しずか さん プロフィール

  •  
しずかさん: 大河ドラマに恋して
ハンドル名しずか さん
ブログタイトル大河ドラマに恋して
ブログURLhttp://shizuka0329.blog98.fc2.com/
サイト紹介文大河ドラマの舞台を旅しています。今年は「おんな城主直虎」の舞台をメインに、歴旅も楽しんでいきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2013/09/04 01:29

しずか さんのブログ記事

  • 清見寺(1)今川義元の帰依を受けた清見寺
  • 静岡市清水区興津地区の清見寺は、寺伝では奈良時代の創建と伝えられています。鎌倉時代に禅寺として復興し、足利尊氏や今川義元の帰依を受けて繁栄しました。戦国時代は、今川・徳川・武田・北條らの戦国大名が入り乱れて、清見寺に陣を敷き、城として使用されたため、甚大な戦禍を被ることもあり、一時期、清見寺は荒れ寺となりましたが、今川義元が太原雪斎に命じ、清見寺を復興させ、公家たちを招き、もてなしたといいます。京 [続きを読む]
  • 静岡浅間神社で元服した家康
  • 「おせんげんさん」の名で親しまれている静岡浅間神社は、神部神社、浅間神社、大歳御祖神社の3社と4つの境内社の総称で、賎機山(しずはたやま)の麓に鎮座しています。古来より時の権力者からの保護を受けてきましたが、竹千代(徳川家康)は幼少の頃今川氏の人質として、ここから約1kmのところにある臨済寺に預けられていた頃から、生涯に渡って当社を篤く崇敬したそうです。竹千代は、14歳の時、今川義元が烏帽子親となって、 [続きを読む]
  • 華陽院(2)市姫の墓
  • 源応尼の墓の隣には家康の五女・市姫の墓があります。市姫(いちひめ、慶長12年1月1日(1607年1月28日) - 慶長15年2月12日[1](1610年3月7日))は、伊達政宗の嫡男・伊達忠宗と婚約していた女性。父は徳川家康(市姫は五女)。母は側室のお梶の方(遠山氏)。徳川家康が66歳のときに生まれた五女である。家康はかつて、織田信長の妹で絶世の美女と謳われたお市の方のように美女になってほしいと願っていたらしく、市姫と命名した [続きを読む]
  • 華陽院(1)家康の祖母・源応尼の墓
  • 静岡市葵区鷹匠の華陽院。境内には、徳川家康の祖母・源応尼の墓があります。源応尼の実名は「お富の方」、または「お万の方」といいます。明応元年(1492年)誕生した源応尼は、はじめ、三河国刈谷城城主・水野忠政に嫁いで水野忠重や於大の方ら3男1女を生みました。しかし、岡崎城城主・松平清康がその美しさに目をつけて、松平氏が水野氏を破ったときの講和条件として譲り受けたといわれています。清康の死後、三河の諸豪族に次 [続きを読む]
  • 今川家の人質となった竹千代
  • 静岡駅北口駅前広場に、徳川家康像・竹千代像があります。竹千代像徳川家康像平成19年度に家康の駿府城入城四百年を記念し、「大御所四百年祭」展開してきた事業の一環として平成21年3月19日、銅像が設置され、像台座の題字は、徳川宗家第十八代当主・徳川恒孝氏によって書かれました。家康にとって駿府は、最長約25年を過ごした地です。今川家の人質として過ごした幼少期と江戸に移るまでの数年間、晩年の大御所時代の3度を駿府城 [続きを読む]
  • 田原城出丸跡に建つ崋山神社
  • 田原城出丸(新倉)跡に建てられた渡辺崋山を主祭神とした崋山神社。現在の姿は、伊勢湾台風による崩壊のあと再建されたものです。崋山は自刃した後も数々の藩政における功績から、地元の人々に慕われており、戦前に神社建立の話が具体化し神祇院から建立の許可得たものの、戦争により建設着工に至らなかった。 戦後、1946年に静岡県引佐郡の神社より仮殿を譲り受け現在地に建立したが、1961年の伊勢湾台風により社殿が崩壊。その [続きを読む]
  • 久留米木の棚田(2)竜宮小僧の伝説
  • また、久留女木を流れる都田川には、竜宮に通じるといわれる深い淵があり、その淵から子どもが現れて村人の農作業を手伝ったという例の「竜宮小僧の伝説」が語り継がれています。棚田の最上部には「竜宮小僧」と呼ばれる湧水があり、今も棚田を潤す水源となっているそうです。案内図によると、山の上のようなので、今回は時間の都合でスキップしました。それでは再び棚田の光景をご覧ください。にほんブログ村 歴史ブログランキン [続きを読む]
  • 久留米木の棚田(1)井伊の隠し里
  • 第7話の放送「検地がやってきた」で、久留米木の棚田が紹介されると聞き、昨日見に出かけてきました。久留女木の棚田は、浜松市北区引佐町の東久留女木と西久留女木にまたがる観音山の南西斜面(標高250m付近)に広がる7.7haの棚田です。その中に約800枚の田んぼがあるといわれ、その美しい景観は「日本の棚田百選」や「静岡県景観賞」にも選定されています。棚田の起源は平安時代とも言われていますが、井伊直虎の祖父、曾祖父の [続きを読む]
  • 田原城三の丸に建つ護国神社
  • 田原城三ノ丸は護国神社となっており、渡辺崋山・村上範致・岡田虎二郎など郷土の偉人の顕彰碑が建設されています。渡辺崋山頌徳碑隣りに説明板があります。が・・・わかりません(..;)そういう方は、お隣りの田原市博物館のお尋ねを〜ということで、直虎関連の旅が、ここから渡辺崋山を知る旅にもなりました。崋山については、歴史の教科書で「蛮社の獄」のところででてきたぐらいしか知識がありませんでした。デジタル大辞泉の解 [続きを読む]
  • 田原城本丸に建つ巴江神社
  • 田原城本丸が、三宅氏の家祖である南朝の忠臣・児島高徳を祀る巴江神社になっています。この神社は、三宅氏が文化年間に二ノ丸に建立した社から、魂を移したもので、9月半ばには年に一度の祭りが大々的に行なわれるそうです。本殿隣に富多満瑠稲荷社(ふたまるいなり)が鎮座しています。にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!にほんブログ村歴女日記ブログランキングに参加しています [続きを読む]
  • 井伊直宗が戦死した三河国田原城(2)
  • 二の丸櫓(復元)石垣を除き再建されたもので、内部は田原市博物館の一部となっています。石垣を初めとした遺構は多く残るが、建物は昭和以降の再建である。また、城地の多くは地域住民の公共的な施設になっている。内郭は、本丸が三宅氏の家祖である南朝の忠臣児島高徳を祀る巴江神社になっており、9月半ばには年に一度の祭りが大々的に行なわれて、地区住民のシンボルとなっている。この神社は、三宅氏が文化年間に二ノ丸に建立 [続きを読む]
  • 井伊直宗が戦死した三河国田原城(1)
  • 昨年の夏、青春18切符を利用して、三河田原へ行ってきました。豊橋で、豊橋鉄道に乗り換え、三河田原へ。徒歩15分という案内でしたが、この日はとても暑い日でしたので、駅で自転車を借りて田原城へ向かいました。田原城は、三河国渥美郡田原(愛知県田原市田原町巴江)にあった戦国期から江戸期の城で、江戸時代には田原藩1万2千石の藩庁でした。文明12年(1480年)ころに戸田宗光(全久)によって築城され、周りを海に囲まれた堅 [続きを読む]
  • 奥山方広寺(7)亀背橋〜総門
  • 亀背橋を渡り、下山していきます。椎河大龍王堂方広寺にゆかりのある龍神様をお祀りしています。その昔、方広寺の開山さまが行脚をされていた時、現在の浜松市天竜区鹿島のあたりで、増水した河を渡るのに難儀されていたところ、龍神様が現れ、姿を橋に変え、開山さまを渡したという伝説があります。五百羅漢さまが点在してるので、自分に似た羅漢様を探しながら森林浴を満喫できます。橋の上の羅漢様の数が見るときによって変わる [続きを読む]
  • 奥山方広寺(6)奥山半僧坊大権現
  • 奥山半僧坊奥山半僧坊大権現方広寺の鎮守さま。伝えによると、無文元選禅師が中国より船に乗船して帰国の折、東シナ海において台風に遭遇されました。風は帆柱を折れよとばかりに吹き荒れ、雨は滝のごとく落ち、波は逆巻いて禅師のお乗りになっている船をいまにも飲み込もうとする勢いでありました。大きく揺れる船のなかで、禅師は一心に観音経をおよみになっておられました。そこに法衣を着て袈裟をまとった、鼻の高い一人の異人 [続きを読む]
  • 奥山方広寺(5)勅使門〜開山堂
  • 勅使門の奥に開山堂が建っています。勅使門開山・無文元選(円明大師)は、元亨3年(1323)2月15日、後醍醐天皇の皇子として、京都において誕生されました。母は昭慶門院。父の後醍醐天皇が崩御した翌年の1340年に建仁寺で出家し、明窓宗鑑・雪村友梅などに師事。1343年、中国の元に渡ることを志し、博多聖福寺の無隠元晦(むいんげんかい)に参禅。その後元に渡り福州大覚寺で古梅正友に参禅し、各地を巡拝。日本に帰国した後は、 [続きを読む]
  • 奥山方広寺(4)羅漢の庭
  • 方広寺の境内には五百羅漢像が点在しています。釈迦入滅後、教典編纂の第一結集(けつじゅう)、第四結集に500名の仏弟子達が集まったことに由来します。方広寺には、次のような記録が残っているそうです。「寺門に入るに先立つて白崖峰と言はれる巨岩上に一群の羅漢が安置され、全境内の樹下石上に姿態自由な立像坐像臥像が苔衣を着て或は禪思し、或は流水を俯瞰し或は行雲を仰視して居る。是は寶?年中 拙巌和尚が圓覺經を提唱 [続きを読む]
  • 奥山方広寺(3)山岡鉄舟書六曲屏風
  • 本堂を進んできます。山岡 鉄舟書六曲屏風山岡鉄舟は、幕末から明治時代の幕臣、政治家、思想家。剣・禅・書の達人としても知られる。鉄舟は居士号、他に一楽斎。通称は鉄太郎(鐵太郎、てつたろう)。諱は高歩(たかゆき)。一刀正伝無刀流(無刀流)の開祖。江戸に生まれる。家が武芸を重んじる家だったため、幼少から神陰流、樫原流槍術[1]、北辰一刀流を学び、武術に天賦の才能を示す。浅利義明(中西派一刀流)門下の剣客。明 [続きを読む]
  • 奥山方広寺(2)本堂
  • 方広寺の本堂は、明治38年から大正7年にかけて竣工されたもので、間口32m奥行27mの東海屈指の建物です。中央の大額「深奥山」は山岡鉄舟の書によるものです。 それでは本堂の中に入ってみましょう。中は撮影OKです。役行者像利休像本堂から見た鐘楼秘仏・阿弥陀如来像山門に安置されていた阿弥陀如来像が、本堂に特別公開されていました。案内板によるとこの像が彫られたのは、天正10年(1582年)、織田信長が明智光秀に討たれた年、 [続きを読む]
  • 奥山方広寺(1)瀬戸方久が寄進した三重塔
  • 奥山方広寺は、奥山にある臨済宗方広寺派の大本山で、山号は深奥山(じんのうざん)、別称「奥山半僧坊」本尊は釈迦如来。1371年(建徳2年)奥山朝藤の開基により、後醍醐天皇の皇子・無文元選を開山として創建されました。1587年(天正15年)後陽成天皇の勅願所となり、江戸時代には江戸幕府から朱印状が与えられています。60ヘクタールの広大な敷地に多数の歴史的な伽藍があります。この日は、三重塔の横にある本堂最寄りの駐車 [続きを読む]
  • 奥山氏居館跡と奥山城跡
  • 浜松市北区引佐町に鎮座する奥山神社の向かい側に、奥山氏の居城であった奥山氏居館跡があります。奥山神社奥山氏は、井伊家の分家で、8代頃から分かれ、引佐の奥山郷を領地にした奥山朝清を称したことに始まり、方広寺の南西約2kmの中村地区の高台が居館跡となっています。井伊家の分家である奥山氏の居館跡がこの地に想定されています。奥山氏は分家とはいうものの、嫡流家に匹敵する力を持っていました。南北朝時代の当主奥山六 [続きを読む]
  • 井伊氏居館跡
  • 井伊谷の四区公民館の前に井伊家居館跡の案内板があります。戦国時代、井伊氏が平時を過ごした居館の跡で、江戸時代の記録によると、山麓にあった井伊氏の居館は、本丸のほか、二ノ丸、三ノ丸に分かれていたとされており、山上の曲輪(井伊谷城)は「御所の丸」と呼ばれていたそうです。 井伊氏居館跡江戸幕府の柱石の大名中、数少ない大老職の家柄と仰がれた彦根藩主井伊氏発祥の地は、引佐の井伊郷で、この場所が屋形の跡です。 [続きを読む]
  • 亀之丞から井伊直親へ
  • 天文13年(1544年)小野政直の讒言によって,、父・井伊直満を今川義元に誅殺されると、幼少の亀之丞(後の直親)は家臣に連れられ、井伊谷を出奔し、祖父・井伊直平から龍潭寺の住持に招聘された文叔瑞都禅師の縁を頼って、武田領であった信濃国伊那谷の松源寺へ落ち延びました。そして、亀之丞の殺害をもくろんでいた小野和泉守が天文23(1554年)病死したことで、井伊直虎の父・井伊直盛が、亀之丞に帰国を命じました。翌年、弘治 [続きを読む]
  • 「戦国の井伊谷」井伊直親(亀之丞)の青葉の笛
  • 井伊谷の浜松市地域遺産センターでは、「おんな城主 直虎」の放送にあわせ、戦国時代の井伊氏や井伊谷に関する開館記念特別展「戦国の井伊谷」を開催中。直虎の生涯をプロジェクションマッピングで紹介、井伊家の居城の井伊谷城を復元した模型の展示や、井伊直虎の婚約者だった井伊直親(亀之丞)が、信州から井伊谷へ帰還する道筋で、引佐町の渋川地区に寄進したとされる「青葉の笛」のレプリカ。(全長33cm黒漆仕上げ)が展示さ [続きを読む]
  • 開山・黙宗瑞淵禅師を祀る龍潭寺の開山堂
  • 龍潭寺の歴史は古く、天平5年(733)に行基菩薩によって開創されたと伝わります。天文年間(1532〜1555)に井伊谷城主・井伊直平が井伊氏の菩提寺であった自浄院に文叔瑞郁を招き、井伊直盛が文叔の後継であった黙宗瑞淵を開山として龍泰寺とし、のち龍潭寺と改めたことに始まります。八世徹叟和尚が建立した楼閣造りの開山堂。塔上に井伊氏の家紋・彦根橘と彦根井筒(井桁)が見られます。堂内には、文叔瑞都、黙宗瑞淵の像や身代わ [続きを読む]
  • 「出世の館」再び!
  • 街中に行ったついでに、また「出世の館」に寄ってきました。直虎関連の本が充実しています。私も何冊か購入しました。浜松限定の出世パワーカード家康くん&直虎ちゃんのピンバッチ直虎ちゃんのハンコ、缶バッジ、消しゴム甲冑のボトルカバーこれカッコいいですね!刀の形をしたチョコインクッキーバレンタインデーにぴったりじゃないですか?にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!にほ [続きを読む]