KT さん プロフィール

  •  
KTさん: 難病を治している奇跡の気功整体師
ハンドル名KT さん
ブログタイトル難病を治している奇跡の気功整体師
ブログURLhttp://ameblo.jp/kikou5a/
サイト紹介文脳梗塞の麻痺、リュウマチ、うつ病、癌など難病を奇跡のように治している不思議なある気功整体師のお話です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2013/09/13 12:09

KT さんのブログ記事

  • 日本では気功やヒーリングに対する認識は遅れている
  • 日本では、気功やヒーリングに対する認識は海外と比べて遅れています。 海外では、気功やヒーリングを国が公的に研究をしていたり、中には気功(ヒーリング)を受けるのに医療保険が適用になったり、ヒーラーになるための国家資格がある国まであります。 イギリスやカナダではヒーリングを受けるのに保険が適用になります。イギリスでは国家資格があり、アメリカやロシアでは国が公的に研究を行っています。 中国 [続きを読む]
  • 進行性の肺がんになりE先生の施術を受けにきたカイロの先生
  • 以前、東京でカイロプラクティックを営んでいる方から、自分のところに来たパーキンソン病の患者を、自分の手にはおえないのでE先生に紹介したという記事を書きました。このパーキンソン病の方は、現在ではかなり良くなって、日常生活は難なくこなせ、趣味の合気道ができるようにまでなっています。そのカイロの先生から三ヶ月ほど前にE先生のところに電話があったそうで、自分自身が進行先の肺癌を患っていることが分かったのだ [続きを読む]
  • 人を癒す度にどんどん強くなっているE先生の癒しの気の力
  • E先生が自分の癒しの能力に気づき、本格的に人を癒すようになってから6年近くになるそうです。最初の頃から難病を治すほどの力はあったのですが、日を追うごとにどんどん癒しの能力が強くなっているのを実感しているとのことです。E先生の元には、病院や他の治療方法では治らなかったさまざまな難病の方が訪れています。初めて対応する病気などは、半信半疑で施術を行うようですが、やってみると効果が出ることがわかり、こ [続きを読む]
  • 重症のアトピーが二回目の施術で肌の色が元に戻った
  • 20代の生まれつき全身がアトピー性皮膚炎の方がE先生の元を訪れました。 この方はかなりの重症のアトピーで、顔を赤く腫れ、全身の肌の色がゾウの皮膚のように灰色になり、瞼や頭まで赤く腫れて頭まで痒く、手は掻いた後が何重にも重なってゴワゴワしてるいる状態でした。 これまでに様々な治療してきたようですが、何をやっても一向によくならず、E先生の元を訪れたようです。 アトピーは難病の1つで原因がわからず、病 [続きを読む]
  • 質問・疑問その2 E先生の気功の施術料金は?等
  • ・なんで先生の名前を伏せているの? 私個人が勝手にやっているブログなので、先生の方へ変な問い合わせや批判がいくなど迷惑がかかるかもしれないからです。 ブログに書くことは先生の許可は取っていますし、記事の題材の提供もしてもらっています。 ・E先生の気功を受けたいが施術の料金、内容は? 1回5000円か9000円です。初診料のようなものはありません。料金は病気や症状の重さによって変わります。&nb [続きを読む]
  • 質問・疑問その1 なぜE先生は有名じゃないの?
  • 「E先生にそんなに能力があるならなぜ有名じゃないの?」このような質問を数件頂いたことがあります。 確かにE先生は有名ではありません。 ネットで私以外にE先生について書いている記事は一件もありませんでした。 受けているのはネットで情報を発信しないような高齢者の人が多いですが、ないのは意外でした。 なぜ有名にならないのか。私自身の見解を書きたいと思います。 1.宣伝や売り込みをしてい [続きを読む]
  • 権威でも治せなかった巨大結腸症の痛みが収まり良くなってきた
  • 巨大結腸症という病気で苦しまれている若い女性の方がいました。 私はこの病気について初めて知ったのですが、大便をうまく排泄できず、便秘のように腸の中に溜まってしまい、腸が巨大化してしまうという病気です。 先天性の病気で、 500人に1人程度発症するそうです。 この方は自力では便を排泄することができず、薬を飲むことでなんとか便を排泄していました。 また、小腸から大腸にかけて痛みにも走るとい [続きを読む]
  • E先生の気功で筋ジストロフィーが改善して筋力が回復している
  • 筋ジストロフィーとは、全身の筋肉が減少していき、筋力が低下してどんどん体が動かなくなっていく病気です。運動機能以外にも身体の様々な機能が低下していってしまい、命に関わる難病です。 遺伝子がかかわっている病気で、若年層に多く、その場合はほとんどが生まれつきの遺伝子の異常によるものとされています。 筋ジストロフィーにかかってしまうと治療法がないために、若くして発症すると短命で20歳から40歳くら [続きを読む]
  • 病院で治せない膠原病を治している奇跡の気功整体師
  • E先生の元には、これまでに膠原病の方が何人か訪れていますが皆さんかなり改善しています。病院では薬で症状を押さえるだけで治すのは無理とされている膠原病が良くなっているのです。膠原病とは、特定の病のことを指すのではなく、さまざまな自己免疫系の病気の総称のことをいいます。膠原病と呼ばれる病気には、関節リウマチ、 シェーグレン症候群、強皮症、全身性エリテマトーデスなど、数十の病気があると言われています。何 [続きを読む]
  • 気功で線維筋痛症が治った。線維筋痛症も治してしまう気功整体師
  • E先生の気功の力は、病気の種類や病名、症状問わずに癒す力があります。線維筋痛症の方が受けて、かなり改善してほとんど治ってしまった実績もあります。線維筋痛症は全身や、広範囲、もしくはどこかの部分に痛みが生じ、痛みは軽いものからかなりの激痛まであるとという大変な病気です。中高年の女性に多い病気です。日常的に強い痛みが出るので、日常生活にも支障きたしストレスも溜まってしまいます。これだけではなく、疲労感 [続きを読む]
  • 脳腫瘍が悪化した人のその後と、心の深い話
  • 前回、E先生の施術を受けて脳腫瘍が治りかかっていた人が、娘さんの縁談が決まった途端に悪化して、縁談の当日に病院に救急搬送されたと言う話をしました。病院では、意識が薄れて返事はするものの、後すぐに眠ってしまう状態でした。そして医師にこのまま意識がなくなり植物状態になる確率が高いので、今のうちに延命治療を望むかどうかのサインを求められたそうです。娘さんは頭が真っ白になってサインできずぼう然としてしまっ [続きを読む]
  • 病気を治すには本人の心構えが最も重要な理由
  • E先生には難病も癒してしまう先天性の高い癒しの気の力がありますが、病気を治すのはE先生だけの力ではありません。生活習慣病などの場合、病気を作っている、長引かせているのは多くの場合本人ですから、本人が変わらなければ根本的に病気は治っていかないのです。例えば小さなことで過度に心配してストレスを抱えてしまうような性格などです。本人がそのままだと、一時的に良くなってもまた再発してしまうのです。E先生の気功施 [続きを読む]
  • 難病を治すE先生の気の力とはどんなものか
  • E先生の気の力や能力とはどんなものなのか、これについて今回は書きたいと思います。E先生は、難病を治す能力を、気功教室などで習ったとか、誰かに弟子入りして伝授してもらったとか、自分で厳しい修行をして身に付けたとかではありません。先天的に人の病気を癒す能力を持って生まれてきています。強い弱いの程度の差はあれ、誰でも手の平から気のようなものが出ています。だから痛いや具合の悪いところがあると反射的に手を当 [続きを読む]
  • 病気は何のためにあるの?
  • E先生が奇跡的な力で病気を治しても、残念ながら本人のためにならないようなこともあるようです。例えば子どもを甘やかして無制限に何でも買い与えてしまうと、駄目な人間になってしまうというのに似ています。わがままで周囲に思いやりもなく暴飲暴食など好き勝手に生きてきて、病気になってしまった人がいたとします。そんな人が簡単に治ってしまったら、何の反省もなくまた同じことを繰り返すでしょう。簡単に治ってしまうとそ [続きを読む]
  • 一時間も心肺停止の状態から障害もなく回復した奇跡
  • 前回の四肢短縮症の胎児の手足が順調に成長したという話を書きましたが、この妊婦の方の友人が、心肺停止の状態で病院に担ぎこまれたそうです。病院で蘇生には成功したのですが、意識不明の状態で最悪植物人間にやってしまうか、意識が戻っても脳内の損傷は免れず、体の機能に影響が出て障害が残るということを医師に告られたのです。この方の奥さんが心臓が停止しているのを発見して救急車で病院に運ばれ、蘇生を開始したのが心 [続きを読む]
  • お腹の赤ちゃんに障害が発覚して絶望するも奇跡が
  • この方は千葉県に住む妊婦の方で、妊娠6ヶ月目に病院で検診を受けたところ、お腹の胎児が未熟に成長しているということが発覚しました。手足の成長が悪く、まだ30%程度しか育っておらず、四肢短縮症と診断されました。四肢短縮症とは、お腹の中で手足の成長がうまくいかず、手足が短いまま生まれてきてしまう病気です。そのまま手足が短いまま成長し、身長が低いまま大きくなってそのまま成人してしまうこともあり、小人症とも言 [続きを読む]
  • 脳梗塞?意識を失い倒れるも、緊急施術で救急車到着前に回復
  • 少し前にE先生が福島県を訪れた時のことです。福島県で養蜂場を経営しているYさんという方がいて、その方に会ったりしていました。福島県といえば原発事故の放射能の影響で農産物が敬遠されがちですが、蜜蜂は放射性物質が含まれた花の蜜は吸わないということがわかり、ハチミツにも放射性物質が含まれていないということで売り上げが順調に上がっているそうです。E先生が一泊して朝に帰ろうとすると、Yさんの奥さんからの電話が [続きを読む]
  • 進行性の乳がんの人と脳腫瘍の人のその後
  • 以前の記事で、進行性の乳がんにかかった方のことを書きました。この方は、 3ヶ月ほど前にE先生の施術を受けに来たときは、左の乳房にピンポン玉ほどのしこりがあり、脇の下のリンパにはビー玉ほどのしこりが2つありました。今では、それがほとんど目立たなくなり医者もかなり不思議がっているとのことです。しかし、先日E先生の施術を受けに来た時に「もうガンは完全に消えたと思っていたのに・・・」と不満の言葉を漏らしたそう [続きを読む]
  • 気功治療で癌が治った人が何人もいる
  • E先生の気功施術は、癌にも効果があるようです。今までに脳腫瘍、肺がん、乳がんなど、癌の方に5〜6名ほど施術をされているそうですが、皆さん治ったりよくなっています。効果があるのにE先生のもとを訪れるがん患者が少ないのは、まず「癌が治る」「癌に効果がある」ということは、薬事法で謳うことができないからです。もともと癌を気功で治そうと言う人は少ないですし、その中でE先生と出会うとなるとなおさらです。それでも難 [続きを読む]
  • E先生の気功施術で脳腫瘍が消え、半身麻痺も改善して歩けるようになった
  • 脳腫瘍を患っていた、埼玉県の浦和市に住む54歳の女性の方がいました。この方がE先生のもとを訪れたのは2013年9月のことです。この方は以前肺がんを患っており、戸田市の中央病院で肺がんの手術を受けたそうです。その時に凝血剤を投与したところ、脳出血を起こしてしまい、左半身麻痺になってしまったそうです。肺がんの手術は成功しましたが、あとになって考えてみたところ肺がんはビー玉くらいの小さなもので、手術の必要は全 [続きを読む]