宅建超高速勉強術 さん プロフィール

  •  
宅建超高速勉強術さん: 宅建超高速勉強術 公式ブログ
ハンドル名宅建超高速勉強術 さん
ブログタイトル宅建超高速勉強術 公式ブログ
ブログURLhttp://xn--4gr16r4zc9g.jp/
サイト紹介文宅建試験で最低限覚えておいてもらいたい箇所をご紹介しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供404回 / 365日(平均7.7回/週) - 参加 2013/08/31 06:19

宅建超高速勉強術 さんのブログ記事

  • 宅建過去問【1994】 平成6年 問19 都市計画法(開発許可) 問題と解説
  • 宅建過去問 H6 問19 都市計画法(開発許可) 問題開発許可に関する次の記述のうち、都市計画法の規定によれば、正しいものはどれか。なお、この問における都道府県知事とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市及び特例市にあっては、その長をいうものとする。都市計画区域及び準都市計画区域外の区域内で行う開発行為で、開発区域の面積が1,000?以上のものについては、あらかじめ、都道府県知事の許可を受けなければならない。 [続きを読む]
  • 宅建過去問【1994】 平成6年 問18 国土利用計画法 問題と解説
  • 宅建過去問 H6 問18 国土利用計画法 問題市街化区域内(監視区域及び注視区域外)の甲地(A所有1,000?)、乙地(B所有1,500?)、丙地(C所有2,000?)についての国土利用計画法第23条の届出(以下この問において「届出」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。なお、甲地と乙地は、隣地である。Cが甲地及び乙地にまたがってビルの建設を計画して、甲地については丙地との交換契約をAと締結し、乙地につい [続きを読む]
  • 宅建過去問【1994】 平成6年 問17 都市計画法 問題と解説
  • 宅建過去問 H6 問17 都市計画法 問題都市計画法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。都市計画区域の整備、開発及び保全の方針には、区域区分の決定の有無及び当該区域区分を定めるときはその方針を定めるものとされている。市街地開発事業は、市街化区域又は区域区分が定められていない都市計画区域内において、一体的に開発し、又は整備する必要がある土地の区域について定めるものであるが、必要に応じて市街化調 [続きを読む]
  • 宅建過去問【1994】 平成6年 問16 不動産登記法 問題と解説
  • 宅建過去問 H6 問16 不動産登記法 問題不動産の登記に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。A名義の所有権の登記がある土地をBに売り渡す契約が締結された後、所有権移転の登記がされないうちにAが死亡し、Cが相続をした場合には、C名義への相続による所有権移転の登記がされなくても、B名義への所有権移転の登記をすることができる。土地の表題部にAが所有者として記載されている場合に、Bがその土地を買い受けた [続きを読む]
  • 宅建過去問【1994】 平成6年 問15 不動産登記法 問題と解説
  • 宅建過去問 H6 問15 不動産登記法 問題不動産の登記に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。所有権の登記のある土地について合筆の登記を申請する場合、申請情報と併せて提供すべき登記識別情報は、合筆前の土地のいずれか1筆のもので足りる。抵当権設定の登記のある土地の分筆の登記を申請する場合、抵当権者の分筆に関する承諾を証する情報又はその者に対抗することができる裁判があったことを証する情報を、申請情報と [続きを読む]
  • 宅建過去問【1994】 平成6年 問13 民法(遺言) 問題と解説
  • 宅建過去問 H6 問13 民法(遺言) 問題遺言に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。遺言に停止条件が付けられた場合、その条件が遺言の死亡後成就しても、遺言の効力は生じない。遺言は、家庭裁判所の検認の手続を経なければ、効力を生じない。遺言の証人には、遺言者の長女の夫も、なることができる。Aが公正証書で土地をBに遺贈すると遺言した場合でも、後に自筆証書でこれをCに遺贈する [続きを読む]
  • 宅建過去問【1994】 平成6年 問12 借地借家法(借家) 問題と解説
  • 宅建過去問 H6 問12 借地借家法(借家) 問題AがBから賃借している建物をCに転貸した場合に関する次の記述のうち、民法及び借地借家法の規定並びに判例によれば、誤っているものはどれか。AC間の転貸借がBの承諾を得ていない場合でも、その転貸借がBに対する背信的行為と認めるに足りない特段の事情があるときは、Bの解除権は発生しない。AB間の賃貸借が合意解除によって終了すれば、CがBの承諾を得て転借していても [続きを読む]
  • 宅建過去問【1994】 平成6年 問11 借地借家法(借地) 問題と解説
  • 宅建過去問 H6 問11 借地借家法(借地) 問題AがBの土地を賃借して建てた建物の所有権が、Cに移転した。Bは、Cが使用しても何ら支障がないにかかわらず、賃借権の譲渡を承諾しない。この場合、借地借家法の規定及び判例によれば、次の記述のうち正しいものはどれか。Cの建物の取得が売買によるものであるときは、Cは、当該建物の所有権移転登記をすれば、裁判所に対して、Bの承諾に代わる許可の申立てをすることができる [続きを読む]
  • 宅建過去問【1994】 平成6年 問10 民法(敷金) 問題と解説
  • 宅建過去問 H6 問10 民法(敷金) 問題Aは、A所有の建物を、Bから敷金を受領して、Bに賃貸したが、Bは賃料の支払を遅滞している。この場合、民法の規定及び判例によれば、次の記述のうち正しいものはどれか。なお、Bの未払賃料の額は、敷金の額の範囲内である。Bは、Aに対し、未払賃料について敷金からの充当を主張することができる。Bの債権者Cが敷金返還請求権を差し押さえたときは、Aは、その範囲で、Bの未払賃料 [続きを読む]
  • 宅建過去問【1994】 平成6年 問9 民法(保証) 問題と解説
  • 宅建過去問 H6 問9 民法(保証) 問題Aは、BのCに対する1,000万円の債務について、保証人となる契約を、Cと締結した。この場合、民法の規定及び判例によれば、次の記述のうち誤っているものはどれか。CがAを保証人として指名したため、Aが保証人となった場合、Aが破産しても、Cは、Bに対して保証人の変更を求めることはできない。BのCに対する債務が条件不成就のため成立しなかった場合、Aは、Cに対して保証債務を [続きを読む]
  • 宅建過去問【1994】 平成6年 問8 民法(請負) 問題と解説
  • 宅建過去問 H6 問8 民法(請負) 問題Aが建設業者Bに請け負わせて木造住宅を建築した場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。Aの報酬支払義務とBの住宅引渡義務は、同時履行の関係に立つ。Aは、住宅の引渡しを受けた場合において、その住宅に瑕疵があり、契約をした目的を達成することができないときは、引渡しを受けた後1年内であれば、その契約を解除することができる。Bは、 [続きを読む]
  • 宅建過去問【1994】 平成6年 問7 民法(不法行為,使用者責任) 問題と解説
  • 宅建過去問 H6 問7 民法(不法行為,使用者責任) 問題Aは、宅地建物取引業者Bに媒介を依頼して、土地を買ったが、Bの社員Cの虚偽の説明によって、損害を受けた。この場合の不法行為責任に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。Aは、Cの不法行為責任が成立しなければ、Bに対して損害の賠償を求めることはできない。Aは、Bに対して不法行為に基づく損害の賠償を請求した場合、Cに対し [続きを読む]
  • 宅建過去問【1994】 平成6年 問6 民法(手付金と違約金) 問題と解説
  • 宅建過去問 H6 問6 民法(手付金と違約金) 問題Aは、Bから土地建物を購入する契約(代金5,000万円、手付300万円、違約金1,000万円)を、Bと締結し、手付を支払ったが、その後資金計画に支障を来し、残代金を支払うことができなくなった。この場合、民法の規定及び判例によれば、次の記述のうち誤っているものはどれか。「Aのロ−ンが某日までに成立しないとき、契約は解除される」旨の条項がその契約にあり、ロ−ンがその日 [続きを読む]
  • 宅建過去問【1994】 平成6年 問4 民法(代理) 問題と解説
  • 宅建過去問 H6 問4 民法(代理) 問題Aは、Bの代理人として、Bの所有地をCに売却した。この場合、民法の規定及び判例によれば、次の記述のうち、正しいものはどれか。Aが未成年者であって、法定代理人の同意を得ないで売買契約を締結した場合、Bは、Aに代理権を与えても、その売買契約を取り消すことができる。BがAに抵当権設定の代理権しか与えていなかったにかかわらず、Aが売買契約を締結した場合、Bは、Cが善意無 [続きを読む]
  • 宅建過去問【1994】 平成6年 問3 民法(共有) 問題と解説
  • 宅建過去問 H6 問3 民法(共有) 問題A・B・Cが別荘を持分均一で共有し、特約がない場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。管理費は、A・B・Cがその利用の程度に応じて負担しなければならない。別荘の改築は、A・B・C全員の合意で行うことを要し、Aが単独で行うことはできない。Aは、不法占拠者Dに対して単独で明渡請求を行うことができるが、損害賠償の請求については、 [続きを読む]
  • 宅建過去問【1994】 平成6年 問2 民法(無効と取消) 問題と解説
  • 宅建過去問 H6 問2 民法(無効と取消) 問題Aは、「近く新幹線が開通し、別荘地として最適である」旨のBの虚偽の説明を信じて、Bの所有する原野(時価20万円)を、別荘地として 2,000万円で購入する契約を締結した。この場合、民法の規定によれば、次の記述のうち、正しいものはどれか。Aは、当該契約は公序良俗に反するとして、その取消しを主張するとともに、Bの不法行為責任を追及することができる。Aは、無過失のときに [続きを読む]
  • 宅建試験に出る? 平成29年宅建業法の改正点
  • こんにちは、宅建合格に向けて日夜勉強に励んでいると思います。本日は、今年の4月1日施行分の宅建業法の改正点について、触れておこうと思います。 【国交省HPより引用】第190回国会において、既存住宅の流通市場を活性化し安全な取引環境の整備を図るため、建物状況調査(インスペクション)の活用等を内容とする宅地建物取引業法の一部を改正する法律が成立し、平成28年6月3日に公布されました。本法律にお [続きを読む]