hnakamura60 さん プロフィール

  •  
hnakamura60さん: 神戸在住のライオンズファンのブログ
ハンドル名hnakamura60 さん
ブログタイトル神戸在住のライオンズファンのブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tnakamura60/
サイト紹介文西武ライオンズの試合の感想や、チームのことや選手のこと、パリーグのことなどを書いて行きたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2013/09/12 21:33

hnakamura60 さんのブログ記事

  • 先発の差 9月16日対ホークス
  • 試合は全く見ていないが、優勝決定自体は時間の問題で、それでどうということはないのだが、ホークスと渡り合うためには、勝負どころでホークス打線と互角に戦える力のある先発がいるということはよくわかる試合でもあった。野上は悪い投手ではない。球の力、制球とも平均以... [続きを読む]
  • 続 パリーグ少考察
  • ロッテは来期以降も暗雲が出ている。伊藤監督は前からも何度か補強の訴えをしていたのだが球団首脳はおそらくチームの強化どころでなく親会社のトラブルに引っ張られているだけだったのだろう。涌井が出ていくというような話だし(メジャーでも案外、活躍するのではないかと... [続きを読む]
  • 最終盤へ向けて 9月6日 7−8で負け
  • 正直なところ楽天とのCSファーストステージは決まりつつあり、会場がどちらになるかで勝敗に大きく影響するという状況でもなさそうなので、カンカンになって目の前の試合を勝ちにいくというよりは、最終盤からポストシーズンの戦い方を固めていくために残り試合を使うことに... [続きを読む]
  • 9月1日 生観戦 7−2で勝利
  • 神戸での西武戦は今季最後なので、明日明後日大阪に行くようなことがなければ今季最後の生観戦。野上は立ち上がりからストレートで押し込み、フォークはいいところで落ちて良い状態に見えたが、ロメロにはいい当たりをされていた。とはいえ2回の1失点目まで見た感じでは6回2... [続きを読む]
  • 8月24日 最低の3試合
  • 今日も7時半頃帰宅してから経過をチェックし、終了。不正投球のことについて、投手はデリケートなもので、投げ方が開幕当初から変わっていて、それでこの時期になって急にチェックが入ったと言うが、どこがどう違反なのか、明確な指摘がないと修正もできないし、枝葉の枝葉... [続きを読む]
  • 8月18日 多和田完封(2週連続)
  • 球速があるのではない、大きな変化が特徴の上沢に10以上の三振を喫したこととか、終盤のだめ押しのチャンスにあと一本が出なかったこととか、そういった攻撃面でのよくないところはあったとはいえ、2試合連続で完封した多和田が全てという試合だった。打撃や攻撃は毎日コ... [続きを読む]
  • 8月16日 5−0で楽天に勝利
  • 試合展開はこれ以上ないほど理想的。岡本洋介は今日は出塁も少なく、相手の強力な外国人を試合のポイントで見事に打ち取るなど、とても良い内容だった。6勝0敗というのは凄い成績で、これで主力の一員、などという期待感は持てるわけではないが、この印象的な成績、謙虚な... [続きを読む]
  • 8月15日 天才の復帰戦
  • 今日は森が帰ってきた。中前打、左中間突破三塁打ともに素晴らしいスイング、強烈な打球だった。今日の乱戦に必要な打撃だった。今日の相手は一線級ではなかったので、明日の美馬は一つのポイントになる。ウルフは打たれる日もあるし、開幕当初からすれば9勝ですでにお釣り... [続きを読む]
  • 8月11日 昇格の是非
  • ロッテに敗戦した理由は踏ん張れなかった投手陣とともに、決め手に欠けた打線にもある。2軍戦にフルで出ている森は、打つ方に問題がなければ6番指名打者に最適な存在だが実戦復帰は今週なので時期尚早?打撃の才能は他を圧しているのだから早く上で見たくてたまらないのだ... [続きを読む]
  • 8月8日 大敗
  • 十亀が悪かった。そこに尽きる試合。2番手が崩壊すると試合はほぼ終了する。オリックスも2番手黒木は今日は制球がデタラメだった。オリックス吉田正尚を見ていて、家に置いてある「野球小僧」で数年前にT岡田と門田さんが対談していた記事を思い出した。谷上史郎さんは吉田... [続きを読む]
  • ベテラン選手とチームの編成
  • 全盛期を過ぎつつある選手をどのように起用するかは難しい。ただ、難しくなるのは主力の野手が主になる。投手であれば、先発、救援含め毎シーズン、一定の頭数がいるし、年毎に役割が変わったとしても、チームにとっては必要な局面があるからだ。阪神の投手陣を例に挙げれば... [続きを読む]