vwcog7 さん プロフィール

  •  
vwcog7さん: -今を紡ぐこれからの10年を- VWと共に
ハンドル名vwcog7 さん
ブログタイトル-今を紡ぐこれからの10年を- VWと共に
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/vwcog7
サイト紹介文Golf2から長きを経て最後はGolf7と共に
自由文最後に乗るフォルクスワーゲンはGolf
フォルクスワーゲンと共に見る風景や出来事など、これからの10年を
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供193回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2013/09/04 08:29

vwcog7 さんのブログ記事

  • 松阪 山作でランチを
  • 引き寄せられて本当に良い意味でメニューボードに、上手く誘導されて?30年ぶり!に以前、訪れた時(あくまでも、30年ほど昔の事)はもっと奥に向かって、席数があった?ような気がします。厨房から、漏れ憩えるオネーサマ方のラップのような?会話(笑)と可愛いオネーサンの、テンポの良い仕切りに元気をもらいながら二段のお重に、冷しぜんざい、コーヒーの順でとてもお得に感じる、彩も鮮やかなランチをい [続きを読む]
  • らーめん工房にこにこ屋 時は確実に
  • 進みます店内は、3人体制で随分前にも、一時そんな時があったように思いますが店内が更に明るい雰囲気になりました。歳をとるのも悪くないという事ですね(笑)この日は、気温もグッと上昇中だったのでお客サンも少なめかと思いきや・・・そして、お供はお決まりの・・・待ちも出るほどの盛況ぶりは、流石です(笑) [続きを読む]
  • どうとんぼり神座 香芝SA店で
  • 違和感が確信に変わるとき一度食べておいても、損はないと思います。ホール・厨房共に活気溢れる店内はお年寄りから小さなお子さん連れのご家族までいろんな方が来られるようです。以前食べた時より、オイリーだったので店舗によって差(または味は変わる)があるのでしょうか?ーどうとんぼり神座HPー [続きを読む]
  • 2017 渡讃 その8 シメは須崎食料品店で
  • 見習うべきはお客サンへの対応でスマートかつシステマティックにモノと人が動きます。道路から、少し入ったところにあるのでなにげなく店の前にたどり着くとそこだけが別世界のような賑わいに、驚くこと間違いなしです(笑)開店時間15分前に到着、駐車場には2台の空きがあり何とか滑り込みセーフで、車を止める事ができました。番号札は、12/20番ながらも一桁番号には、大人数のグループと家族連れが、ひし [続きを読む]
  • 2017 渡讃 その7 お宿からおか泉そして塩がま屋へ
  • 今夜のお宿へ宇多津グランドホテルへ向かいます。一息ついて夕食を求め徒歩で10分、おか泉を目指します。でも、その思いは・・・小雨が降る中店内に収まり切れないほどの行列に、見事に打ち砕かれます(笑)恐るべし、おか泉!簡単に、諦めがついたのでBプラン?(骨付鳥とうどんを一緒に食べる事が出来る素晴らしいメニューがある)の塩がま屋に向かいます。一般店なので、かわいいオネーサンが注 [続きを読む]
  • 2017 渡讃 その5 こんぴらうどん本社工場併設店へ
  • お参りの後はお腹が空くので本日、何度かの昼食(笑)を以前、朝イチで食べたイリコ出汁のかけうどんに目が覚める思いをした事があり再度訪れる事に今回は、午後2時になろうかと言うお昼を外れた時間ながら地元の方々でしょうか?店内には、お客さんが結構いらっしゃいます。正面のカウンターで待ち構えるオネーサンにかけ小・冷を注文当然、温・冷共に茹で置きとなる時間帯である事を頭に入れて待ち時 [続きを読む]
  • 2017 渡讃 その4 金比羅宮奥社へ
  • 今年は更に奥社を目指して参道を見上げると空が何とか踏み止まる中金陵の郷の裏側?からショートカットで参道を上がります。奥社へそして、本宮に毎年必ず加美代飴を、一緒の方から買う事にしています。でも、今年はオネーサンの座っている位置が違うので?初めて聞いて、知ったことですが(笑)毎日、座る位置は変わるそうで去年まで、一緒の位置に座った日にピンポイントで!お参りに [続きを読む]
  • 2017 渡讃 その3 はゆかに行かなくては
  • 琴平までの間には”はゆか”があってそこを通り過ぎる事は無理なので(笑)店内へ入ってすぐ、フクイさんがいらっしゃる事を確認してからカウンターまで進み、最初にうどんを注文、天ぷら類を取ってから最後に清算(先払い)を済ませ席を選んで、看板メニューの”ぶっかけ冷”を”うす口”でいただきます。茹で時間の関係(個人的にはもり家を感じられるような)からガッシリ体育会系?うどんの食感は、 [続きを読む]
  • 2017 渡讃 その2 道の駅滝宮・うどん会館を経て 松岡へ
  • 時間に余裕を持ちながら道の駅滝宮へ駐車して、そのへんをウロウロふれあい産直市で、メチャ美味しそうなバラ寿司を何回も横目で眺めながら(笑)少しだけ、時間調整した後に徒歩で、5分もかからない松岡へこの日は、少し早めの開店(10時45分過ぎ)のようでしたが暖簾をくぐると、すでにテーブル席とカウンターでガッツリ饂飩を啜るお客さん数名が、いらっしゃったのにはビックリ!でも、決して慌て [続きを読む]
  • 2017渡讃 その1綾川町 田村へ
  • 2017年 春今年は、田村から先達様に従い、十分過ぎるほど手順を予習しておいたので(笑)迷うことなく、開店時間を狙って望みます。入口が分からなくて、テンションが上がり気味の家族連れを横目に、正面突破更に、地元常連さん達?が左奥のVIPルーム?で大将と談笑する中を掻い潜り?ながら小(¥200‐)を注文すると”温め・かけ出汁・トッピング”など丁寧に教えてもらいながら、水切りした器を受け取 [続きを読む]
  • 松阪 北廣で
  • 松阪中華そばと言うジャンルがあるならばど真ん中と言っても過言ではないと、個人的には思います。以前おじゃましてから、10年は経っていないと思いますが変わらず年を経ていくと、見事に落ち着いた作り手の味となる見本のような、優しさに満ちた一杯でした。ー北廣 食べログー [続きを読む]