山走子 さん プロフィール

  •  
山走子さん: こんな写真×詠んでみた
ハンドル名山走子 さん
ブログタイトルこんな写真×詠んでみた
ブログURLhttp://sansoushi.blog.jp/
サイト紹介文フォト×俳句 写真俳句 写真五七五 写真と俳句のコラボを楽しんでます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2013/09/12 16:17

山走子 さんのブログ記事

  • 梅雨寒(つゆざむ)
  • しっかしなぁ・・・・声だけは聞こえるんだよなぁ・・・悔しいなぁ・・・とにかく葉っぱが多すぎるんだよ・・・だんだん、鳴き声を口笛で鳴らせるようになってきたりして(笑)問題は、時間と天気が噛み合わないというかなんというか。アカショウビンはまだ一度も姿を写せて無いからなぁ・・目の前を何往復か飛翔した時もシャッター押せなくて。お〜っ!と、感動して眺めてたし(笑)なんとか今年中に撮影したいものである。[作品 [続きを読む]
  • 登山道
  • ホシガラス・・・・ライファー(嬉)ライファーってのは初めて出会う事が出来た鳥のこと。去年から何度ホシガラスを求めてあちこち行った事やら。ようやくですね。鳴き声だけ聞いていたら、ただのカラスなんだけど。この独特の模様はなかなか美しい。いったい、何と何が掛け合わさった鳥なんでしょ?(笑)トリミング前の画像も載せておこう。なんせ今回は12-100を使っての撮影だったりするので。ザックの中には100-400を入れておい [続きを読む]
  • 夏河原(なつかわら)
  • 「狼煙(のろし)のごとき煙」というか何というか。実景だったりするんだけど。野焼きしているのは、河川敷の畑の辺り。コムクドリの風貌がなんとなく三度笠に道中合羽って感じなんで(笑)毎度コムクドリを見る度に自分の中にはそのイメージ。決して可愛い雰囲気ではないんだよなぁ・・・まぁ高い木の上から狼煙で伝令を受ける・・的な(笑)こちら ↑ は、多分コムクドリのメスだと思うんだけど。まだこちらの方が幾分可愛さがあ [続きを読む]
  • あいの風
  • ツバメを狙ってもなかなか撮れないのに・・・チョウゲンボウ狙ってたらツバメまで一緒に写った(笑)しかもなかなか良い感じ。とにかく移動中の電柱には色々な鳥がいるわけで。本日はチョウゲンボウ。これは ↑ 結構近いところで見上げて撮った。瞬間的に逃げられた(笑)ツバメがチョウゲンボウを追っているのかな?二人の関係はどういう関係なんでしょ?下手すればツバメなんて補食されちゃうんじゃないですかねぇ?トリミングす [続きを読む]
  • 夏至
  • 今年はなんだかサシバに会う回数が多いような・・・トビかと思ってレンズを向けるとサシバの姿。電柱の先端に色々な鳥が止まっているのだけど。そのエリアによって、トビになったりノスリになったりサシバになったり。車で移動しながら、その姿を見つけると。なんとか車を停車させて近寄るわけで。とは言っても、人の姿には恐ろしく敏感みたい。毎度そんなに嫌わなくてもと思うのだが。まぁ仕方無い。向かってこられたらそれはそれ [続きを読む]
  • 昨日よりは発色が良いかと・・・(笑)ちょっと遠いんだよなぁ。もう少し近ければ綺麗に写ると思うんだけど。意外と口笛に鳥達が反応するのでビックリだったけど。自分で口笛吹いていると、何の鳴き声を真似ていたのか自分でも判らなくなってきて。これじゃぁ、鳥も反応しないやと諦める。下手な口笛を吹いて熊でも呼び寄せたらエライコッチャだよなぁ。独りでいるときは変な事は止めよう・・・林の中を風が抜けて行くだけで、それ [続きを読む]
  • 仏法僧(ぶっぽうそう)
  • 梅雨の時期なので、雨が降っていないだけでも感謝しなきゃ。・・・なんだけど。曇天過ぎて仏法僧の色が出ない(泣)羽が一部欠損しているみたいだけど、大丈夫なんだろうか?まだシーズンは始まったばかりだというのに。鳥の羽って再生するんだったかなぁ?遠いのと光が無いのとトリミングしているのと。色々重なってこの絵。やっぱり光が命だな。月曜日だから仕方無いか・・・ってわけでも無いけど(笑)オマケの1枚。大口を開けて [続きを読む]
  • 髪洗ふ
  • そう言えば、「髪洗ふ」っていう季語があったなぁ・・・と。別に夏じゃなくたって髪は洗うけどね(笑)なんでこれが夏の季語なんでしょ?それはそうと・・・・鳥の写真が無いぞ。あ〜困った困った。[作品写真データ]モデル: スズメカメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIレンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROシャッター速度:1/250F値:6.3ISO:400WB:オート露出プログラム:絞り優先トリミング無しLightroom CC2015 for [続きを読む]
  • 燕の子
  • 今の時期、ツバメがヒュンヒュンと飛び回っている。てっきり飛行訓練だとばかり思っていたんだけど。あるいは遊びで飛んでいる?この写真をみると、空中で虫を捕らえようとしているのが判る。補食ってことだけど。「燕の子」で夏の季語になっている。「燕」だと春の季語。今の時期に頻繁に見られるのは燕の子供なんだろうな。飛んでいる姿を見つけると、とりあえずレンズを向けてはみるものの。ほとんどまともに撮る事が出来ず。時 [続きを読む]
  • 空梅雨(からつゆ)
  • 鳥見のために、チョイと山間の場所に入る。だいたい「クマに注意」「マムシに注意」の看板が周辺にあるんだけど。「シカに注意」という看板は見た事が無い。シカには注意しなくても大丈夫なのかなぁ?可愛い顔してるし草食動物・・・だったよね?襲って来るって事は無いのかな?そもそも、ニホンジカかここにいること自体が異常事態らしい。食料不足が招いた事なのか、異常気象のせいなのか?動物たちの生態系に変化が起きているの [続きを読む]
  • 鳥見に出かけると、様々な野生動物に遭遇する。カモシカはかなり頻繁というか、案外良く出会う動物の一つ。人間を襲う事は無いらしいけど。サイズがサイズだけに怖い。これも距離は多分10メートル以内だと思う。換算600?のレンズでノートリミングの絵。それにしても、こうしてカモシカの顔を見ると、ハート型だったりする。これはこれで可愛いじゃないか(笑)ベジタリアンなんだろうなぁ・・・だから性格も温厚って事?葉っぱを [続きを読む]
  • 梅雨寒し
  • 左側のコゲラだけど。何となく幼鳥かと。で、オスの印の赤いリボンが見える。肉眼では判らなかったけど、写真にして大きくしたら赤いリボン発見。こちらの写真 ↑ の方が判りやすいかな?まぁとにかく、コゲラの赤いリボンをが写るとなんか得した気分(笑)なんででしょ?この時に、一度に数羽のコゲラが行ったり来たりしてたんだけど。最近、孵ったばかりなのかな?今の時期は鳥達の幼鳥が結構飛び交っている感じ。幼稚園の子ども [続きを読む]
  • 梅雨晴間(つゆはれま)
  • トビかなぁ・・・それでも一応撮っておこう。って事で、あとで確認したらどうやらサシバ。止まりモノのサシバは初めてだと思う。なかなか格好いい。車から降りて近くで撮ろうと思ったら。あっという間に気が付かれて逃げてしまった。結構距離があったので大丈夫かと思ったんだけど。思った以上に敏感って事ね。[作品写真データ]モデル: サシバカメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIレンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROシ [続きを読む]
  • 夏の川
  • キセキレイに限らずだけど。鳥撮りをするときに、なるべく近くで撮りたいので。そろりそろりと近づいて行く。で、だいたい途中で気が付かれて逃げられてしまう。場所が変わるので、それをまた追いかけて、そろりそろりと近づく。で、また気が付かれて逃げられてしまう。これの繰り返し(笑)無駄な時間と言えば無駄な時間なんだけど。まぁ、こういう過ごし方もある意味贅沢というか豊かなもんだ(笑)周りに様々な鳥達に囲まれて生 [続きを読む]
  • 夏料理
  • ハヤブサのヒナも巣立を終え。飛行訓練中。まだ親が餌を運んでくるのだけど。身体の大きさは親と同じくらいになっているような。巣にいる間は、親も一箇所に餌を運び込めば済んだけど。ヒナがあちこちに点在しているような状態だと大変。まぁ、子供どうしで餌の取り合いを防げるから良いのかもだけど。ハヤブサって子供のうちは身体が黒いけど。成長するに従って白くなるみたいだなぁ。どちらかと言えば親の方が格好いいかも。飛ん [続きを読む]
  • 扇風機
  • 俳句が雑だな・・・・(笑)とりあえず、撮した鳥の写真をアップしておきたいだけだったりして。チョウゲンボウが強風でフワフワとしていた。この木のてっぺんが好きみたい。で、ファインダーを覗いていたら飛び出した。おっ!これはラッキーシーン。メチャメチャ遠いので、イマイチ解像してないけど雰囲気ある写真かと。身体が揺れるほどの風だけど、その中をこちらに向かって飛んで来た。それだけ風を切る力があるって事だよなぁ [続きを読む]
  • 夏の川
  • 野鳥の会で出している長靴がとっても使い勝手がよくて。とても長靴とは思えないフィット感。普通に歩けるので重宝していたんだけど、穴が開いてしまった。長靴の穴ってのは致命的だよな〜自分はカメラのサイズが小さいものを選んでいるので。少々の川くらいだったら長靴を履いて渡ってしまう。それが自慢だったんだけど。ちょっと川に入ったら冷たさを感じてしまった。だったら、『長靴の穴を気にして夏の川』だろうって言われそう [続きを読む]
  • 梅雨寒(つゆざむ)
  • フクロウの飛んでいる所を撮影するってのも至難の業で。来年以降の課題だろうな。ノーアクションで飛び出している様に思えるし。飛んでいても羽音が全くしない。タレパンダですか?(笑)時々こんな ↑ 格好をするんだけど、これで休まるのかな?まぁ見ていて飽きない。大サービスのエンジェルポーズだったのに。なぜか、ボケボケ。どこにピンを持って行かれたのやら(泣)ポージングを要求しているわけでは無いけど、いきなりだから [続きを読む]
  • 夏座敷
  • 兄と妹という絵を想像してみた。兄と弟でも良いんだけど(笑)もちろん姉でも良いわけで。この句「妹が兄の後追ふ夏座敷」とした場合。さて、何人兄弟でしょう?という問題が作れる(笑)これ ↑ は、親と子の二羽だけど。掲句の場合、読み手がどのポジションで読むかによって答えは変わるはず。赤の他人のポジションだと兄と妹の二人兄弟だし。自分がその真ん中というポジションだと兄と自分と妹と三人兄弟だし。普通はどう読むの [続きを読む]
  • 南吹く(みなみふく)
  • 海まで五分なんて場所にはほど遠く。寧ろ山まで五分なんだけど(笑)まあ、なんとなく背景が海っぽいようなので。コチドリを河原でみつけようとすると、実は結構大変だったりする。かなり保護色というかなんというか・・・声は良く聞こえるんだけどね。姿を確認するのは視力検査でもやってるみたいな状態(笑)水のある場所まで歩いて来るのを待ってシャッターを押す。最近は姿を確認して慌ててシャッターを押すという事も少なくな [続きを読む]
  • シャワー
  • チョゲンボウのホバリング。この時は大サービスだった。何度も何度もホバリングしてくれて。しかも一度のホバリングの時間が長くて。飛んでいる鳥をマニュアルでフォーカス合わせたのは初めて(笑)まぁ飛んでいると言ってもホバリングだけどね。カメラのオートフォーカスを使っても距離がある時ってイマイチの時が多い。合焦音はしっかりと鳴っているにもかかわらず、なんか眠い絵になるって事。距離があるので、なかなか解像しな [続きを読む]
  • 喜雨(きう)
  • 後戻りなんてする事は無いよなぁ・・・転落する事はあっても(笑)見ている目の前でヒラヒラと転落したフクロウのヒナ。翼があるので、一気のドーンと落ちるわけでは無く。ヒラヒラというか、開いた傘を落とした時のような動き方。なので、身体に傷が付いたりって事も無いみたいで。しばらく地上にいたけど、自力で上がって行った。ってか、結構飛べるみたい。何を思っているのかな?自分の身体をだんだんと自由に動かす事を覚えて [続きを読む]
  • 青嵐(あおあらし)
  • 猛禽類を専門に撮る人達がよく言うのは「背撃ち」したい。とか「背撃ちを撮りたい」という台詞。高いところを飛んでいる鳥なので下から写す事が多いので「腹撃ち」が普通。なので、背中側から撮したいって事。写真は「ビンズイ」の背撃ち写真。小鳥の方が猛禽類より背撃ちは難しいかも(笑)貴重なのでいっぱいアップしておきましょう。この写真だけで鳥名を認識するのは難しいと思う。出来る人はかなりのバーダー。下手すればスズ [続きを読む]
  • 更衣(ころもがえ)
  • 夏服だからと言うわけでも無いけれど。胸元に目を奪われるのは、ある意味やむを得ないかと(笑)だからといって、それをフクロウと掛け合わせるなと、フクロウに怒られそう。頻繁にフクロウを観察していると、フクロウの有り難みさえ薄れて来たりして。人間の感覚というのはおかしなものだ。そして、少しでも見栄えのする写真にしようと色々考え始める。去年に比べたら、フクロウを撮っている回数が圧倒的に多いんだけど。親も子も [続きを読む]
  • 六月
  • また一つ時間が流れて六月となる。六月にそれほど強い思いがあるわけでも無いけど。梅雨の時期なんだろうな。OLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIのフォーカスに関して。止まっている鳥については基本的にSAF+MFを使っている。で、MFで追い込むために拡大モードが必須なんだけど。これをどのこのボタンに割り当てるか試行錯誤状態。さらに、拡大モードの解除がイマイチ不便なんだけど。まだ設定が甘いんだと思われる。この ↑ 写真は狙った [続きを読む]