Hiro さん プロフィール

  •  
Hiroさん: ヒロシズム HIROSHISM ワタシの後のわたし
ハンドル名Hiro さん
ブログタイトルヒロシズム HIROSHISM ワタシの後のわたし
ブログURLhttp://philotake.blog.fc2.com/
サイト紹介文わたしが聞いたわたしの詩(うた)。思想なき、その思想の世界。どこにでもある“素朴な風景”とともに。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2013/09/15 10:01

Hiro さんのブログ記事

  • 一切開放
  • すべてを開放する内もなく外もなく心と体の区別なく何かを残して何かを隠すのではなく残るものは微塵もなく抑えるものは何もなく考えることは何もなくすべてのすべてを開放する [続きを読む]
  • わかっている
  • なぜわかってもいないことをわかったようなふりをしているのですか?私が何かがわかっていると言ったことが一度でもありますか?ではなぜ自分の気持ちが傷つけられたり蔑まれたりするような気分になるのでしょう?それはあなたがわからないということを素直にわからないと認めようとしないからではないですか?まるで意味がわからないのですが?あなたは多くのわかっていないことに対して推測や憶測だけを紡いでまるでわかったよう [続きを読む]
  • Broadcast - Come On Let's Go
  • なぜわかってもいないことをわかったようなふりをしているのですか?私が何かがわかっていると言ったことが一度でもありますか?ではなぜ自分の気持ちが傷つけられたり蔑まれたりするような気分になるのでしょう?それはあなたがわからないということを素直にわからないと認めようとしないからではないですか?まるで意味がわからないのですが?あなたは多くのわかっていないことに対して推測や憶測だけを紡いでまるでわかったよう [続きを読む]
  • よつをさん(1)
  • なぜわかってもいないことをわかったようなふりをしているのですか?私が何かがわかっていると言ったことが一度でもありますか?ではなぜ自分の気持ちが傷つけられたり蔑まれたりするような気分になるのでしょう?それはあなたがわからないということを素直にわからないと認めようとしないからではないですか?まるで意味がわからないのですが?あなたは多くのわかっていないことに対して推測や憶測だけを紡いでまるでわかったよう [続きを読む]
  • 諦是よつを
  • 私は「よつを」私はわたしタメ口の詩やヘタウマ墨字は大嫌い茶の間やトイレで悟りの勉強ナンセンス私は「よつを」私はわたし凡夫の中の大凡夫つまりごく普通のどこにでもいる特別な人だけどそれは内緒だよ私は「よつを」私はわたし「ていぜよつを」と申します [続きを読む]
  • どの世
  • この世が終わってもあの世があったり次の世があるという人がいるしかしそれらがどれほど偉大な宗教家や高名な学者そして信頼のおける人間からまことしやかに語られたとしても自分の実際体験としてはっきりした意識や記憶になければただの絵空事に外ならない本当に客観的な人は肯定も否定もしないという立場をとるだろう肯定も否定もしない人にはいったいどの世が見えているのだろう [続きを読む]
  • あなたは何故
  • もっとも宗教的な人たちがもっとも好戦的でもっとも宗教的な人たちがもっとも偽善的でもっとも宗教的な人たちがもっとも利殖的だあなたはそういう“普通の事実”を見たことがないのかあなたは何故何の検証もせずに盲目的にそれらの聖典と呼ばれる教えを信じるのかそしてあなたは何故ひとり生まれてひとり死んで行くというのにそのたったひとりから生まれる“素直な生き方”すら信じられらないのか [続きを読む]
  • Broadcast - The book lovers
  • もっとも宗教的な人たちがもっとも好戦的でもっとも宗教的な人たちがもっとも偽善的でもっとも宗教的な人たちがもっとも利殖的だあなたはそういう“普通の事実”を見たことがないのかあなたは何故何の検証もせずに盲目的にそれらの聖典と呼ばれる教えを信じるのかそしてあなたは何故ひとり生まれてひとり死んで行くというのにそのたったひとりから生まれる“素直な生き方”すら信じられらないのか [続きを読む]
  • 理解と開放
  • 簡単そうに思えて難しいことそれは自分の心の理解難しそうに思えて簡単なことそれは自分の心の開放 [続きを読む]
  • 仕事がスポーツで
  • 私はスポーツマンではないけれど仕事は100パーセントスポーツだと思っているだから仕事の最中は自分の姿や格好はどうでもよくあちこち追われるように飛び回り複数の課題に同時に取り組み休み時間を忘れるほど没頭している難題が起きれば正面からぶつかり眉間に皺寄せ苦虫を噛み潰したような顔をし他人が遠慮をしてまるで近づき難くなっている常に全力で常にはらはらで常に尻に火がつきどこで仕事が始まりどこで仕事が終わるのか [続きを読む]
  • Bebel Gilberto - Aganju
  • 私はスポーツマンではないけれど仕事は100パーセントスポーツだと思っているだから仕事の最中は自分の姿や格好はどうでもよくあちこち追われるように飛び回り複数の課題に同時に取り組み休み時間を忘れるほど没頭している難題が起きれば正面からぶつかり眉間に皺寄せ苦虫を噛み潰したような顔をし他人が遠慮をしてまるで近づき難くなっている常に全力で常にはらはらで常に尻に火がつきどこで仕事が始まりどこで仕事が終わるのか [続きを読む]
  • 見ているだけ
  • 気の向くままおもむくまま流れるまま漂うままいつでもどこでもボーッとするボーッと以外に何もすることがなくただひたすらボーッとする姿勢を選ばず呼吸を整えず心は乱れ放題に仕事中も食事中も休憩中も何かの時も何かでない時もやり方なんてまるで関係がない見ているだけこれが私の究極瞑想 [続きを読む]
  • Bebel Gilberto / Momento
  • 気の向くままおもむくまま流れるまま漂うままいつでもどこでもボーッとするボーッと以外に何もすることがなくただひたすらボーッとする姿勢を選ばず呼吸を整えず心は乱れ放題に仕事中も食事中も休憩中も何かの時も何かでない時もやり方なんてまるで関係がない見ているだけこれが私の究極瞑想 [続きを読む]
  • いつもの闘い
  • 初めに一人目が出てきて次に二人目が出てくるさらに三人目四人目と出てきて騒然となり最後は収拾がつかなくなるこれが誰もが経験しているそして逃れられないと思っている心の中の“いつもの闘い”しかし理解のおとずれた人にはいつも一人目しか出てこないそれは強制されたものではなく抑圧されたものでもない葛藤が自然に吹き消された状態いつも一人目しかいないというのはいわゆる平和なのではないだろうか [続きを読む]
  • Good morning sun - Piero Umiliani
  • 初めに一人目が出てきて次に二人目が出てくるさらに三人目四人目と出てきて騒然となり最後は収拾がつかなくなるこれが誰もが経験しているそして逃れられないと思っている心の中の“いつもの闘い”しかし理解のおとずれた人にはいつも一人目しか出てこないそれは強制されたものではなく抑圧されたものでもない葛藤が自然に吹き消された状態いつも一人目しかいないというのはいわゆる平和なのではないだろうか [続きを読む]
  • 誰得
  • 単刀直入に平然と心の底から人の信じるものを否定し人の愛するものを笑い人の生き方を蔑ろにするそれというのはいったい誰得なんだろうか私だろうかあなただろうかそれとも [続きを読む]
  • 争い
  • あなたの神と私の神が違うときに争いが起こるあなたの神と私の神が同じであれば争いは起きないあなたの神とはいったい何なのであろうか髭をたくわえ両手を広げた長髪の青年なのか伏し目がちに樹下で黙想する修行者なのかそれともその対象を持たないという対象のあり方なのかしかし争いを無くするには外に目を向ける必要はない自分の中に複数の神がいてお互いに闘っているのをただ見るだけでいい [続きを読む]
  • O Que Sera / Nara Leao
  • あなたの神と私の神が違うときに争いが起こるあなたの神と私の神が同じであれば争いは起きないあなたの神とはいったい何なのであろうか髭をたくわえ両手を広げた長髪の青年なのか伏し目がちに樹下で黙想する修行者なのかそれともその対象を持たないという対象のあり方なのかしかし争いを無くするには外に目を向ける必要はない自分の中に複数の神がいてお互いに闘っているのをただ知るだけでいい [続きを読む]
  • Nara Leão - Fotografia
  • あなたの神と私の神が違うときに争いが起こるあなたの神と私の神が同じであれば争いは起きないあなたの神とはいったい何なのであろうか髭をたくわえ両手を広げた長髪の青年なのか伏し目がちに樹下で黙想する修行者なのかそれともその対象を持たないという対象のあり方なのかしかし争いを無くするには外に目を向ける必要はない自分の中に複数の神がいてお互いに闘っているのをただ見るだけでいい [続きを読む]
  • もう十分
  • もう十分生きているのに何か他の特別な生き方がないだろうかとそういう人物を探しているもう十分努力しているのに何か他のパフォーマンスがないだろうかと見た目に工夫を凝らしているもう十分考えているのに何か他のアイディアがないだろうかと眉間にしわ寄せ考えているもう十分愛しているのに何か他の愛情表現がないだろうかと相手に媚を売り続けているもう十分反省しているのに何か他の謝罪方法がないだろうかと気持ちの画策をし [続きを読む]
  • 神経症と呼ばれるもの
  • 単に「不安」と呼ばれていたものが自分に邪魔な存在として意識されたときに「ストレス」となりそしてそれを排除しよう闘おう忘れようとして「神経症」となるだから「神経症」と呼ばれているものの多くは自分の心の声を聞かない人自分の個性を認めない人自分を分裂させてしまう人そういう人に起こるのだもとに戻ってそのままの「不安」をすべて受け容れ何も判断しないときに病という言葉が消えるのだ [続きを読む]
  • Soft Machine - Teeth
  • 単に「不安」と呼ばれていたものが自分に邪魔な存在として意識されたときに「ストレス」となりそしてそれを排除しよう闘おう忘れようとして「神経症」となるだから「神経症」と呼ばれているものの多くは自分の心の声を聞かない人自分の個性を認めない人自分を分裂させてしまう人そういう人に起こるのだもとに戻ってそのままの「不安」をすべて受け容れ何も判断しないときに病という言葉が消えるのだ [続きを読む]
  • 自分ファースト
  • 自分ファーストは政治じゃない自分ファーストはエゴと逆自分ファーストは超大悟自分ファーストは無上の愛自分ファーストで世界も変わる [続きを読む]