imasugu-china さん プロフィール

  •  
imasugu-chinaさん: 今すぐ中国語!上海からお届けする今すぐ役立つ中国語!
ハンドル名imasugu-china さん
ブログタイトル今すぐ中国語!上海からお届けする今すぐ役立つ中国語!
ブログURLhttp://imasugu-chinese.net/
サイト紹介文上海から毎日3分で読める日常中国語を配信中!写真と音源でイメージし易く忘れません
自由文1000万人が読者、日本最大手メルマガ「まぐまぐ」内の金融向けサイト「MONEYVOICE」で中国情報担当として連載中です。http://www.mag2.com/p/money/series/watcher
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供261回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2013/09/01 09:06

imasugu-china さんのブログ記事

  • 深センで見かけた。大陸と香港で異なる漢字表記。繁体字【繁体字】
  • 香港の近さが肌で伝わってきます。先週は深センに滞在していたのですが、ランチや夕食で使ったレストラン。「港式茶餐廳(gǎng shì chá cān tīng)」と呼ばれる「香港式カフェレストラン」香港系のレストランは味付けも日本人が好みの味付けに近く、食べやすい料理も多いので、深センでも利用したのですが、本場の香港に近いだけあり味のレベルは中々でした。店舗に入って注文してしばし待っていると、放送していたテレビには偶 [続きを読む]
  • 初体験。深セン地下鉄の特別サービス。ビジネス車両【商???】
  • リピートしたくなる快適さでした。深センに宿泊して二日目。スマホのお陰で周辺の地理情報がつかめたので、タクシーを使わずに地下鉄にて移動を開始。上海の使い切りの地下鉄チケットはカードタイプで、カード内にはICチップが組み込まれていて再生利用が可能。深センの地下鉄は丸いコイン状のチケットです。おもちゃの硬貨のようですね。券売機に並ぼうとしたのですが、一台何やら違う券売機を見つけたので確認してみると、「商? [続きを読む]
  • オバサンの次は兄貴。深センで見かけたコワモテ男性。兄【哥】
  • マダムの次は兄貴です。深センのお昼時。「食は広州にあり」という言葉があるように、広州省深センの食も一つの楽しみなのですが、ランチの店を探していると、前回杭州で見かけた「パーマおばさん」の類似店舗が。店舗名は「崔福哥 ?血粉?(cuī fú gē yā xuè fěn sī) 崔福兄貴のカモの血液の春雨」えっ!な部分があるかも知れません。「?血」中国では豚の血やカモの血など動物の血を固めた食品があります。このカモの血を [続きを読む]
  • 禁止広告で分かる。その土地の抱える問題点。麻薬【毒】
  • 急きょ広東省の深圳に来ています。雨の影響の遅延は上海と広東省の移動ではよくあるのですが、今回は三時間の遅延となりました。広東省は既に気温は22度。上海と比べると10度以上も高温。スーツのジャケットなんて着ていられません!そんな広東省の深圳に宿泊しているのですが、遠方での楽しみは朝と仕事終わりの近所の散歩。街を歩くと上海とは違った一面を必ず見つけられるので、ウロウロとしているのですが、ホテルの徒歩圏内50 [続きを読む]
  • 時代とともに移り変わる中国マナー事情。7つのダメ【七不】
  • 時代とともに変わっていくのですね。中国人マナーがなってない!とお嘆きの貴方。中国でもマナーアップ向上作戦を日々実施しているのです。中国人と一括りにしてしまっても13億人いる訳でして、マナーがいい人、悪い人が混在しています。そもそも日本のマナーが正解という訳でもありませんが、中国上海にも95年より開始された「七不(qī bù)」と言われるマナーアップ標語が。日本語に直すと「7つのダメ。やってはイケない7つの事 [続きを読む]
  • オープン間近。相手を敬う中国語フレーズ。乞うご期待【敬?期待】
  • やはり、再オープンのようです。先日朝ごはん戦争の第一ラウンドで先手を許していた、ローカル企業の「真功夫」関連記事「朝戦争。ローカル企業の巻き返しなるか?勝ち/負け【?/?】」はコチラから。店舗の取り壊しが始まったっていたのですが、やはりリニューアルオープンのためだったようです。さすが中国次の一歩のスピードが早い。翌日にはこんなボードが店舗前に張り出されていました。品牌升?中 敬?期待pǐn pái shēng [続きを読む]
  • タバコ文化の中国にも街中禁煙の波が。全面【全面】
  • 開始された反応を見てみると正直、皆さんキツそうです。3月1日から上海で一つ取締りが厳しくなりました。それは全ての室内の公共の場所、職場、公共交通期間で全面禁煙。バシッと地下鉄の駅には通知を表す看板が掲げてありました。タバコには数百とも言われる有毒物質が含まれ、子供に重大な健康問題を引き起こす。耳への感染、喘息発作、致命的な肺炎など、タバコによって引き起こされるであろう、様々な病気を全面に訴える内容。 [続きを読む]
  • 高速道路の癒やし空間が激変中。サービスエリア【服?区】
  • 徐々にサービスがアップしています。仕事柄、上海を離れて近隣省に足を運ぶ事が多いのですが、その場合の移動手段として土に埋めてニュースになった「高?(gāo tiě)高鉄」や、マリオカート並に高速道路をカーチェイスする社用車での移動があります。片道200キロ程度の移動となるので、途中でトイレ休息を取るように運転手にお願い。上海と杭州の場合、「嘉?(jiā xīng)」と呼ばれる浙江省にある、サービスエリアで一息すること [続きを読む]
  • タクシーで聞いた中国人と日本人の深イイ話。
  • 本日は中国人から聞いたチョットいい話。先日、乗車したタクシーでの事。運転手の方からいい話を聞くことができました。上海のタクシーには運転手の身分証が助手席の前に貼られています。これには運転手の写真と運転手を特定するID番号が。ID番号が若ければ若いほど乗車歴が長く、頭の数字が「00」が並ぶと20年以上の運転歴を持つベテランドライバー。乗車して直ぐに「ベテランドライバーですね」と声を掛けると、「運転手歴45年、 [続きを読む]
  • カーネル似の中国式フライドチキン店はおば様。飲食【餐?】
  • アメリカはオジサン。中国はオバサンです。上海から2時間、浙江省の杭州という街があります。マルコポーロも訪れ「東洋のベネチア」と東方見聞録で紹介された街。そんな杭州の郊外に訪問したのですが、昼ごはんが取れる店舗を探していると、こんな店舗を見つけました。赤い背景に白い文字で「百吉拉(bǎi jí là)」と書かれ、パーマのマダムが店舗ロゴになっています。店舗で取り扱っている品は、日本式とんこつラーメンの他、ハ [続きを読む]
  • 歴史の生き証人。穀物の購入必須のチケット。食糧配給切符【粮票】
  • 初めて実物を見ることが出来ました。これも中国の歴史の証人ですね。北京滞在時に友人の自宅へ訪問もしたのですが、その際に珍しい品を目にすることが出来ました。それはこの古びた一枚の紙中央には大きく「壹市斤(yī shì jīn)」の文字が。「壹」は数字の「一」の意味で、この表現は中国語の「大写(dà xiě)」と呼ばれる書き方。関連記事「数字の漢字って実は二種類あるんです。大写って?大字【大写】」「市斤」は「500グラム [続きを読む]
  • 北京の地元民御用達の味。飾り釘の牛肉餡の包み【??肉?】
  • 地元民の味をまた一つ知りました。アナタにも是非楽しんで欲しい味です。羊肉のスープに気を良くしている日本人を見て、翌日のお昼は友人のパートーナーがオススメする、北京料理の店舗を紹介して頂きました。パートーナーは北京人なので期待大。ただし友人は店舗へ行くまで「店舗が汚いですよ、大丈夫?」と心配げ。連れて来られたお店の名前は「??肉?爆肚」聞けば店名がそのまま名物料理の名前だそうです。店舗は汚いというよ [続きを読む]
  • 北京発!中国東北地方ならではの味。羊肉スープ【羊肉?】
  • やはり日頃の味が最高の味と思います。羊肉バンザイ!「遊びにおいで」と声をかけてくれた友人に会いに、週末北京を訪問。彼は元々同僚で現在は北京を中心に自営業をしている中国人。今回時間が取れたので、急きょ北京を訪れたのですが、折角来てくれたのだからと、初夜は日式焼肉、二日目の夜はタイ料理と、現地らしさが感じられない食事処に案内されたのですが、これには理由が。初日と二日目の夕食には友人の仕事のパートーナー [続きを読む]
  • 蛇口にコンロ、トイレに水道なんでも取り付け対応。金物【五金】
  • 彼らがいると上海生活は千人力です。私の上海生活で非常に頼りにしている方がいます。住宅街の近所には必ず一軒は店を構えている「五金(wǔ jīn)」と言われる店舗。この店舗は日本語で言うと「金物」。つまり金物屋なのです。この「五金」では水回り、家電回り、ガス回りなど生活に関する、ありとあらゆる日用品や修理機材を取り扱っています。また店先のカンバンにはこんな文字が書かれていました。承接 装潢chéng jiē zhuān [続きを読む]
  • あのマレーシア事件は中国ではどんな報道なのか。朝鮮【朝?】
  • 2月に日本で大きく取り上げられた国際ニュースは、中国はどんなニュース報道がされているのでしょうか?2月中旬の日本で賑わったニュース、それは「マレーシアで起きたあの一件」ではないでしょうか?中国のインターネットのニュースを見ていたのですが、事件が起きた当時の空港の様子、関係したとされるベトナム人、マレーシア人などの人物像の紹介、VXガスとはどんな毒ガスなのか等、日本と類似したニュース報道がされ、日本を含 [続きを読む]
  • 青梅に楊梅、二種類ある中国の梅酒。梅酒【青梅酒】
  • 中国で「梅酒」というと大きく分けて二種類が存在します。私は日本と同じ味が好きですね。先日の紹興酒レストランで梅酒を軽く紹介したのですが、お酒好きな読者に反応が良かったので、中国の梅酒事情をご紹介。以前、チョーヤ梅酒の外観そっくりな梅酒の記事を紹介しましたが、中国でチョーヤ梅酒と外観がチョーヤ梅酒にそっくりな「梅酒」が販売される訳ですので、中国人も「梅酒」は馴染みのある果実酒の一つなのです。普段夕食 [続きを読む]
  • 路上で販売2.4億円。目指せ夢の報奨金。優良/上等【精品】
  • 約2.4億円の品を路上で販売。一体、誰が買うのでしょうか?この二人の中国人、どんなやり取りをしているか分かりますか?黒いダウンジャケットを着た男性は販売員。バイクに跨った男性はお客さん。何の販売をしているのかというと「不動産」を販売。停車している自動車に何やら書き込まれたボードが並びます。このボードには「精品推荐(jīng pǐn tuī jiàn)優良おすすめ」という見出しの元、ホニャララ小区 32平米 220万など [続きを読む]
  • 中国人も箸を投げ出す紹興の名物料理。蒸し臭豆腐【蒸臭豆腐】
  • 中国人も箸を投げ出す臭さです。チャレンジする勇気ありますか?友人に誘われて二度目の訪問。浦東新区にある「??名菜」と呼ばれる紹興酒と紹興料理を提供している、紹興料理のレストランに出かけることに。浦東新区では珍しく美味しい紹興料理を提供しているこの店舗、店舗の近くからは栓抜きビルこと「森ビル」がバッチリ見える場所。店内に一歩足を踏み入れると紹興酒の瓶や自家製の梅酒など果実酒が並び、椅子は昔ながらの木 [続きを読む]
  • 中国人は同じ価値でも人民元よりゴールドがお好き。黄金【黄金】
  • お国柄が出ている考えなのかも知れません。アナタはどちら派?でしょうか。もうすぐ3月を迎える2017年。しかし我が社では先週新年会が開催。中国的に言うと春節を終えて直ぐのため、このタイミングでも新年会、OKなのだとか。そんな新年会で恒例のプレゼント抽選会が行われ、基本的に抽選運がない私が今年の一等賞を獲得!獲得した商品がコチラ。タバコケースくらいの大きさの赤い箱。中には999.9%の「黄金」が入っていました。 [続きを読む]
  • 文化の差。開店祝いに花輪は日本だけ?供え物をして死者を祭る【奠】
  • 日本も中国も死者を祭る気持ちは同じですが、多少の文化の違いもあるようです。中国の住宅街で見かけた、一列に並んだ花飾り。この花飾りは「花圈(huā quān)花輪」と呼ばれ、葬式で死者を祭る際に使われます。花の上には金色で「奠(diàn)」という字が施され、白い帯が付けられて文字が書かれています。「奠 (diàn)」には、「供え物をして死者を祭る」と言う意味と、「基礎を固める」という2つの意味が存在していますが、この花 [続きを読む]
  • 前菜の定番中華。すりつぶしニンニクのキュウリ和え【蒜泥黄瓜】
  • 今まで一番食べている中華料理かも知れません。中華料理は脂っこい!という概念、崩れるかもしれませんよ。試してみては如何でしょうか?外食中華料理で何気なく頼んでしまうナンバーワンの料理があります。それは「蒜泥黄瓜」!この中華料理の名前、聞いたことあるでしょうか?「蒜(suàn)」は「大蒜(dà suàn)ニンニク」「泥(ní)」は「すりつぶした状態の物」要するに「すりつぶしたニンニク」と「黄瓜(huáng guā)キュウリ」 [続きを読む]
  • 学校近所にニューオープンは問題ないの?スタジオ【工作室】
  • 学校の近所に、こんな施設があっていいのでしょうか?中国は春節を終えて新学期が始まる季節なのですが、中学校まで200メートルと程度の場所にある文具店。通学中の子どもたちが文房具を買い求めて立ち寄るのですが、その文房具店の横に今まで無かった「ある店舗」が登場。般若とドラゴンの画に「TATTOO」の文字と、「???身工作室(lóng wén wén shēn gōng zuò shì)龍模様のタトゥースタジオ」と掲げられた看板が。そうな [続きを読む]
  • 中国産も意外と新鮮で楽しめる海鮮素材。貝【?】
  • 中国、意外と美味いですよ。生まれが長崎という事もあり、海鮮が好きなのですが、上海で美味しい海鮮が食べられないか?と、日々ローカル中華を探し回っているのですが、上海にも意外と美味い海鮮が楽しめます。海鮮の中でも比較的日本と同じように楽しめるのが「?(bèi)貝」。日本に劣らず種類も豊富。ほっき貝、赤貝、トリ貝は新鮮な品は刺し身で楽しむのですが、それ以外の貝は炒め、スープ、焼き、茹でて楽しめたりと、日本で [続きを読む]