風太 さん プロフィール

  •  
風太さん: 趣味の水耕栽培
ハンドル名風太 さん
ブログタイトル趣味の水耕栽培
ブログURLhttp://madremiatmt-2.blogspot.jp/
サイト紹介文ポールプランタや自動給水装置等の水耕栽培装置を自作しながら毎日の野菜作りをエンジョイしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2013/08/27 16:04

風太 さんのブログ記事

  • 春ですね〜。小松菜の花が咲きました。
  • 4日留守をしている間に小松菜の花が咲きました。蕾の間なら美味しいのですが、ここまで来たら食べれない?奥側の群れは先日植えた第2陣の小松菜です。段々大きくなって来ました。今は密集して植えてますが、順番に第一陣と入替えます。もうすぐ天敵の蝶が飛び交います。それまでに庭全体の網を補修するか葉物野菜を植える所だけを覆う網かごを作るか?構想を思案中です。 [続きを読む]
  • 忙しくも楽しい季節がやって来ました。
  • 春の日差しを受けてスナップエンドウが爆発しています。次々に脇枝を生やし白い花も沢山出てきました。庭の栽培槽には誘引網の代わりにヒモを1本、棚との間の張り付けていますので、これに絡まりながら成長していきますが、これぐらい茂ってくると、ヒモに絡みつくのが難しく、隣の枝に絡みついて伸びて行きます。しかし中にはそれに失敗して頭を垂れる枝もあり、それを見つけると荷造り紐で助ける事になります。これから毎日養液 [続きを読む]
  • LINEスタンプもどき作りました。
  • 私のハンドルネーム「風太くん」の由来となった柴犬の風太くんです。今はもういませんが。沢山の写真と思い出を残してくれました。表情は非常に豊かで、LINEスタンプもどき作成にピッタリで活用しています。写真を右 (スマフォの場合は長押し)して「名前を付けて保存」を選び、あとはアルバムホルダーに入れてLINEで写真を送る要領で使います。 [続きを読む]
  • 正常か、異常か、判りません!!
  • 今シーズン初めて植えたグリーンピースの生育が心配です。良く育っているもので、50cm程、生育の悪いものは10cm以下。種袋の説明では4月頃から収穫出来る様ですがそれなら、そろそろ花が咲いてもいい頃です。スナップエンドウは栽培はじめて4シーズン目で成長過程は把握できていますが、初めての種類は不安ですね。この栽培槽、次はトマトの予定ですが上手く交代できるでしょうか? [続きを読む]
  • 鳥に齧られても元気な花が咲きました。
  • 今年初めてスナップエンドウの花が咲きました。鳥に成長点の柔らかい葉や茎を齧られ,満身創痍の状態ですが、元気な白い花です。今季はスナップエンドウと普通のエンドウを半々栽培しています。スナップエンドウは順調なのですが、エンドウ豆の方の成長が遅く気になります。今までのローテーションは4月にスナップエンドウが終わり、それからトマト、キューリ、ミニカボチャ、ゴーヤを栽培しする事ですが、これが崩れそうです。 [続きを読む]
  • 先発組の交代時期です。
  • 春の日差しに小松菜は元気一杯で毎日葉採り収穫をしても食べきれません。何時もの様に収穫して、ふと気が付くと、蕾が出ている苗がありました。10月に定植した先発組が引退時期に来た様です。蕾はとても美味しいのでもう少し大きくなったらその部分も収穫してこの苗はお役終了になります。すでに控組は本葉が出始めましたので、順番に植え替える事になります。ただスーパーホームハイポニカもどきはもうすぐトマト・キューリの育 [続きを読む]
  • 鳥の食害に悩む風太くんでした。
  • まだ緑の少ないこの時期の特に町中は鳥たちにとっては食料難の様です。大事に育てているスナップエンドウの先端部の葉と茎が齧られています。面白い事に特定の苗に被害が集中して他の大部分は無事です。多分、同じ鳥が齧ってみて美味しかったので繰り返しやってくるのでは、と思います。栽培槽の上には糞が汚く残っており鳥の仕業に間違いありません。3年程前には発芽間もないレタスや小松菜の苗を齧っている鳥を目撃したことがあ [続きを読む]
  • 春です!小松菜取り放題です!
  • 冬の間おとなしかった小松菜が春の日差しを受け元気一杯になって来ました。ホームハイポニカもどきとスーパーホームハイポニカもどきは写真の様な状態です、まだまだこれから爆発的に茂り出し処分に困るほどになります。今日、カキトリ収穫したものは、茶々のお友達におすそ分けです。我が家の庭は全体を防虫網で囲っていますが、継ぎ目の破れが目立ってきました。補修するには脚立を使った作業になり少し不安です。主に葉物野菜の [続きを読む]
  • スナップエンドウにツボミが出てきました。
  • 春一番で倒れかけたスナップエンドウを荷造り紐で救済していたらツボミが沢山出ている事に気が付きました。まだまだ寒い日が続きますが植物は確実に成長しています。もうすぐ白い花が咲きスナップエンドウの実になります。自動給水器のタンクへの給水をさぼっていたので、栽培槽の中の水位が大分下がっていましたので補水しました。これから忙しくも楽しい季節がやって来ます。 [続きを読む]
  • GOLF7はコスパ抜群です!!
  • 我が家に24年ぶりにGOLFがやって来ました。人生最後は好きな車に乗りたいと思い、思い切って購入しました。(中古ですけれど)始めて乗ったのは丸形ヘッドライトが特徴の2世代目でした。とにかくよく走った。アウトバーンで家族4人、エヤコンをつけ、トランクに荷物を満載した状態で220Kmを出してもまだアクセルに踏み代があり、安定感抜群、確かにメータ通り240Km走れる車だとおもいました。当然ながら、ナビも [続きを読む]
  • 栽培品種の選択ミスかな?
  • 我が家の西側通路の栽培状況です。手前が普通のエンドウ豆、奥側がスナップエンドウです。今シーズンは一部、スナップエンドウを止めてエンドウ豆を栽培していますがエンドウ豆の生育が非常に遅い??まだ15cm程しか伸びていません。スナップエンドウは順調に背の高さ程に成長しています。これから暖かくなると、脇枝が次々と伸び始め花が咲き実ができて収穫となります。この場所、次は例年通りゴーヤ、ミニカボチャを予定して [続きを読む]
  • 皆さん、正規品を使いましょう!!
  • 昨夜、例のピヨピヨ音が又、聞こえてきました。原因はエヤーストーンとチューブのつなぎ部分の微細な隙間から発生する笛吹現象と判っているので朝一番対策しました。原因のチューブは以前、養液配管に使っていたポリエチレンチューブを流用したもので、エヤーストーンと繫ぐときに笛吹防止のため旧接続部の端面を1cm程切断してからしっかりとストーンをつなげたつもりの所から起こっていました。ポリエチレンチューブは弾力性が [続きを読む]
  • 小松菜の老化現象??
  • スーパーホームハイポニカもどきの小松菜の状況です。手前と奥側では同じ種から植えたとは思えない程、様子が違います。手前の苗は葉がベタ〜と垂れた状態で、濃い緑色ですが、奥側は色が薄く、葉がピンと立った状態で若々しい感じがします。色々調べた所、多分葉の老化、長時間日が当たらないと起こる様です。手前の苗は秋口から栽培しており、葉採り収穫で今まで生き延びてきましたので、日の当たらない期間が長かった。奥側は最 [続きを読む]
  • わが家の冬の風物詩です。
  • わが家は今、スナップエンドウ、グリーンピース、小松菜の3種類を栽培中です。グリーンピースはスナップエンドウと比べて成長は遅くまだ背丈は15cm程ですが、スナップエンドウは背の高いものでは1mを超えています。栽培装置と吊り棚の間に張ったヒモを器用に掴んでいきながら登っていきますが、ヒモより隣の株に絡みつくものや、ヒモを掴みそこない、頭を垂れる株もあります。掴みそこなった株は荷造りヒモで補助をしていき [続きを読む]
  • スナップエンドウの移植です。
  • スーパーホームハイポニカもどきの中でスナップエンドウは茎が80cm、根が30cm程の大きさになって来ました。スーパーホームハイポニカもどきはこれから葉物野菜やトマト・キューリ・ミニカボチャの苗を育てる揺りかごになりますので、定植場所に移植します。あまり根が太くなってしまうと困りますが、培土を使わない風太くん式栽培法では、慎重に根の部分を抜き取るだけでOKです。茎の部分を折らない様に注意して根と共に [続きを読む]
  • 大発見!!カボチャの不思議。
  • 二期作目のミニカボチャは青虫に齧られた跡がアバタの様になっており、見た目が悪いので専ら自家消費にしています。あと残り3個、今日はカボチャのスープを作ります。所が、包丁で切ってビックリ!!中から変な物が出てきました。最初は虫か??と思いましたが、よく見ると発芽した種で、先っぽに双葉がチャンとありました。9月末に収穫して3か月その間に成長したようです。もし、カボチャを切らずに放置し続けたらどうなるのか [続きを読む]
  • 今だに活動、青虫君!!
  • スーパーホームハイポニカもどきに植えている小松菜、そろそろ収穫時と思い見てみると、大きく葉が齧り取られており、体長5cm程の青虫がぶら下がっていました。葉の真ん中を丸く穴を開けるのはバッタで時々目にしますが、この時期に青虫を見るのは初めてです。冬場の貴重な野菜として栽培している小松菜ですが、まだまだ害虫パトロールは必要の様ですね。 [続きを読む]
  • 誘引網の張替え完了
  • 西側の誘引網は4年使い部分的に切れたり、間違って切断したりボロボロになってきたので思い切って取り換えました。1.8M×2.7M、10cm角のを5枚購入して、縦に2枚繋ぎ2階まで届くゴーヤ用、横に3枚繋ぎ1階の窓の面格子に繋ぐミニカボチャ用です。誘引網は本当は垂直に貼るのが良いのですが、丈夫な支柱を立てる必要があるので止めまして、今までと同じ方法ですが面格子上部に取り付けて網を支える横棒の園芸支柱を [続きを読む]
  • 裏庭は春待ち模様です。
  • スナップエンドウが、少しずつですが大きくなって来ました。越冬中は本茎だけで1mぐらいに伸びて行き、春になると一挙に脇芽が伸びて来ます。20Lの栽培槽に2株ずつです。真ん中の穴はトマト、オクラ栽培時に使い、今はガムテープで蓋をしています。黒いヒモは栽培槽と上の棚をつないでいるポリエチレン製の吊ヒモで所々ノッドを作り、荷造りヒモを絡める足掛かりにしています。栽培槽の蓋は発泡ポリスチレン5mmで、あまり [続きを読む]
  • 幻の「ヒヨコ」ようやく見つけました!!
  • 2年ほど前からの現象ですが、ブクブク式栽培槽から時々ピヨピヨ、あるいはキュン、キュンという音が聞こえる様になりました。エヤーストーンを見ても異常が無くエヤーを絞ると鳴りやみます。ただ、エヤーを絞り過ぎると植物に悪いので、ギリギリに抑えていました。わが家は住宅街のど真ん中にあり人通りも少なく静かな所ですので、夜中に異音を聞いてパジャマ姿のまま、飛び出してエヤーを調整する事が数回ありました。今まで多分 [続きを読む]
  • 採り忘れ、最後の一本
  • 今年挑戦したキューリの3期作は収穫は出来た物の期待程では無く不完全燃焼でした。スナップエンドウの苗が育つまで、放置していた所、先端部にポツンと1本残っていました。霜が降りる頃まで栽培できる、という事は本当でした。風通しが良く、病害虫に対し、多少農薬を使う気があれば、今の時期でも充分、キューリ栽培が可能という事が判りました。今までは夏〜秋・冬まで特に栽培する物が無かったので、次のシーズンも3期作しよ [続きを読む]
  • 誘引網、20cm目か10cm目かどちらにしよう?
  • 写真は今年6月のわが家の西側です。ゴーヤ、ミニカボチャが誘引網に絡まりながら成長していきます。まだ西日を遮る程ではありませんが、あと1か月ほどで誘引網一杯に広がります。この網、その後、大雨と台風の洗礼を受け、右側のミニカボチャの所の一部分ですが上の方で切れてしまいました。カボチャの葉は非常に大きく、密になりますので、大雨が降ると大変な荷重になります。4年つかっていましたので劣化もあったと思います。そ [続きを読む]
  • 元祖ブクブク式栽培装置の長所と欠点
  • 風太くんのブクブク式栽培装置は、水耕栽培のバイブル本である矢野謙介氏の著書「 これからのガーデニング 水栽培野菜づくりの愉しみ―土がなくても野菜は育つ」を参考にしたものです。その、発泡ポりスチレン板を上蓋にしたブクブク式栽培法は土砂降りの屋外でも雨水の侵入が殆ど無いので、雨が降った後の養液調整、入れ替えが不要ですが、欠点としては、栽培穴より太くなる植物の成長を阻害する事、苗をプチプチシートで包んで栽 [続きを読む]
  • スナップエンドウ早や定植可能になりました。
  • 10日前に仕込んだスナップエンドウはもう一人立ち出来そうに大きくなりました。このまま直ぐにも定植できます。数を数えると35本程です。我が家の栽培装置(ブクブク式)は26台あり2株/一槽としたら17株不足します。途中で鳥に齧られたりするので歩留まりを考えると30株程不足しますが、今シーズンはスナップエンドウを半分にして、残りをエンドウ豆にする様に作戦を変更し、10日遅れですが、スナップエンドウ同様に今日、種豆 [続きを読む]