています。集中率の規定がなくなっているんですね。2016年3月29日更新これまで基準調剤加算1と2がありました。基準調剤加算1、12点 基準調剤加算2、36点これが今回の改定では一本化されましたポイント調剤基本料1を算定している薬局のみ平日半日?土日のどちらか開局かかりつけ薬剤師指導料又はかかりつけ薬剤師包括管理料の施設基準の届け出集中率9割以上において後発医薬品の使用数量が3 [続きを読む]
  • 過去の記事 …