こけもも さん プロフィール

  •  
こけももさん: 雨でも晴れでも
ハンドル名こけもも さん
ブログタイトル雨でも晴れでも
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/micanco
サイト紹介文夫と高齢わんことのささやかな毎日のことです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2013/09/06 02:31

こけもも さんのブログ記事

  • 桜のハンドクリーム
  • 去年の暮れロクシタンのハンドクリームとリップのミニサイズ詰め合わせをもらったロクシタンは好きだけど紙類にたくさん触れる私の冬の強烈に乾燥した指先には物足りない ヒビケアじゃないとパックリいくのよ… (;∇;)だから春先から職場の癒しとして使ってとうとう空っぽになったけどかわいいから記念にパチリわずか10mlのミニサイズあっという間に使い終わった私の知るほかの桜モノとは別の香りだったさて次はどれにしよ [続きを読む]
  • カップヌードル マッシュルームポタージュ味
  • 世界のカップヌードルサミットドイツよりエントリー?シャンピニオンズ中身はたしかに、ポタージュスープと麺(笑)いろどりは緑できれいしかし、だったら麺よりご飯を入れておじや風のほうが好きな私(せめてリゾットと言え、自分)でも好きな味♪マッシュルームもすきだし普段はほとんどコンビニに寄ることもなくまして食材は見ないのですが…犬不在のさみしさから近頃ふらふら寄り道してしまい…仕事の後まっすぐ帰りたくないの [続きを読む]
  • 取り込む
  • あれから数日経過…覚悟は半年前からしていたからどろっどろの悲しみまで落ちなかった。でも、まぁいろいろな気持ちが湧き上がっては消えたり降ってきては通り過ぎたりしていて、ちょっとつらい。なんにもしたくない、と思っていても日常はここにあっておひさまは昇り夜も来る。いないのは、あの子だけ。いけない。また泣けてくる。泣くな〜、自分。さっきもう泣いたでしょ(笑)時間。時間が過ぎるのだけがこの気持ちをどうにかす [続きを読む]
  • 逝きました
  • わおんくん15歳さきほど虹の橋を渡った国の神様にお返ししました長い間貸していただき神様、ありがとうございました私のいちばん辛かったときにそばに居てくれる存在を私に出会わせてくれてありがとうございましたお返しします感謝していますわおん、ありがとうこれからはずーーーっと一緒だからねにほんブログ村 [続きを読む]
  • ファーファちゃん
  • どんよりとした曇り空の日お天気に左右されてしまう私の心も、どよーんそんなときだんながもらってきた小さな箱に青空が広がっている気がしました空色のファーファちゃん台所洗剤とスポンジのセットかわいい… 好き  (〃▽〃)とても嬉しかったです※ 残念なお知らせ ※スポンジですが袋から出したら あまりにもコシのない柔らかスポンジ  でした昭和的スポンジ(笑)でも使いますそしてファーファの絵柄の袋は切ってスクラ [続きを読む]
  • 近況と朝カフェ
  • お久しぶりですずっと更新していないというのに訪問してくださるかたが必ずいらっしゃるようで…ありがとうございますぽつぽつとしか更新しないとしてもやめてしまうことは考えていないのんびり日記です闘病中のわおんくんやはり痩せてきていますが抗がん剤の副作用に耐え、がんばって暮らしています強い子なんです先日はヘルニアにもなり寝返りもできないほど動けなくなりましたがなんとか持ち直してじわじわゆっくり歩いています [続きを読む]
  • もう負けない
  • 本日届いたオークション購入商品その封筒の切手が…おおおおおーーーっ(喜びの声)圧巻の金剛力士像?いや、ちがう正式名が書いてある「執金剛神立像」としかも四体ただただ、天晴 もう、どんな闘いも負ける気がしません。 私にはこの方々が付いている千人力出品者様、ありがとうにほんブログ村 [続きを読む]
  • 珈琲香るラングドシャ
  • よくあるタイプのチョコサンドと思っていました。フランセの「横浜ラングドシャ」サクッとした生地にはそれほど甘みはなく想像より厚みのあったチョコレートから鼻を突き抜ける珈琲の香り。びっくりしました。珈琲味のチョコ大好きなんです。昔、コーヒー豆の形のチョコがあったけれどあれはまだ売っているのかな。横浜ラングドシャ。お土産によくいただく北海道の某恋人とは違った食感と香り。今後、わたしの手土産の上位候補にし [続きを読む]
  • 触れることの癒し
  • 1日の終わり米びつ代わりのおひつからお米を出すその前に手を突っ込む。ひんやりとした感触。きゅっと握ってみたり。すくう。そしてゆっくり落とす。さらさらとこぼれるのを見て感じて。あぁ、気持ちいい。たまにやるモヤモヤ解消法。無心で繰り返すとなにかとてもスッキリする。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 花の咲くお茶
  • 友人がくれた丁寧なパッケージのお茶。ふむふむ。それでは、いざ。ガラスのティーポットもあるのだけど2階に取りに行くのが面倒なので(こらっ)手近なミニボウルに投入。とっぽーん。しばし、待つ。どんなお花が咲くのだろう?ほどけ始める「優悠花」ん?これは…なんかちがう。ほどけるというか、バラける?( ̄▽ ̄;)何か出てきた。白い花?開き咲くまで、かなーり待ってみた。すっかり冷えたお茶になってしまった。しかも、ま [続きを読む]
  • きゃべつのパスタ
  • CMを見て気になっていた松茸のお吸いものでパスタチャッチャッチャ、をやってみました。バターはないのでマーガリン。きゃべつはパスタと一緒に茹でるのですが早くから入れすぎてグダグダに…あぁ、せっかくの春きゃべつが〜_| ̄|○ ↓ 失敗それでもとってもおいしかったです。またやります。そのぐらいおいしかったです。あっさり塩味、だいすきです。------------------------それから先日もらったゴディバチョコ。ケースのイ [続きを読む]
  • やっと見つけた
  • 私は事務職。しかも紙をよく触る職種です。紙をめくるうちに油分が足りなくなって指の先がばっくり割れたりします。とても痛いしなかなか治りません。そこに家事を素手でやるヒトなので1日じゅう水を触っていたりでハンドクリームも気休めです。台所洗剤も手荒れの原因ですが、それより紙をめくる時の専用の滑り止めクリームや日に何度も使うハンドソープが手荒れを加速させる気がします。せめて家事を手袋ばきでできたなら…そう [続きを読む]
  • 深夜の贈り物
  • 仕事柄、帰宅は夜遅くです。クタクタで戻ってきたところです。今夜はだんなさんもすでに睡眠中。明日、早いんだって。ふらふら力尽きて帰ってきたけど玄関のドアのところにそおっと植物がありました。お隣さんからです。春のお庭のしたくで切った何かの枝。小さな蕾があるので花が咲くのですね。植物に詳しくないから…名前も種類もわからないけど椿とかそういうのかな。そして2階の部屋に入ると荷物が届いておりました。チョコレ [続きを読む]
  • 読書:看板建築 モダンビル・レトロアパート
  • 『看板建築 モダンビル・レトロアパート』伊藤隆之【 著】表紙に図書館のラベルがあったのでそっと時計で目隠ししました(笑)この写真集の内容はまず表紙のようななつかしの看板のゾーン。そして写真館や温泉、銭湯。もちろん銭湯には湯船の奥の壁に富士山の風景がありました(嬉)それから洋風デコラティブな病院や喫茶。↑ 大阪にある病院。鎌倉の小児科医院の内部。↓ これがもう、たまらなかった。…ここに住みたい。こちら [続きを読む]
  • ビー玉を洗う
  • ずっと前青いガラスが好きで集めていました。知らず知らずに増えてしまったビー玉。透明のもあるけど青がほとんど。洗います。ざるにのせて水切り。乾いたら、元の器に戻します。以前は水草を入れたりして飾った器。けっこう大きいのです。って、比較に甘酒缶使うかな?自分。手近にあったからそれでいいかなって思っていたもののビジュアルとしてどうなのよ?_| ̄|○ ↓ 反省それはさておき(笑)きれいになりました。すっきり [続きを読む]
  • おめでとう
  • 本日めでたく15歳になりました。血液のガンを患って抗がん剤治療中なのです。副作用で食欲のない日もあります。お腹の調子が悪い日もあります。でも、がんばる。彼は強い子。完治しないことをわかっているのに抗がん剤治療を選んだことを私のエゴだと悩んだこともありました。でも、まだもう少し一緒にいたい。このわがままを許してね、わおん。春を待てないかもしれない、と言われた日から2ヶ月半念願の誕生日を迎えました。春 [続きを読む]
  • とうとうこの日が
  • 大きな決断が必要になった迷って迷って私は決めたその結果がどうであっても後悔をしない、とも決めた都合の良い神頼みなどしないでもやはり何かにすがりたいどうかあの子の行く末が苦しい時ばかりでありませんように別れのときがきてもしも私がそばにいれなくても幻の私の視線の中に居られますよう安心できますようその日まであの子の目の中に笑顔の私を焼き付けて繰り返し焼き付けて過ごすことをここに誓います闘病生活に入る子へ [続きを読む]
  • 明日の準備
  • わたしは、新年のために用意した品を1月ではなく12月から使い始めます。ノリタケのマグカップと手帳。手帳は毎年恒例の黒いイヌシリーズです。今回は薄型のマンスリーだけのものにしました。これまでは1日1ページのほぼ日手帳だったり黒いイヌのウィークリーもあるタイプに3行日記を書いたりでした。お金の出入りも細かに書き留めているので持ち歩くことはせず重くてもいいかな、とおもっていたんですけど。もう3行日記はや [続きを読む]
  • ごはん記録 夏の夕餉
  • 撮りっぱなしでたまっている日々の夕ごはんの画像です。自分のための記録として更新します。食材から夏あたりのものかと思われます。(なんてアバウトな)何度もおことわりしておりますようにたいしたものは作っていません。ここにはオシャレな食べ物はほぼ出てきません。庶民のごはんの風景 として塩むすびや出がらしのお茶など片手に笑いながら見てくだされば幸いです(笑)●まずはきゅうりで目をさわやかに 美しいです。緑が目 [続きを読む]
  • 読書:「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる
  • あぁーーー...(ため息)長い。たかだか1冊の本を読んでいることを書きたいだけなのに 本の題名が、長い 。よって日記のタイトルも長い _| ̄|○↓自身の日記タイトルの中で長さジャンル歴代3番くらいに入るかもしれない。けれど、そういう名前の本なのです。その題名は一文字も略することはできないそういう本なのです。先日、書店をぶらぶらしたのです。これから図書館で読みたい本を探したり読んだことがない作者さんに出会 [続きを読む]
  • バブーシュ買いました
  • 初めてその名を聞いたときなにやら異国の天蓋付きのベッドとかアラジンのランプとか宝石とか虎とか(?)が思い起こされさらにはスパイシーかつ甘い香りでコーヒールンバ的でそれでいてちょっと切ない...イメージがぐるぐる(どんなだよ?笑)そんなイメージの名を持つもの、それが バブーシュ欲しかったのですよ。でもヤギ革のにおいがキツイとか聞くし野性の香りに犬がムシャムシャしても困るし。ということで本物ではなく、フェ [続きを読む]
  • いつもそばに
  • わおんくん、14歳。甘えんぼうです。さすが高齢犬だけにどんどん眠っている時間が増えてきました。それでも起きている間は、ほぼ私のあとをついて回ります。いつだって足元にまとわりついています。炊事のときは足元にいると火傷など危ないので、2階の部屋に置き去りになるのですが廊下に出て、2階を見ると...●何かが、こちらを...ダースベイダー?●ズームアップその姿、ストーカー...  (怖)というか心霊写真。あのね、わ [続きを読む]
  • 読書の記録 10月14日
  • 読書の記録です。--------------------●これ、写真がすごくよかったです。こんなところで雨やどりしたい。こんなところでいろんなことを思いわずらいたい。----------------------------------------ほんと、そうできたら...----------------------------------------●とても面白かったです。自分を恥ずかしいと思えてしまう諸々のメカニズム?と理由とじゃあどうしたらよいかが書いてあります。あー、こんな自分がとてもイヤ... [続きを読む]
  • by Loft 青空ボールペン
  • セブンイレブンに寄り道。小さいけどわくわくする文具コーナーは毎回必見。あぁーーーー...(口が半開き、そしてヨダレ・笑)あるぅー、また面白いものが。トランプぐらいのサイズの小さいシリーズにはキャンパスノートやレポート用紙。原稿用紙そのままのメモまで。あぁぁ。小さい〜。かわいいノート。便利なファイルを一体化したノートカバー。あぁ。でも今は使う用がない。MONO消しゴムのミニサイズなんて、もう!もう! 中 [続きを読む]