香川まさひと さん プロフィール

  •  
香川まさひとさん: 香川まさひと
ハンドル名香川まさひと さん
ブログタイトル香川まさひと
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/yamakawaheitaro/
サイト紹介文『ましろ日』(若狭星作画)ビッグコミックで連載中。映画『羊の木』(吉田大八監督)2018年公開予定。
自由文『桐島、部活やめるってよ』について。
岩明均に初めて会った日。
好きなお笑い芸人のネタを勝手に書く。
漫画家志望の人へ
などなど、いろいろあるので、覗いてください。




参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供194回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2013/09/02 11:57

香川まさひと さんのブログ記事

  • どうでもいい
  • 『どうでもいいなら他人のふくらはぎをもみなさい』二男とカミさんと三人で車で行った普段行かないブックオフ。漫画が20冊で20%オフというので21冊。文庫と新書が5冊で10%オフといので5冊。計26冊で2800円。『空也上人がいた』を漫画の棚で見つけびっくりする。新井英樹自身の企画らしい。小学館のIKKI。巻末に山田太一の対談があったので買った。読了後、漫画とはなにかを考えた。 長生きしたけりゃ [続きを読む]
  • 少年漫画家志望のみなさん
  • 少年漫画家志望のみなさん、問いは最初の3ページまでに必ず書くんですよ。答えはもちろん最後だけど、一度は誤答を出すんですよ。そしてその誤答がヒントになって、(あるいはエネルギーが足されて)、主人公は最後の答えを導き出すんですよ。そしてなにが大事かって、この「導く」道のりが、一番読者がワクワクするわけで、そこはがんばって踏ん張って書きましょう。「誤答は読者にさせてもいいんですよね」お、鋭い。そうですよ。 [続きを読む]
  • 全部今いない
  • チョウが飛ぶのを見かけて思った。子どもの頃見たチョウは全部今いない、死んでる。それはチョウに限らないだろう。たとえば10歳のときに見た人間以外の動物、昆虫は今はいないだろう。……とカミさんに言ったら「カメは?」と聞かれた。うーん。10歳のときに私はカメを見たかな?『殺人ザルはいかにして経済に目覚めたか』読了。農業の問題は長男と話しても面白いかも。 殺人ザルはいかにして経済に目覚めたか?―― ヒ [続きを読む]
  • 見透かされてる
  • 14日。金曜日。カミさんと駅で待ち合わせ。白杖の人(70歳くらいの男性)がいたので、なにかお手伝いしましょうかと声をかける。「大丈夫です、ありがとう」「お気をつけて」カミさんと会って電車に乗って新宿。松田龍平のポスターがあちこちに。心の中をなにもかも見透かされてるようで怖い。五反田、南部古書市。一階。カミさん、うちらが大学時代、棚に並んで高いなあと思ってた黄緑色の早川のSFのハードカバーを200円だ [続きを読む]
  • ちえみのおかげ
  • 地球の総人口は?と聞かれても今は即答できる。35億×2。ブルゾンちえみのおかげである。『俳優を動かす言葉』読了。 俳優を動かす言葉: 戯曲の読み方がわかる20のレッスン 作者: ウィリアムギャスキル,喜志哲雄 出版社/メーカー: 白水社 発売日: 2013/05/11 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見 [続きを読む]
  • ひとり飛ばして
  • 「別嬪さん、別嬪さん、ひとり飛ばして別嬪さん」って誰が最初にやったんだろう。×  ×  ×婦人公論3月14日号が108円であったので買う。三田寛子の表紙。小保方晴子日記が読みたくて。2015年1月18日(日)(略)部屋に入ってテレビの前の定位置に座った。帰って来たよ、とお部屋に告げた(略)。×  ×  ×『コーラン』も買った。岩波文庫。上中下。108円×3。井筒俊彦訳。買っても解説くらいしか読まないかと [続きを読む]
  • 形容詞も副詞もつけたくない感じ
  • 雨が降っている。形容詞も副詞もつけたくない感じで。×  ×  ×『ハトはなぜ首を振って歩くのか』読了。面白かった。スズメは両足揃えてぴょんぴょんするのが普通だけど、たまーに歩くこともある。……とあったので、ぜひ一度歩いてるとこが見てみたいです。×  ×  ×今朝の朝日。谷川俊太郎の大岡信への追悼の詩。 岩波科学ライブラリー ハトはなぜ首を振って歩くのか 作者: 藤田祐樹 [続きを読む]
  • どこから来てどこへ
  • 傘を差してアパートへ来る。だがいつの間にか止んでいた。いつのまにかは人生に多い。だが反対にいつのまにかを待てないで、いらないことをしてしまうこともある。一昨日はテントウムシ(ナナホシ)、昨日は蜂(アシナガ)、今朝は家のすぐ脇の道で、荷台に乗ったレーシングカーを見た。どこから来てどこへ運ぶのか?今日の朝日の朝刊にアキラ100%の写真が。切り抜く。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 動機の一つ
  • 先日の朝日の夕刊。谷川俊太郎がエロスについて聞かれ「人生のすべてですよ。エロスしかないあ」と答えてる。×  ×  ×この前三島に行った動機の一つが大岡信ことば館に行くことだったが(企画展、釜が崎芸術大学も見たかった)(ちゃんと割引ページも家で印刷して)駅に着いたころは閉館時間を過ぎてしまった。大岡信の訃報記事に三島市内の病院で死去とあり、「あれだったのかなあ」とカミさんとバスで走ったときに見た病院のこ [続きを読む]
  • 3人のカガワ
  • 今朝の新聞で加川良さんの訃報を知る。(読売は写真あり、朝日はなかった) もううんと前だが、緒方明監督の仕事でご一緒させてもらった。カガワという名前は少なくて、全然会ったことがないのだが、緒方監督がなんか立派な賞をとったお祝いパーティで、その場に、私と加川さんと香川照之さんの3人がいて、不思議な感じがしたことを覚えている。『荒木飛呂彦の漫画術』読了。 荒木飛呂彦の漫画術 (集英社新書) [続きを読む]
  • 七宝焼き
  • 「セックスはしたことないですが交尾はあります!!」と元気よく!×  ×  ×毎日楽しみにしている『いつまでも生きていたい日記』。http://nemurico.exblog.jp/つまらない日はない。なぜならブログ名にあるように生きてることは全部つまるから。だけど何度も読み直す日というのはあって最近だと2017年3月22日「七宝焼き」がそれだ。何度読んでもそのすごみに「ほえほえほえ」となる。たとえば「左」から声をかけられ「 [続きを読む]
  • 雰囲気
  • 20、21.22と、カミさんと二泊三日で、三島、浜松に遊びに行った。帰る日、新幹線に乗る前に、ホテルでもらった鰻屋マップを見て、駅の近くの老舗の店に入る。鰻って時間かかるけど、そうでもなく「お待ちどうさまです」と出てきて、うまいねと言いながら食べてたら、スーツの二人が「新幹線が3時半なんだけど大丈夫ですかね」と引き戸のところで訊ねる。「はい、はい、大丈夫」とおばちゃんは答えて、すぐに注文を聞くと、 [続きを読む]
  • え?え?って感じ
  • NHKの、ドキュメント72時間、横須賀の軍港近くの公園のやつ、録画してたのを昨日見たら、90歳の不動産屋さんが出てきて、25歳下のカミさんがいて、今でもセックスするって言って、昨日も30分から40分したと手ぶりを入れて話していた。×  ×  ×姜信子がこんなの書いてるんだ、どういう本だ、とネットで注文して読み始めたら、さらに、え、えって感じ。 妄犬日記 作者: 姜信子 [続きを読む]
  • 漫画家と原作者の勉強
  • ダンゴムシの真似を会得した父はたいがいの下り坂なら転がっていく。×  ×  ×ビッグコミックで連載の始まった『ましろ日』をよりよきものにすべく「視覚障害者のための同行援護従業者」の資格を取った私ですが、相棒の漫画家の若狭星さんは水彩画のお勉強に通い出したそうです。連載一話目巻頭のそれは美しいカラーを描きながら、さらに勉強だそうです。明日、二人のコンビの『すばらしきかな人生 まさみ』の最終巻(3巻)が [続きを読む]
  • ほほうと思ったインタビューのコツ
  • 「叔母さんが言うピアスという単語がいつもペニスに聞こえるんだよ」と父から電話が。×  ×  ×『映画の奈落』読了。「読売新聞の名記者、黒田清は『新聞記者の現場』で「インタビューのコツ」として「相手と同じ大きさの声で話すこと」を挙げている(p117)。 映画の奈落: 北陸代理戦争事件 作者: 伊藤彰彦 出版社/メーカー: 国書刊行会 発売日: 2014/06/02 [続きを読む]
  • 差し出されたタオル
  • 「隣に引っ越してきた者です、どうぞよろしくお願いします」と父は真向かいの人にタオルを差し出した。×  ×  ×ヨへン・レンペルトの写真集買う。 ヨヘン・レンペルトFieldGuide 作者: ヨヘンレンペルト,Jochen Lempert 出版社/メーカー: IZU PHOTO MUSEUM 発売日: 2016/12 メディア: 単行本 この商品を含む [続きを読む]
  • 来年の2月
  • お風呂の順番をみんなで決めた。1番はお父さんで、2番はお兄ちゃん、3番はお母さんで、私は来年の2月12日の午後4時になった。忘れないようにスマホにメモする。×  ×  ×『棄国ノススメ』読了。 棄国ノススメ 作者: 増田幸弘 出版社/メーカー: 新評論 発売日: 2015/03/13 メディア: 単行本 この商品を [続きを読む]
  • 最後の地球人
  • 最後の地球人が死んだ朝、田舎の母から「妊娠した」と連絡があった。×  ×  ×土曜日。三日目の受講。これで終了。へろへろになる。『らぶれたあ』読了。 らぶれたあ オレと中島らもの6945日 作者: 鮫肌文殊 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/11/23 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブロ [続きを読む]
  • 新連載 ましろ日
  • 昨日発売になったビッグコミックに次号(3月25日発売)から新連載になる『ましろ日』の予告がぼいーんと出ています。『すばらしきかな人生 まさみ』でコンビを組んだ若狭星さんとの作品です。画像を載せようと思ったのですが、載せ方を忘れてしまったので、若狭さんのtwitterを覗きに行ってください。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 必殺仕事人と騎士団長殺し
  • 水曜日。今日も朝早く家を出る。高田馬場。時間調整でダーナルでコーヒー。さっき駅でとってきたフリーペーパー、構内では表紙の女性がローラかどうかかなり真剣に悩んだのだが、コーヒー飲みなが中を見るとローラのインタビューがあった。100円均一で付箋と木曜日使うアイマスクを買い、取材先へ。終わって、昼飯ごちそうになり、担当さんと漫画家さんと別れる。二人はそのまま編集部へ。芳林堂へ行き、みすずの2月号探すがも [続きを読む]
  • ちんぽが2
  • 水曜日。いつもの病院。半年ごとが三カ月ごとになって初めて。帰りに千駄木のブックオフ。「atプラス」の欲しい号があった。買う。 atプラス30(松本卓也編集協力) 作者: 松本卓也,千葉雅也,小倉拓也,上尾真道,大崎晴地,竹中均,こうの史代,大澤真幸,桜井智恵子 出版社/メーカー: 太田出版 発売日: 2016/11/05 メディア: 単行 [続きを読む]