トトちゃん さん プロフィール

  •  
トトちゃんさん: トトロのパソコン珍道中
ハンドル名トトちゃん さん
ブログタイトルトトロのパソコン珍道中
ブログURLhttp://toto-tyann.cocolog-nifty.com/
サイト紹介文図形プログラミングの作品や、そのプログラムの紹介と、理科の教材、役立ちそうな試みを紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 276日(平均1.5回/週) - 参加 2013/09/15 15:28

トトちゃん さんのブログ記事

  • Scratch で図形プログラミングを楽しもう(6)
  •  昨日の図形のプログラムは、次の通りです。     同じ「星」の定義ですが、少し変えています。ペンを上げた後に、50歩移動  いています。これが大事です。移動しなければ、5回同じ場所で星を描くだけ  です。ペンを上げて移動することで、足跡が残りません。 次に変わっている所は、星の大きさを30歩にして、小さくしたところです。  大きくすると、星が重なってしまいます。  後は、右に40度ずつ角度を変えて、9回星 [続きを読む]
  • Scratch で図形プログラミングを楽しもう(5)
  •  この図形は、昨日の星を3回描いたプログラムを少し応用したものです。  昨日のプログラムは、星が3個とも、中心でつながっていました。  これは、つながっていません。  さあ、どうすればつながらずに、星を9個丸い円周上に描けるのでしょうか?  考えてください。昨日のプログラムを少しだけ手直しするだけです。 [続きを読む]
  • Scratch で図形プログラミングを楽しもう(4)
  •  Scratch の基本図形をもう少し増やしましょう。  星型です。 これには2種類の書き方がありますが、そのうちの一つを使い ます。  まず、必要なプログラムを書きます。    星の定義と、前もって図形を消すプログラムも用意します。  ここまでが、準備です。  この基本図形「星」を3個角度を変えて描きます。  120度ずつ、3回繰り返せば、1週することになります。120×3=360  こうなりました。完成です。   [続きを読む]
  • Scratch で図形プログラミングを楽しもう(3)
  •  昨日のプログラムは、考えられたでしょうか。  まず、基本的な4つの図形を定義しておきましょう。    色は、何にしても自由です。  50歩動かすにしていますが、大きくすれば図形が大きくなるだけです。  これを順に描かせれば良いのです。 図は、こうなります。 昨日より、小さいのは、歩数を80から、50に減らしているからです。       これでは、対称図形になっていません。 さあ、どうするかです。  ネコのスプ [続きを読む]
  • Scratch で図形プログラミングを楽しもう(2)
  •  Scratch で、図形を描くプログラムを考えていきます。  いきなり、再帰プログラミングも、難しいですから、基本的なものから、  紹介します。  基本図形、三角形、四角形、五角形、六角形を使った図形です。  この図形は、4つの基本図形を1回ずつ描いたものを、方向を変えて、  対称形にして、もう1回描いて出来ています。  さあ、どんなプログラムになりますか?  答は、明日にします。考えてください。 これまでの、 [続きを読む]
  • Scratch で図形プログラミングを楽しもう(1)
  •  前回、再帰なしでも、四角形をもとにしたフラクタル図形を描くプログラムを 紹介しました。 さらに、その続きです。  この、図形は、前回より1回繰り返しを増やしました。   このように、入れ子構造で、基本となる四角を描くプログラム  「前に何歩か進み、90度向きを変える」 と言う動きを4回繰り返す。  この基本プログラムを4回繰り返して描いていることになります。  考え方は単純です。  この考え方が、再帰 [続きを読む]
  • 再帰なしの四角形のギャスケットのプログラム
  • 再帰なしでも、四角形のギャスケットはScratchで描けます。 どうするのか? もちろん、タートルグラフィックなので、関数なんかは使いません。 座標もいりません。 何度も入れ子構造で、繰り返しをすれば良いだけです。 今回は、プログラムをお見せしながら、説明します。   繰り返しが1つだけなら、四角は1個しかできません。  繰り返しが入れ子構造で2回になると、大きな四角の中に、さらに小さな四角が  できます。 [続きを読む]
  • Scratch での再帰プログラミングについて
  •   Scratch でも、当然、再帰プログラミングはできます。 これまでにも、色々な  図形を描きました。  しかし、LOGOに比べると、やはり、 タートルグラフィックでは、LOGOが最高に適しています。 他の言語より短くて簡単なプログラムで実行できます。  ここにきて、小学校からプログラミングがなされるなら、再び、LOGOを見 直すべき だと思います。そうしないと、大きな損失です。  簡単に出来ることを、むりやり困 [続きを読む]
  • 秀頼が大きいのは当たり前!
  •  秀頼が大柄だったことは、伏見城で家康と会見した記録からも、有名な ことです。そのことから、秀吉の子ではないと言う、憶測も生まれました。  なぜなら、秀吉は小柄だったからです。  しかし、それは、おかしな話です。  それには、当時は、女の人は、小柄だったと言う、勝手な思い込みがある  と、思います。今なら、母親が大きければ、子が大きくなって当たり前です。  淀君が大きければ、文句なしです。  実は、淀君 [続きを読む]
  • トレース水彩
  •  トレース水彩とは? 写真を正確に写し取って、それに色を塗っていく描き方ですね。  デッサンは? と、言いたくなりますが、結構、プロの絵描きさんでも、やっている  とのことで、それもありかと思ってしまいました。  確かに、トレース水彩の作品を見ると、実にうまくできていますよね。  トレース水彩のやり方で、絵の濃淡をうまく描くのは、とても参考になると思いました。 [続きを読む]
  • 巨大積乱雲 スーパーセル
  •  スーパーセル(巨大積乱雲)と聞くと、アメリカの様な大陸では珍しくはないのでしょうが、日本でも発生しています。 今年、8月22日、夕方から夜にかけて7000発の雷が落ち、日本では過去に見られなかったほど大きなスーパーセルが出現していました。 それは、愛知県一宮市で、直径10キロ以上と見られるスーパーセルが上空を覆いつくしました。 この写真は、アメリカのものです。 不気味で、こんなのが現れるだけで、寒気がし [続きを読む]
  • Scratch で星の二重円を描きました。
  •  Scratch で、星の二重円を描きました。 プログラムは、簡単なものですが、 二重円にするために、ちょっと工夫がいりました。  昨日の図形と同じです。 このような図形は、Logoの方が楽にできますね。  もっとも、Logoプログラミングに慣れていることもありますが。   [続きを読む]
  • 円を繰り返して出来る図形
  •  円を繰り返して作図すると、こんな図形が出来ました。 何回繰り返しているか、数えるのも大変です。 色々出来て、これも  また、楽しいものです。  どんな順序で、繰り返すと出来るのかを考えるのも、プログラムの 学習になります。 以外に、簡単なプログラムではないのですよ。 ちょっとした、工夫がいります。   [続きを読む]
  • 百人一首の練習用プログラム
  • Visual Studio 2017 で、プログラミングをしています。  百人一首の練習用プログラムと、十進数を表示するプログラムを作りたいと  思っています。以前、C++ で作りましたが、今回は、C# を使います。   似たようなものです。  それが、出来たら、次は、脳トレ用の神経衰弱などはどうかと思ってます。  この写真は、以前、作ったものです。 式子内親王の歌の上の句です。  女性の歌だと、女性の画像が表示され [続きを読む]
  • Scratch で、星の美しい再帰図形を描きました
  •  再帰図形の中でも、これが一番きれいだと思います。  星の形を4階層まで、再帰させました。 以前、Logoで、描いたプログラムを Scratch のプログラムに書き直しました。  階層4では、両方の図形をならべています。 どちらも、きれいに描けました。  Logoの方は、バックが黒なので、色は鮮やかにみえます。 階層2〜4まで、3段階に再帰させると、こうなります。 階層2階層3 階層4 階層4 Logo坊で作成 [続きを読む]
  • Scratch で、シェルピンスキーのギャスケットを描く
  •  昨日、シェルピンスキーのギャスケットを Logo坊 と、Scratch で描きましたが、 今日は、そのギャスケットの変形版を Scratch で描きました。 右側が、普通のギャスケットです。 左は、変形版です。 プログラムの実行順番を入れ替えるだけで、形が変わるのです。 Scratch で、定義{ギャスケット} 中の再帰する箇所の順番を変えています。 再帰させるプログラムは、ここには書きませんが、Logo坊で描いた時のプログラム [続きを読む]
  • Scratch で再帰プログラミング(2)
  •  昨日に続いて、Scratch で、再帰(リカージョン)プログラミングをしました。 代表的な再帰図形ではなく、色々な図形を再帰させています。 今回は、円を再帰させました。 昨日は、八角形を渦巻きにしました。 試せば、いろんな図形を描けますから、楽しいものです。  LOGO坊、ドリトル、Scratch と、三種類の言語で同じ図形を描くプログラムを書き、 比べると、いかに、LOGO坊が、タートルグラフィックに向いているかが良 [続きを読む]
  • Scratch で再帰図形を描きました。
  • Scratch で再帰プログラミングをしました。再帰図形と言えば、どうしても、樹形を描いたものが有名ですが、ここでは、渦巻きにしました。 簡単な図形ですが、ちゃんと再帰プログラムで描いています。 これも、以前、LOGO坊で描いたものを、Scratchのプログラムに書き直しました。 [続きを読む]
  • Scratch で 花を描いてみました。
  •    Scratch で、まず、一枚の花びらを描き、次に、それを繰り返し描くことで、   花を表現しました。 LOGO坊でも、描いたものです。   どちらも、同じ考え方のプログラムになります。 多少の記述の違いは   当然、あります。   明日からは、繰り返し処理だけでなく、 再帰図形を描きます。 [続きを読む]
  • Visual studio 2017 を使ってみました。
  • Visual Studio 2017 を使ってみました。 Scratch などを使っているうちに、また、そろそろ、本格的にプログラミング 言語を使ってみたくなりました。  以前、Visual C ++ で作ったプログラムがありますが、さらに、何か新しい ものを作りたくなりました.。 完成したプログラムは、ミニでも一応、自作ソフトですから、USBに入れて 持ち歩けば、どこのパソコンでも使えますから便利です。 まず、構想を立て、 [続きを読む]