楽竿作者 さん プロフィール

  •  
楽竿作者さん: 0からの磯釣り記録
ハンドル名楽竿作者 さん
ブログタイトル0からの磯釣り記録
ブログURLhttp://rakkan2012.blog.fc2.com/
サイト紹介文2012年に初めて磯に立ちました。 底物、上物含めて、せっせと磯に通っています。もちろん堤防にも。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2013/09/15 23:41

楽竿作者 さんのブログ記事

  • 6月11日 式根島 ヒラトコ
  • 午前10時に式根島に上陸する。船から降りる客を迎える宿の人たちが、宿名を書いたパネルを持って待っている。我らが「菊水旅館」は、渡船と軽バンが待っている。その場で着替え、磯釣りの用意をする。宿の車に使わないものを入れて、そこで待機している渡船「ウラシマ丸」に乗る。渡船客は、スギさん、Aさん、Tさん、私の4人だ。私とスギさんは、ヒラトコに乗った。ちなみにスギさんは、一般の磯釣り師ではない。詳しくはヒミツだ [続きを読む]
  • 6月10日 式根島へ
  • 1か月前から予定していた式根島への釣行だ。・・・3週連続、離島かい!が、式根島は久々なのでワクワクする。今回は東京の竹芝桟橋から、東海汽船で渡る。最近はいつも下田まで車で行き、賀寿丸に乗って神津島へ行っているので、荷物が多くても気にしない。しかし、いつもの荷物を持って行こうとすると、竹芝桟橋まで車で行って、駐車場へ停めねばならん。駐車場は割引価格でも、1日2,000円。2日間なので、4,000円もかかる。結果、 [続きを読む]
  • 6月5日 神津島 陸作根
  • 1日だけ釣りに行ける。入間へ行くか、下田沖へ行くか・・・悩んでいたのだが、コースケ君が泊まりで神津島へ行くと言う。まさか神津島へ?いやいや、先週行ったばかりではないか。とりあえず南伊豆の別荘(私のではない)へ向かう。今日は偽チヌ師さんが大会に出ており、明日は一緒に釣りをするのだ。セブンイレブンで合流し、賀寿丸の船長に電話する。人がいっぱいだったらやめよ〜と思ったら、少ないというので、神津島に決まっ [続きを読む]
  • 5月29日 神津島 恩馳群礁 ヒラッタイ
  • 入間の魚で酒を飲み、別荘(私のではない)でぐっすりと眠った我々は、午前3時に下田港に到着した。ここでMr.Iと待ち合わせ、午前3時半、賀寿丸に3人で乗り込む。今日は神津島へ行くのだ。伊豆諸島へは、東京の竹芝桟橋から東海汽船に乗って渡るのが一般的だ。竹芝桟橋−大島−利島−新島−式根島−神津島多少変わるが、前日の22時に出発して、大島に6時、利島に7時40分、新島に8時半、式根島に9時、神津島に10時に到着する便が多 [続きを読む]
  • 5月28日 南伊豆 入間 赤島
  • 2日間の連釣だ。例のごとく、偽チヌ師さんとの釣行である。夕方、車で迎えに行き、コンビニでコーヒーを買って高速道路に乗る。しょっちゅう一緒に釣りに行くので、パターンが決まっている。コーヒーを買う所、止まるP.A.など、いつものペースで走る。真鶴のあおき釣具店で、コマセを混ぜる。冬はいいのだが、この季節は汗をかく。若いころとは違って、腰に来るのだ。向こうでも偽チヌ師さんが、運動不足の体でガンバっておる。ハ [続きを読む]
  • サンノジを食す! 〜薫風の味〜
  • 5月20日、梅雨前の新緑の季節、南伊豆は入間にて、サンノジを釣り上げた。45センチほどの中型である。それを磯にて処理し、家に持ち帰った。3枚に下ろし、皮を引く。身質が良く、見た目はキレイだ。表面にはうっすらと脂が乗り、まるで高級魚である。背側のサクをサシミにする。夏の器に盛りつけると、「見た目には」大変よろしい。これで臭ければ、まさにトラップ爆弾となるが、まずは先入観を持たない人物に食してもらわねばなら [続きを読む]
  • 5月20日 南伊豆 入間 ユリ根
  • 2週間・・・これだけ釣りに行かないと体が腐る。ほら、体がにおうだろう?ただの加齢臭である。今日の入間は、ナギだ。他の渡船客を下ろした後、ユリ根に下りた。初めて乗る場所だ。低くてうねりに弱いので、ナギ限定の場所である。他の釣り人からは遠く離れ、いい気分・・・と思いきや、中木の上物師が見える。ここは入間と中木の境界でもある。ま、様子もわからんし、とりあえず沖向きでやってみるか。第一投目に喰い付いてきた [続きを読む]
  • スパイク
  • どうもブーツから浸水しているような気がする。中に水を入れてみると・・・やっぱり漏れていた。だだ漏れではないか!よく曲がる場所のゴムがヒビ割れしてるなあとは思っていたが、これほどとは。もうこのブーツは寿命だな。ライジャケと同時期に買ったから、もう丸4年だ。シマノのジオロックブーツである。ソールを張り替えられるシリーズで、シューズタイプも2足持っている。ダイワやがまかつも、ソール張り替えのシリーズがある [続きを読む]
  • 渋谷サンスイ その10
  • スマホの呼び出し音が鳴る。画面には、「渋谷サンスイ」の表示。出てみると・・・「ご注文のライフジャケット、届きましたあ〜」む。フルイチの声だな・・・「わかりました、都合がつく時に取りに行きます。」もちろん、普段は社会人としての言葉を使う。ブログは、心の声だ。現実世界では、あくまで「ふるいちさん・店長のうちださん」なのである。今日は雨だ。ライフジャケットだけを持って帰ればいいものを、ついでに小物を買っ [続きを読む]
  • 5月5日 南伊豆 入間 君掛裏
  • 先日の神津島・平段では、潮を被ってずぶ濡れになってしまった。パンツまで濡れたのは、レインスーツの防水能力が落ちてしまったせいだろう。春・秋用に使っているのは、ダイワのレインマックスという素材の上下だ。表面の撥水能力は、アイロンをかける事で復活すると聞いたことがある。念入りにアイロンをかけたから、これで大丈夫だろう。晴れではあるが、少しうねりがある入間にやって来た。以前から乗ってみたかった、君掛の裏 [続きを読む]
  • 渋谷サンスイ その09
  • ウキ止め糸が残り少なくなった。近くの釣具屋で買えばいいのだが、フラフラと渋谷へ向かったのが運の尽きである。家でリールの道糸にセットする時は、スプール巻きのウキ止め糸を使っている。が、現場ではスピーディにセットしたい。道糸を通して締めるだけのものが便利だ。これで帰ればいいものを、ついつい話しかけてしまう。ふむふむ・・・なるほど・・・口車に乗り、いらんもんをカゴに入れてしまった。まあ、もっと便利になる [続きを読む]
  • 4月27日 南伊豆 入間 たたみ根
  • 午前4時、スマホのアラームが静寂を裂く。静かな森の中、別荘の夜明けが始まる。ぐお・・・・むう〜ん・・・と、トイレ・・・ジョボジョボ・・・・爽やかな朝が、加齢臭をまとった中年どもに汚される。3人ともに急いで朝飯をすませ、4時半に別荘を出発する。ワイパーがフロントガラスの水滴を弾き飛ばし、ヘッドライトがカーブの向こうまで続く黒いアスファルトを照らし出す。昨夜から降り出した雨が、まだやんでいない。海岸線を [続きを読む]
  • 4月26日 神津島 タダナエ 平段
  • 夜の伊豆半島・・・ハアハア・・・ハアハア・・・今日は真鶴のあおき釣具が休みなので、伊東のヤマテツでコマセを買った。電話もレジも、「あの」女将だったので、偽チヌ師さんがコウフンしておるのだ。今回は2日間の釣り連休。初日は神津島である。下田から賀寿丸に乗り、釣り場へ向かうのだ。船はタダナエに向かい、ナダラの先端に数人を下ろす。対面のオネイモに、2名。下田沖磯の横根で名の知れた若者である。http://ameblo.jp [続きを読む]
  • 4月5日 南伊豆 入間 三ツ根
  • 昨日は湾外だったから、今日は湾内に乗る。私の好きな三ツ根。エサ取りが多いけど、勉強するにはいい磯だと思っている。少し風はあるけど、晴れたり曇ったりの、まあいい天気と言えるだろう。どこから始めるか、しばらく海を見て、沖向きのサラシ横に決める。反対側の内側は、泡が溜まって潮が動いていないので、後でやってみよう。コマセを撒くが、海中には何も見えない。仕掛けを入れると、しばらくしてウキが反応する。コッパが [続きを読む]
  • 4月4日 南伊豆 入間 シブト
  • 寒の時期、それも産卵期で一番渋い時に、口太を釣りたい。そんなマゾな事を、ぞくぞくしながら考える自分を、変態だと思う。渋い時に、どうしても喰わせてみたいのだ。そういう練習をしてみたい。ならば、ちょこっと釣りに行くのではダメだろう。2日間集中特訓じゃ!真鶴のあおき釣具でコマセをマゼマゼ。今回も、封を切った配合粉を混ぜる。一度開けて使用したものは、放っておくと風味が飛ぶからのう。さっさと使ってやるに限る [続きを読む]
  • 罰当たり
  • 2017年3月30日、賀寿丸で神津島へ行った。私はこの時、自分の主義である「釣りを、メイッパイ楽しむ!」という事ができなかった。船長に腹を立ててしまったのだ。狭い磯に知らない人と一緒に乗せられて、気を遣ってしまったというものである。だが、船長が 「楽竿さんに、いい釣りをしてもらいたい。」 と思っているのはよくわかっている。それは前回の記事の文中にも書いた。普段も、船長なりに考えて乗せてくれているのを強く [続きを読む]
  • 3月30日 神津島 金長鼻、沖砂糠
  • 明日は入間へ行こう。寒の時期、口太を釣る練習をするのじゃ。情報収集のために、渋谷サンスイにやって来た。午前10時半開店で、まだ5分前、扉が閉まっている。もう人がおるんとちゃうか〜?怪しく店内をのぞき込む。中にいた店長が、ガラスにべったり張り付く私に気付き、仕方なさそうに開けてくれた。すまんのう、無理やり開けさせたみたいで(笑)最近の半島回り情報を聞きながら、フルイチが来るのを待つ。先日、入間で行われ [続きを読む]
  • 3月20日 南伊豆 入間 川吾
  • 今夜は家族で、ホテルの鉄板焼きを予約していた。娘の大学卒業と就職祝いである。しゃれたコースでお値段もいいが、そう何度もある事ではないので奮発したのだ・・・家内が。「あれ? お父さん、ノンアルコールビール? お酒飲まないの?」ゆるせ、娘よ。父は行かねばならんのだ。お魚ちゃんが待つ海へ!また行くんかい!むう・・・出発の時間が遅くなったので、あおき釣具に着いたのは、深夜1時半。今までちょっとブレンドに使 [続きを読む]
  • 3月16日 神津島 大富貴
  • だいぶ酒を飲んで寝たため、下田港へ着いたのは午前3時半。もうすでに釣り客の車がたくさん来ているだろうと思ったのだが・・・・・・1台もいない・・・おかしいの〜  風が強くてうねりがあるので、灯台下くらいしか乗れないと船長が言っておったが、いないはずはないだろう。早く船が来んかの〜と、海を見つめる偽チヌ師さんとナニパク・・・潮上からコマセが流れて来るのを待つ、魚みたいである。・・・脚は遅いから、タカベで [続きを読む]
  • 3月15日 南伊豆 入間港
  • どうも天候が安定しない。14日深夜に出て、15日の朝から釣りをする予定だったのだが、風とうねりで、神津島も入間も出船しない。で、出発を15日の早朝に遅らせ、偽チヌ師さんを乗せて明るい道路を走る。あおき釣具で、ナニパクと合流、オキアミブロックを買い、2台で南へ下る。途中、熱海の海釣り公園に立ち寄った。風が強いので、ほとんど人がいなかったが、無料の場所でやってる人に聞いたら、なんも釣れんとの事(^^;管理小屋で [続きを読む]
  • 緑のオキアミ
  • ふふふ・・・ぱさっ・・・ヌジャッ、ヌジャッ、ヌジャッ、ヌジャッ・・・うふふふ・・・ヌジャッ、ヌジャッ、ヌジャッ、ヌジャッ・・・ぐふふふ・・・ヌジャッ、ヌジャッ、ヌジャッ、ヌジャッ・・・ヒヒヒヒ・・・クククククッ!モソモソ、パチン! ポイッ応援して頂くと、書く励みになります。下のバナーを して下さると、大変うれしいです。にほんブログ村にほんブログ村楽竿のホームページへジャンプ [続きを読む]
  • 3月11日 神津島 恩馳群礁 長根
  • 明日は神津島だ。同行者は、Mr.Iである。二人で車に乗り、交通費を浮かす。コマセはいつものあおき釣具だ。金曜の夜なので、予約解凍中のオキアミブロックが並んでいる。少し風が強い予報なので、いつもよりは少ない。イカン・・・・・イカンぞ。この程度の風で釣りを延期するような軟弱者ではイカン。超遠投グレを使えば、コマセも飛ぶではないか。風と波しぶきに、ほっぺたをシバかれながら釣るのが、磯の男じゃ!わけのわからん [続きを読む]
  • 黄色いオキアミ
  • ふふふ・・・ぱさっ・・・ヌジャッ、ヌジャッ、ヌジャッ、ヌジャッ・・・うふふふ・・・ヌジャッ、ヌジャッ、ヌジャッ、ヌジャッ・・・ぐふふふ・・・ヌジャッ、ヌジャッ、ヌジャッ、ヌジャッ・・・ヒヒヒヒ・・・あああああっ!ジャー、ジャー、ゴシゴシゴシ・・・むうううううう〜・・・応援して頂くと、書く励みになります。下のバナーを して下さると、大変うれしいです。にほんブログ村にほんブログ村楽竿のホームペー [続きを読む]
  • ブログとホームページのリンク
  • ご存知のように、私は自分で創った道具、「楽竿(らっかん)」を一般に販売している。これには長い経緯ときっかけがあるのだが、それはカテゴリーの「竿かけに革命を起こす」">「竿かけに革命を起こす」をご覧頂きたい。ブログは私の個人的なものであり、販売をしているホームページとは別にしてきた。よってこのブログからは、ホームページへはジャンプできないようにしていたのだが、こんな事を言われた。あまりにも不親切だ!ブ [続きを読む]
  • 楽竿ホームページへジャンプ
  • ここは「楽竿シリーズ」開発者の個人ブログです。楽竿シリーズの製品、ご購入については、ホームページをご覧下さい。下の文字を すると、ホームページへジャンプします。楽竿ホームページ">楽竿ホームページrakkan.la.coocan.jp">rakkan.la.coocan.jp [続きを読む]