kusunoki さん プロフィール

  •  
kusunokiさん: くすのき日記
ハンドル名kusunoki さん
ブログタイトルくすのき日記
ブログURLhttp://kusunoki-456.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文夢中になるものがいろいろ変わる私です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供454回 / 365日(平均8.7回/週) - 参加 2013/09/03 13:53

kusunoki さんのブログ記事

  • 「日航123便 墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る」青山透子
  • 「日航123便 墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る」青山透子 河出書房 2017年7月30日こちらが朝日新聞の広告欄に出ていたので、早速読んでみた。青山透子氏は元日本航空客室乗務員のかたで、事件当初は圧力隔壁の損傷が原因という公式発表に疑問を持っていなかったが、過去の記事を読み込むうちに、これは事故ではなく、事件なのではないかと思うようになった。そして新聞の過去記事や、資料を読み込むうちに湧き出てきた事故 [続きを読む]
  • 韓国人の大便フェチ
  • 「うんこドリル」が発売された時に、これは半島人が考えたものだという話がありましたが、「アメリカが隠しておきたい日本の歴史」マックス・フォン・シュラーには、「韓国人の大便フェチ」という章があります。(P.152)本当に韓国人は大便が大好きです。ソウルの中心にDdongカフェというところがあります。店のあちこちに大便をしている人形、トイレ用吸引カップ、便器をモチーフにした作品など様々なグッズがあります。ソウルの南 [続きを読む]
  • 憲法9条について
  • 私は陰謀論が本当だと気付くまでは、戦争を放棄すれば、憲法9条を守っていれば、平和が手に入ると思っていました。でも陰謀論を知ってからは、その考えさえもが刷り込まれたものだと気付きました。アメリカは日本が怖い。日本が本気を出すのが怖い。だから戦力を持たさないようにしてた。「アメリカが隠しておきたい日本の歴史」マックス・フォン・シュラー ハート出版 平成二十八年アメリカは戦略爆撃で日本国民の絶滅を試みた [続きを読む]
  • 伊勢の神が蛇の姿で通ってくる
  • 「藤原氏の悪行」関裕二 講談社 2013年これにレプティリアンを思わせることが書かれていました。P.138「通海参詣記(つうかいさんけいき)」には、伊勢の神を祀る斎王の寝床の上には、毎朝必ずウロコが落ちている。それはなぜかというと、伊勢の神が蛇の姿で通ってくるからだという。要するに、伊勢の神(天照大神)が男神であることは、共通の認識、暗黙の常識だったのである。斎宮歴史博物館「第56話 斎王がこの世の終わりを [続きを読む]
  • 藤原氏の出自を「新撰姓氏録」で探してみる
  • 藤原氏の出自を「新撰姓氏録」で探してみると、なんと神が祖先のところに書かれていました。だからといって、これをまるまる信用はできませんが。「新撰姓氏録」は、祖先が誰であるかを、(1)祖先が天皇、(2)祖先が神、(3)その他というように分けていますが、藤原氏は祖先が神であるとなっています。「新撰姓氏録」のP211 左京神別上 天神のところに藤原朝臣 津速魂命三世孫である天児屋命より自出 ー> 天児屋根命と書いた版も [続きを読む]
  • 天皇の和風諡号?
  • 天皇の名前は、天武天皇、持統天皇などのように大抵漢字二文字または漢字三文字ですが、和風諡号(しごう)なるものがあるのですね。漢字2、三文字の方を漢風諡号(かんふうしごう)という。漢風諡号ばかり聞いていて、和風諡号のほうはまったく聞きません。https://okurina.jimdo.com/神武天皇から昭和天皇まで/歴代の天皇のお名前には「諱(イミナ=実名)」のほかに「諡号(しごう)」「追号(ついごう)」「尊称(そんしょう [続きを読む]
  • 天下太平のおぞましさ:心に青雲
  • http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:7rcb7uKkvO4J:kokoroniseiun.seesaa.net/article/402853755.html+&cd=8&hl=ja&ct=c
    lnk&gl=jp&client=safariーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー転載開始2014年07月30日天下太平の
    おぞましさ 東大教授・加藤陽子は、朝日新聞に寄稿して「日本の最大の抑止力は『非戦』のは
    ずだ」とコメントした。 集団的自衛権騒動に関してである。 東大教授と偉そう肩書きを持ち [続きを読む]
  • 「幼児英語教育の愚」:心に青雲
  • http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:JV2R4vL2C3sJ:kokoroniseiun.seesaa.net/article/261996649.html+&cd=5&hl=ja&ct=c
    lnk&gl=jp&client=safariーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー転載開始2012年04月03日幼児英語教育
    の愚 ある小学生のお母さんから、愉快な話を聞いた。 子供の学校の保護者会があって、その
    ときに有名な大学の教授を招いて講演をしてもらったのだそうだ。 この大学教授は、小学校入 [続きを読む]
  • 「菊地直子逮捕の真実」:心に青雲
  • 「日月神示の研究と実践」ブログが「心に青雲」ブログを転載されているものを転載「菊地直子逮捕の真実」 心に青雲http://blog.goo.ne.jp/hitsuku/e/e6b9ac58687d2ee054bc9652daaf685bーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー転載開始<心に青雲より転載>−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 菊池直子逮捕の真実 地下鉄サリン事件が東京で起きたのは、1995年3月20日のことであった。 [続きを読む]
  • 戦争とは何か(1/3)
  • 2017年01月02日戦争とは何か(1/3)http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:pvG9aTw5wacJ:kokoroniseiun.seesaa
    .net/article/444712340.html+&cd=4&hl=ja&ct=clnk&gl=jp&client=safariーーーーーーーーーーーーーーーーーーー転載
    開始 明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。《1》
     年末にはブログで、機械を使った筋トレが野球選手には有害であることを説いた。イチローの [続きを読む]
  • 世界最古の文明は日本か
  • 心に青雲 ブログから転載http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:zxtuD7oEIiUJ:kokoroniseiun.seesaa.net/art
    icle/275421614.html+&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp&client=safari2012年06月16日世界最古の文明は日本かーーーーーーー
    ーーーーーーーーーーー転載開始《1》 先日、ある博識無辺のベテラン編集者と一献傾けた折
    に、世界の最古の文明は中東だと言われているが、本当は日本こそが世界最古の文明の発祥地で [続きを読む]
  • 植林する民 日本人
  • 「一神教の闇 アニミズムの復権」安田喜憲 ちくま新書 2006年表紙より「アニミズムの神々を弾圧した一神教の闇が、人類を終末の世界へと導こうとさえしている。そうした国際情勢の緊迫と地球環境の悪化の中で、多神教の世界・アニミズムの世界に生きる日本人にとって、アニミズムの研究は生き残りをかけた戦略的課題として、にわかに現実味をおびてきた。」日本人ほど世界中で植林する民族はいないそうです。そしてアジアの戦地 [続きを読む]
  • ディストピアで本は禁止
  • 「すばらしい新世界」とか「侍女の物語」「華氏451」などのディストピア小説を読んでいて気づくのは、ディストピアな未来ではことごとく書物は禁止されていることです。新しく発行はされないし、出てくるとしたら隠し持っているものでしかない。支配者にとっては書物は都合の悪いもの。知って欲しくないことを知られてしまうもの。特に歴史を知られることは都合が悪い。庶民は歴史を知らず、ただテレビで流される情報だけ知って流 [続きを読む]
  • 地名を変えることの恐ろしさ
  • 中学の時に使っていた歴史地図・年表を見ていて、明治の初めに廃藩置県(1871)で藩がなくなり、県となるまでの地名は8世紀頃から、千年以上もずっとほとんど同じ行政区分だったんだなと知りました。千年以上も使ってきた地名を、歴史をわからなくしてしまいたいグローバル金権勢力によって変えられてしまった。こちらは廃藩置県後の地名ですが、それもまた今とは違う。その後も知っている限りでは、昭和の大合併で、うちの実家の村 [続きを読む]
  • 「絵図と景観が語る骨寺村の歴史」
  • 巨人の骨がテレビに偶然映っていたことを書きました。「ネフィリム 巨人は日本にもいた 岩手一関」http://kusunoki-456.blog.so-net.ne.jp/2017-08-09-1もっと少し詳しく知りたくて、「絵図と景観が語る骨寺村の歴史」國學院大学教授 吉田敏弘 2008年を入手。骨寺村の昔の地図が中尊寺にあり、それらが国の重要文化財に指定されています。ネットの画像では細かいところがわかりませんが、本では部分部分の拡大図がありよくわか [続きを読む]
  • 東大寺でファッションチェック
  • 東大寺にいきました。こんなに大きかったっけと思うほど大きく、その資金はどこからでたのかそんなことが気になりました。歩いていて、外国人とりわけ中国人の観光客が多いなと思いました。彼らのファッションは、同じようで日本とは少し違いますね。日本人は年配の方は派手ですが、中間層はシックな色味が多いです。目についた中国の方は、けっこう華やかな色味と透けている素材を取り込んでいました。こういう感じです。http://w [続きを読む]
  • リヴァイアサンの元ネタは聖書だった
  • 「旧約聖書外典」の第4エズラ書を読んでいたら、ベヘモートとレビアタンというものがでてきました。ベヘモートはバハムート、ベヘモス、ビヒモス、ベヒーモス、ベヘモットともいうよう。レビアタンは、リヴァイアサンともいう。「ベヘモス」http://www5.cncm.ne.jp/~ryuji-t/kenkyu/behemoth.htm「リヴァイアサン」http://www5.cncm.ne.jp/~ryuji-t/kenkyu/leviathan.htm1世紀頃『第四エズラ書』(関根正雄訳『旧約聖書外典』下巻 [続きを読む]
  • 「侍女の物語」電子マネー支払いの未来
  • 「侍女の物語」マーガレット・アトウッド ハヤカワepi文庫 2001年を読んでいます。ディストピア小説と言われ、管理された未来世界を描いています。女は分類され、支配者や金持ちの一族の女はそのままだが、使用人のほか一部の女は出産に従事させられている。命令された家に数年住み込み、そこの主人の子供を産むのが仕事。産むことのできなくて支配者階級でもない女は、食べ物も暮らしもままならないところに追いやられる。赤ち [続きを読む]
  • 日本の食があぶない:市場法廃止
  • 拡散希望とのこと日本の食がいよいよ危ないですね。山田正彦 オフィシャルブログ「突然、私の事務所に大阪の青果卸売業者から電話がありました。」https://ameblo.jp/yamada-masahiko/entry-12296628029.htmlーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー転載開始2017年07月28日 テーマ:ブログ大事な話です。最後迄読んでシエア拡散して頂けませんか。 農水省から「市場法廃止について説明を受けましたが、どうしても私達には納得 [続きを読む]
  • 創造主に対して感謝の心を持つべき
  • 神なんてと思っていたけれど、日本で巨人の骨がみつかったことを知り、このようなものの存在は進化論では説明できないと思うのですよね。「ネフィリム 巨人は日本にもいた 岩手一関」http://kusunoki-456.blog.so-net.ne.jp/2017-08-09-1陰謀論者の中では進化論なんてうそっぱちといわれていましたが、確信がもてなかったのです。そうすると聖書など古い文書にあるように、宇宙人が人間や巨人を作ったり、人間が堕落したから一旦 [続きを読む]
  • 山崎賢人CM スマホの虹彩認証でロックが解除される
  • 山崎賢人のスマホのCMで「スマホを見つめるとスマホが起動する」というものがあります。「山崎賢人、“十二単”の飯豊まりえと平安時代で再会!? 「Galaxy」CM続編」http://www.cinemacafe.net/article/2017/07/20/51137.html「Galaxy S8|S8+」を見つめた渡。虹彩認証でロックが解除されるこれってつまり、自分の虹彩の情報を携帯電話会社に渡しているっていうことではないかと思うのです。虹彩はひとりひとり違う。映画「マイノリ [続きを読む]
  • 旧約聖書外典:第4エズラ書
  • 「旧約聖書外典 下」講談社文芸文庫第4エズラ書は興味深いです。エズラはなぜ人間を作ったのか主に問うています。アダムにたったひとつだけ守るべき戒めを与えたのに守らなかった。彼だけでなく彼から生まれる子孫の全てに死ぬべき運命を与えた。ノアとその子孫だけ助け残りは洪水で滅ぼしてしまった。人間が堕落したからだというけれど、シオンに勝ったバビロンの住民たちも堕落しているのに滅ぼされない。なぜイスラエルはひど [続きを読む]