ruka さん プロフィール

  •  
rukaさん: 橋本病、、闘病記
ハンドル名ruka さん
ブログタイトル橋本病、、闘病記
ブログURLhttp://hasimotobilyou.seesaa.net/
サイト紹介文8時間ダイエット挑戦!
自由文橋本病は100人いれば100通りの症例がある。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2013/09/11 16:16

ruka さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 娘の友達が妊娠
  •  思わず素っ頓狂な声がでそうになった。  若くして未婚の母になろうとする決意。こう書くと、なんか凄いイメージだけどね……。  私も未婚で子供を二人、育てようと決意したときは、まだ、母子家庭の偏見が強かった。なにかと警察に通報され、区役所にまで子供のちょっとした粗相で通報してくれる親切なひとが多かった。  なんで、こんなに親切なひとが多いのに虐待死を防げないのか、未だに理解できない。&nbs [続きを読む]
  • 創作 エンジェル・ハート 6
  •  アフリカの大地のように、刻々と繰り広げられる生存競争に終わりはない。 だからこそ、スミスは神様がいると言い続けていた。 救いがない今に争いなど生まれない。 諦めたらすべてが、そこで終わってしまう。 見返りを求めない存在こそが神だ。  濡れた身体が凍えるように寒い。「愛理」 時に優しさは人を傷つける。「ごめんよ、愛理」 僕は独りだ、ずっと――雨に打たれながら、僕はそっと、目を閉じた。 苦 [続きを読む]
  • 橋本病 8時間ダイエット 傾眠スケジュール
  •  娘が通院が終わり家に帰って来るなり「起きてる!」とビックリされた。  お昼ごはんを食べると、下手をしたら23時ぐらいまで寝入っていることが多い。こうなったら、悩んでいないで傾眠を管理しようと、24時間。  いつ、寝入ってしまうかをメモ帖に細かく記していくと、私は、午前から夕方17時までにご飯を食べると必ず寝入ることに気づいた。  試しに、その時間はジョアやコーンスープを飲んで絶対に食 [続きを読む]
  • 創作 エンジェル・ハート 5
  •  野良ガキと呼ばれた僕たちの命綱だったフードバンクは今でもあるのだろうか。「美味しかったな」 あの時食べたパンはお世辞にも美味しいとは思えなかった。      *  悲しいと思うことは、たくさんあった。 だけど僕は寂しさを感じなかった。「食べる?」 俯き、傷だらけの愛理は膝を抱えたままこの場所から動かない。「美味しいよ」 スミスの前にホームレスたちが長い行列を作っても僕た [続きを読む]
  • 創作 伴奏曲 1
  •  ひとは移ろいでいくものだ、 変わらずにいることは自らで気づいていないだけで変わっていっている。  いつしか疎遠になってしまう。 あのときはよかったが今ではどうであろうか、 重ねていく年月はときにひとを醜いまでに歪ませきる。 それが思いででもあれば想いででもある。        ※ 「ジョン!」 あずさの声にジョンが振り向いた。 相変わらずのぶっきら棒なジョンの言い草ですらあずさは気に [続きを読む]
  • 創作 エンジェル・ハート 4
  • 「人間みたい」 つんと濡れた鼻先を指先で弾くと愛理は僕を抱き上げてくれる。 梅雨空を思わせるどんよりとした雲の隙間から薄日が差し込んでいた。  真ん丸い、ぬいぐるみでも見つけたのだろうか。「はい、ぱんち、パンチ!」 両手を前に後ろに、 目を細めたまま僕は愛理のお遊びに付き合う。 首に巻かれたリボンは首輪ではない。ビニール製の紐だ。 あの時、けっしてはぐれないようにと、両手首に強く結びつけた紐が [続きを読む]
  • 置き場のない原稿をどこに掲載しようか
  •  今の電子書籍は色がないと売れない。  たしかに、メインブログでの食いつきはいい。どれだけ読まれているのかを確認しながら、更新。  ただ、もてあますのが、ノーマルであったり色をあまり必要としない作品。  このブログに掲載しているのはライトノベル。 他にも二作あるが、投稿サイトに置いていると更新しないね ^^:  せっかくここがあるんだから、下書きを掲載してもいいかな。  縦書き [続きを読む]
  • 創作 エンジェル・ハート 3
  •  そしたら、あの人は静かに微笑んで頷いてくれた。 やっぱり優しい人なのかも知れない。  輪廻を例えるとき、 この世の人口を考えると不思議だろう? 僕もそう思っていた。 その問いかけに答えてくれたのは、やはり、あの人だ。 僕の目の前に天秤を差し出すと砂丘の砂を取り出した。 あの人は僕に答えを教える変わりに、天秤を水平に保つようにと命じた。 手にした砂は湿りっけのない黄砂の砂だった。   [続きを読む]
  • 創作 エンジェル・ハート 2
  •  愛理は一人暮らし、ここで動物を飼ってはいけない決まりがある。 だけど愛理は僕を捨てることをしなかった。  葉桜の袂で、濡れた僕を見つけたとき、泣いてくれた。 あの時は僕が傘を差し出した。 今日は愛理が傘を差し出してくれる。まるで、あの日を思い返すように――。      *  愛理はデッサンが好きだ。 いつか絵本作家になりたいと言っていた。 アルバイトを続けながら愛理 [続きを読む]
  • 創作 エンジェル・ハート
  •  道端に捨てられた子猫は夢を見た。 地表を濡らす雨、 こんな僕にさえ、泣いてくれた人がいた。      *  もう一度伝えたかったことがある。 僕は幸せだった。 だからもう、泣かないで。  耳を塞ぎ、小さく震えた愛理の足元に僕はすりよった。もう二度と愛理を苦しませたりはしない。  愛理が眠りについた夜、 僕はそっと愛理から離れた。 月夜を見上げ、鳴き声を [続きを読む]
  • 波乱の幕開け!!
  •  大変遅れながらも、明けましておめでとうございます。  何気にこのブログを作ってlang=EN-US style='font-size:11.0pt'>4年が経とうとすることに気づいた。  この4年。 いろいろなことがありました。 古い記事を削除しながら、なにも進展していないことが歯痒い。  今年こそダイエット!  毎回、酉年は厄年かと思うほどに精神的にきついことが続く。  娘が年明け早々、家出。 なんとか、帰っ [続きを読む]
  • 艦これ ボーキーサイト周回
  •  集めるのが大変なのがボーキサイト。  気長にギャンブラー要素で集めるのならリランカ島空襲4−3がお勧め。  ただ初戦大破で撤退あり。 必ずしも当たり部屋に行くとは限らないので気長にやるのがお勧め。  妙に当たり部屋に行く日と南(撤退)ルートに逸れてしまうこともあるのでバジクルしながら、まったりと集めるといいかもです。水上機母艦or航空巡洋艦2隻 当たり部屋手前まで行きます。 s [続きを読む]
  • 橋本病 8時間ダイエット 更年期、恐るべし
  •  8時間ダイエットを続けて、ついに一か月!  体重計が壊れていたので正しい体重は大よその重さになりますが3キロ減りました。  しかし、気づいてしまったのです。 更年期だということに。  前々からおかしいと思いながら三か月が経過しましたが、生理がくるのかな? 体重も増えたしお腹ポッコリ。  胸も張る。  しかし生理がくる気配なし。  更年期になると太るのは大正解! ただ、体質 [続きを読む]
  • ドライマウスにサンタベリー
  •  年々ドライマウスの症状が強くなり目覚めると舌が痛い。  大の歯医者嫌いの私はなかなか診察という高い敷居を跨げず ^^:  欠けた歯が気になるものの、ここの歯科いいなぁと思うと数か月もしないで患者で溢れかえる。  待合室で待たされ、診察台の上で数時間待たされる苦行に堪えきれず歯科を変えようと決断するももの、誰に聞いても、「そこの歯科いいよ!」だもん。  待たされるだけの治療してくれ [続きを読む]
  • 橋本病 8時間ダイエット 傾眠が辛い
  •  橋本病を患ってからというもの傾眠との戦い。  油断していたら食後、うっかり眠ってしまった。目が覚めたら6時間経過。 こんなのまだ可愛い 酷いときは16時間寝るのは当たり前。甲状腺の先生に相談しても数値が問題なければ不快な症状は絶対にでないの一点張り。 しかしスカイプで話す方の父親が橋本病で「暇さえあったら寝てるよ。一動作につき」 なんてジョークまじりに言ってくださる。 なかには娘が橋本病で小 [続きを読む]
  • 橋本病 8時間ダイエット 11月24日挑戦
  •  ダイエット情報というのはどこか胡散臭い。  さいきん代謝がまた落ちたのか、lang=EN-US style='font-size:11.0pt'>2日でなぜか4キロも太った。  さすがに、現状維持もできなくなり、ここが正念場ではないかと思案した。  沢尻エリカさんだったか、lang=EN-US style='font-size:11.0pt'>16時間なにも食べないでダイエットに成功。そんな記事があったことをぼんやり思い返し検索。&.. [続きを読む]
  • 誰も知ろうとしない橋本病
  •  太る奇病がある。 そんなことを唐突に言われたらほとんどの方は生返事になるだろう。  ある女性はバセドウ病が懐かしいと言いある女性は橋本力士だと言われ続けた。 バセドウ病は認知度が広いのになぜ橋本病はなぜ認知されないのだろう。  40代の10人に一人。 それだけの発症率にもかかわらず認知度があまりにも低い橋本病。  病気は痩せるものだと思いがちだが太る奇病があることを世間はなかなか認め [続きを読む]
  • 過去の記事 …