ソウルマン さん プロフィール

  •  
ソウルマンさん: 嘘八百のこの世界
ハンドル名ソウルマン さん
ブログタイトル嘘八百のこの世界
ブログURLhttp://otisdury.blog.fc2.com/
サイト紹介文ロック・ブラックミュージック・ワールドミュージック等幅広く「本物」の音楽を追求しています。
自由文ピーター・バラカン氏の「Weekend Sunshine」をいつも聞いています。日本のロックでは忌野清志郎とPANTAが特に好きです。最近のミュージシャンではamazarashiが気に入っています。
また、この世界があまりに嘘にまみれているため、真実を追究するための手段としての読書感想やメッセージを発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供489回 / 365日(平均9.4回/週) - 参加 2013/09/04 11:35

ソウルマン さんのブログ記事

  • 「Crystal」 New Order
  • 今日の1曲は、ニュー・オーダーの「クリスタル」です。曲もいいが、この映像も、よくできていると思います。 ポチッと押してもらえると、明日への活力となりますにほんブログ村 [続きを読む]
  • 「...And in Every Home」Elvis Costello & The Imposters
  • 今日の1曲は、Elvis Costello & The Imposters の「...And in Every Home」です。<参考記事>http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-1681.html僕の望みは君の血のかよった手の中にころげこむことだ ELVIS COSTELLO 「IMPERIAL BEDROOM」ELVIS COSTELLO ポチッと押してもらえると、明日への活力となりますにほんブログ村 [続きを読む]
  • 史上最高の引退試合、千葉ロッテ・マリーンズ井口資仁
  • 「6番つけてる「資仁」は、やはり「只者(ただの人)」ではなかった!」今日9月24日は、千葉ロッテ・マリーンズ井口資仁選手の引退試合だった。9回裏、3対1で日本ハムにリードされていた。代打の清田がヒットを打って、井口に打席が回ってきた。ホームランを打ったら同点である。まさか、そんな映画のようにうまくはいかないだろう・・・なんと、その「まさか」が本当になった。井口がセンター右に同点2ランを打ったのだ! [続きを読む]
  • 「金もうけのために生まれたんじゃないぜ」RCサクセション
  • 今日の1曲は、RCサクセションの「金もうけのために生まれたんじゃないぜ」です。この曲は、同じくRCの「この世は金さ」と対になっているような気がします。「何よりも大事だなんて思ったことが俺にもあったさ、でも今じゃばからしくて恋人なんて欲しくない、この世は金さ、金さえあればこの世のものはなんでも手に入れられるのさ」と歌った「この世は金さ」と、「金もうけのために生まれたんじゃないぜ、金もうけのために働くのは [続きを読む]
  • マイクロチップ拒否しますか、人間拒否しますか
  • 「ビルダーバーグ倶楽部/世界を支配する陰のグローバル政府」②ダニエル・エスチューリン前回に続く。今回は、スマートカード及びマイクロチップの問題を中心に記す。以下、一部引用する。*「キャッシュレス社会」の誕生には、これに対応する購買システムを開発し、市民に適当なチップを持たせることが欠かせない。それには、タビストック研究所の行動分析手法で開発した暗示法をメディアに載せて各家庭に流し、そのチップの購入 [続きを読む]
  • 戦争をいつ始めるかは、ビルダーバーグのメンバーが決める
  • 「ビルダーバーグ倶楽部/世界を支配する陰のグローバル政府」①ダニエル・エスチューリン2006年の書である。2回に分けて記す。以下、一部引用する。*戦争をいつ始めるかは、ビルダーバーグのメンバーが決める(読者に覚えて欲しいのは、彼らは規模の大小に関係なく、戦争で儲けるのだ。どのような戦争であろうと色分けはしない)。戦争の期間(ニクソンとフォードはともに、ベトナム戦争の幕引きが早すぎたばかりにホワイト [続きを読む]
  • <Holger Czukay 追悼>「Cool In The Pool」「Persian Love 」Holger Czukay
  • ホルガー・シューカイが亡くなりました。79歳でした。http://amass.jp/93937/Canのホルガー・シューカイが死去2017/09/06 12:19掲載ドイツの複数メディアによれば、Canの結成メンバーでベーシストのホルガー・シューカイ(Holger Czukay)が死去。報道によれば、ケルン近くのヴァイラースヴィストにあるアパートで亡くなっているところを隣人に発見されたようです。このアパートは、かつてCanが使用していたスタジオInner Space [続きを読む]
  • 「夕焼け」高田渡
  • 今日の1曲は、高田渡の「夕焼け」です。吉野弘 の詩を高田渡がアレンジし、曲をつけています。最近全く電車に乗らなくなった私ですが、昔ならばありそうな場面ですね。今でもこのような場面は日本のどこかには存在するのでしょうか?ポチッと押してもらえると、明日への活力となりますにほんブログ村 [続きを読む]
  • 「鮪に鰯」高田渡
  • そのつもりはなかったのですが、気が付いたら今週は高田渡関連の曲ばかりを紹介しています。こうなったら今週いっぱいは、高田渡の特集とします。今日の1曲は、高田渡の「鮪に鰯」です。この曲の詩は沖縄出身の詩人である山之口貘のものですが、高田氏は、いつものごとく自分のものに仕立てています。こういった反核ソングも乙なものですナ。 ポチッと押してもらえると、明日への活力となりますにほんブログ村 [続きを読む]
  • 「告別式」高田渡 
  • 今日の1曲は、昨日紹介したミシシッピ・ジョン・ハートの「Richland Woman Blues」とメロディーが瓜二つな、高田渡の「告別式」です。当然、これは「偶然」ではないと思うが、高田渡は「いい音楽を聴いていた人だったんだな」と、解釈する。このことを教えてくれた「オリジナル「ポール・マッカートニー」は素晴らしいヴォーカリストだった 」さん、ありがとうございました。 ポチッと押してもらえると、明日への活力となりま [続きを読む]
  • ブログ過去記事の強制削除事件発覚
  • 「国民に知られたくない記事を強制削除する悪魔の手先」るいネットさんが私の過去記事を紹介されていたので、そのリンクを したら記事が消されていた。イングランド銀行、シティ、FRBの正体に迫った太田龍氏の書の紹介記事だったのだが、この事実を国民に知らせたくないと思っている勢力(「彼ら」または「彼ら」の手先)が強引に記事の消去を実行したのだろうか。こんなことをすると、逆に太田氏の指摘が真実であることの [続きを読む]