imasugu-china さん プロフィール

  •  
imasugu-chinaさん: 今すぐ中国語!上海からお届けする今すぐ役立つ中国語!
ハンドル名imasugu-china さん
ブログタイトル今すぐ中国語!上海からお届けする今すぐ役立つ中国語!
ブログURLhttp://imasugu-chinese.net/
サイト紹介文上海から毎日3分で読める日常中国語を配信中!写真と音源でイメージし易く忘れません
自由文1000万人が読者、日本最大手メルマガ「まぐまぐ」内の金融向けサイト「MONEYVOICE」で中国情報担当として連載中です。http://www.mag2.com/p/money/series/watcher
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供261回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2013/09/01 09:06

imasugu-china さんのブログ記事

  • 新説?紹興料理に納豆文化が根付いているのか。カビ/発酵【霉】
  • 紹興にも、納豆の文化が有るかも知れません。以前紹介した「??名菜」というお店。注文に関しては少し難易度が高いのですが、本格紹興料理と紹興酒を楽しめる名店。再訪問した際に気になるメニューを発見。その名も「霉毛豆(méi máo dòu)」と書かれた一品。「霉(méi)」とは「カビ」のことを指すのですが、ココで言う「霉」は「カビ」ではなく「発酵」がより近い表現になります。早速「霉毛豆」料理の一つ「霉毛豆蒸?豆腐」を [続きを読む]
  • 国父の愛称は実は日本由来だった。孫文【?中山】
  • 中国にはこんな道路や地名、名称の場所があるのをご存知でしょうか?「中山路(zhōng shān lù)」、「中山市(zhōng shān shì)」、「中山公园(zhōng shān gōng yuán)」、「中山医院(zhōng shān yī yuàn)」共通して「中山」という名称が付いているので、感が鋭いアナタなら、もうお分かりかも知れません。この名称は「?中山(sūn zhōng shān)」こと「?文(sūn wén)」から由来しています。上海にある「中山医院」の [続きを読む]
  • 中国語発音ルール。連続する三声の発音は二声に変化
  • 中国語の独特な声調のルールです。確かにこのルールが無かったら、発音がし難いですね。最近の記事で紹介していた音源で、よくこのルールに合致する音源を紹介していたので、中国語の発音ルールをご紹介です。中国語には独自の「声調」があるのは、中国語を勉強すると始めに教わる点。「一声」、「二声」、「三声」、「四声」というものですね。この声調の「三声」は、一旦音を下げて、途中で音を上げるという少々厄介な音。簡単な [続きを読む]
  • 聞いてくれてありがとう。日本男性美声歌手。徳永英明【徳永英明】
  • アニメもですが音楽も国境を越えるのです。タクシーが少ない時には「滴滴出行(dī dī chū xíng)」と言う、Uberのようなソフトで運転手を呼べる中国。非常に便利なのと運転手が個性的なので乗車の楽しみの一つです。今回乗り込んだ自動車、二十代後半から三十代前半と思しき運転手。乗り込んで外に目をやり、流れる風景を観ていたのですが、聞き覚えのある声が聞こえてきたのです。車内に目をやると聞こえてきた声の主が「徳永英 [続きを読む]
  • 男の背中が物語る。意味不明な日本仕様の洋服。洋服【衣服】
  • 「スーパードライ」と同じ感覚なのかも知れません。彼とはもう出会えないかも知れません。出会いは一期一会です。前回ご紹介した「威海?村」早目の時間に訪問して座席に座り、メニューに目をやり、さて注文!と思い目線を前に向けた瞬間。彼は私に新しい衝撃を与えてくれたのでした。私の前の座席に座っていたお客さん。このお客さんの名前は多分「高橋さん」です。私が「高橋さん」と確信した瞬間がコレ。背中にビシっと「高橋ス [続きを読む]
  • 意外な落とし穴。中国印刷屋での注意事項。フォント【字体】
  • 日本には「キンコーズ」と言う印刷に便利なチェーン店舗がありますが、中国では個人営業で頑張る印刷店舗がまだ数多くあります。複写機を一台だけ置いて一枚0.5元からなんて商売をしていて、どうやって生計を立ているのかしら、、、とコチラが心配してしまう、店舗もまたにあるのですが、今回プライベートでカラー印刷が必要になり、近所にあった印刷屋を初訪問することに。お邪魔した店舗内は複数台のパソコンが並び、スタッフが [続きを読む]
  • oishiローカルメーカーのお菓子。マシュマロ【棉花糖】
  • 幼い時に食べていたあのお菓子を見かけてホッコリしてしまいました。近所のスーパーで見かけたお菓子のパッケージ。このお菓子「上好佳」と呼ばれるメーカー品なのですが、このブランドの製品には必ずアルファベットで「oishi」の文字が記載されています。前回の記事では無いですが、日本語の「美味しい」の意味。実は日本が大好きな中国。好きって素直に言ってくればいいのに♪パッケージの中央部分には大きく「棉花糖(mián huā [続きを読む]
  • 上海の大江戸温泉物語の変な単語チョイス。かわいい【卡哇伊】
  • この表現方法の時点で怪しさ満開です。昨年上海にオープンして話題になった「大江戸温泉物語」日本側の許可を取っていると言う運営側の話もありましたが、本当のところは闇の中。偶然、会食で訪れた中華レストラン店舗のテーブルの上に、渦中の「大江戸温泉物語」の広告が乗っていました。グループ割と家族割の案内をしている広告だったのですが、「卡哇伊」と「哦伊稀」という見慣れない中国語の表現が。それぞれピンインで読むと [続きを読む]
  • スマホの機能で流行の兆しか。ダブルレンズ【双?】
  • アナタはどの美女がお好みでしょうか?地下鉄に新しく、そして目を引く広告が登場していました。タイプの異なる美女3名がスマホ片手にコチラをキラリ。そしてこんなキャッチコピーが。小米6 ?焦双? 拍人更美xiǎo mǐ liù biàn jiāo shuāng shè pāi rén gèng měiXIAOMI6 ズームWレンズ 被写体、更に美しく「?」は元々「撮影」の意味があるのですが、スマホの機能「双?」の表現する場合は「ダブル撮影」より、「ダブ [続きを読む]
  • 浅草観光中の中国人と日本人の心温まる話。看護師【?士】
  • 自分だったらこんな事、出来ないかも知れません。国を越えた素敵な行為ですよね。WeChatの記事で見かけた日本に旅行に来ていた中国人観光客のお話。中国人旅行者のマナーが悪いという話をよく聞きますが、東京浅草寺で起きた心温まるお話です。観光ツアーで日本へ来ていた「任双双」と言う一人の女性。浅草寺の観光の最中、近くにいた日本人の女性学生が倒れたそうです。それを見た「任双双」は日本語が話せないため、ツアーガイド [続きを読む]
  • 日本人が知らない。絶品ローカル中華グルメ。【威海?村】
  • メルマガ会員の方から「ジンダオ行き着けの中華料理屋を教えてください」とのご連絡が。今回はジンダオお勧め中華レストランをご紹介したいと思います。味はピカイチですが、メニューが無かったりトイレが微妙や無かったりと、ハードル高めの店舗もあるのですが、今回は比較的ハードル低めの店舗をご紹介。基本的に日本人が殆ど行かない店舗ばかりですが味は折り紙付き!今回ご紹介する店舗の名前は「威海?村」元々は中国人の友人 [続きを読む]
  • 事故遭遇。中国で呼び出すと有料だった。救急車【救??】
  • 無料対応は日本くらいなものでしょうか。日本も有料対応でもいいのでは無いでしょうか。近所の大通りの真ん中で立ち止まる中国人たち。信号待ちかと思いますが実は横には救急車が停車。どうやら野次馬で立ち止まっている人たちのようです。救急車の中には横渡る人の足が見えていました。救急車の周辺に倒れたバイクの残骸があったので、接触事故か転倒事故のようです。実は中国の救急車。日本と違って有料です。2012年情報と少々古 [続きを読む]
  • 孫文も愛した。レトロモダンな佇まい。総統府【??府】
  • 当時のノスタルジックな雰囲気が伝わってくるスポットでした。「夫子?」から続いて向かった目的地は「総統府」「総統府」とは中華民国臨時政府および南京国民政府が置かれていた地。歴史的な説明は「Wikipedia」に譲りまして、総統府の雰囲気をご紹介。地下鉄2号線の「大行宮」を下車して徒歩5分。長江路沿いに「総統府」と書かれた「址正門」が見えてきました。右から文字が書かれている辺り、時代を感じる佇まいです。ちなみに [続きを読む]
  • 発祥は日本だった!人を運ぶあの車。人力車【黄包?】
  • 日本由来だったのですね、実は知りませんでした。南京一発目で訪問した「夫子?」実は「夫子?」内部に潜入しなくても意外と楽しめそうなのです。理由は「黒臭豆腐」の店舗のような「小吃(xiǎo chī)軽食」と楽しめる店舗が多いから。軽食以外にもお土産コーナー、レストラン、銀細工アクセサリー店舗など、中国テイストの店舗がもりもり、もり沢山。孔子のレンタル服装などもあり、変身写真なども撮れるようです。この「夫子?」 [続きを読む]
  • 日本ではあり得ない!?アノ果物で成就祈願。リンゴ【苹果】
  • 中国人、語呂合わせが本当に好きな民族です。日本人に馴染みのあるアノ果物も縁起を担ぐ習慣があります。南京で訪れた「夫子?」を訪れた際に、境内の中に生い茂った二本の樹木。赤い短冊が目についたので近寄ってみたのですが、短冊には「万事如意(wàn shì rú yì)万事うまく行く」の文字が書かれ、短冊の上には赤く丸い物がたわわに実っていました。この実、日本でもお馴染みの「りんご」、と言っても作り物の「りんご」なの [続きを読む]
  • 夫子って誰。南京で発見した成就祈願のお寺。孔子廟【夫子?】
  • ご利益があるかも知れません。南京を訪れた際はゼヒ訪問を。前回の「黒臭豆腐」を販売していた店舗、実は南京の「夫子?(fū zǐ miào)」に隣接する「老街(lǎojiē)」と呼ばれる、参拝までの道路で見つけた店舗でした。中国では歴史的な観光地の近所には「ほにゃらら老街」と言う場所があり、お土産物や物産、レストランなどが隣接しています。日本語訳では「旧市街」等となっていますが、浅草などの「仲見世」的な感じが近いか [続きを読む]
  • なぜ黒い?長沙名物の臭豆腐の謎。黒い【?】
  • 激臭が癖になる!得意ではない日本人も多いようですが、個人的には大好きです。週末を利用して上海から高鉄で1時間半の場所にある江蘇省南京へ日帰り旅行。観光スポット散策中に、こんな店舗を発見しました。「?沙豆腐王(Cháng shā dòu fǔ wáng)長沙豆腐王」「長沙」とは湖南省の省都。江蘇省とは関係がなさそうなのですが、訪問した観光地には「?沙」の文字とこの「豆腐店」だらけ。折角なので店舗を覗いてみることに。店 [続きを読む]
  • サービス継続に黄色信号。乗り捨て自転車の現問題。改善【改善】
  • 便利と迷惑は表裏一体なのかも知れません。以前、上海で人気に火がついた「乗り捨て自転車」をご紹介したのですが、絶好調をキープしているようで、朝晩の出退勤時には「乗り捨て自転車」を使う中国人だらけ。関連記事「上海で流行の兆し。スマホ連動乗り捨て自転車。使う【用】」をご覧ください。関連記事「飽和状態の乗り捨て自転車に新展開。電動機付き自転車【??自行?】」をご覧ください。上海以外の地区でも同じ状態のよう [続きを読む]
  • 注意。工商銀行口座に振込出来ない!振込/支払い【付款】
  • 中国の銀行カードで同じような問題が起きた方は、一度銀行まで確認されてみてはどうでしょうか。二週間という短い期間で、連続して知人に言われた事が。「ジンダオの口座に振込ができない!」とのクレーム。はて、先月まで普通に入金振込が出来ていたのに。先月までは同じ知人からの振込がOKだったのに今月から振込がNGに。「こりゃー何かあるな」と言う事で行き着けの中国工商銀行へ。お昼時だったのでいつも対応してくれる女性ス [続きを読む]
  • 通販サイトで見かけた購入客への心憎い演出。感謝の手紙【感?信】
  • 中国でも日本的なサービスが開始されているのです。最近ネット通販に興味を持ち始めたジンダオ。試しにアレヤコレヤと購入してみて、中国の質の向上具合や配送状況、配送速度などをチェックしているのですが、ここ数年で劇的に変わったのが2つ。一つは配送速度。山東省青島くらいなら午前中に頼んだ品が、翌日の夕方には上海に到着します。物流の効率化が生み出したメリットですが、ストレス無く品が届きますし、速度以外に配送中 [続きを読む]
  • 健康大好きの中国でも流行の兆し。黒ニンニク【?大蒜】
  • 海外生活、毎日楽しく健康な身体作りを考え始めています。アナタ独自の健康法ってありますか?お付き合いのある日本の会社の方から「家族で5年間続けてますよ!風邪知らずです。」と聞いて気になっていた品が。それは「黒ニンニク」と呼ばれる品。ご存知の方も多いと思いますが、「黒ニンニク」は生のニンニクを熟成させた品。生の状態の時よりも有効成分が多く、ニンニク独特のニオイが少ないのが特徴。生ニンニクと同様に滋養強 [続きを読む]
  • もう一つの数字表現。少しお洒落に4月を表現。四月【肆月】
  • もう一つの中国の数字表現を覚えてしまいましょう。上海で見かけた空間デザイナー店舗の液晶画面表示。こんな表示が映し出されていました。「你好肆月(nǐ hǎo sì yuè)」日本語では「こんにちは!四月」となるのですが、中国語でも「四月」じゃないの?と思ったアナタ。正解です。ただ中国には「大写(dà xiě)」と呼ばれる数字の書き方があり書類などを作成する際に、偽造防止のために使われているのです。日本でも「一」を「 [続きを読む]
  • 朝礼ついでにテクノな乗りで全身運動。体操【体操】
  • ファーストコンタクトだと頭に「クエスチョン」が浮かびそうな行動です。中国まだまだ奥が深いです。早朝、近所のスーパーで買い出し。スーパーを出た時に真向かいの美容室でスタッフが道に一列に整列。「もしや恒例の?」と思い道路を渡ってしばし観覧。店長らしき男性スタッフが掛け声を出し朝礼がスタート。まーここまでだったら、日本でも考えられると思うのですが、その次に始まった行動が独自路線。テクノ調の音楽がスピーカ [続きを読む]