Chez MOMO さん プロフィール

  •  
Chez MOMOさん: Chez MOMO日記
ハンドル名Chez MOMO さん
ブログタイトルChez MOMO日記
ブログURLhttp://homeopathy-momo.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文ナチュラルな衣食住と子育て。元科学者の自然療法家がホメオパシー、植物療法やお手当てをご紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2013/09/04 17:24

Chez MOMO さんのブログ記事

  • 「声診断」のセッションを始めます&上越でのセミナーのお知らせ
  • 1月16日(→☆)の投稿でお知らせしましたが、その後予想をはるかに上回る方々がモニターさんとして応募してくださいました。授業と並行して無事80名(規定は50名でしたが多くの学びをいただけて心から感謝しております)の声を観させていただき、資格試験を受け、お蔭さまでこのたび(と言っても3月のことですが)無事に音声心理士という資格を授かることができました。言葉は嘘をつくけれど、声は真実を表す。声って本当に不思議 [続きを読む]
  • 湘南の小さな食べられる庭
  • 湘南の住宅街にあるごくごく普通の一軒家で、たくさんの植物と虫や鳥が行き交う、小さなエディブル(食べられる)・フォレストガーデンづくりをしています。農薬はもちろん、肥料も使わず、落ち葉と、土の中の菌たちと、お互いの植物が支え合う力(コンパニオンプランツ)に助けられ、たくさんの恵みをいただいています。芽吹きの時を迎え、賑やかな日々。ジューンベリー。ブルーベリーその1。ブルーベリーその2(全部で4種類あ [続きを読む]
  • 植菌の会2017 〜きのこを楽しむ〜
  • 神奈川では開花宣言がありましたが、白州ではまだぎりぎりソメイヨシノも開花していなかった3月の末に、南アルプスと八ヶ岳の麓に行ってきました。植菌の会2017。去年一緒に植えた仲間たちも、どんどん山の生活者になっているのですが、家族だけではほだ木の入手さえもままならないわたしたちのために、わたなべ家が企画してくださいました。去年ほどは大所帯ではなかったので、時間も短く、さくさくっと。とはいえ、東京・神奈川 [続きを読む]
  • 賢治は理科が大好きだった
  • 常日頃から、「お台所には化学がたくさん」、「日々の生活には理科がいっぱいころがっている」と、科学の楽しさをお伝えしたいと思っているわたしですが、今日は、心揺さぶられるような、楽しい理科の体験をしました。わたしと息子以外ご一緒したのは、ほとんど理科の教員の皆さんでしたので、贅沢な体験。金沢・金の科学館 四ヶ浦弘さんによる「実験で楽しむ宮沢賢治 サイエンスファンタジーの世界」。作家、詩人としてよく知ら [続きを読む]
  • 米粉シフォンを作ろう♪
  • 今日の「作ろう」シリーズは、少し番外編。息子が、Honohono cafeに弟子入りし、米粉で作るシフォンケーキにチャレンジしたご報告。何度も書いていますが、息子の学校は、「普通の」中学校とは少し異なり、テストや成績表がないかわりに、体験に基づく縦割りのクラスで活動しています。息子の所属するクラスでは、毎月「月刊」と言う読み応えのある冊子が発行され、子どもたちは、原稿書きや編集製本に毎月ひーひー言っているので [続きを読む]
  • Knots Japan meets 亜桜 コラボ企画
  • わたしは、ヘナが大好きです。髪の色を染める、ということにとどまらず、髪がつやつや健康になり、髪だけでなく全身のデトックス効果も高いと感じるからです。楽しく気持ちの良いヘナ生活にはいくつかポイントがあると考えています。(1) よいヘナを選ぶ天然のものであるヘナは、その品質が千差万別。化学系染料が混ぜられているものも少なくありませんし、また、染まりの悪い粗悪品も多く出回っています。わたしの断然おススメ [続きを読む]
  • 春分
  • 学校生活の集大成、「発表デー」を翌々日に控えた先週木曜日の夜、学校から電話があり、息子が高熱を出しているから迎えに来てほしいとのことで、そこから往復260km、5時間のドライブをしました。学校では、校長が「嵐が吹き荒れたよう」と表現するような勢いで風邪とインフルエンザが猛威を振るい、全校の約半数が高熱により欠席、そのまま休校、春休みへと突入しました。その前の日曜日に「卒業を祝う会(卒業式)」(これも、本 [続きを読む]
  • こだわり蓮根いただきました
  • 冬は最高に美味しいし、のどの痛みや咳にもばっちりなんだけどね・・・と、いつも探しているのだけれど、なかなか出会えない本当に美味しい蓮根。夜中に咳が出て、やばい!と起きた次の日に、お願いしていた徳島の(有)酒井農園さんから届きました。その名も「こだわり 理り(さとり)れんこん」。どーん!さすがわかっていらっしゃる!こんな風に送るのは、手間もかかるし、送料もかかってしまうけれど、甘みも栄養も一番濃縮し [続きを読む]
  • 「0から食堂」に行ってきました
  • 途中まで書きかけのブログ記事がたくさん溜まってしまっているのですが・・・それらはすっ飛ばして、今日の投稿。山梨にある息子の学校からの帰り、特急あずさの中で書いています。テストも成績表もない、体験に基づいた学習を行い、自由な心を育てることに力を入れているこの学校のことについては、何度も書いていますが、今日は「くらしの歴史館」(息子の所属する中学校の縦割りクラスの名前です)の、集大成の1つとも言える「 [続きを読む]
  • ホメオパシーは「特別なもの」ではありません
  • 妹が送って来てくれたブリスベン空港にある薬局の写真。一見日本の薬局と変わりません。が、ズームして行くと・・・時差ぼけ用のホメオパシーのレメディ。こちらは、フラワーエッセンス、緊急時用と、不眠用。日本では、まだ「特別な人が使うちょっと変わったもの」とか、「秘儀」のように思っている人や、はたまた宗教と勘違いしている人も多いホメオパシー。でも、オーストラリアのように、文化と自然が仲良く発達している国では [続きを読む]
  • 太陽と大地と菌と時間
  • 今年は、なぜか手前味噌ワークショップのご依頼が多く、手前味噌伝道師としては、嬉しい限り。15年間、毎年3〜4種類の味噌を作っていますが、ワークショップでコツなどをお伝えすることでそれぞれのご家庭の味が育っていったら幸せだなぁ。で、合間を縫って、我が家の味噌を開けたり、新しく仕込んだり。今年開けたのは、この3つ。1番明るい色のは、昨年の仕込んだひよこ豆味噌。初めて麹の種付けから自分でやってみたので、開けて [続きを読む]
  • おむつなし育児とホメオパシー 〜FBの投稿より〜
  • 息子が生まれた14年半前は、今よりもさらに「おむつなし育児」(おむつをつけながらもなるべくおむつ以外で排泄させること)なんて言葉は知られていなかったけれど、わたしは、(エンジニアとしても、全ての子どもに向ける眼差しも)尊敬する井深大さんの本を読んでいて密かにさまざまな試みをしていました。色々な理由があって、「おむつなし育児をしました」などと言うには程遠い状態ではあったのですが、まだオトナと同じ言葉では [続きを読む]
  • 新たなる探求
  • 現在、講座以外にも、ホメオパシーを中心とした心や身体の健康相談を行っておりますが、このセッションをさらにバージョンアップさせるための学びを始めました。と言うのも、人は、良くも悪くも「喉元過ぎれば熱さ忘れて」しまう生きものだから。ホメオパス(ホメオパシー療法家のこと)であるわたしから見ると、明らかな改善がみられているにも関わらず、あの状況からこんなになった!と言うことさえも忘れてしまう方は、とても多 [続きを読む]
  • 自然療法・ネットで買えるお勧めのお店
  • お近くのお店で入手できない、「お台所の救急箱」のお役立ち品や、自然療法のあれやこれや。ネットで買えるお店をご紹介します。まだまだたくさんあるとは思いますが、すべて私が実際に購入して納得した、確かなお店です。(2016年12月現在の情報です)<マクロビオティック関連や自然食など>リマネットショップ日本で一番古いマクロビオティックの学校、リマ・クッキングスクールの経営するネットショップ。マクロビオティックの [続きを読む]
  • 醤油を作ろう♪ 〜本格編〜 
  • ずっと前から作りたい、作りたいと思っていたけれど、ハードルの高かったお醤油。昨年白米と玄米への麹の種付けに成功したので(→☆)、今年は、いよいよチャレンジしてみました。これまで、あらかじめ作られている醤油麹に塩水を加えて作る簡易的なものは作ったことがありました(→☆)、(→☆)が、簡単ではあるし、失敗なく醤油を作ることはできたけれど、手作り欲を満たしてくれるものではありませんでした。今回は、小規模 [続きを読む]
  • 「お台所の救急箱」@湘南 2017春夏へのお誘い♪
  • あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。昨年末は、5日の間に山梨を2往復、息子は、米粉修業をしたり、山梨でお泊まりしたり、逆に山梨の友人たちに泊まりに来てもらったり楽しんだのですが、1年の大清算ということで、30日から40℃の熱を出しておりました。おかげで、年末年始の予定を大幅に変更せざるを得なかったのですが、それでも、穏やかに過ごすことができたのは、幸せなことです。今年は [続きを読む]
  • 冬至の過ごし方
  • 今日は、1年で最も太陽の位置が低く、昼が短い冬至ですね。陰が極まったところから、陽に転じ、新年へと向かっていく季節です。陰が極まっているということは、代謝が最も下がっている時期でもあります。ちょっと意識して、身体の熱を逃さないように過ごしましょう。家で丁寧にすごしたり、勉学に励むのに適した季節です。冬の臓器である腎のケアをしたいので、小豆を取り入れましょう。土鍋でゆっくりことこと炊けば、お砂糖など [続きを読む]
  • 沢庵(たくあん)を漬けよう♪2016
  • 干し柿(→☆)は、無事干しあがり、次々と友人たちの元へと嫁いでいきました。もともと小さかった柿がますます可愛くなってしまったので、ちょこっとおめかしをして。そして、皮もたくさん入手できて、干し大根も届いたので、今年も沢庵(たくあん)漬け♪私の住んでいるあたりは暖かくて、丸ごと大根をカビさせずに干せる気がしないので、いつも干したものを購入しています。5.3kg届きました。太めのものが8本。<今年のレシピ> [続きを読む]
  • 「お台所の救急箱」for Venus 修了
  • お陰さまで講座やコンサルテーション、たくさんのご依頼をいただいており、なかなか全部をご紹介しきれておりません。(そして、写真も全然撮れていません)先日、「お台所の救急箱」for Venus全6回を修了しました。最終回は、師走に入っていたこともあり、フルメンバーの9名からはかなり少ない出席数だったのですが、それでも咳にいいと言われる美味しい蓮根湯を飲んで皆でほっこり温まりました。「何を学ぶか?も大事ですが誰か [続きを読む]
  • 自由な学校の授業って?
  • 息子の学校に参観に行ってきました。息子の学校は、ある意味とても「変わっている」ので、全国各地そして海外からの見学者が多いですし、私たち親も、いつでも自由に参観することができます。イベント時の学校ももちろん楽しいのですが、普段の日もまた、とても興味深く、事情が許せば何度でも訪問したいと思う場所なのです。今回は、この学校のならではの「プロジェクト」ではなく、あえて中学生の教科の授業が詰まった日を選択し [続きを読む]
  • きのこの山・・・旬のものを保存できる贅沢・・・
  • 連日のきのこ投稿ですが・・・。先週は、11月だというのに、暖かいと言われているここ湘南でも雪が降り驚いたのですが、雪が溶けたら、なめこがぐぐっと大きくなっていました!感激。自家製のなめこのお味噌汁は、それだけで御馳走になる旨さです。そして、先週は、横浜で椎茸ときくらげを作られている永島農園さん(味噌づくりWSに出てくださり、ご縁が繋がりました)から、急にキャンセルが出て行き場を失った椎茸たちがあるとの [続きを読む]
  • 憧れのダーニング・マッシュルームで上がる繕い物
  • よく覚えていないけれど、確実に2年以上は探し続けていたダーニング・マッシュルーム。なかなか出会えなくて、仕方なくアマゾンUKに注文した途端に、友人に連れて行ってもらったMokichi Foods Garden内のokeba gallery&shopにて唐突に出会いました。速攻アマゾンUKをキャンセルしてこの美しいマッシュルームを購入。靴下の穴など、繕い物をするための道具です。これまでは、ガラス瓶などを使ってやっていた繕い物。これならば格段 [続きを読む]
  • 干し柿・梅酢を作ろう♪
  • 以前住んでいたところは、町田市の中でも風通しがよく寒い地域だったので干し柿は時々作っていたのですが、湘南ではカビが怖くて作ることができませんでした。でも、友人が美味しいあんぽ柿(燻蒸したという意味ではなくて、とろとろの柔らかい状態の干し柿と言う意味で)をプレゼントしてくれたのをきっかけに、やっぱり作りたいなぁという気持ちがふつふつと。息子の元担任でもある山梨県南アルプス市の小野大正園「おのっち」に [続きを読む]
  • パーマカルチャー翻訳プロジェクト始動!
  • パーマカルチャーの創始者の1人であるBill Mollisonが亡くなったと言う悲しいニュースが流れたのは、9月の終わりでしたが、その少しあと、日本のパーマカルチャー界の大御所であるPCCJの設楽さんの呼びかけで、Billの著書である「Permaculture; A Designers' Manual」を翻訳しよう、というプロジェクトがスタートしました。15日は、青山にてその初のミーティング。遠く高知や福岡から参加した方もいらっしゃり、全574ページの本を [続きを読む]
  • つくる、食べる、考える
  • 何度も書いている通り、息子の学校は、宿題もない、成績表もない、テストもない、決め事は全員で話し合って決め、体験を重視した、かなり「かわった」学校です。中学校で息子が選んだプロジェクト(活動の主体となるクラス)は、「くらしの歴史館」。先週は、寝袋以外の文明の利器は極力持ち込まない、「縄文キャンプ」を行ったようです。立冬も過ぎて、星空は綺麗だろうけれど寒かっただろうなぁ。このクラスは、日々の活動以外に [続きを読む]