風神雷神 さん プロフィール

  •  
風神雷神さん: 神社前2F特設祭事場
ハンドル名風神雷神 さん
ブログタイトル神社前2F特設祭事場
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/matsurist/
サイト紹介文桑名宗社石取御神事を中心に各地の石取祭車、東海三県の山車、だんじりの見学記です!
自由文桑名市周辺の祭礼、上げ馬神事、知多型山車、名古屋型山車、だんじり(地車)の見学記です!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2013/09/12 04:33

風神雷神 さんのブログ記事

  • '17 松阪市 射和祇園祭①
  • 7/9 神戸から松阪へ!3年ぶりに射和祇園祭へやって来ました。前回は土曜日の曳き廻しを見たので、今回は日曜日の曳き廻しを見学します。日曜日は小屋台のみの曳き廻しです。大屋台は据え置かれていました。小屋台の後に、神輿二基が続きます。射和の神輿は神様が寝てしまわないよう、縦揺すりと横揺すりを行うのが見所です。休憩を挟みつつ、小屋台は曳かれます。タカサコ(高砂)かな?ここで順番の入れ替えです。①→⑥、⑥→① [続きを読む]
  • 掲示板更新情報 & 追記のお知らせ
  • 名古屋市中区若宮祭、緑区有松絞りまつり、清須市西枇杷島まつりを更新、追記しました!画像掲示板は→若宮祭、 有松絞りまつり、西枇杷島まつり、blog記事は→若宮祭、有松①、②、③西枇杷島まつり皆様も画像掲示板に祭礼画像をお寄せください!【お願い】皆様の (応援)がランキングに反映されます。私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!(有効カウント1日1回のみ)↓↓↓にほ [続きを読む]
  • '17 名古屋市東区 筒井町天王祭、出来町天王祭
  • 6/3 出来町天王祭の前日(まえび)です。6/4 筒井町は楽日(らくび)、出来町は後日(あとび)と呼びます。この日は徳川園にて筒井町、出来町の両山車が揃います。それに先立ち、筒井町では神皇車と湯取車が揃い出来町方面へ向かいます。出来町の3台も徳川園へと向かいます。徳川園で筒井町と出来町の出合いの儀を行います。答礼を行い、からくり人形の掛芸と楫方の技を競います。昼からは各地区に戻り、曳き廻されます。出来町は明倫小 [続きを読む]
  • '17 名古屋市東区 筒井町天王祭
  • 5/21 神皇車は棒締めです。湯取車は楫方練習が行われました。6/2は宵祭です。6/3は初日です。神皇車の力持ちです。楫棒を以前より少し前に出したようです。湯取車の本八重です。夜の出合いの儀です。(この記事の一部の動画・画像は、赤地注連縄くんにご提供いただきました)【お願い】皆様の (応援)がランキングに反映されます。私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!(有効カウ [続きを読む]
  • '17 清須市 西枇杷島祭り
  • 5/21 杁西町は空木立ちを行いました。 6/3 土曜日の西枇杷島の山車は僅かな間しか動いていないので、なかなか時間配分が難しいところ。背の順で並ぶのは、校長先生のお話を聞くためではなく、楫に入る順を決めるためです。有松から私が着いた時には、問屋町 頼朝車が曲場だったので、力強い技を楽しみます。背の順で整列し、棒端から一人づつ楫棒に入ります。曲場が終わるとズリで元に戻します。そしてからくり人形奉納です。橋詰 [続きを読む]
  • '17 名古屋市緑区 有松絞りまつり③
  • 6/3 中町から東町へ!・東町(橋東町)布袋車この山車は若宮祭で曳かれた旧下玉屋町の山車で、明和5年に造られました。上山の天井は二重折り上げです。前山狭間には亀の彫刻、端部には唐獅子の彫刻が入ります。堂山狭間には寛政6年に作られた、宝尽くしの彫刻が入ります。水引幕は鶴の刺繍で、当地にて明治25年に作られました。大幕は山本梅逸の下絵の四神。前人形は采振りで、天明8年の作。上山人形は文字書き(文字板有り)で二 [続きを読む]
  • '17 名古屋市緑区 有松絞りまつり②
  • 6/3 西町から中町へ!・中町(清安町)唐子車この山車は、天保年間造と伝わり南知多内海の豪商・前野小平治が私財を投じて造りました。知多の文化である毛槍や追幕が付きます。台輪も大きめで、鐶に大鼓を結びます。輪掛には青貝貼り付けられています。支輪にも彫刻が入っています。水引幕は波に鯉。水引幕の房は珊瑚です!幟や座布団カバーは有松絞りです!前人形は弘化4年 隅田仁兵衛真守の作。上山人形は文字書き(文字板無し) [続きを読む]
  • '17 名古屋市緑区 有松絞りまつり①
  • 6/3 有松の山車が見たくなり、絞りまつりへ!祭りの名前の如く、山車まつりではなく有松絞りのお祭りです。本来は10月の天満宮のお祭りに曳かれる山車ですが、毎年絞りまつりではからくり人形実演が行われます。・西町(金龍町)神功皇后車明治6年、久七により建造。水引幕は渡辺崋山の子で、日本画家の渡辺小崋による下絵。からくり人形は幣振り人形と神功皇后、武内宿禰。金具に有松天満社の梅鉢紋が見られます。有松の街(東海 [続きを読む]
  • '17 名古屋市中区 若宮祭
  • 名古屋型山車特集です!5/7 福祿寿車が曳初めをするとの事で、若宮八幡社へ。まずは神社に参拝。賽銭箱の木目が素晴らしい!奉納樽が日本酒ではなく、ワイン樽なのも都会的な名古屋らしい。蔵の前に置かれていた福祿寿車が、拝殿の前へと進みます。12時半の曳き出しに向けて、境内のギリギリまで動かします。12時半ちょうどに若宮大通へと曳き出されました。若宮大通から大津通へ。歩行者天国になっている大津通を北進します。GA [続きを読む]
  • 掲示板更新情報
  • 大垣市 大垣まつりを更新しました!画像掲示板は→大垣まつりblog記事は→①、②、③皆様も画像掲示板に祭礼画像をお寄せください!【お願い】皆様の (応援)がランキングに反映されます。私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!(有効カウント1日1回のみ)↓↓↓にほんブログ村にほんブログ村お財布.comは普段のお買い物やサービス利用がおトクになるサイトです。貯めたお財布コイ [続きを読む]
  • '17 大垣市 大垣まつり④
  • 5/14 夜宮の続きから!・宮町 猩々?・魚屋町 鯰?・岐阜町 愛宕?前述のため、?を担ぎ回す事はせず、観客席に向けてからくり掛芸を行いました。・本町 相生?この時、破裂音が聞こえました。後ろを担ぎ上げる大垣型の?ですが、前を担ぎ上げました。というのも、前輪の箍が切れてしまったのです。・伝馬町 松竹?・船町 恵比須?・船町 玉の井?これで全ての?が一巡しました。私達は、?の間を抜けて駅通りへ。駅通りでも?を回 [続きを読む]
  • '17 大垣市 大垣まつり③
  • 5/14 龍の口橋から水門川沿いに?が並び、夜宮に備えて飾り替えを行いました。染め抜きの夜幕も昼間とは違って、また雰囲気が変わります。夜7時、?に一斉点灯します。昨年、ユネスコ世界文化遺産登録された事から、観客はとても増えました。八幡神社境内には石碑も建立されました。八幡神社西側では役員との答礼があります。・新町 神楽?・新町 菅原??を勢い良く回す様を沢山のカメラが撮影するので、何枚かに一枚は他の人のフ [続きを読む]
  • '17 大垣市 大垣まつり②
  • 5/14 大垣まつり行列は、駅通りから八幡神社へと向かいます。?が先導し、龍の口橋から八幡神社前へ一巡し、二巡目に差し掛かるところで神輿が入ります。その後に?が続き、水門川沿いに並びます。・新町 神楽?・新町 菅原?・中町 布袋?・竹島町 大黒?・竹島町 榊?・俵町 浦嶋?・宮町 猩々?・魚屋町 鯰?・岐阜町 愛宕?岐阜町は後?を担がず、下に付いた車で楫を切ります。町内の中でもこの車の存在には賛否があるそうで、 [続きを読む]
  • '17 大垣市 大垣まつり①
  • 5/14 ユネスコ世界文化遺産に登録された大垣まつりへ。新大橋の交差点には神輿がありました。・天神・八幡懸魚は四神です。・稲荷駅前通りには?がずらっと並び、掛芸を行います!・新町 神楽?・新町 菅原?種板(文字板)を使わない物で、とても達筆です!・中町 布袋?年々彫刻も追加され、本山長押には禅の悟りに至る道筋を表した十牛図。最後の入鄽垂手(にってんすいしゅ)では、布袋和尚が別の童子と遊ぶ図なので、?の名前 [続きを読む]
  • 掲示板更新情報
  • 東員町大木 石取地車譲渡式を更新しました!画像掲示板は→大木blog記事は→①、②、③、④皆様も画像掲示板に祭礼画像をお寄せください!【お願い】皆様の (応援)がランキングに反映されます。私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!(有効カウント1日1回のみ)↓↓↓にほんブログ村にほんブログ村お財布.comは普段のお買い物やサービス利用がおトクになるサイトです。貯めたお財 [続きを読む]
  • '17 東員町 大木(石取地車譲渡式④)
  • 5/27 式典が終わり、奉納太鼓が行われました!三台の祭車でチキチンを囃します♪奏楽後、飾りを外します。屋根はクレーンで吊り上げられて外されました。桑名建築組合の皆さんが、ラップを巻き部品の欠落を防ぎます。屋形の柱を抜きましたが、私がお手伝いしていたので写真はありません。柱には滑車が付いており、愛知県の山車のように屋根が上下していたと考えられます。地車本体にも樋があり、屋根の柱を沿わせています。墨書き [続きを読む]
  • '17 東員町 大木(石取地車譲渡式③)
  • 5/27 譲渡式の続き、その②です!午前9時過ぎ、桑名宗社の氏子、桑名石取祭保存会の皆さんが大木に到着。記念撮影を行います10時から式典を行いました。猪名部神社の石垣宮司により清祓が執り行われます。祝詞の中に『国連教育科学文化機関(ユネスコ)』、『大木の郷は流鏑馬、上げ馬神事 大社祭の起こりし地』と他では聞けないもので興味深かったです。玉串奉奠は大木自治会長、桑名宗社宮司、桑名宗社責任役員、桑名石取祭保存 [続きを読む]
  • '17 東員町 大木(石取地車譲渡式②)
  • 5/27 譲渡式当日の続きから!地車には胴幕が約25年ぶりに付きました!図は富士の巻狩りです。前回の推測と同じく、木鼻から吊られていました。昭和45年の曳き廻しを最後に、石取地車としての役割を終え、その後平成初期までは盆踊りの櫓として活躍しましたが、近年は陽の目を見ずに蔵の中でじっと時が経つのを待っていました。平成29年、当初の姿を最後に飾ろうと、今回フル装備となりました。水引幕は並び矢紋のものがありました [続きを読む]
  • '17 東員町 大木(石取地車譲渡式①)
  • 2016/12/15 現存最古と思われる石取地車、大木地車が廃棄されるとの事で、桑名宗社に譲渡していただくための話し合いが行われました。私も歴史研究員補助で連れて行っていただき、地車を調査しました。ポンプ車や纏などが入っていた祭車庫を片付けていただき、左側に現祭車、右側に地車が置かれていました。屋根は外され、柱が立っているのみ。その他の部材は箱にまとめられていました。台輪は朽ちています。唐草の木鼻や持送。胴 [続きを読む]
  • 掲示板更新情報 & お願い
  • 神戸常盤町祭車庫披露、神戸南萱町彫刻新調、名古屋市西区平野町を更新しました!画像掲示板は→神戸宗社の祭礼、平野町blog記事は→常盤町、南萱町、平野町皆様も画像掲示板に祭礼画像をお寄せください!※桑名石取祭中は私が参加するため、blogへのリンク切れなどが起きる可能性があります。記事は予約送信のため自動で更新されますが、URLは記事配信後に決定するため、記事へリンクを貼るには手動作業となっています。ご理解い [続きを読む]
  • '17 名古屋市西区 平野町
  • 5/28 3年ぶりに平野町へ!昨年は片町の天幕披露、一昨年はお木曳きと地元での催しがあったので、名古屋まで行けず。着いた時には町内練りに動き始めました。とここで、津島南部の若衆に遭遇しました。彼らと色々南部祭車の事などを話している間に、町練りは終わり各町に祭車は停留する事となりました。・二番車長時間停車する時は、ジャッキをかけます。御幣を引っ掛けて折ってしまったようです。・一番車・三番車何気なく見ている [続きを読む]
  • '17 鈴鹿市 神戸南萱町 彫刻新調
  • 7/23 神戸南萱町の彫刻追加新調披露が行われました!と言っても、私は行けなかったので事前に見せていただいた時の様子をご紹介いたします。彫刻師は森双鶴さんです。平成23年の祭車新造時から、取り付けられていたもの(三角、持送)も含め紹介したいと思います。・三角(四霊)・持送(力神)・太鼓掛(風神雷神)新造時の太鼓掛を彫り直して、新たにされました。(旧彫刻)・桁(雲)こちらも元の桁を材料に加工されました。・階 [続きを読む]
  • '17 鈴鹿市 神戸常盤町 祭車庫新築披露
  • 7/9 神戸常盤町で祭車庫の竣功、階段蹴込彫刻新調披露が行われました。私達が着いた時には式典が終わり、祭車庫新築までの経緯などのお話がありました。お話を要約すると約40年前、祭車庫が火災に遭い、旧祭車は野晒しで放置されていました。衰退も考えられた状況でも、町内衆の皆さんのご尽力により祭車を改修し再興、神戸東町近くに祭車庫を建て、祭り前に祭車を町内に持ってきていました。近年は、祭車の老朽化もあり祭車を新造 [続きを読む]
  • 掲示板更新情報
  • 桑名市 東常盤町、吉津屋町を更新しました!画像掲示板は→第十一組、第五組blog記事は→東常盤町①、②、③吉津屋町①、②皆様も画像掲示板に祭礼画像をお寄せください!【お願い】皆様の (応援)がランキングに反映されます。私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!(有効カウント1日1回のみ)↓↓↓にほんブログ村にほんブログ村お財布.comは普段のお買い物やサービス利用がおト [続きを読む]
  • '17 桑名市 第五組吉津屋町 子ども体験会②
  • 6/11 吉津屋町子ども体験会の続きです!昭和53年の漆塗装に際し、不足されていた部位の彫刻新調を行いました。彫刻師は森西鶴。・雲板欄間(桐に鳳凰)・太鼓掛(松に夫婦鷹)祭車後部(太鼓の裏側)にまで全て彫刻が入っています。鬼木は平成17年に取り替えられました。(旧鬼木は神戸東町に譲渡)工匠は辻建築、彫刻は森双鶴、漆塗装は竹中佛壇店です。青貝が散りばめられた鬼木です。という事でこの祭車は、父・森晴鶴師とご子 [続きを読む]