uprike さん プロフィール

  •  
uprikeさん: lallygag
ハンドル名uprike さん
ブログタイトルlallygag
ブログURLhttp://lallygag.blog.fc2.com/
サイト紹介文CNBLUEのBL小説。ミニョク君中心の恋物語です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/09/01 08:40

uprike さんのブログ記事

  • guilty
  • 「ね、どしたの?お前ってば・・急にその・・・」言いかけて、何となく飲み込んだ言葉。最近急に野郎感増しちゃってさ。全体から薫り立つような色気がまるで「・・・猛毒み [続きを読む]
  • 愛をちょうだい。 2
  • JKまんねず ←はぁ・・・・・??オレは、確実に嫌われている。よりによってイチバン好かれたいと思っているコに、だ。つぶらな瞳のあのコはオレとはまさに正反対。校則を破っ [続きを読む]
  • みらーりんぐ。 another ver. 7
  • 逆ぽーくすーぷ。蕾の中は、どんな味?固くて苦いの?それとも――――?いくら酔ってるとは言え流石に初めての事で防衛本能が働いたのか、逃げようと引ける貴方の腰。其れを揚 [続きを読む]
  • Such a daily life
  • 同じ桜色に照らされた、演奏するお前と演技するお前。画面を通す姿がやけに遠く見えて・・・ふたつのステージ上にいるお前とそして・・・いま傍らで静かな寝息を立てるお前 [続きを読む]
  • Champagne Truffles
  • さて、今度は誰かな・・・おにさん的な感じ?「僕の中は空っぽだから。」遠いあの日。誰でも思わず気を許して仕舞いそうなへにゃりとした笑顔を零しながら紡いだお前の言葉 [続きを読む]
  • What a day!!
  • おとといのぽーくすーぷ、という設定でどうぞwww今日は世間でいうところの「バレンタインデー」らしい。けれど…今の俺達にとっちゃあそんなこたぁどーでもいいのだ。品行方 [続きを読む]
  • Wee Willie Winkie 3
  • お医者パラレル。「うわあっ!」不意に背後から肩を叩かれてビクッと思いっきり身体が震えた。掛けられた声が静まり返った廊下で必要以上に大きく反響する。恐るおそる振り [続きを読む]
  • みらーりんぐ。 another ver. 6
  • 逆ぽーくすーぷ。躊躇いながら・・・・緊張で思わず喉がごくん、と鳴って仕舞う。けれど・・・触れてみたくて。無防備な貴方の、秘密の場所。これまで誰の手も入る事の無か [続きを読む]
  • Wee Willie Winkie 2
  • お医者パラレル。スラリとした、姿勢の良さが印象的なその医者は、目覚めたばかりで何がなんだか混乱している俺に対して、実に丁寧で感じの良い対応をしてくれた。なんでも [続きを読む]
  • みらーりんぐ。 another ver. 5
  • 逆ぽーくすーぷ。こちらもまたご無沙汰過ぎて、書いた本人が話忘れた件(苦)→ みらーりんぐ。 another ver. 1タブーを冒す。それはとてもスリリングな行為。恐怖と興奮 [続きを読む]
  • Such a daily life
  • モヤモヤした気持ちが妙に聡いお前に伝わったらしい。「何言ってんの?お前とシンバのこんな写真なんか山程upしてるクセに」一体何が不満?なんて聞かれたって…答えようも [続きを読む]
  • Wee Willie Winkie
  • あい。例のアレが元ネタのぱられるです。。。ウィー・ウィリー・ウィンキーが街を行くナイトガウンを着て階段を上り下り窓を叩いて鍵穴から呼びかける「子どもたちは寝たか [続きを読む]
  • Such a daily life
  • 透き通るお前の白い頬にふわりと舞い降りた淡雪。けれどキラリと光るその雫が儚げで何故だか違うものに見えたから。形のよい小さな頭をかかえるように思わず抱き寄せた。「 [続きを読む]
  • 愛の才能。 11
  • ぽーくなすーぷ、濃い味。last。多分。ヒョニヒョンは所謂「いいヤツ」なんだと思う。兄貴分を捕まえておいてこんな言い方、本人の耳に届こうモンならどんな目に合わされる [続きを読む]
  • 愛の才能。 10
  • ぽーくなすーぷ、濃い味。情けない話だが、その後はといえば・・・実は語る程の特別な何かをした訳では全く無い。ミニョクが俺の事を激しく責めなじりながら泣き続けるあい [続きを読む]
  • DEEP BLUE
  • まさかのぷさんず。(のつもり)音を重ねる行為は躰を重ねる行為とよく似ている太古の昔から存在するこの海の青のように重ね合う毎に深まりゆく心地よくうねる歪んだ低音 [続きを読む]