風太 さん プロフィール

  •  
風太さん: 趣味の水耕栽培
ハンドル名風太 さん
ブログタイトル趣味の水耕栽培
ブログURLhttp://madremiatmt-2.blogspot.jp/
サイト紹介文ポールプランタや自動給水装置等の水耕栽培装置を自作しながら毎日の野菜作りをエンジョイしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2013/08/27 16:04

風太 さんのブログ記事

  • 成長点を齧り取られ2軍落ち〜トホホ!!
  • 我が家の防空体制は完璧と思っていましたが、蝶・蛾の侵入を許した様です。今朝見ると、ブクブク式に定植していたトマトの苗の先端が齧り取られ落ちていました。よく見ると居ました!!4cm程の薄茶色の青虫です。多分蛾の幼虫と思います。早速死刑執行です。残念ながら一番大事な成長点を齧り取られていますので、予備の苗と交代、2軍落ちとなりました。庭を囲う防虫網はつなぎ目を丁度手頃な釣り糸があったのでそれを使い縫い [続きを読む]
  • やっと見つけたエヤーストーン修理用接着剤
  • 水耕栽培の重要パーツのエヤーストーン、風太君はいぶきエヤーストーンを愛用しています。このエヤーストーンは細かい泡が出て良さそうなのですが、欠点は良く目詰まりする事と、接続部が根本から簡単に折れる事です。目詰まりはクエン酸を溶かした養液に長時間漬けて解決していますが、接続部の折れについて、接着剤を色々試してみましたが中々良いものがありませんでした。何時も使う多用途接着剤は長時間養液中で使っていると剥 [続きを読む]
  • 水耕栽培の真髄は日々改善!!
  • スナップエンドウ、グリーンピースの栽培を終了して今は夏野菜への転換準備中です。今まで起こった不具合点を改修するのもこの時期です。ブクブク式栽培装置はもう改善の余地が無いと思っていましたが、スナップエンドウ栽培で発生したのは、栽培槽の蓋の裏側に跳ね返っシズクが蓋の裏を伝わって外に垂れてしまうという不具合です。根を張る容積を極大にする為にミニフロート式自動給水器で水位を蓋下20mm程度ギリギリに調整し [続きを読む]
  • グリーンピース初収穫、でもチョッピリ残念!!
  • 同時期に植えたスナップエンドウはすでに収穫を終え撤収しています。成長の遅かったグリーンピースは春先から急速に大きくなり花が咲き、実も膨らみ始めましたが、スナップエンドウに比べ成長が遅かった分、害虫の活発期に当たってしまい、さらにうどん粉病も追い打ちをかけ葉がボロボロになってしまいました。まだ膨らみ不足、完熟前の莢がありますがこのまま放置しても枯れていく一方で、次の準備もあり収穫、撤収する事にしまし [続きを読む]
  • もう一人前です!!
  • 4月初めに種植えして、4月末にスーパーホームハイポニカに一時保育したトマトの苗がすっかり大きくなりました。生意気にも脇芽も出して来て、独り立ちできる苗に育ってきました。今、順次スナップエンドウを撤収して、栽培槽の洗浄、天日乾燥をしていますので、準備が整い次第定植していきます。 [続きを読む]
  • スナップエンドウ美味しいな〜!
  • スナップエンドウの豆の部分と莢の部分はトレードオフの関係です。豆の部分はやはり一番おいしいですが膨らんでいくと、今度は莢の部分が固くなり美味しく無くなります、どちらも美味しい絶妙なタイミングを計り、収穫していきます。そろそろ収穫も峠を迎え、うどん粉病も出始めました。次はグリーンピースの実が膨らんで来てこれからです。今日は茶々が大忙し、6軒のお友達にスナップエンドウを配り廻り、夜は「スナップエンドウ [続きを読む]
  • 美味しいスナップエンドウを育てる魔法の振りかけ!
  • 我が家のスナップエンドウの収穫が最盛期を迎えています。毎年同じ栽培方法なのですが、何故か今までより甘みがあって美味しい気がします。食べて頂いた人からも今年は特に甘くて柔らかくて美味しいとの評価、なぜ??と考えた時、唯一思い当たるのは、今シーズンから大塚5号を添加している事です。今まで使っていた肥料は大塚1号と2号で、説明書には使用量が多い場合は5号の添加が不要という事で使っていませんでしたが、Mg [続きを読む]
  • ゴミ詰まり防止の強力ガジェット発見!
  • 自動給水完備の我が家の栽培装置の唯一の欠点はゴミ詰まりです。自動給水器のミニフロートの制御弁を通る管路は1mm、養液中にゴミがあれば容易に詰まってしまいます。水道水を使い、遮光が充分であれば、ゴミの発生は無いと思いますが、エコの為に風呂の残り湯を使う我が家ではゴミ詰まりが多く発生するので、僅かな水漏れを承知の上で5mmのステンレスパイプをミニフロートの中に埋め込んだ物を使っています。その上に布で作 [続きを読む]
  • 大きく・大きく・大きくなあ〜れ!
  • トマトの苗がスーパーホームハイポニカもどきの幼稚園に入園です。双葉が出て、本葉が出始めたまだ赤ちゃん苗ですが、ここの幼稚園は森友の様に不正も無く、幼苗を温かく成長させてくれます。近所のホームセンターではすぐにでも植え付けられる立派な夏野菜の苗を販売しています。トマトの苗も色々な種類があります。一見、我が家のトマトの苗が出遅れている様に思いますが、全く大丈夫です。市販の苗は温室や海外の温暖な地域で育 [続きを読む]
  • 今日は養液タンクの清掃です。
  • 春の陽気の誘われ、久しぶりに養液タンクの清掃を行いました。我が家では45Lのゴミバケツを養液タンクにしています。水耕栽培初期にはこのタンクに”直ツナギ”を取り付けて4mm配管をしていました。その後6mmゴムホースをつなぐ継手を取り付け、最後には15mmゴムホースをつなげる様に改装して現在に至っています。底に見えるのはTSバルブでタンク側面を挟みTS直継手をねじ込み、水漏れ防止にシール剤をつけていま [続きを読む]
  • 目が疲れる、スナップエンドウの収穫です。
  • スナップエンドウの収穫が最盛期になって来ました。スナップエンドウのジャングルの中から頃合いの物を探し出すのは一苦労、目が疲れます。深緑色の葉・茎の中に全く同色の実が一枝に2個なっています。本当に目を凝らさなければ判りません。何か特別なメガネでもあったら良いのにと思います。今夜はスナップエンドウご飯とベーコンとスナップエンドウの炒め物です。 [続きを読む]
  • 広い場所があれば、巨木トマトなど-----------!
  • 小松菜を中心に栽培していたスーパーホームハイポニカもどきを掃除、養液を完全に入れかえて、トマト、キューリなどのこれから栽培する野菜の苗床に一新します。先日種を仕込んだトマトは双葉の状態ですので、これからはこの広い苗床で立派な苗に育てます。このスーパーホームハイポニカもどきの設置場所はベランダの手すりの上で、天井まで1.2Mほどしか無く背の低い野菜栽培に限定され、折角の高性能は生かされ無く残念に思っ [続きを読む]
  • 春の嵐にやられました!
  • 昨夜の嵐で、スナップエンドウに被害が出ました。嵐が来るとの予報があったので、荷造り紐で茎を束にして誘引網に固定したので、今回は被害は最小限におさまりました。腰折れを起こしたのは、誘引網の固定紐に束になって絡まっていた部分で、しっかり蔓を何重にも絡ませているので大丈夫だろうと思い、誘引網への固定をしなかった所です。油断していました。朝から茎を起こし紐で固定したうえで、茎の折れた所を伸ばし、ガムテープ [続きを読む]
  • グリーンピースどうやら帳尻が合いそうです??
  • 今シーズンはスナップエンドウのほかグリーンピースも20株程植えています。昨年までスナップエンドウ一本でしたが、大量に出来て食べきれないものを冷凍保管しましたがあまり美味しくなかった。グリンピースなら冷凍保存しても大丈夫?と思ったからです。所が、冬の間、スナップエンドウは上に上に成長しますが、グリンピースは殆ど成長せず15cmぐらいの背丈で止まっていました、5月頃には夏野菜に入れ替えるのに失敗か?と [続きを読む]
  • ホームハイポニカもどきで野菜リッチ生活!!
  • スーパーホームハイポニカもどき(製作法は私のブログの水耕栽培装置自作教室参照ください)で今朝、収穫した大葉小松菜です。根からぬきとるのでなく、葉を一枚ずつ折採る、いわゆる葉採り収穫です。文字通り手のひら以上の大きな葉が特徴の種類です。この陽気で毎日15枚程度収穫出来、2人で食べきれません。ただ成長が非常に早いせいか、あるいはその時期なのか早くも茎が伸び始めトウ立ちの傾向が出始めました。小松菜はほゞ [続きを読む]
  • こちらは悲惨な出来です!!
  • 我が家の西側のスナップエンドウです。庭と比べて悲惨な状態、これは冬の間の鳥害の結果です。スナップエンドウの栽培を初めて4年になりますが、こんなに差が出たのは初めてです。庭は防虫ネットで囲んでいて鳥害の心配は無く無防備な西側ですが、日当たり、風通しが良く、例年西側の方が成長が良いのですが、この冬の異常な寒さで小鳥が食べ物に困り被害が多かった結果と思います。緑の多い住宅街ですが小鳥の食糧になるものは案 [続きを読む]
  • もはや、スナップエンドウジャングルです!!
  • この所の陽気でスナップエンドウが爆発的に増えてきました。実が膨らんできて今夜は初収穫が楽しめそうです。先日行った鹿児島で見たプロ農家の豆畑に負けない繁殖ぶり、やはりブクブク式栽培装置は無敵です。17台のプランター改造栽培装置でこの所2日で40Lの養液を消費し補給が忙しい、支えを掴むことが出来ず垂れさがっている脇枝のレスキューも大変です。 [続きを読む]
  • 待ってました!スナップエンドウ結実!!
  • 今年は何故か遅い気がしていたスナップエンドウ、よく見るとチラホラと結実していました。白い花は沢山咲いていますが、実を結んでいるのはまだ少しです。脇枝も沢山出てきて、荷造り紐を片手に庭をうろうろ、支えを捕まえられず、頭を下げる脇枝のレスキュ―活動が忙しい。これで楽しみにしているお友達が沢山いますのでひと安心です。 [続きを読む]
  • さあ、トマトの季節ですよ!皆さん
  • 今日トマトの種を仕込みました。一昼夜水に漬けた後、何時もの通り不織布の短冊の長端に種を一粒ずつ乗せてから二つに折り、プチプチシートに間隔を開けならべたものを海苔巻きの様に丸めてゴムバンドで止めます。何時もの通りです。容器は風太くんの愛飲の焼酎紙パックの底を10cmに切ったもので、側面からの遮光が出来るので使っています。今季はアイコとリコピンリッチのミニトマトにしました。昨年は大玉トマト桃太郎を作り [続きを読む]
  • 春ですね〜。小松菜の花が咲きました。
  • 4日留守をしている間に小松菜の花が咲きました。蕾の間なら美味しいのですが、ここまで来たら食べれない?奥側の群れは先日植えた第2陣の小松菜です。段々大きくなって来ました。今は密集して植えてますが、順番に第一陣と入替えます。もうすぐ天敵の蝶が飛び交います。それまでに庭全体の網を補修するか葉物野菜を植える所だけを覆う網かごを作るか?構想を思案中です。 [続きを読む]
  • 忙しくも楽しい季節がやって来ました。
  • 春の日差しを受けてスナップエンドウが爆発しています。次々に脇枝を生やし白い花も沢山出てきました。庭の栽培槽には誘引網の代わりにヒモを1本、棚との間の張り付けていますので、これに絡まりながら成長していきますが、これぐらい茂ってくると、ヒモに絡みつくのが難しく、隣の枝に絡みついて伸びて行きます。しかし中にはそれに失敗して頭を垂れる枝もあり、それを見つけると荷造り紐で助ける事になります。これから毎日養液 [続きを読む]
  • LINEスタンプもどき作りました。
  • 私のハンドルネーム「風太くん」の由来となった柴犬の風太くんです。今はもういませんが。沢山の写真と思い出を残してくれました。表情は非常に豊かで、LINEスタンプもどき作成にピッタリで活用しています。写真を右 (スマフォの場合は長押し)して「名前を付けて保存」を選び、あとはアルバムホルダーに入れてLINEで写真を送る要領で使います。 [続きを読む]
  • 正常か、異常か、判りません!!
  • 今シーズン初めて植えたグリーンピースの生育が心配です。良く育っているもので、50cm程、生育の悪いものは10cm以下。種袋の説明では4月頃から収穫出来る様ですがそれなら、そろそろ花が咲いてもいい頃です。スナップエンドウは栽培はじめて4シーズン目で成長過程は把握できていますが、初めての種類は不安ですね。この栽培槽、次はトマトの予定ですが上手く交代できるでしょうか? [続きを読む]
  • 鳥に齧られても元気な花が咲きました。
  • 今年初めてスナップエンドウの花が咲きました。鳥に成長点の柔らかい葉や茎を齧られ,満身創痍の状態ですが、元気な白い花です。今季はスナップエンドウと普通のエンドウを半々栽培しています。スナップエンドウは順調なのですが、エンドウ豆の方の成長が遅く気になります。今までのローテーションは4月にスナップエンドウが終わり、それからトマト、キューリ、ミニカボチャ、ゴーヤを栽培しする事ですが、これが崩れそうです。 [続きを読む]