楽竿作者 さん プロフィール

  •  
楽竿作者さん: 0からの磯釣り記録
ハンドル名楽竿作者 さん
ブログタイトル0からの磯釣り記録
ブログURLhttp://rakkan2012.blog.fc2.com/
サイト紹介文2012年に初めて磯に立ちました。 底物、上物含めて、せっせと磯に通っています。もちろん堤防にも。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2013/09/15 23:41

楽竿作者 さんのブログ記事

  • 渋谷サンスイ その08
  • 海が荒れている。とんでもなく荒れている。爆風予報で、もちろん釣りは中止だ。もう1か月も釣りに行っていない。せっかくの休み、釣りに行けない苦しみで、身悶えしていた。そうだ、こんな日はあそこへ行こう。渋谷の魔界、サンスイだ。釣りへ一緒に行く予定だった、偽チヌ師さんに連絡して、一緒にやって来た。表からそっと中を覗くと・・・・・・フルイチがおるな。カモリストでも書いているのか。二人で店内に入り、何かええも [続きを読む]
  • 予想外の出来事
  • 今年の正月は時期を外して帰省した。故郷は、帰るたびに少しずつ変わる。道ができたり、昔あった店や会社が、他の建物に変わったりする。見慣れた風景が、実はもう見慣れた街ではなく、そこで育った思い出とともに少しずつ消えて、新しい記憶に置き換えられていく。何年も通ったはずの通学路も、曲がり角がわからなくなり、一緒に帰った友人の顔すら忘れて苦笑いする。あの時間のあの場面は、私の記憶の中だけに存在し、誰とも共有 [続きを読む]
  • ブログ記事の悩み
  • 悩んでいる。記事が下品だ。どんどん下品になっていく!普段の自分から、まるで解放されたかのように、下品な記事を書いている。書かずにおれん自分が恐い!なぜ、こんなに次々と下品ネタが湧き出て来るのか!・・・もともと品性下劣な人間だったんかのう・・・いっそのこと、新しくブログを作り直したいくらいだが、今まで蓄積した記事を削除するのも、もったいない。少しずつ改善していくのがええかの〜ならば、まずはプロフィー [続きを読む]
  • 渋谷サンスイ その07
  • BB-X SZ2 2号の穂先を折ってしまった。なぜ折れてしまったのか、わからん。磯で取り出して糸を通そうとしたら、ポロっと落ちてしまったのだ。数多くおかかりあそばされた、イスズミ様の呪いかのう。さっそく渋谷サンスイに持ち込みじゃ。ドアの外から中を覗くと・・・ん? フルイチがおるな・・・中に入ると、振り向きざまに、カモネギを見るようなニヤけた顔を向けてくる。あぶないの〜デンジャーゾーンを軽やかなステップで通 [続きを読む]
  • 12月15日 南伊豆 入間 加賀根
  • 目覚ましを5時半にセットしたのだが、5時には目が覚めてしまった。むう・・・どうやっても7時間以上は眠れん年齢になってしもうたか。ゆっくり朝飯を食うのだが、どうしても時間が余る。船長に、6時半に電話して出船できるかどうか聞く事になっているのだが、まだ6時前だ。「もう行きますかな。」「そうですな。海でも見てますかな。」車で入間に到着したのは、6時過ぎであった。まだ薄暗い中、荷物を出して、着替える。・・・おい [続きを読む]
  • 12月14日 南伊豆 小稲港
  • 14、15日と連休が取れた。今年最後の釣行である・・・たぶん。休みを合わせた偽チヌ師さんと一緒だ。前日の夜、車で暗い夜道を走り、伊豆を目指す。「明日は海が荒れて、磯へは行けませんな。」「堤防でやるしかないでしょうな。」「外が荒れているから、魚が港に入って来るかもしれませんな。」「そうなると、港はお魚でいっぱいになるんですな?」「釣れ過ぎたら困りますな。」「次の日もありますから、ほとんどポイでしょうな。 [続きを読む]
  • 12月10日 南伊豆 入間 加賀根
  • 明日は晴れだ。が、予報では西からの強風。入間は西風に弱い。波が高くなり、磯が被ってしまうのだ。が、12月の休みは限られている。まあ、船が出なければ、港でチヌでも狙うか。真鶴のあおき釣り具で、コマセを混ぜる。明日は土曜日だというのに、外に出ているオキアミブロックが少ない。荒れ予報なので、あまり行く人がおらんのだろう。いつもの配合粉を混ぜる。私がまとまりのいいコマセを使うのには、ワケがある。「あそこだ! [続きを読む]
  • 12月3日 南伊豆 入間 知らん島
  • ここんとこ、ろくなもんを釣っとらん。ここらで一発、カマさんとイカンのう。賀寿丸のホームページを見ると・・・なにぃ!明日、明後日は銭洲へ行くだとお!天気予報を見ると・・・明日はうねりがあってムリっぽいのう。それに年内はもう、離島へは行かんと決めただろうが。よし、ではホームへ行くか。この間の船釣りでは、この配合粉を使った。V9(グレ)と湾チヌスペシャルのミックスという、じつにいやらしい組み合わせだ。が、 [続きを読む]
  • サンノジへの挑戦
  • 先日、NHKの番組、「プロフェッショナル 仕事の流儀」を観た。宮崎県、日南の鮮魚店店主、門川安秀氏のお話だ。抜群の目利きと下処理の完璧さで、全国の有名料理店から注文が殺到するという。うお! サンノジやんけ!さ、さばいとる・・・細かい所が見えんの〜尾っぽと頭を落として、トレードマークは削り取るんじゃな?魚体をぎゅ〜っと曲げて血抜きをしておる。なるほど・・・真水でやると血が固まって、うまく抜けんのか!と [続きを読む]
  • 11月30日 房総半島 冨浦出船
  • 今日は近所の磯釣り師、T君と一緒に釣りに出かけるのだ。彼は一級小型船舶操縦免許を持っている。漁船を借りて、沖で釣りをするのだ!・・・予感がする・・・爆釣の予感がぁ!午前3時過ぎ、彼をピックアップし、首都高からアクアラインを通って富浦まで行く。マリンスポット釣吉で、オキアミと配合粉を混ぜる。いつものフカセとは違い、量は少なめである。北ケイセンや、イカダのある、富浦港だ。漁船を揚げているスロープの、すぐ [続きを読む]
  • 11月16日 南伊豆 入間 たたみ根
  • 朝4時半に目覚ましで起きた。6時間以上寝たのう。偽チヌ師さんも、十分寝られたようだ。朝からニヤニヤしておる。朝飯を食べ、ゆっくりと出発する。あ! スマホ忘れた!別荘から車で30秒くらい走った時、充電中のスマホを置いて来たのに気付く。今年、大瀬でえらい目に遭うたからのう。すぐ取りに戻る。20分ほど海岸線を走り、今度は入間への枝道を通り過ぎてしまった。こんな通いなれた道、どうして間違うのだ!・・・不吉じゃ・ [続きを読む]
  • 11月15日 南伊豆 入間港
  • 15、16日は連休である。ちょうど偽チヌ師さんと休みが合い、二人で釣りに出かける事にした。前日の20時前、車でピックアップし、南伊豆を目指す。「前回は、皮算用のしすぎで、釣れませんでしたな。」「今回は、謙虚に行かなければなりませんな。」「明日は西の強風ですからな。海も荒れてるし、磯や渡船はダメですな。」「雨も強いですからな。ニゴリがあるでしょうな。」「チヌでも狙いますかな。」「どこにしますかな?」「入間 [続きを読む]
  • 次期主力釣り車両
  • 私は、平成15年からオデッセイに乗っている。上部にルーフボックスを取り付け、積載能力は抜群だ。が、買ってから13年が過ぎ、もうすぐ車検である。走行距離は、まもなく24万キロを迎える。まだまだエンジンの調子はいいし、長距離も楽だ。乗りつぶすつもりだったのだが、少し前からいろんな箇所が故障するようになった。たまにヘッドライトがチカチカして消える。HIDのタマを交換してもダメ。バラストなんちゃらとかを交換しなけ [続きを読む]
  • 自然の恵み
  • 先日、モクズガニを戴いた。大好物である。私の古里では、ズガニと呼ぶ。きれいな水の川に生息し、ハサミに毛が生えている。昔の人は、よく食べていたそうだが、最近はほとんど見かけなくなった。それだけ川が汚れたり、コンクリート化されて、住む場所を追われたのだろう。見かけは上海ガニそっくりで、ほとんど変わらないのではないだろうか。上海ガニは、ハサミに毛がないという人もいるが、そうではない。中国で養殖している上 [続きを読む]
  • 10月27日 南伊豆 入間 無名磯
  • 前日の午前、家を出発して伊豆半島を下田方面へ下る。風は強いが、いい天気である。こういう日の海岸沿いを走るバイクは、とても気持ちがいい。実は・・・寝坊して釣りができんかったのだ!南伊豆の別荘(私のではない)に到着したのは、午後3時であった・・・あ〜あ、買い込んだ酒とつまみをついばみ、テレビを見ながらダラける。ん? ラインのメッセージが・・・偽チヌ師さんからじゃ。なになに、明日のダイワ・グレマスターズ [続きを読む]
  • 10月21日 南伊豆 小稲港 小便ダンゴ
  • 起きたら、午前9時であった。うおおお!4時に目覚ましセットしとったのに!う〜ん、だいぶお疲れちゃんだったようだのう。ちょっと飲みすぎたか?朝飯を食いながら、どこで釣るか考える。今日は、ならいの強風だったの〜まあ、走りながら考えるか。ババを済ませ、荷物を積んで別荘(私のではない)を出る。1分走ったとこで、ふと海面を見ると、釣り座のとこだけ風紋がない。どうやら風が直接当たらず、巻いているようだ。・・・こ [続きを読む]
  • 10月20日 南伊豆 入間港 その2
  • 赤島も楽しそうだのう〜さて、自分の釣りである。もちろん、納豆をローテーションに入れる。今日の港内は、水が澄んではいないが、ニゴっているとも言えない。ただ、外にうねりがあるので、堤防先端の底がかき回されて、ニゴリが立っている。そのニゴリとの境付近を、投入ポイントに決める。オキアミはなくなるが、チヌのアタリはない。まあ、しばらく時間がかかるじゃろうて。ほどなく、常進丸が、何人かの釣り客を乗せて帰ってき [続きを読む]
  • 10月20日 南伊豆 入間港 その1
  • ふふ、明日、明後日は釣りなのだ。準備をする時も、うれしくて笑みがこぼれる。ニヤニヤと。さ、ダンゴのバッカンを・・・・・・ドキッ!・・・何か入っている・・・10月4日の若洲海釣り公園へ行った時のままだった!か、片づけするのを忘れておった・・・2週間以上も。余った粉の袋・・・こ、この下には何があるのか・・・み、見たくないのう・・・そ〜っと、めくってみる・・・・・・ところどころ変色し、カビのようなものが・・ [続きを読む]
  • 10月13日 神津島 タダナエ島 ナダラ
  • ヌジャッ・・・ヌジャッ・・・ハァハァ・・・ヌジャッ・・・ヌジャッ・・・ハァハァ・・・丑三つ時の下田港から、不気味な音が流れて来る。あんたかい!偽チヌ師さんが、コマセを混ぜていた。ムロアジとフカセ兼用の、スペシャルなコマセを。釣り2日目は、神津島だ。午前6時、神津島を海央丸と賀寿丸が並んで、タダナエ島を目指す。・・・な、なんかタダナエの上だけに不気味な雲がかかっておるな・・・映画かゲームで、魔王の島へ [続きを読む]
  • 10月12日 南伊豆 入間 たたみ根
  • 明日から2日連続で釣りだ。午後7時、うちに偽チヌ師さんが来て、車1台で出発。1台で行くと、経費削減になるからのう。伊豆半島へ向かう車中、期待に胸膨らませてはしゃぐ。「釣れ過ぎたらどうしますかな〜」「25Lのクーラー買うてきましたわ!」「私は35L積んでますがな!」「20Lの小さいクーラーも積んでるから、足りるんちゃいますか?」「それでも入らんヤツは、ポイですな!」ワハハハハ!車の中は、まさに笑いの渦であ [続きを読む]
  • 10月04日 東京湾 若洲海釣り公園
  • 今日は休みだ。昨夜に出発して、早朝から釣りをしようと思っていたが、中年の体からは疲れがなかなか抜けん。ちょっと寝ておこうと思って横になったら、起きたのは朝の9時であった。もう釣りに行くのは無理だの・・・いや、練習するだけならば、別に遠くへ行く必要はない。ここは近場へ行く事も考えるべきだろう。ダンゴの握りと、ヒシャク遠投の練習だけのために、房総や伊豆半島に出かけていたら、交通費がかかるばかりだ。とい [続きを読む]
  • 笠のススメ
  • 夏の日差しは強い。遮るもののない堤防や磯で釣りをするのは、早朝か夜間、という人も多い。だが、仕事に追われる現代人にとっては、そんな贅沢な釣りはできんのである。たとえ降り注ぐ殺人光線にさらされて、暑さにふらふらになりながらも、執念で釣り場にしがみつく。家人に文句を言われ、あるいは文句を言われないように前々から釣行できる雰囲気工作をして、やっと手に入れた貴重な時間なのだ。そんな時間は、少しでも快適にし [続きを読む]
  • 9月29日 房総半島 練習釣行
  • 釣りに行くのも体力がいる。この間からハードなスケジュールで、かなり疲れている。ちょっと伊豆まで車で行く気力が起きんのう。予報では、西南の強風。入間はこの風に弱いので、沖磯へは出られんだろう。地磯など、体力的に歩いて行けそうにない。近場の房総で、ダンゴを握るか。館山の自衛隊堤防のちょい先、沖ノ島護岸へやって来た。釣り座のすぐ後ろに車を止められるので、ラクチンなのだ。土日はファミリーなどでけっこう賑わ [続きを読む]
  • 9月26日 南伊豆 下田港 2日目
  • 午前6時半磯へ行くんちゃうんかい!いやいや、せっかく昨日、いい勉強をさせてもらったのだ。イメージが残っているうちに復讐、もとい復習せんとイカン。昨日はチヌボウズであった。なんとか新しい釣り方で一枚は上げたいものだ。ここで過去の経験を持ち込んではイカン。まっさらな状態で、素直に覚えるのがよろしかろう。さるスジから、ヒシャク遠投用のダンゴレシピを教わった。2通りあるが、今日はそのひとつで練習してみる。紀 [続きを読む]
  • 9月25日 南伊豆 下田港
  • ふふ、釣りの日を2日連続で確保できた。まず初日は、下田港でチヌを狙うのじゃ。深夜、釣り場近くでトトダンゴさん、主水さんと合流する。外にクーラーを置いてテーブルにし、つまみとアルコールでしばし歓談。近くに民家はないが、釣り人が車で時々通る。少しだけ飲むつもりが、つい長々と話し込んでしまった。こういう時間は楽しいの〜仮眠をとり、朝5時に起き出して準備を始める。私の右にトトダンゴさん。私の左に主水さん。二 [続きを読む]