ピア さん プロフィール

  •  
ピアさん: ピアのリハビリ日記
ハンドル名ピア さん
ブログタイトルピアのリハビリ日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/pianist44/
サイト紹介文人工関節装着済みの還暦おばさん。 不自由な体で、リタイア後のご隠居生活を楽しんでいます。
自由文人工関節のリハビリ記録として始めてみたブログ…
リハビリは影をひそめて、グルメや猫との生活ばかりになってしまいました。
ブログを書くことによって、生活にメリハリが出て、老人呆けも防げます!
なにより、同じ悩みを持った人たちとの交流や、リアル友達と消息の交換ができるのが、ブログのいいところですね。
ぜひ、お立ち寄りください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供118回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2013/08/27 17:29

ピア さんのブログ記事

  • アート&グルメ@大阪
  • おととしのクリスマスにのぼったあべのハルカスhttp://ameblo.jp/pianist44/entry-12110270535.html 日本一の高さを誇る60階建ての高層ビルだ(画像借り)前に上まで登ったから、今回は登らず(1500円別料金だもの)あべのハルカス美術館へ行ってきた 「拝啓ルノワール先生」 梅原龍三郎と印象派の巨匠ルノワールの接点を初めて知った 19歳の生意気盛りの若造の梅原は、フランス留学中に [続きを読む]
  • 母への想い。
  • きょう 私は何回涙しただろう年老いた母の 老いる身の こころ細さを 想い必要とされない 寂しさを 想い傷つけられた ささやかな誇りを 想い会話のない 虚しさを 想い「居場所がない…」 絶望感を 想い「長く生き過ぎた…」 後悔を 想い 幸せになれなかった 結婚生活を 想い私たち子供を育てるための 苦難を 想い 先立たれた子への 哀惜を 想いそれでも生きる 悲しさを [続きを読む]
  • 映画 『ラ・ラ・ランド』
  • 今年度のアカデミー賞で、最優秀作品賞の「ムーンライト」と間違ってアナウンスされてしまったミュージカル映画あれは気の毒だった でも、主演女優賞や美術賞、主題歌賞(そんなのもあるんだ!)ほかにも受賞している 私の印象では、あまり重くはなく、ハリウッドらしい夢のある、かわいらしい作品だったと思うミュージカルだから、歌やダンスで華やかな感じ オーディションに落ちてばかりいる女 [続きを読む]
  • レポート:ロボット掃除機。
  • 猫飼いの知り合いが、腰を悪くしたので、ロボット掃除機ル○バを買ったそうだ 腰をかがめて掃除をするのが大変なのだというで、使ってみたら毛がすごく取れたというやっぱり、ケモノが家にいたら、必要だよね〜という話になって私も電気屋さんに見に行った 日○が出した直径25センチのミ○マルを目指していったのだが小さいことは小さいが、厚さがあって存在感があるそれにさすが日本製、値段がお高い&nbs [続きを読む]
  • 今日もにらみ合い。
  • 我が家に暮らす猫2匹、もうすぐ6歳! 東北の震災があった年の春、生後2週間くらいで、コンビニ袋に入れられて捨てられていた兄妹ねこ コンビニ袋が産着だったせいか、いまだに袋に頭を突っ込む…(どこの猫もそうかな?) ブロ友さんのネコさんが亡くなって、夜中に会いに来てくれた記事を読んで、私号泣 うちの子たちもまだ若いけれど、いずれは別れが来るんだな…と思うと一層愛しい&nb [続きを読む]
  • 映画 、私の現実逃避術。
  • ここ数か月に見た映画 「聖(さとし)の青春」珍しく夫婦そろって見てきた若くして難病で亡くなった天才棋士「村山聖」の実話昔、友人に勧められて本も読んだ(その友人も亡くなった)東出昌大が、聖のライバル、羽生善治の役だったが、どう見ても羽生さんにしか見えない演技だった松山ケンイチも役のため20キロくらい太ったそうだどちらも素晴らしい俳優だと思った 「マダム・フローレンス」メリル [続きを読む]
  • 6年目。
  • 6年前のこの日この時、私はリハビリで通っていた市営プールの駐車場にいた 地下駐車場の壁や床には亀裂があって、そこには補修がしてあり、稲妻のような模様になっていた なんとなく、この建物大丈夫なのかな、地震があったら崩れるかな…などと思っていた(ような気がする) スロープを上がって地上に出たら、入らなかったラジオが入って、いつも聞いていた名古屋弁満載の番組の女性パーソナリ [続きを読む]
  • リハビリ覚え書き。
  • *昨日のリハビリはとてもよかったので、忘れないようにブログにアップします  同じ悩みの方がいたら、参考にしてくださいね担当の理学療法士が突然退職したので(私のせいじゃないよ)新しいPTが着任するまで、3月いっぱいは替わりのPTさんだ すっきりしたハンサムボーイ(35歳ぐらい?)「歩いてみて」 と言われて歩くと「代償運動がずいぶん強いね」 と言われた 代償とは、使えない筋肉を使う動作を、 [続きを読む]
  • 体験シリーズ?アカスリ。
  • ボディブラシは肌に強すぎると聞いて、捨ててしまった お風呂で背中が洗えないので、ぬるぬるして気持ちが悪いな〜と思っていた 今日、近所の温泉に行ったので、思い立ってアカスリしてみた 20分間、しっかりお湯につかってから、洗い場から部屋に入る 白いベッドが4台、先客はスッポンポンで(当然だが)横たわっている ベッドは少し高く、背の低い私がよじ登るの、ちょっと [続きを読む]
  • 死にかた。
  • 母の付き添いで、ある医院を受診した「認知症」のテストを受けたり、今の症状や今後のことを相談するために 老人医学を研究されている先生だそうだ 「今の医学は生かすことばかり考えている。人間だれだって死ぬんだから、上手な死にかたも教えるのが医者の務めだ。こんなこと言う医者は、日本中、僕ぐらいなもんかな〜(アハハ)」 そこで母が、最近前日まで元気で突然亡くなった知人の話をした [続きを読む]
  • 「肝臓」と「筋痛症」の受診。
  • 冬の間、身体の痛みが強く、リリカ75ミリ+トラムセット1錠 でしのいでいた リリカだけでは効果がはっきりと感じられないので、やむなくトラムセットも トラムセットは副作用が強く(ショック状態みたいになる)、半分に割ってこわごわ飲んでいたが、あまり効かなくなってきたので最近は1錠飲んでしまう 慣れたのか副作用はほとんど感じなくなってきた おまけに心配事が続いてストレスもあるし、眠れていない [続きを読む]
  • ”障害者の結婚”
  • 暇人さんは、私の半年後に、同じS大学病院、同じH教授の手術を受けられた方 手術は、股関節固定術後の人工股関節置換術同じように、ほかの病院では「手術してもよくならない」と断られた経験者だ リブログさせていただいた記事の内容は 「障害者は障害者と結婚するもんだと思っていた」「人工関節の手術をしたのに、なぜ変な歩き方なのか?」 という、暇人さんが浴びせられたという発言について [続きを読む]
  • Spring is in the Air!
  • Spring is in the Air!  (春の気配がする!)Well...not yet,   (いや、まだかな…)But soon!     (でも、すぐそこ!) 英語の先生(カナダ人男性、独身)が出すニュースレターの冒頭 「先生、詩人なんだね〜!」と持ち上げておいた いつまでも寒さが続き、私の体が痛いのはそのせいもあると思っている暖かくなっても同じくらい痛かったら困るけど… 病院ロビーにあった [続きを読む]
  • 今日は猫の日。
  • 「猫ブーム」は、ちょっといやだけどネット上には猫がいっぱい。 保存してあった動画を貼ってみた。(うちの子ではないです) 小さい生き物は愛しいです・・・(ちと不気味) 難病 ブログランキングへ 股関節症・股関節脱臼 ブログランキングへ [続きを読む]
  • 今ごろ新年会。
  • 考えてみると、私のまわりはおばさんばっかり絵の教室も、英会話も、患者の集まりも… きょうは、男性のほうが多い「新年会」 先月の予定が大雪が降った日で、延期になったのだ働いていた会社のお仲間数人と 男性といってもジイサンばかりで残念だが(向こうも残念)、一応年の始まりなので、オシャレしていったよ(それで〜?って言わないの!) GAPの半額セールで買った1,400円のセーターだ [続きを読む]
  • 酵素風呂を体験。
  • いつも「痛い痛い」と言っている(ブログに書いている)私に友人がこんなチラシを持ってきた そういえば、乳がん闘病中の某歌舞伎役者の奥様が、痛みを緩和するために試したとか聞いた 不眠や内臓疾患にも効くというので、行ってきた お店に近づくと、「うん?」 異様なにおいご近所から苦情が出ないかと心配になるようなお店に入ると、一層におう 海老せんべい工場の裏手のような(行ったことはないけ [続きを読む]
  • きょうも猫と。
  • 私はトイレのドア、きっちりと閉めないオバサンだからではないよ、狭いところが嫌いだから もちろん、自宅以外ではしっかりと鍵もかけますよ 風太くん、おかあちゃんがトイレに入っていると、ドアの下側に手を入れてドアをあけるごく普通の顔で入ってきて、後に続いて、ののかも入ってくる においを嗅ぎまくったり(いやね〜)、伸びあがって膝に手をかけたり、肩に乗って手洗いのボウルで水が出 [続きを読む]
  • 富士山と近辺の名物。
  • 今日は、寒い、寒い、寒〜い日曜日 昨日は、家族の用事があって、新幹線に乗った 朝出かけるときから雪だった私の持病「線維筋痛症」首から肩、腕にかけて、痛い、痛い腰もバリバリ座席に座ってあちこちさするも、その手が痛い 静岡県に入ってしばらくすると、雪雲はなくて、青空が見える そして、富士山山頂の雲の影が、山腹の雪に映っているのがきれい 海沿いの町は、暖かくおひさま [続きを読む]
  • 誰に似た?
  • 生協で買うこれ! 最近ハマって、つい食べてしまうナッツ、レーズンやドライバナナ入り 袋を開けていると、急いで猫がやってくるどうやら、これと勘違いしているらしい しかたなくおやつとして出してあげる野の花も必死  (この顔怖いよ) ふたりとも、食い意地張ってるね〜 「かあちゃんに似たんだよ!」 そうですか…(納得かも) 難病 ブログラン [続きを読む]
  • 水彩画 「ヴェネチアの仮面」
  • 偉大な画家のことを書いた後で恐縮だが私の最新作ご紹介 鉛筆デッサン 水彩絵の具で色を入れる 難しかったのは、やっぱり顔・・・ イタリアの人って、小顔だわ私がこの仮面かぶったら、半分ははみ出ちゃう… な〜〜んて、これは飾り用のお面でした 難病 ブログランキングへ 股関節症・股関節脱臼 ブログランキングへ [続きを読む]
  • ゴッホとゴーギャン、ユトリロ。
  • 愛知県美術館「ゴッホとゴーギャン展」に行った 混雑していたが、歩けそうにもないので車イスを借りたこの二人の画家の関係は「椅子」というモチーフで語られている、と思った 椅子は、それだけでそれに座る人間を思い起こさせるただのモノではなくて、息遣いさえ聴こえるような・・・ ゴッホは、二人で暮らしたアルルの家にあるゴーギャンの椅子を描き ゴーギャンは後に、喧嘩別れしてしまった亡 [続きを読む]
  • 忍野八海、裏富士。
  • おしのはっかい…神秘的な響きの言葉 富士山麓の隠されたパワースポットかしら、と思ったがとんだ勘違い 「海」という表現はどこから来たのかな〜、「池」が八つあるのだった でも、富士山の雪解け水が地下水となって湧いてくると思えば趣があるはず…と思うが 住宅街の中にところどころあるから、農業用水のようにも見える(山梨の方スミマセン) 逆さ富士が見えるという池、さ [続きを読む]
  • 河口湖「冬の花火」。
  • 富士山へ、という前々記事なのに富士山が出てない… このツアーは、富士山もそうだけれど「冬の花火」を見ること 花火というと、夜になっても汗ばむような暑さの中で草むらで蚊にくわれながら見るのが定番 もっとも座るところがなかったり人がいっぱいだったりで体の不自由な私は、見たのは数十年前のことだけど 暖かいホテルの部屋で、ゆっくり花火を眺めるのは優雅だわ〜と思って、しぶるダンナ [続きを読む]
  • あえて病名を言いません。
  • 先日のリハビリは、雪は降らなかったが極寒の日だった 朝起きたら、体の痛みMAX いつも痛い腰やお尻や太ももだけでなくて頭や首・腕、手のひらまで痛い(いたい、を変換すと、「遺体」が出るのはなんとかならんかね〜)リハビリの予約をキャンセルしようかと思ったが線維筋痛症を診てもらっているリウマチ科の医者は軽い運動を勧める なんとか歩ける、の状態だったが、頑張って行った 担 [続きを読む]
  • 観光列車で富士山を見に。
  • 新幹線から見える静岡県側の富士山を「表富士」山梨県側の富士山は「裏富士」というそうだが、 山梨県は「裏なんかじゃないっ!」と言ってるそうな? 富士五湖がネックレスで、それが見える山梨側こそ正面だ!と主張しているそう(byバスガイド) その山梨側の富士山をじっくり見てみたい大月駅から河口湖まで富士急行線の「富士山ビュー特急」に乗った昨年乗った長良川鉄道の「ながら」とよく [続きを読む]