souzokuukeoinin さん プロフィール

  •  
souzokuukeoininさん: 森ノ宮の相続専門家がお伝えします
ハンドル名souzokuukeoinin さん
ブログタイトル森ノ宮の相続専門家がお伝えします
ブログURLhttp://souzokuukeoinin.blog.fc2.com/
サイト紹介文相続問題の解決事例を小説やレポートでお伝えします。遺言や成年後見制度の活用のしかたも解説します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2013/08/29 21:54

souzokuukeoinin さんのブログ記事

  • 自分には価値がないと思ったとき
  • この記事を読んでちょっと泣いた。↓ ↓ ↓昔、私をいじめから救ってくれたヒーローがいたいじめにあうと本当にみじめな気持ちになるのだと思う。日常的にひどい扱いを受けるうちに、だんだんとそれが自分にふさわしいと勘違いしてしまうのだろう。たとえいじめられたりしていなくても、仕事がうまくいかなかったり、勉強ができなかったり、チャレンジしている資格が取れなかったりして、自分のふがいなさに落ち込み、負のスパイ [続きを読む]
  • 問題を解く力とは
  • うちの上の娘(小5)に、最近よく勉強を教える機会がある。特に算数。娘が言うには、「教えてもらえば理屈は分かるけど、テストになると解けなくなる。実力ないんかなあ。」ま、よくある悩みなんでしょうけど、本人は切実。教えてる私も、主眼はそこ。実力をつけてもらうこと。目の前の問題を解くことではない。では、実力とは何か?つまりどうすれば、テストのときに解けるようになるのか?それは、「何を問われているかを見抜く [続きを読む]
  • 感情は自然に湧いてくるものではない
  • ある出来事に対して、喜びや悲しみ、怒りといった感情が自然に湧いてくるものだ、と私たちは考えがちだが、実はそうではない。目の前の出来事を自分にどう説明したか(どう認知したか)というステップが実は間にある。その出来事が、自分にとってどういうものなのか、説明するフィルター、それをビリーフ(信条)という。このビリーフは、多くが幼少期に作られ、あまりにも自然に利用されているため、私たちは感情がストレートに湧 [続きを読む]
  • 理想の人生が手に入らない理由
  • 理想の人生が手に入らないのは、手に入るとまずいから。手に入れてしまうと、「理想」じゃなくなるもんね。「理想」だから追い続けられるんだよね。でも、本当にそのメリットは今も必要だろうか?人生のある時期までは、そう思うことがあなたにとってプラスだったのかもしれない。けれど、もう手放してもいい「思い込み」だったとしたら、「理想の人生を手に入れる」ことにチャレンジできる時期に来ている可能性は高い。「追い続け [続きを読む]
  • ペットに財産を相続させる方法
  • ペットは法的にはいわゆる動産であるため財産を相続させることはできません。権利を持つ主体になれないからです。しかし、民事信託制度を活用して、同様の効果を得ることができます。HPで解説してみました。ペットに財産を残す方法https://www.youtube.com/watch?v=yMlfVRwZ8ZM大阪市中央区、東成区、城東区を中心に遺言、遺産相続手続、成年後見制度、民事信託(家族信託)のサポート中森之宮の相続専門家行政書士グローバル・ [続きを読む]
  • 手段が目的になるとき
  • 傷心で訪れる京都はいつもより美しく感じる。同僚と愚痴を言いながら飲む酒は楽しい。テスト勉強をほったらかして聞く深夜ラジオにハマる。どれもとっても楽しくて、時を忘れてしまう。でも、傷心で行く京都の楽しさを味わうことが愚痴を言って前に進まない状況で飲める酒のうまさがテスト勉強ほったらかしてラジオを聞くことが目的になっていないか?には常に注意をしておく必要がある。人はすぐに手段を目的にしてしまう生き物だ [続きを読む]
  • やりたいことがわからなくて辛い人に
  • やりたいことが分からなくて、職に就かなかったり、勉強に身が入らなかったり、進路が決められなかったりと、目の前のことに集中できない、そういう気持ち、私はよく分かります。私もそうだったから。旅に出たり、先輩の意見を聞いたり、芸術を鑑賞したり、本を読んだりしても、どこにもやりたいことが見つからない。エネルギーを注ぐものが欲しいのに、みつからない。周りはどんどん前に進んでいくのに、自分は足踏み。気持ちだけ [続きを読む]
  • セミナー開催しました
  • パナソニックリフォーム、リファイン香里様で相続対策セミナーをさせていただきました。参加者のみなさまから活発にご質問をいただき、意義のあるセミナーとなりました。いつも思うのは、みなさまご事情がそれぞれ異なっていて、相続問題(トラブルに限らず)の解決には個別対策が必要だなあ、ということ。つまり、魔法のような解決策は無いに等しく、時間をかけた対策が必要であり効果的ということですね。早目のご相談が吉かと思 [続きを読む]
  • 他人を見てイライラするときは
  • 他人を見たときに、妙に感情が揺さぶられることがある。実はそれには理由があって、例えば甘え上手な人を見たときにイライラするのは、自分は甘え下手で損をしている、という想いの裏返しだったりする。自分で仕事を抱えすぎたりして、他人にSOSを出すのが下手な人は他人に頼ることにチャレンジしてみる時期に来ているのかも、と考えてみると良いと思う。まあ、言うのは簡単だけど、実際にチャレンジするのはかなり難しいだろう [続きを読む]
  • いのち
  • 小林麻央さんが亡くなったというニュースで昨日は一色だった。話したことはもちろん、直に見たことも会ったこともない人の死に、こんなに悲しくなったことはなかったように思っていたら、SNSにも同じような書き込みが結構あって、みんな今日は悲しかったんだな、と思った。そして、人間の共感力ってすごい、もしかしたら、現代人はクールなのではなくて、昔よりも人の痛みとかつらさがより深く理解できるように進化しているのでは [続きを読む]
  • ちょっとお休み②
  • 今日はいつもお世話になっている肥後橋のイタリアンバール、チュカテさんに来ました。明後日のセミナー前に英気を養うのが目的^_^昨日のもんぞうさんと共通しているのは、店内にエネルギーが満ちていて元気になるのと、抜群のコスパ、です。 [続きを読む]
  • 俺たちはヘタクソだ!(でも弱いとは言っていない)
  • サッカーワールドカップ南アフリカ大会の時、闘莉王選手が自分たちのことを「ヘタクソならヘタクソなりのサッカーを」と言っていたのを強烈に思い出す。岡田監督はなりふり構わず守り重視の戦術で見事に自国開催以外のW杯で16強入りを成し遂げた。あの時日本が実力を過大評価して、ザックのように撃ち合いを挑んでいたらおそらくあの結果にはならなかったと思う。自らの現状を正確に把握し、準備できる人は強い。そして結果論か [続きを読む]
  • 頑張らないほうがうまくいくの本当の意味
  • ネット上では空前の「頑張らないほうがうまくいく」ブーム。でも、ちょっとその言葉だけが独り歩きしているような気がする。人は頑張りすぎても頑張らなさ過ぎてもうまくいかなくて、そのちょうどいいバランスを探っているんだと思う。その指標の一つが、身の丈、とか、等身大とか言われるもので、4nessコーピングではこれが最も力を発揮できる状態だと学ぶ。つまり、身の丈以上に頑張るのが頑張りすぎということ。身の丈以上に見 [続きを読む]
  • 気づいたら変わっていたがベスト
  • 語学や資格取得などの勉強やダイエット、トレーニングなどの運動といった新しいことを習慣化するためには、ちょっとしたコツがあります。それは、目標は高く掲げてもよいが、短期間での変化・成長を期待しすぎないということです。いきなり外国語がペラペラしゃべれるようになったり、筋肉がムキムキになったりすることはないわけで、考えてみれば当たり前のことです。しかし人は変化したい、成長したいと望むとき、現在の自分が嫌 [続きを読む]
  • 頑張っているのに成果が出ないあなたに
  • 師、城ノ石ゆかり先生がブログの中で、頑張って学んでいるのにビジネスの成果が出ない本当の理由を解説されています。ビジネスに活かせるだけでなく、学生や資格試験受験生の方などにもその考え方はとても有効だと思います。ぜひ一度お読みになってみてください。(あなたの人生をラクに進ませる術の基本が学べます。)〇4nessコーピングイントロダクション講座〇講師:前川量平(4nessコーピング認定インストラクター)〇会場大阪 [続きを読む]
  • 三日坊主は直してはいけない
  • こんにちは。普段運動がかなり不足していて、年齢とともに疲れを感じやすくなってきました。とはいえトレーニングのための時間を確保するのも難しいので、就寝前にスクワットをすることにしました。最初は30回するだけでも膝がガクガク震え筋肉痛がひどかったのですが、今では、50回はラクにこなせるようになりました。下半身が強化されるとフットワークが軽くなりますね。ところで、スクワットを習慣にするにあたり、定めたル [続きを読む]
  • ダメな自分をゆるすことと甘やかすことの違い
  • 【ダメな自分をゆるすことと甘やかすことの違い】私の現在の解釈です。ダメな自分をゆるし、受け入れるということは、自分の状態をはっきりと直視し、これからどうしたいのか?そのために何をすべきか?という判断をするステップに立つということ。ダメな自分を甘やかすということは、ダメな自分(事実かどうかはさておき)を直視せず、何かのせいにしたりしていつまでも決断をしないこと。前者は現実を直視できている分、このまま [続きを読む]
  • 「他人のせいにしてはいけない」は絶対か
  • 成長のためには、他人のせいにすることをやめなければ、とよく言われます。だからといって、常に私のせい、私に問題がある、というスタンスは、本当に有益なのでしょうか?城ノ石ゆかり先生の著書「未処理の感情に気付けば、問題の8割は解決する」には、こうあります。(ここから引用 P32)「自分では意識していない未処理の感情」に人生の主導権を明け渡しているとき、私たちは必ず、次のような役割を無意識に演じてしまいま [続きを読む]
  • 自分に対する認知が現実を創り出す
  • 4nessコーピングの開発者で、師、城ノ石ゆかり先生が実際にクライアントに対してセッションを行っている様子をポッドキャストで公開されています。クライアントがセッションを通じていかにして自らに対する認知(セルフのB)に気付き緩めていくかの概要が分かります。恋愛、経営に効く内容です。ぜひお聞きください。セルフのBを緩める生放送http://m.4ness.com/mg?t=84&m=1270&u=2848(自分にOKを出して、人生をラクに前に進ま [続きを読む]
  • なかなか調子が上がらないと感じるときは
  • 何か調子が悪くて、だらだらしてしまい何もする気が起きない。そんな日々が続く。思い当たる原因もなく、出口がみえない・・そういう時は、だらだらしている自分、何もする気が起こらない自分をさらに鞭打ってないか、立ち止まって考えたほうがいいんじゃないかな。自分を奮い立たせなければ頑張れない、そういう大変な日常を生きていることは、もちろんよくわかる。自分を甘やかしては生きていけない、という気持ちも。私もそう考 [続きを読む]
  • 変わりたいのに変われないのはなぜなのか
  • 行動しなければ取り巻く現実は変わらない。そんなことは誰にでも分かっている。では、なぜそれができないのでしょう?変わりたい、と本気で感じている時、人は行動せずにはいられません。つまり変わりたいという「感情」が行動を決定しているということです。じゃあ、変わりたいのに変われない、ということは、本当は「変わりたくない」のかもしれません。「そんなバカな、変われなくてこんなに苦しんでいるのに!」・・そんな声が [続きを読む]
  • 任意後見制度と信託のちがい
  • 任意後見制度も信託も財産の管理を他人に任せることができる点では同じです。しかし、異なる点がいくつかあります。特徴を理解して、使い分ける必要があります。契約書任意後見→公正証書にする必要がある信託→公正証書にする必要はない(※例外はある)財産の所有権任意後見→管理する人に移さない信託→管理する人に移るランニングコスト任意後見→後見監督人に対して報酬が必要(月1〜3万円と言われる)信託→契約で無報酬に [続きを読む]
  • 人生を変えるには
  • 【どうすれば人生は変えられるのか】現実を変えるには行動が必要、とよく言われますが、行動できない自分を責め、ますますやる気を失う。そんな人が多いのではないでしょうか。やらなければいけないことは分かっていてもできない。それはなぜなのでしょう?もしかしたら、その原因が分からないことが本当の苦しみなのかもしれません。あなたの人生を創り出しているものは、何なのでしょう?実はそれを知ることができ、アプローチで [続きを読む]
  • 私が「10kg」痩せて気づいた「リバウンドしにくい変化のコツ」
  • 今回は「まえかわ通信」という、筆者が紙でご希望の方にお渡ししているレポートにしか記載していないコラム「ゆるやかに、しかし確実に人生に変化を起こすためのヒント」をご紹介します。ダイエットは男女問わず気になるテーマだと思います。 カロリーを抑えたり、血糖値を抑えたり、運動を増やしたり。 理屈では分かっていてもできないのはなぜでしょう? 私も結婚してすぐ10キロ近く体重が増えてしまい、 食事制限を試みたこと [続きを読む]