naniwa48 さん プロフィール

  •  
naniwa48さん: コンテンツって言い方、嫌いだけど
ハンドル名naniwa48 さん
ブログタイトルコンテンツって言い方、嫌いだけど
ブログURLhttp://content.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文本、雑誌、テレビ、ラジオ、ネットメディアなどのコンテンツおよびメディア批評のサイトです。
自由文本、雑誌、映画、DVD、CD、音楽、テレビ、ラジオ放送、ネットメディア、電子書籍、Podcastなどで配信されるコンテンツの紹介、批評や、マスメディアに関する批評を掲載するサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供227回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2013/09/02 13:38

naniwa48 さんのブログ記事

  • ネットラジオ「Rakuten.FM」の終了とi-dioの動向
  • 楽天のネットラジオ「Rakuten.FM」が8月で終了。開始から約1年 - AV Watch楽天が始めた、インターネットラジオ配信サービス「Rakuten.FM」が、8月31日をもって終了するそうだ。2016年7月1日に開始したから、たった1年2カ月での終了となる。正直、スタートした当初から、楽天が何をしたくてこのサービスを始めたのか、さっぱり分からなかったので、終わっても「そうだろうな」という感想しかない。TOKYO FMグループ企業などとの協業 [続きを読む]
  • CD音源のリッピングし直し
  • 私は、昔から、結構好きな音楽はCD/レコードを買う人間で、それは最近でもあまり変わらない。ひとつには、特に、洋楽に関しては、Amazon.comなどで輸入盤CDを直輸入してまとめて買うと、デジタル音源を買うより安いことも多いからだ。買ったCDはかなりの数は処分したものの、それでも手元にまだ数千枚のオーダーで持っている。それらのCDは、すでに一度MP3にリッピッグして、iPod Classicやウォークマンで聴けるようにした。ただ、 [続きを読む]
  • Amazon Prime Musicを使ってみて
  • ASCII.jp:音楽はオマケ――Amazon「Prime Music」が持つ「怖さ」 (1/3)Amazonプライム会員に加入したことで、無料で使える音楽聴き放題サービス「Amazon Prime Music」が使えるようになったため、少しその感想を書いておきたい。「Amazon Prime Music」は、Amazonプライム会員に提供される音楽聴き放題サービスで、正直、月額325円の会費は、配送料無料に、プライムビデオを数本見るだけで十分元が取れるため、「Amazon Prime Mus [続きを読む]
  • Amazonプライムビデオをしばらく使ってみて
  • Amazonプライムビデオの感想:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログその後、しばらくAmazonプライムビデオを使用してみての感想を、改めて書いてみたい。Amazonプライム・ビデオの作品数は、なんと8000タイトル超え!昨年時点で9,000本近いコンテンツ数と聞いたときには、結構多いなと思ったのだが、実際にブラウズしていてその実感がない。Amazonプライム・ビデオのタイトル数が1カ月で2000も増えたので内訳を調査どう [続きを読む]
  • 昨年大ヒットしたアニメ映画が続々Blu-rayで発売
  • 昨年は、「君の名は。」「聲の形」「この世界の片隅に」と、アニメ映画のヒットが目立ったが、今年に入って、続々とBlu-ray/DVDが発売されるようだ。【楽天ブックス限定先着特典】映画『聲の形』Blu-ray 初回限定版(クリアファ...価格:7776円(税込、送料無料) (2017/6/14時点)アニメ映画「聲の形」、5月17日発売のBlu-ray初回限定版に山田尚子監督による新規アニメーション映像を収録! - アキバ総研まず、大今良時原作で、聴覚 [続きを読む]
  • 洋楽はAmazon.comでCDのまとめ買いがお得
  • CDの売り上げが落ち、音楽配信での楽曲購入や、聴き放題サービスが伸びている現状で、私自身は、いまだにCDを買うことが多い。もちろん、音楽配信でしかリリースされていない楽曲は、配信で購入するしかないし、CDが発売されていても、邦楽は配信の方が安いケースが多いので、やっぱり配信で購入してしまう。ところが、私は邦楽より洋楽の方が聴く割合が多いのだが、洋楽に関しては、必ずしも邦楽と状況は同じではない。音源配信の [続きを読む]
  • 細田守監督の次回作は2018年公開か!?
  • 「宮崎駿監督の後継者は誰か?」と注目される中、新海誠監督の「君の名は。」が大ヒットし、米林宏昌監督が「メアリと魔女の花」を今夏公開することを発表したが、「おおかみこどもの雨と雪」や「バケモノの子」など既に4作をヒットさせている細田守監督はどうしているのかな?と思い、ググってみた。現時点では、具体的なタイトルや公開時期については、発表になっていないが、既に次回作の制作には取りかかっているようだ。『バ [続きを読む]
  • 「スカパー!プレミアム」のお得な加入プラン
  • 阪神戦全試合を見るのには一番安いと書いた「スカパー!プレミアム」の「プロ野球セット」に、奥さん加入するか迷っていたので、それ以外の加入条件を調べてみた。加入料0円キャンペーン|ココロ動く、未来へ。スカパー!まず、加入手数料は、税込3,024円かかるが、時期によっては、手数料無料のキャンペーンもやっているみたい。こちらのサイトでは、2017年6月以降、無料になるという。また、専用チューナーとアンテナを用意する [続きを読む]
  • 阪神戦を全試合見たいのだが・・・
  • 私の奥さんは、私以上のトラキチなのだが、今年は比較的調子がいいこともあって、機嫌がいい。先日は、有料でもいいから、阪神戦をテレビで全部見られないか?と聞いていたので、関東の我が家で見られる放送やネット配信などを調べてみた。(1) スカパー!プレミアム「プロ野球セット」スカパー!プロ野球セットまずは、衛星デジタル放送「スカパー!プレミアム」の「プロ野球セット」に加入すれば、GAORA、スカイ・A sports+、 日 [続きを読む]
  • NHKラジオの聞き逃し配信開始
  • NHKネットラジオ らじる★らじる 配信地域拡大!radikoがエリアフリーに、タイムフリーと、積極的にサービスを拡大する一方で、NHKラジオをネット配信する「らじる★らじる」は、2016年までに、NHKラジオ第一の近畿広域、中京広域、宮城県域、北海道域、広島県域、愛媛県域、福岡県域放送と、NHK FMの大阪府域、愛知県域、宮城県域、北海道域、広島県域、愛媛県域、福岡県域放送が、聴けるようになったぐらいだったのだが、ここに [続きを読む]
  • 「ゴロウ・デラックス」スーさん出演回など
  • ゴロウ・デラックス|TBSテレビ5月25日(木)深夜0時58分から、TBSで放送された「ゴロウ・デラックス」に、ジェーン・スーさんが出演したのだが、今回も、ますます和気あいあい感が強まり、面白かったな。メインテーマがマッサージで、「未中年」のテーマについても少々、といったところで、ツイッター、ブログなどを読む限り、今回もかなり好評だったみたい。一点だけ気になったのが、スーさんがあまりに外山さんの方ばかり向いて [続きを読む]
  • TBSラジオから2017年4月度の聴取率調査結果について発表
  • TBSラジオの聴取率に何が起こったのか?:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログいつもなら、ビデオリサーチ社の発表と同時に掲載される、TBSラジオの聴取率調査の結果に関するニュースリリースが、2017年4月度については、なかなか発表されないことで、ネット上では色々な憶測を呼んでいたが、今頃、発表されていたことが分かった。「Ⅴ95」2017年4月の聴取率調査こちらのページだが、結果的に、「とんでもない [続きを読む]
  • 赤江珠緒をキーワード予約録画
  • 赤江珠緒さん妊娠発表「たまむすび」は3月30日をもって降板出産を控え、3月いっぱいでラジオとテレビのレギュラー番組をすべて降板した、フリーアナウンサーの赤江珠緒さんだが、てっきり「出産まではもうメディアには出ないのだろう」と思い込んでいたのだが、体調が良くて、オファーがあれば、ゲスト出演では出る気があるらしい。赤江珠緒アナ、産休中の番組にサプライズ登場「わりと、暇で」 リスナーは歓喜の声 | ORICON NEWS [続きを読む]
  • 宮崎駿監督が公式に引退撤回
  • 宮崎駿監督が新作長編アニメ製作開始:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ長編アニメ制作から撤退を表明した宮崎駿監督が、再び長編アニメの構想を練り始めていることが、「NHKスペシャル『終わらない人 宮崎駿』スペシャル」というドキュメンタリー番組で分かっていたが、構想が高まり、とうとう本格的な制作段階に入るらしい。宮崎駿監督が“引退撤回”、新作長編アニメのスタッフ募集。「本当に最後の監督作品にな [続きを読む]
  • TBSラジオの聴取率に何が起こったのか?
  • 2017年4月度首都圏ラジオ聴取率の調査結果 | ビデオリサーチビデオリサーチから、2017年4月度首都圏ラジオ聴取率の調査結果が発表された。これ自体は、毎回定例の発表内容で、こちらの発表内容では、全体の数値しか公開されていないのだが、聴いてる人でも1日平均約2時間…ラジオ視聴者の平均視聴時間などをグラフ化してみる(2017年4月度版)(最新) - ガベージニュース全体平均で5.6%、しかし男性60代は2倍以上の11.5%…世代別・ [続きを読む]
  • ネット配信映画の横断検索アプリ「映画.now」
  • そろそろできてもいいのにな、ずっと思っていたサービスが、ようやくできたみたい。ネット配信映画の横断検索アプリ「映画.now」。16サービスを比較、映画.com連携 - AV Watchネット配信映画の横断検索アプリ「映画.now」だ。映画.com - 映画のことなら映画.com「映画.com」という、映画の上映情報を網羅的に取り上げ、それぞれの映画に対する会員のレビューも膨大な、映画情報サイトがあるのだが、そこが、新たにネット配信映画の [続きを読む]
  • 個人作家向け電子書籍PRサービス「KENPON」
  • 電子書籍をさがすなら「hon.jp」電子書籍検索サイト「hon.jp」は、様々な日本国内の電子書籍ストアに対し、横断的に電子書籍の検索が行えるサービスだ。今のところ、サポートしている電子書籍ストアの数が一番多いということもあり、私も、時々利用させてもらっている。【お知らせ】個人作家向け電子書籍PRサービス「KENPON」(有償)を正式稼働しました ? hon.jp DayWatch電子書籍の献本サービス「KENPON」 Powered by hon.jpその [続きを読む]
  • かわいいフリー素材集「いらすとや」
  • 都市型生活情報ラジオ興味R|TBSラジオAM954+FM90.5〜聞けば、見えてくる〜TBSラジオの「都市型生活情報ラジオ・興味R」という番組を聞いていたら、かわいいフリー素材集「いらすとや」という全然知らなかったサイトが取り上げられていて、便利そうなので、早速覗いてみた。かわいいフリー素材集 いらすとや「いらすとや」は、イラストレーター・みふねたかし氏が、個人で運営し、自作のイラストを公開配布されているサイトだそう [続きを読む]
  • FM福岡の西川さとりさんはどうしているのかな?
  • 西川さとり - Wikipedia西川さとりさんといえば、FM福岡の人気アナウンサーだった人だったのだが、何故か2014年に営業部に転属になってしまい、レギュラー番組もすべて降板。それ以降、放送でその声を聴くことがなくなってしまった。 奇声ラッシュ 西川さとり最終回 奇声ラッシュ稲葉中(いなばあたる)さんとのコンビで、こちらのポッドキャスト番組もやっていて、毎週大好きで聞いていたのだが、放送だけでなく、そちらも出られ [続きを読む]
  • 蟹江一平の魅力を語る
  • 蟹江 一平 ? 芸映プロダクション蟹江一平 - Wikipedia蟹江一平というと、1976年生まれの、現在40歳の俳優で、父は名脇役のあの蟹江敬三。ラジオでは、小倉弘子アナが、TBSラジオ「ザ・トップ5」内で名付けた「ワンペー」という通称の通りがいい。劇団青年座出身だそうで、本人いわく「やや売れ俳優」から、仕事も増え「徐々売れ俳優」と言い始めたものの、最近は、役者より司会やバラエティ、歌などの仕事の方が増えており、もは [続きを読む]
  • 物まね芸人「JP」の松本人志のモノマネ
  • YouTubeで、モノマネ芸人の「JP」という人のこの動画を見て、衝撃を受けた。松本人志、東野幸治、小籔千豊を、一人三役で、テレビ番組「ワイドナショー」を再現する形でモノマネするというネタだ。あまり他にモノマネする人がいない、東野幸治、小籔千豊のクセのつかみ方も凄いし、何といっても、松本人志が凄い。しゃべり癖や仕草など、ここまで似せている人を初めて見たな。笑いを通り越して、ひたすら感心してしまった。JP (も [続きを読む]
  • 中田エミリーは、地元新潟でお元気なようです
  • 中田エミリーさんって、お元気なのかな?:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログセント・フォース所属のフリーアナウンサー・中田エミリーというと、私にとっては、TBSラジオ「小島慶子キラキラ」で、赤江珠緒以上に、短期間で幾多の「笑える放送事故」を量産し、伝説を作ったフリーアナだった。声はアナウンサーらしい美声なのだが、ド天然。とにかく元気で明るくて一生懸命な人だ。【ニコニコ動画】中田エミリーキラ [続きを読む]
  • ジェーン・スー原作のマンガ「未中年」を購入
  • 未中年〜四十路から先、思い描いたことがなかったもので。〜【電子書籍】[ ジェーン...価格:702円 (2017/5/7時点)【更新】『おもたせしました。』『未中年』など新潮社コミック1巻が55%ポイント還元 - きんどうスーさん原作のマンガ「未中年」を購入した。スーさんの本では珍しく、新刊発売と同時に電子書籍も発売されており、価格も702円と少し安かったので、今回は電子書籍版を買った。早速読んだが、主人公は、都内の編集プロ [続きを読む]