まきりん さん プロフィール

  •  
まきりんさん: W王子は今日も炬燵で行き倒れ
ハンドル名まきりん さん
ブログタイトルW王子は今日も炬燵で行き倒れ
ブログURLhttp://ameblo.jp/novia-jyosi100/
サイト紹介文短大生の長女と高1の双子男児の母です。そして滝沢村でのびあという超零細企業もしている人のブログです。
自由文地元の学校を卒業して,美貌で(ということにしてある)化粧品会社に入社,21年働きました。45才で独立し,のびあという女性向けの企画会社を作りました。
その間,結婚し,長女と双子男子の母になりました。
最近は,自分のローガンと親の介護もちょっぴり気になるお年頃。
趣味はカラオケ,十八番は「ああ無情」という典型的なバブル女子です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2013/08/29 23:08

まきりん さんのブログ記事

  • 福島を語るユーウツ②
  • あー、うー、6月も終わってしまう。それはどういうことだ〜・2017年も半年は終わってしまったということよーー。なんか坂道を加速するがごとく、1年がはやいーー さてさて、そんな6月だけれど河北新報に書いた「座標」が今日の掲載で終わりました!もともと半年の予定でしたので、無事に終了。反響大きかった記事というと2月に開催した「福島原発20キロ圏内視察ツアー」これを見た北海道新聞の方が取材に来てくださり初めて、 [続きを読む]
  • これもまた「正しく知って正しく恐れる・・」かな・・?
  • 今日の14:00〜海老蔵さんが会見を開くようですね。ツイッターでは、すでに、いろいろ書かれていますし・・。先日、乳がんの患者会の方が主催した会に行って勉強してきました。そうしたら、乳がんのほとんどは女性ホルモンが原因だそうでほとんどは、40〜50代にかかる癌なんだそうです。40才以下がかかる確率はなんとたったの2%それを聞いた時もあー、小林真央さんってその2%に入ってしまったのか・・・と思いました。その2 [続きを読む]
  • 台風から9か月後の岩泉町を訪問
  • チャリティイベント「5/3は盛岡大通りへ行こう」の寄付金をお渡しに6/7 岩泉町へ行ってきました。岩泉町は、東日本大震災では、海に面した小本地区が被災し、そして、昨年の台風10号では、岩泉町全域が被災。http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201609/20160907_33015.html この全域というのがまた本当に広い!992.4k?で、本州一広い町で、東京23区+横浜市とほぼ同じ。もしくは、香川県のほぼ半分・・・ というの [続きを読む]
  • 藤井四段の「僥倖」に思う「ケンソンの美学」
  • 最近,スーパー中学生があちこち出てきて,ほんとに凄いわ〜って思ってる。卓球の水谷選手に勝った張本くん将棋で破竹の20連勝となった藤井四段。で,あと。。誰だっけ??? まあ,いいや。他にもいるだろ,スーパー中学生。その中でも,将棋の藤井くん(君と呼んでいいのか?)は人格的にも,ものすごいわね。将棋のことは,きっと明日あたり,いろいろな番組で解説するであろうヒフミンこと加藤一二三・九段にお譲りする [続きを読む]
  • 高総体開会式に思う「思い出はお金では買えないよ」
  • 先週の土日は、運動会だったり、高総体だったりでSNSを見ると、キャラ弁やら、応援行ってる写真やらが満載!!2年前におっかけが終了した身としてはひたすら、うらやましーところで、その盛りあがってる横で考えてほしい問題があるのだ。それは高総体の開会式問題。岩手の高総体開会式といえば各高校の応援合戦が華!県下の全高校81校が一同に盛岡の運動公園陸上競技場に集結しバンカラあり、チアあり、ブラバンあり、郷土芸能 [続きを読む]
  • 私ってもしかしたら元祖キャバ嬢だったかもという話
  • いやー、女性限定の「おとなのおけいこクラブ」というミニイベントを開催して35回になるのだけれど今回の反響が凄くて、おどろいてます〜。その内容は。「キャバクラ見学会」開催まで1か月以上あるというのに、あっという間に定員に達し、定員を+10名増やしました。それもあと残席あと6名。。とくに、、40代後半〜60代の申しこみが凄い。ま、でも、よく考えてみれば、20代、30代は同年代で集まれば毎日がキャバクラのようなもん [続きを読む]
  • 気分は、世界のアスリートなり
  • 「しかるべき時期を見てお話させていただきます・・」このセリフは、眞子様と婚約内定していらっしゃる小室圭さんが先週、マスコミへのご挨拶で繰り返したお言葉です。ん? 民間人だから「お」つけなくていいのか??? 私も、ダイエットに関しては「しかるべき時期を見て」を繰りかえしてきた。が、時々、これはマズイ!!やらなくては!!というビックウェーブが来るときがあり、今、まさにそんな感じの人生、何十回めか [続きを読む]
  • 好奇心こそ行動の原動力なり
  • いやはや、びっくりした〜。おとなのおけいこクラブという女性限定のミニイベントを始めて6年め2011年10/23に第1回目「朝ヨガ&マクロビごはん」からスタートして次回が35回目となるのだけれどまーー、4日間で定員が埋まったのって初めてです〜!! 5/19にのびあの会員向けメルマガでお知らせしたところ10分後には、おひとりめの申込がありそこから、早かったわーー。みんな関心あるのねえ。。。先週、わたし、下見 [続きを読む]
  • 7回目の「5/3は盛岡大通りへ行こう」が無事終了しました〜!
  • 今週の日曜日は、まだGWだったのね・・・、そう思うほど、すでにどっぷり濃いめの日常です。で、報告がかなり遅れてしまいましたが、おかげさまで7回目のチャリティイベントが終わりました!!最高気温24℃・・・だったかな?お天気に恵まれ、こんな感じ。どこかの学生さんみたいなんだけど着物をきて、そよそよと歩く一団が。。今年は、最終的に、55店の方が出店!「寄付先は、岩泉ですよ〜」と叫んでみたらその岩泉からも3 [続きを読む]
  • 日頃の運動不足と、やるやるダイエット詐欺を痛感した1日
  • なんと、一昨日書いたブログ「#東北で良かったの返しが最高にかっこよすぎる件」が、6818アクセスもありました〜!ありがとうございます!! ということは、最後にシャレでのせた私のモアモア写真も、6818回見られたということなのね・・。ほっほっほっ。常に、体を張っております〜。そんな、高橋真樹、昨日は歩いたわーー。5/3のチャリティイベントのお役所に出す書類があり、、、消防⇒市役所⇒警察署⇒県庁記 [続きを読む]
  • #東北でよかった の返しが最高にかっこよすぎる件
  • 昨夜、復興大臣が、問題発言して、辞任した。「首都圏で東日本大震災と同じ規模の地震が起きていたら被害額はもっと甚大だった」ということを言いたかったようだ。けど、「まだ東北で良かった」は、ない。そんじょそこらの東京のじーさんが発言したって腹立つのにこの人、復興大臣だ。感情的だといわれようが何しようが「東北出身者でないからそんな発言が出るんだよー」といいたくなる。ところがだ今朝になって、ツイッターを見 [続きを読む]
  • まるで緊張感のない緊迫感
  • おとなりの危ない国からミサイルがきたら地下へ避難してください。地下がない場合は、窓のない部屋へ避難してください。それもない場合は、できるだけ窓から遠くへ避難してください・・・そんなテレビを見ながら、「ほんとに来るのかなあ〜」といいながらご飯を食べるって、なんかすごく変な景色。万が一、万が一といいながらそんな状況にはなったことがないのだ。東日本大震災が、ひょっとしたらその万が一の時だったのかもし [続きを読む]
  • 本日、肩こりの原因。。。
  • 今年から、月イチで、河北新報社へ、原稿を書いている。なんとなくだけど、〆切の1日前には出すようにしている私、この辺がA型なのよーだいたい1週間ぐらい前から「これについて書こうかな?」というテーマを見つけて実はこのブログやSNSにちょこちょこ書きそれを、新聞用の固い表現に直しながら書く・・・てな感じで書いてきた。 が、しかし、4回目にしてネタに困った・・・・ 候補として「男性保育士着替えNG問 [続きを読む]
  • この2週間のおはなし
  • なんと2週間もブログを書いていなかったみたいです。。先日,フェイスブックで 「忙しい,忙しいって投稿するやつに限って,ろくでもねー」・・・という話で,ある人と盛り上がった。 と投稿したばかりなのでさすがに,「忙しかった」とは書けない。はっはっはっ。と笑ってごまかそう。 で,2週間,何していたかというと・・・ ①実母KSBBA1号を連れて,長男のいる山梨へ行ってきた。目的は「桃源 [続きを読む]
  • 滝沢ママカレッジ報告会と謎のN先生
  • 昨年、半年に渡ってお仕事した「ママカレッジ」の報告会がありました〜。この「ママカレッジ」はうちで、初めて、「国とか大学とか市と一緒になったプロジェクト」に参加させてもらったという記念すべきお仕事だったし何より、大変だったけどおもしろかったのよね。ざっと、どんなプロジェクトだったかを説明すると「お買い物が社会を変える」をテーマにした大阪市立大学の研究の一環で滝沢市の幼稚園に通うママたちが「食育」に [続きを読む]
  • 木曜夜は、フィーバーしたのだ。
  • 3/23(木)女性限定のおとなのおけいこクラブを開催しました〜。今回のテーマはベリーダンス!!会場は、「ココロと身体が喜ぶカフェ」がコンセプトのフェイバリットスパ&カフェさん。先月から「毎月第4木曜日の20;00〜ベリーダンスのショーを始めた」と聞いて「あら、じゃあ、おけいこしましょ」と企画したものなんです。年度末につき異動とか卒業とか送別会とやらで、、、参加者は7名でしたけど、アツイ夜でした。まずは、シ [続きを読む]
  • 昨年に比べるとなんと穏やかな春彼岸
  • いやー、昨年に比べたら穏やかな?春彼岸3連休であった。昨年のこの時期は、本当にあわただしかった。なんといっても双子が2人とも大学受験であった。しかも、長男は志望大学をおっこちて後期で今の進路先に決定。だから、合格がわかったのがたしか3/19の15:00だったかな?そこから車で7時間移動して、翌日の9:00には不動産屋さんの前にいたもんね。すげー&陸続きってすばらしい。なんか去年の手帖みると赤ペンで書いてあるの [続きを読む]
  • 福島問題を語るユーウツ
  • 思えば、2/25に福島原発20キロ圏内視察ツアーを開催して以来、ブログはずっーと福島のことばかり書いている。まるで、私が朝起きてから夜寝るまで、福島のことばかり考えているような人に見えるだろうけど決してそうではないからね。さて、連日書いたツアーやその後の様子はおかげさまでいろいろな方に読んでいただいたようでしかし、いろいろな方の目に触れる=好意的な人もいるし、そうでない人もいるわけでして、そろそろ、批 [続きを読む]
  • 「これはいくらなんでもヒドイわ」と朝から思ったお話
  • 今週末が3.11だということで、テレビでは特集が多くなっている。昨日、NHKの「あさイチ」では、「データーで見る震災」という切り口で放送しており、番組のなかでのゲストの発言がちょっとした炎上となった。それは福島のお米を買うか、買わないかという件についてゲストの女性が「スーパーで他県のものより安く売っていても買えない自分がいる」と発言したことについてだ。いくら、「検査してます、安全です!」といわれても [続きを読む]
  • ツアー参加者の私も含めた「その後」
  • 2/25に開催した福島原発20キロ圏内視察ツアーから1週間後参加してくださった方2人から、たまたま同じ日にお電話をいただいた.おひとりは、雫石からご夫妻で参加していただいた奥さま。馴染みの喫茶店で、4月に「ツアー報告会」を開催することにしたというお電話だった。「ケーキセットぐらいしか出せないけど高橋さん来てね」私でよければ行きますよ〜!!もうひとりは秋田からわざわざ前泊して参加してくださったWさん。この [続きを読む]
  • 福島原発20キロ圏内視察ツアー③〜富岡町〜
  • 福島原発20キロ圏内視察ツアー①〜浪江町〜福島原発20キロ圏内視察ツアー②〜双葉町・大熊町〜から続く。 一行は、富岡町に入った。富岡は、この4月1日より町の多くが避難指示解除地域となる。今までのように、一時帰宅ではなく、「帰ってきて住み続けてよい地域」となるのだ。 現地ガイドの仲山さんは生まれも育ちも富岡町。まずは、福島第二原発の見える海へ一行を案内していただいた。 第二原発は、事故を起こ [続きを読む]
  • 福島原発20キロ圏内視察ツアー②〜双葉町・大熊町〜
  • 福島原発20キロ圏内視察ツアー①〜浪江町〜から続く。浪江町の請戸を出た一行は、国道6号線を南下した。バスはすぐに、双葉町へ入ったようだが福島第一原発のあるのは、双葉町と大熊町。ここが、震災前、どんな街だったのか、残念ながら知ることはできない。なぜなら、双葉町、大熊町とも,住民の居住区の約96%が帰還困難区域であるからだ。 そのため、この区間の国道6号線はノンストップ、駐停車は出来ない。窓もあけられ [続きを読む]
  • 福島原発20キロ圏内視察ツアー①〜浪江町〜
  • 2/25に「福島原発20キロ圏内視察ツアー」を開催。北は青森から南は神奈川まで、30名の方々に参加していただいた。 私にとっては、1年半ぶりの被災地を訪ねるツアー。しかし同じ被災地といっても福島県には岩手、宮城にはない事情がある。それは頭では重々わかっていたのだけれど実際に行ってみて、その違いをまざまざと感じた。 そうこれまで津波で「何もない被災地」はたくさん見てきた。けれどここ [続きを読む]
  • とある学生のひとことにハッとした日
  • 先日、滝沢市にある岩手県立大学の学生さんの発表を聞く機会があった。今年度から、私、滝沢市のとある委員となりそのなかに県立大学の先生がいらっしゃって「滝沢市のまちづくり未来図」についてぜひ学生さんの話しを聞いてみたいとなったのだ。滝沢市には3つの大学があり学生さん、教職員含めて5000人もいるそうだ。が、どの大学の最寄駅にも、大学周辺にも、店が少ない。というか、ほとんどない。5000人が、学内の大学生協と学 [続きを読む]
  • 双子は不思議
  • 茶髪の長男が帰ってきた。相変わらず、髪切ってないので、実母75才に「なんだ、その浮浪児みたいな髪は?」と叱責されていた。こんなんで、岩手で引っ越し屋さんの面接を受けるらしいのだがその前に髪切れという感じ。さてその長男が帰ってくる2日前次男が39℃の発熱!インフルではなくウイルス性の胃腸炎。「何らかの菌がお腹に入って、それを撃退するのに白血球が頑張ってるわけね〜。だから熱あがるんだよね〜。何の菌かは、 [続きを読む]