宅建超高速勉強術 さん プロフィール

  •  
宅建超高速勉強術さん: 宅建超高速勉強術 公式ブログ
ハンドル名宅建超高速勉強術 さん
ブログタイトル宅建超高速勉強術 公式ブログ
ブログURLhttp://xn--4gr16r4zc9g.jp/
サイト紹介文宅建試験で最低限覚えておいてもらいたい箇所をご紹介しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供256回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2013/08/31 06:19

宅建超高速勉強術 さんのブログ記事

  • 宅建過去問【1993】 平成5年 問39 宅建業法(他人物売買) 問題と解説
  • 宅建過去問 H5 問39 宅建業法(他人物売買) 問題宅地建物取引業者AがBから土地を取得して、宅地に造成し、自ら売主となって、Cに分譲する場合に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。AB間の契約が売買の予約である場合、Aは、予約完結権を行使するまでの間は、宅地建物取引業者でないCと、売買契約を締結してはならない。AB間の売買契約において、開発許可を受けることを停止条 [続きを読む]
  • 宅建過去問【1993】 平成5年 問38 宅建業法(登録の消除) 問題と解説
  • 宅建過去問 H5 問38 宅建業法(登録の消除) 問題宅地建物取引士資格登録(以下「登録」という。)の消除に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。Aが役員をしている宅地建物取引業者B社が、不正の手段により宅地建物取引業の免許を受けたとしてその免許を取り消されても、Aは、宅地建物取引士証の交付を受けていなければ、その登録を消除されることはない。宅地建物取引士Cが知人に頼まれて無免許で宅地の売買の媒介 [続きを読む]
  • 宅建過去問【1993】 平成5年 問35 宅建業法(免許の要否) 問題と解説
  • 宅建過去問 H5 問35 宅建業法(免許の要否) 問題宅地建物取引業の免許に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。Aがマンションの分譲を反覆継続して行う場合、Aは宅地建物取引業の免許を要するが、Aの経営が悪化したのでBが売残りのマンション1棟を買い取り、販売の代理を他の宅地建物取引業者に依頼して不特定多数に売却する場合、Bは宅地建物取引業の免許を要しない。Cが都市計画区域外において山林を山林とし [続きを読む]
  • 宅建過去問【1993】 平成5年 問33 不動産鑑定評価基準 問題と解説
  • 宅建過去問 H5 問33 不動産鑑定評価基準 問題不動産の鑑定評価に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。不動産の価格を形成する要因(以下この問において「価格形成要因」という。)とは、不動産の効用及び相対的希少性並びに不動産に対する有効需要の三者に影響を与える要因をいい、不動産の鑑定評価を行うに当たっては、明確に把握し、十分に分析することが必要である。価格形成要因のうち一般的要因とは、一般経済社会 [続きを読む]
  • 宅建過去問【1993】 平成5年 問31 景品表示法 問題と解説
  • 宅建過去問 H5 問31 景品表示法 問題不当景品類及び不当表示防止法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。宅地建物取引業者が、未使用の建物について、新聞折込ビラで「新築」と表示する場合、建築後1年6ヵ月のものであれば、不当表示となるおそれはない。宅地建物取引業者が、不動産取引について、自ら広告した物件の案内を拒否し、難点をことさらに指摘する等して、その物件の取引に応じることなく、顧客に他の物件 [続きを読む]
  • 宅建過去問【1993】 平成5年 問27 宅地造成等規制法 問題と解説
  • 宅建過去問 H5 問27 宅地造成等規制法 問題宅地造成工事規制区域内において、次に掲げる施設用地の造成のため10万?の土地について切土又は盛土を行う場合、宅地造成等規制法の許可を要しないものはどれか。ゴルフ場宗教法人が建設する墓地私立高校果樹園宅建過去問 H5 問27 宅地造成等規制法 解説 宅造法は、宅地造成に伴う崖崩れ又は土砂の流出による災害の防止のため必要な規制するための法律です。その宅地造成とは、宅地以 [続きを読む]
  • 宅建過去問【1993】 平成5年 問26 農地法 問題と解説
  • 宅建過去問 H5 問26 農地法 問題農地法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。市街化区域(都市計画法第7条第1項の市街化区域と定められた区域で、農林水産大臣との協議が調ったものをいう。)内の農地に住宅を建てようとする場合、事前に農業委員会へ届出を行えば、農地法の許可を受ける必要はない。農作物を収穫した後の数ヵ月だけ資材置場として賃貸する場合、営農に支障がなければ、農地法の許可を受ける必要は [続きを読む]
  • 宅建過去問【1993】 平成5年 問25 土地区画整理法 問題と解説
  • 宅建過去問 H5 問25 土地区画整理法 問題土地区画整理法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。換地計画において定められた換地は、換地処分の公告があった日の翌日から、従前の宅地とみなされる。仮換地の指定に伴い、従前の宅地に存する建築物を移転する必要がある場合、当該建築物の所有者が、自らこれを移転しなければならない。仮換地が指定されても、土地区画整理事業の施行地区内の宅地を売買により取得した者は、 [続きを読む]
  • 宅建過去問【1993】 平成5年 問24 建築基準法(建築協定) 問題と解説
  • 宅建過去問 H5 問24 建築基準法(建築協定) 問題建築基準法の建築協定に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。建築協定を締結するには、当該建築協定区域内の土地(借地権の目的となっている土地はないものとする。)の所有者の、全員の合意が必要である。建築協定は、当該建築協定区域内の土地の所有者が1人の場合でも、定めることができる。建築協定は、建築物の敷地、位置及び構造に関して定めることができるが、 [続きを読む]
  • 宅建過去問【1993】 平成5年 問23 建築基準法(高さ制限) 問題と解説
  • 宅建過去問 H5 問23 建築基準法(高さ制限) 問題建築物の高さの制限に関する次の記述のうち、建築基準法の規定によれば、正しいものはどれか。道路斜線制限(建築基準法第56条第1項第1号の制限をいう。)は、用途地域の指定のない区域内については、適用されない。隣地斜線制限(建築基準法第56条第1項第2号の制限をいう。)は、第一種低層住居専用地域、第一種低層住居専用地域、第一種中高層住居専用地域及び第二種中高層 [続きを読む]
  • 宅建過去問【1993】 平成5年 問21 建築基準法(建築確認) 問題と解説
  • 宅建過去問 H5 問21 建築基準法(建築確認) 問題建築基準法の確認に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。都市計画区域及び準都市計画区域外の区域においては、建築物を新築する際、建築士の設計及び工事監理に委ねれば、建築主事の確認を要しない。建築主は、建築主事に対し確認の申請をするときは、あらかじめ周辺住民の同意を得なければならない。鉄骨2階建て、高さ8m、延べ面積150?の住宅の新築については、建築主 [続きを読む]
  • 宅建過去問【1993】 平成5年 問19 都市計画法 問題と解説
  • 宅建過去問 H5 問19 都市計画法 問題都市計画法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。市街化区域は、すでに市街地を形成している区域及びおおむね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域であり、市街化調整区域は、市街化を抑制すべき区域である。都市計画には、道路、公園等の都市施設のうち当該都市計画区域において必要なものを定め、当該都市計画区域外の都市施設を定めることはできない。市町村が定 [続きを読む]