ありがten さん プロフィール

  •  
ありがtenさん: ありがとう
ハンドル名ありがten さん
ブログタイトルありがとう
ブログURLhttp://39card.jp/
サイト紹介文ありがとういっぱいの日々を過ごす管理人の日記ブログ。雑学、豆知識も紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2013/09/11 10:19

ありがten さんのブログ記事

  • 就活あるある よくある噂はホント?ウソ?
  • 人生に大きく影響する就活。これやるといい、あれはダメ、などいろいろな噂話も見かけます。ここではその真相についてまとめてみました。就活あるある エントリーシート編エントリーシートでのNGポイントは以下のとおりです。・文字が少ない・・・やる気を感じない ・文字が小さい・・・読むのに時間が掛かるのでパス ・誤字や修正液使用・・・関心が薄いと感じる ・他社名が書かれている・・・論外 ・商品名が違っている・・・ [続きを読む]
  • 内臓脂肪と肥満の関係
  • 肥満は立派な病気といえます。正常ではない量の脂肪細胞が蓄えられているわけですからね。そこで脂肪はどのように溜まっていくのか?そしてそれがどのように悪影響を及ぼすのかについて解説していきます。肥満の仕組み1 摂取した脂肪はどこへ行く?食べ物から摂取される栄養は腸で吸収されますが、エネルギーとして今すぐ使わない分は脂肪として蓄えられます。その貯蔵庫が内臓脂肪と呼ばれる場所。血液中に取り込まれた脂肪はそ [続きを読む]
  • 肥満の原因と影響
  • ダイエット中の人にしてみれば「脂肪=悪いもの」と思いがちですが、あくまで増えすぎた状態が健康に良くないんですよね。ただ現代の豊かな食生活だと普通に食べてるだけでもカロリーオーバーしがちです。その影響で大人だけでなく子供や幼児にまで肥満が広がっているそうです。ここではそんな身近な生活習慣病「肥満」について書いています。肥満になるまでの流れ食べ過ぎ、運動不足などの不摂生↓ ↓ ↓たくさんの脂肪が血液中 [続きを読む]
  • 動脈硬化の原因・コレステロールと改善方法
  • 最悪死に至る恐ろしい生活習慣病「動脈硬化」はなぜ引き起こされるのか?このページではその原因について解説しています。動脈硬化の原因 コレステロールとマクロファージ動脈硬化を引き起こす悪いコレステロール(悪玉コレステロール)は血管の壁に入り込んでしまいます。ただ、普通はマクロファージという白血球が食べてくれるので問題になりません。しかし、血管壁内部で悪玉コレステロールを食べ過ぎると太っていき壁から出て [続きを読む]
  • 動脈硬化とは?
  • 生活習慣病の一つ「動脈硬化」。コレステロールに気をつければいいと思ってる人もいるかもしれませんが、コレステロール値が低くても安心できない怖い病気だったりします。ここでは「動脈硬化」とはどんな病気なのか?について紹介しています。動脈硬化になるまでの流れ食べ過ぎ、運動不足など不摂生な生活↓ ↓ ↓血管壁にコレステロールが入り込む↓ ↓ ↓コレステロールを食べたマクロファージが血管壁を分厚くする↓ ↓  [続きを読む]
  • 糖尿病の予防・改善・対策について
  • 糖尿病対策と言ったら、やることは「食事を変える」「運動する」の2点のみ。ダイエットと同じですね。でもダイエット成功者が少ないのと同様、糖尿病対策でも継続していくことが難しいんですよね。そこでおすすめなのが変化を感じやすい数値で確認していくこと。ここではそのやり方とおすすめな運動について紹介しています。糖尿病対策 血糖値を毎日計測しよう!まずは毎日数回、血糖値測定器で測るだけ。これだけで意図的に食事 [続きを読む]
  • 糖尿病とはどんな病気?インスリンやブドウ糖との関係
  • 知らず知らずのうちに悪化してしまう糖尿病。検査ではわからない隠れ糖尿病もある怖い病気です。この病気を放置しておくといろいろな合併症を引き起こしてしまいます。網膜の血流が悪くなって視力低下や失明を引き起こす「網膜症」、腎臓の毛細血管に負担がかかり人工透析が必要になる「腎症」、血液の流れが悪くなり足などが腐ってしまうことで最悪切断しなければならなくなる「壊疽」。これらは3大合併症と呼ばれています。ここ [続きを読む]
  • 糖尿病とは?原因や隠れ糖尿病について
  • 自覚症状がないまま悪化していく恐ろしい生活習慣病「糖尿病」。検査してもわからないこともある怖い病気です。このページではそんな糖尿病について書いています。糖尿病とは?糖尿病は、インスリンというホルモンが不足がちだったり正常に働かなくなっているとき、血液中のブドウ糖を上手に使えず血糖値が上昇してしまう病気です。この結果さまざまな症状を引き起こし、最悪死に至ることもある恐ろしい病気です。ただ、初期段階で [続きを読む]
  • 高血圧予防法 食事や運動など生活習慣を見直そう
  • 高血圧は自分でも知らない内に心筋梗塞や脳梗塞を発症させてしまう怖い病気。病院で検査してもわからない症状もあるのでさらに注意が必要です。ここではそんな恐ろしい病気「高血圧」の予防法について紹介しています。高血圧予防法 運動で血管年齢を若返らせる有酸素運動をすることで血管を若返らせることができます。人の体には血圧を上がり過ぎないようにコントロールしてくれる血管内皮細胞というものがあります。これは、年齢 [続きを読む]
  • 高血圧の基準や原因について
  • 自覚症状がないまま死に直結する病気が進行していく高血圧。検査ではわからないこともあるそうです。私も血液検査をしてもらったらドロドロだったこともあり、高血圧になる、なっている可能性は十分にありそう(汗)。コンビニ飯や外食ばかり続くこともありますからね。これはヤバイ!。というわけで、ここではそんな恐ろしい生活習慣病「高血圧」について調べてみたことをまとめています。スポンサードリンク高血圧とは?日本高血 [続きを読む]
  • 赤ちゃんの中耳炎や目やに・耳だれ対策
  • 赤ちゃんは鼻のな風邪から中耳炎になりやすいです。中耳炎になってしまうと耳だれや痛みをともなうので早めに対策してあげたいところ。また、目やにがでるのも目の病気である可能性があるため、適切な処置をしてあげることが大事です。ここではそれぞれの症状への対処法を紹介しています。スポンサードリンク赤ちゃんの耳だれ対策 まずは病院へなぜ耳だれがでるのか?原因を知るために、まずは病院で診てもらいましょう。過去同じ [続きを読む]
  • 赤ちゃんの肌トラブル対策
  • 大人より繊細な赤ちゃんの肌。それなのに、おむつかぶれや湿疹、あせもなど肌トラブルが起きやすい環境におかれています。なので、できるだけ予防すること、そしてトラブルが起きてしまった後のすばやい対処が大切です。また、赤ちゃんの肌に触れることが多い親の手指を清潔にしておくことも気をつけたいポイントです。スポンサードリンク赤ちゃんに肌トラブル 着替えやオムツ替えの頻度アップせっかく肌を乾かしたり、薬を塗った [続きを読む]
  • 赤ちゃんが痙攣を起こした時の対処法
  • ママパパをびっくりさせる赤ちゃんの痙攣。いろいろな原因がありますが、焦って押さえつけたり揺すったりするのはNG。一度落ち着いて、赤ちゃん全身の様子をみたり、痙攣が続いている時間を測るなどして、病院で診断を受ける時の情報収集をしましょう。赤ちゃんの痙攣対処法その1 まずは安静に最初に衣服の締め付けをゆるめます。体を締め付けているものを全部ゆるめ、嘔吐したときのどに詰まらせないよう横向きに寝かせます。つ [続きを読む]
  • スーパーフードとは?種類は何がある?
  • 今スーパーフード(直訳すると超食べ物?)に注目が集まってます。このスーパーフードとは、普通の食品より栄養バランスに優れた食べ物の総称。アメリカの健康ブームのときに生まれた言葉だそうです。スーパーフードの代表的な種類アサイーアマゾン原産の鮮やかな赤紫色をした果実。ポリフェノールやアミノ酸などが豊富。チアシードゴマに似た種子。水分を得ると10倍くらいにふくらみ、食物繊維やαリノレン酸が豊富。カカオカカオ [続きを読む]
  • 赤ちゃんの便秘解消と綿棒を使った出し方
  • 赤ちゃんが便秘のときは、食事の量や食べ物を変えることでかなり改善できます。ただ、それでもなかなか便がでなくて苦しんでいるようなら綿棒をつかって浣腸するか病院へ連れて行ってあげることになります。ここでは赤ちゃんが便秘の時の対処方法について紹介しています。スポンサードリンク赤ちゃんの便秘解消 水分補給便秘の原因は便が腸内にずっととどまってしまい、水分が少なくなって固くなることで起こります。まずは水分補 [続きを読む]
  • 赤ちゃんの吐き気が止まらないときの対処法
  • 嘔吐は体内に入った有害物質を吐き出す自然な現象なので、無理に止めてしまうわけにはいきません。できるだけ汚さないように対処しつつ、赤ちゃんを楽にしてあげられるようフォローしてあげましょう。赤ちゃんに吐き気があるときは顔を下向きに赤ちゃんの様子から吐きそうな兆候がみられたらすぐに顔を下に向かせて吐かせてあげましょう。そのほうが楽にしてあげられます。吐き気がつづくなら、吐いたものや回数、それにともなって [続きを読む]
  • 赤ちゃんの咳・鼻水への対処と対策
  • 小さな赤ちゃんだと特に鼻での呼吸が中心です。そのため、鼻水、鼻づまりになると息苦しさからお乳が飲めなくなってしまいます。また、咳こむと吐き気を催すこともあるので早めの対策をとってあげましょう。赤ちゃんが咳込んでいたときの対処・対策赤ちゃんが咳き込んでいるなら、まずは呼吸がしやすい姿勢にしてあげること。縦に抱いて状態をおこして背中をさすってあげましょう。そうすると、たんも切れて呼吸が落ち着いてくるで [続きを読む]
  • 赤ちゃんに熱がでたときの対処法
  • 赤ちゃんのおでこに触れたとき熱があるとドキッとしてしまいます。でも熱が出るのはウイルスから体を守る正常な反応です。そして熱の高さと症状の重症度は同じとは限りません。熱の高さに慌てず、赤ちゃん全体の様子を見ながら適切な処置をしてあげることが大切です。赤ちゃんの熱対処法その1 熱の測定と全身チェック熱があるならまずは体温測定から。基本的には朝と昼と夕方の3回測定します。脇の下で測りましょう。脇は汗がた [続きを読む]
  • 料理・調味料のさしすせそ 順番と意味
  • 料理・調味料のさしすせそ 「さ」と「し」の意味「さ」は砂糖、「し」は塩のこと。この2つが味のベースを創りだしてくれる黄金コンビ。2つの分子サイズを比べると砂糖より塩のほうが小さく、6分の1しかありません。そのため、同時に加えると分子の小さな塩が先に料理に浸透することになります。となると砂糖が入り込む隙が少なくなってしまい、甘みがうまくつきません。よって「さ」→「し」の順番で加えることは理にかなった順番 [続きを読む]
  • 洗濯機の選び方や使い方・洗い方
  • 洗濯機のちょっとしたコツを知って効果アップ!乾燥機の使い方乾燥機を使うと衣類が毛羽立つので、干すよりもふんわりとした仕上がりになります。今は全自動が主流なので洗濯から乾燥まですべておまかせな人が多いと思いますが、濡れた状態で熱風をあてると縮んだり傷みやすいので注意が必要です。ウール、ニット、毛布などは乾かしてから乾燥機にいれるとふわっとした仕上がりにできます。ほか、タオル等は干して7割くらい乾かし [続きを読む]
  • 洗濯洗剤の選び方・入れ方
  • 洗濯は科学 洗剤の成分や汚れたつくメカニズム洗剤の特性を知ろう粉や液体、いろいろな成分が使われている洗濯洗剤。汚れによって使い分けるのがベターです。ただ、泥汚れなら固形洗剤、といったおすすめはあるんですが、今はオールマイティーな粉末タイプと皮脂に強い液体タイプが主流となっています。一般的な衣類向け洗剤なら綿・麻・合成繊維に使えます。おしゃれ着用なら毛・絹・生成り・淡色にも使用可能。白さ重視なら蛍光 [続きを読む]
  • 洗濯方法 上手な洗い方は?
  • 毎日の洗濯。雨の日だと生乾きになってカビ臭くなったり、脱水しすぎてシワシワになったりと大変です。そこできれいに洗濯する方法について調べてみました。きれいさにこだわっているため、コストは非考慮です。洗濯に愛情を注ぐ料理と同じく、洗濯にも愛情を注ぐ=ひと手間かけてあげるだけで仕上がりが断然きれいになります。そのためにやりたいことをピックアップしていきます。洗濯機+α衣類を洗濯機に入れる前にやるひと手間 [続きを読む]
  • 睡眠不足を解消するには?ぐっすり眠るためにしたいこと
  • 近頃どうも寝付きが悪い・・・。布団の上でゴロゴロしていると2時間、3時間と経ってしまうこともあり睡眠不足ぎみです。時間がもったいなさすぎる。というわけで、睡眠不足解消法やぐっすり眠るためにやりたいこと、そもそも睡眠とはどんな役割があるの?といったことを調べたのでここにまとめておきます。 質の高い睡眠とは? 質の高い睡眠とは、 ・朝スッキリ目覚められること ・日中眠気を感じないこと ・寝ている時途 [続きを読む]