hide さん プロフィール

  •  
hideさん: 脱サラして漫画家を淡々と目指す日記
ハンドル名hide さん
ブログタイトル脱サラして漫画家を淡々と目指す日記
ブログURLhttp://hidegogogo.blog.fc2.com/
サイト紹介文脱サラして漫画家を淡々と目指す日記です
自由文よしなに
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/09/13 21:35

hide さんのブログ記事

  • 原稿執筆
  • 連載ネームを描きつつ、スペリオールから頂いた短編依頼の原稿も描く。働かざるもの食うべからずである。いやまぁネームも仕事っちゃ仕事なのだが、ネームだけだとお金にならないのでそれを仕事と言うのもどうかと思うわけである。漫画だけで飯を食べることを考えると、それなりにヒットして印税生活が理想ではあるのだが、私は残念ながらまだそのレベルではない。なので二足か三足のわらじを履きつつ原稿描きつつネームも描きつつ [続きを読む]
  • ヤンジャン打ち合わせ
  • 色々あってヤングジャンプの担当さんと打ち合わせ。ご飯を食べつつパーソナリティ的な事も話す。それが企画のアピールになるかどうかは不明だが、使えるものは何でも使えである。ヤンジャンの編集システムは基本的に少年ジャンプと同じ、らしい。担当さんを通じて班長(編集主任)にネームを渡し、班長会議で企画の是非を決める。ちなみに他の編集部の場合、編集者と編集長がサシで決めたり編集長の一存で決めたりする。なのでここ [続きを読む]
  • ヤングジャンプ持ち込み
  • 連載ネーム持ち込み8箇所目。今度でラスト、ヤングジャンプ編集部。このブログではあまり書いていなかったが、私はヤングジャンプにも担当さんが居る。しかしスペリオールとモーニングで手一杯な所もあったので、今回は実に久々のコンタクトである。あと集英社はなんとなく修羅の国なイメージがあり近寄りがたかったのもある。なので今回はネームの持ち込みよりかは、どらかというとコミック出しましたので今後とも宜しく的な何か [続きを読む]
  • アフタヌーン持ち込み
  • 連載ネーム持ち込み7箇所目。今度はアフタヌーン編集部。相変わらずでかいビルの講談社へ。そしてアフタヌーン持込では相変わらず定番?のソファールームへ通される。暫く待っていると編集さんが来る。早速ネームを読んでいただく。一方離れた所で同時に別の作家の持ち込みが始まった。遠目でも「ドカッ」とか「バキッ」などの効果音が描かれているのが見えて、少年漫画のようである。ああやっぱり効果音のレタリングって重要だよ [続きを読む]
  • コミックバンチ持ち込み
  • 連載ネーム持ち込み6箇所目。今度はコミックバンチ編集部。編集部は神楽坂駅のすぐ近く。私が10年近く乗り降りしてきた駅のすぐ側とは…(気付かなかった)。編集部はテナントビルの一角にある。中に入ると、他社の漫画などがずらりと並ぶ棚が目を見張る。そして入ってすぐの所にあるソファで、電話で予約した編集さんに連載ネームを読んでいただく。私は渡されたバンチを読んでいる。バンチと言えば80年代ジャンプ黄金期の作家陣 [続きを読む]
  • モーニング持ち込み
  • 連載ネーム持ち込み5箇所目。今度はモーニング編集部。いつものでかいビルに行き、16Fの編集部へ案内される。話が飛ぶが、モーニングでの打ち合わせはいつも16Fの編集部であり、イブニングの場合は2Fの接客フロアであり、アフタヌーンの場合は3Fのソファールームである。各編集部毎にシマがあるのだろうか…たまたまかもしれないが。なおモーニングには担当さんが居るのでその方に読んでいただく。ちなみに4ヶ月くらい前に別の連載 [続きを読む]
  • アクション持ち込み
  • 連載ネーム持ち込み4箇所目。今度はアクション編集部。アクションは個人的にかなり注目している雑誌だ。「星守る犬」や「この世界の片隅に」等、定期的に全国規模で話題になる作品をコンスタントに輩出する雑誌だからだ。あと私がサラリーマン時代勤めていた会社の本社が神楽坂にあり、そこからやや離れた所に別事務所があり、そのすぐ近くが双葉社だったので気にもなっていた。こうして漫画を持ち込むことになるとは思っても見な [続きを読む]
  • ヒバナ持ち込み
  • 連載ネーム持ち込み3箇所目。今度はヒバナ編集部。誠に失礼なことに、ヒバナは読んだ事無い。ただ、小学館のアフタヌーンと呼ばれたIKKIの後継誌と言うことだけは知っている。IKKIには全おっさんが泣いた「俺はまだ本気出してないだけ」等、青年誌テイストの作家性の高い漫画が載って居た。その後継誌であるヒバナならばワンチャンあるだろうと感じたのだ。あと前回にも描いたが、その雑誌が今どういう漫画を求めているかは結局持ち込ん [続きを読む]
  • ビッグコミックオリジナル持ち込み
  • 連載ネーム持ち込み2箇所目。今度はビッグコミックオリジナル編集部。連載ネームは30代くらいの層を狙った歴史もので、少女が主人公だ。なのでビッグコミックオリジナルの年齢層とはちょっとズレると思うのだが、知りもしない編集方針を邪推するのもあれなのでとにかくまずは持ち込んでから考えるのだ。と言う訳で小学館へ。編集部の階層に横付けされた接客スペースで読んでいただく。事前の電話では、時間が無いのでとりあえず1話 [続きを読む]
  • イブニング持ち込み
  • 連載企画を8編集部全てに持ち込んだので、順次持ち込みレポをして行こうと思います。(どんな企画を持ち込んだかは全てが決まってからそのうちアップします。)ちなみに企画内容は歴史モノ+群像劇モノ漫画のネームです。まずはイブニング編集部から。3ヶ月ぶりくらいに講談社に着く。相変わらずでかい。しばらくして編集さんが来て、2Fのフロアに通される。連載企画を見て頂き、私は持ってきていただいたイブニングを読む。おお、 [続きを読む]
  • 8編集部持ち込み
  • 仕事先を増やしたいなぁと言うことで、連載ネームを持って8箇所ほどの編集部を回っている。現在7箇所まわり、残り1箇所。どこもケンもホロロということも無く、とりあえず描けば読んでくれるというのがこの業界の良いところである。持ち込みは連載3話分(30ページ/18ページ/16ページ)のネームと、名刺代わりの単行本。通常持ち込みといえば完成原稿であるが、単行本があれば作画見本にはなるのでネームで良い…と言う決まりがある [続きを読む]
  • ファンタジー漫画
  • 今描いている雑誌にファンタジー成分が足りないと言う事なので、それを描いてみないかという話を頂く。ファンタジーねぇ…まったくわからん。私が描く漫画は業界モノか歴史モノが多く、ファンタジーモノは描いたことが無い。若気の至りで1度だけ中学生頃に描こうとしたが、1ページも持たずに飽きてしまった。業界漫画は取材を重ねてその中で面白いネタを掘り出してキャラにぶん投げすれば出来上がる。しかしファンタジーだと、取材 [続きを読む]
  • 「東京昆虫ムスメ」の没ネーム(ヒル編)をアップしました
  • こちらから閲覧出来ます。当初は具体的地域名も出ていたのだが、それでこういうネタというのは出版コードに抵触、つまり差別的表現にあたると編集長からお達しを受ける。(なのでアップしたバージョンは、地域名等、色々微妙な所をぼかしています)無論私としては差別的意図は毛頭無く、異文化に対する驚きと発見を漫画にしたかっただけではあるのだが、こういうのは受け手次第だ。表現の自由と声高に叫ぶのは気持ちよいだろうが、 [続きを読む]
  • 連載企画提出
  • 3ヶ月ほど描き続けてきた連載企画を提出。どおおおなるかなああああああ。ちなみに企画完成までに描いたネームは約500ページ・食らった没は18回でした。うーむ…今回の企画は私のテンションもそれなりに高かったので、色々使い道はありそうではある。並行して別案件のネームもガシガシ描かねば…とにかくこの世界、色々手足を伸ばさないとやって行けぬ。 [続きを読む]
  • 人工知能に漫画を描かせてみた
  • chainerというオープンソースのニューラルネットワークライブラリに、深層学習モデルDeep Convolutional Generative Adversarial Networks(DCGAN)を組み込み、人工知能に絵を描かせられるようなのでwebデモを試してみた。とりあえず萌え系漫画っぽい絵で黒髪ロング+セーラー服多め黒髪ショート多めよれよれな絵が多いけれど時々ハッとする絵を描いたりしてびびる。尤も今のところまだまだ判子絵だらけ、構図が単調といった点も当 [続きを読む]
  • 生え抜き
  • ブログの更新がのんびりしているのは漫画かネームをがしがし描いているからなのだが、余り更新しないと死んでいると思われそうなので更新。今日も打ち合わせ。連載ネームの2話目がどうもパンチ不足なので、1話で使った強力なキャラを起用する事となる。私にも編集さんにも話のアイディアが無いわけだが、強力なキャラならキャラが勝手に話を転がしてくれるのでそれに期待する。あと短編の仕事も頂いており(載るかどうかはアレだが [続きを読む]
  • 短編掲載
  • スペリオールの今週号に短編を描きました。といっても6ページですが…「御伽坊主」という題名です。後ろの方にちんまりと載っているので宜しくお願いします!感想はこちらからお願いします。この作品は3ヶ月くらい前に編集部の方からとにかく何か短いの描いて!と言われ、6日くらいでちゃちゃっ描いたもの。当初このネームを出したのだがイマイチで没となり、次に3時間くらいで考えたのが今回の話。丁度東京都の築地移転問題でバタ [続きを読む]
  • 没ネーム「峠の茶屋」をアップしました
  • 試し読みはこちら。スペリオールで誌面に穴が開きそうということで、急遽原稿依頼を受けてとりあえずネームに起こしたもの。叙情的な話を目指してみたのだが、どうもしっくり行かず、担当さんの受けも悪い。hide「やはりページ数が少ないと難しいですねぇ叙情系って。」坦「いえ、才能の問題でしょう。」しれっときついことを言う担当さんである。漫画は100人居れば100通りの描き方があると思うが、私の場合キャラに好き勝手に動い [続きを読む]
  • 年の瀬打ち合わせ
  • カタギの企業はとっくに仕事納めになっているが、そんなの関係ないということで年の瀬になっても飯を食いながら担当さんと打ち合わせ。ネームは3話分あり、最初の1話の作中のとあるシーンで主役を一人で行動させていたのだが、どうも感情移入できないということで直しとなる。そこでこのシーンを主役一人だけでなく脇役と組ませてみたら、こちらが意図しないレベルでスイスイ動いてくれて通る。漫画はホントに配役が全てだと思う。 [続きを読む]
  • 掲載情報
  • 来月の上旬(多分)に発売されるスペリオールに短編を描きました。歴史+政治+推理の血沸き肉踊る愛憎入り混じるサスペンス大河ドラマです。(超短いけど)是非ご一読くださいっ!お金欲しいのでもっと短編の仕事ください!と言ったら君はそんなことするよりはよ連載取りなさいという流れでなんともアレである。まぁサクッと取れれば楽なのですが…!というわけで世間的には既に仕事納め済みなのだろうけど、これからまた打ち合わ [続きを読む]
  • ひたすら打ち合わせ
  • またもや外で打ち合わせ。週二の外での打ち合わせは久々である。小学館の新社屋の打ち合わせ場所は2Fの接客スペースがメイン…のようなのだが、6Fにあるコミック局すぐ横にも打ち合わせブースがある。これがずらりと横一直線に並んでおり、近くを通るとネームやら原稿やら丸見えなのだが、座る人座る人皆豹のような目をしている。これはきっとアレである。私のようなペーペーでなく、漫画で飯が食えている立派な作家さんである…と [続きを読む]
  • 新社屋で打ち合わせ
  • スペリオールでの打ち合わせは最近は飯屋や喫茶店での打ち合わせが多かったが、一度新社屋を見ておきましょうということで今回は小学館の新社屋で打ち合わせ。こちらは2年くらいずっと建て替えしていたものだ。さぞエライ事になっている…と思いきや、何か以前とあまりかわっていないような・・・神保町駅を出たところに見えるロイホの風景とか、私が学生時代にスピリッツで描いていた時まんまである。錦友館はとっくの昔に無くなって [続きを読む]
  • 48ページ
  • 連載第1話はそれを読んだだけで単行本1冊買いたくなるくらいの、その漫画の全てを込める必要がある…とモーニングの担当さんと話し、48ページのネームを作成。これがまぁやはりというなんというか、エライ難儀した。漫画は長編より短編が難しいと一般的に言われる。で、私はここ1年散々6Pから24Pまでの短編を書いてきたので、48ページなんてエピソード増やせばいいだけやんとタカをくくっていたのだが、これが中々難しい。感情表現 [続きを読む]
  • ひさびさびさびさのモーニング
  • 現在スペリオールに連載企画を提出しており、その結果待ちなのだが、その結果をぼーっと待ってれば良いほどこの世界は甘くない。漫画家はヒットを出せなければ、コンスタントに作品を発表し続けるしか生きる道は無いのだ。そして漫画は掲載されて初めて報酬が得られるわけで、いくらネームで頭捻ろうが根詰めて作画しようが、載らなければそれは遊んでいたと同義なのだ。と言うわけでスペの結果を待つ間に掲載の場を広げる為、久々 [続きを読む]