Tadachika さん プロフィール

  •  
Tadachikaさん: 季節の風の中で
ハンドル名Tadachika さん
ブログタイトル季節の風の中で
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/hayakawats/
サイト紹介文油彩風景画を描いている。自然に感動した時、生きていることを実感する。その感動を誰かに伝えたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2013/09/16 15:44

Tadachika さんのブログ記事

  • 第12回 湘南市民美術小品展
  • 第12回 湘南市民美術小品展が、今日から始まりました。午前中、搬入展示作業をしてきました。8号以下の作品が、80点ほどです。 プロ・アマも関係ない。優劣も関係ない。無審査で、誰でも出品できます。出品したいが、悩んでいる方には、きっと良い美術展です。一度、見に来てください。歓迎します。私は、30(木)午前中、会場当番です。ブログ村油彩画リンクhttp://art.blogmura.com/oil/ [続きを読む]
  • 春の雪・下大槻
  • 春の雪・下大槻暖かい日が続き、春を実感したのに、昨日は、急に寒さが戻った。5日ほど前に、春野菜の種をまいたので、今朝、畑の様子を見に行った。                            畑に行く途中、真土からの望遠風景昨日、丹沢表尾根にも雪が降った。今年の雪は、これが最終だろう。今日はもう春霞。これに、渋田川の桜が咲いていたら、めったに見られない組み合わせで、良い風景になったのに残念。  [続きを読む]
  • 八ヶ岳のまきば公園
  • 八ヶ岳のまきば公園この土日(3/11,12)に、山梨県大会に遠征してきた。「昔のA級のレベルではない。」と、云っても、A級はA級。みんな、ウォームアップ時から、気合いが入っている。その気合いに、ちょっと引いた。長い間、いろいろ経験してきたから、そんなに夢中になれない。初戦は、早々と落ちた。一泊し、もう一つの目的、八ヶ岳の”まきば公園”に行って、スケッチしてきた。                   [続きを読む]
  • 白菜の花穂
  • 白菜の花穂 (誤字修正版)春が近づくと、菜花系は一斉に花穂を持ち上げ、冬野菜は、これでお終りになる。青野菜を好んで食べる方ではない。出されたら、なんとなく食べる。そんな私でも、白菜の花穂は、「とても、おいしい。」と、思う。だから、畑に残った白菜は、無駄にならない。これは、わざわざ播種時期を遅らせ、葉を巻かないようにして、花穂を収穫したもの。早速、お昼に油炒めにして食べた。ジャガイモを3畝植えた。マ [続きを読む]
  • LED照明に改造
  • LED照明に改造居間兼食堂の蛍光灯が、チカチカし始めた。20Wが4本入っている。蛍光管の寿命は同じだから、これから、残りの管も、次々チカチカし始める。既存の器具本体は、天井に直付されている。新しいLED照明に変えるには、天井の始末に手間がかかる。ならば、「腕におぼえあり。」と、いうことで、ケースだけを利用し、LED照明に改造した。既存金具を加工し、E17のソケットを取り付けた。ランプは、25W型( [続きを読む]
  • 春近し・城島
  • 春近し・城島 (誤字修正版)もう、春3番くらい吹いたが、しばらく磯にも行ってない。明日からもう3月、そろそろ、ジャガイモの植え付けの準備だ。                                         春近し・城島(F4油彩)人物は、「女学生の方が春らしい。」、と、妻が云う。スケッチでは、おばあさんだったが、いっぺんに若返った。今は、自由登校の時期で、よく見かける光景だ。春はも [続きを読む]
  • 雪の丹沢表尾根・下大槻
  • 雪の丹沢表尾根・下大槻先週の朝、北側の窓を開けたら、雪を被った大山が見えた。しかも、快晴、大山の雪は1日ぐらいしかもたないが、丹沢の雪はもう少し残る。こんなチャンスは年に1,2度しかない。朝食もとらず、秦野方面へ・。その途中、「ここ、絵になりそう。」 平塚と秦野との市境、下大槻から見た風景が良かった。ここは、景色の真ん中を東名が横切る。普段は描く気にならない場所だが、丹沢の雪で、いつもと違った風景 [続きを読む]
  • 日洋会セレクション展2017(その2)
  • 日洋会セレクション展2017(その2)クロネコ便の格安着払いで、作品が返ってきた。発送のカンガルー便は、その倍くらいだった。何とも不思議だ。「カンガルー便は高い。」と、云っているのではない。「美術品ではない。もし破損しても、保険10万円だったら、その方がよっぽどうれしいんだから、普通の荷物扱いにしてくれ。」と、説明しても、クロネコ便には断られる。だから、私にとっては、カンガルー便は有り難い。持って [続きを読む]
  • 陽だまりの中で・城島
  • 陽だまりの中で・城島昨日のこと、「おいしいお昼ご飯を食べにいきましょう。」「えっ! 」我が家には、そんな気の利いた趣味はない。「今日は天気がいいから、暖かいところで・・」「なんだ、そういうことか。」 何処かでスケッチして、陽だまりでコンビニのサンドイッチを食べるパターンだ。近くはスケッチしつくしている。あれこれ考えても、適当な場所が思い浮かばない。取りあえず、車でブラブラ・・。           [続きを読む]
  • 岩木山とリンゴ畑 Rev1
  • 岩木山とリンゴ畑 Rev11/26、日洋会セレクション展の初日に、会場当番をやってきた。自分の作品を会場で見た印象は、「前回と同じ。パッとしない。」。なかなか、作風を変えられるものではない。これは性格だな。また、次回のお楽しみ。年初は、関係している美術会の会合や事務処理で忙しいし、4月の妻との2人展の準備もしている。そんな訳で、最近、描いていないから、2人展のために修正した中で、比較的変化があった作品 [続きを読む]
  • 秋田杉の風景
  • 秋田杉の風景一度完成した(と思った?)作品は手直ししない主義だが、4月の2人展用の作品を、8枚を一気に手直しした。東北スケッチ旅行は、とても楽しかったが、出来上がった作品は、みな地味だった。実際の天候の状態からそうなったのだが、中間色を多用し過ぎ、寝ぼけた感じだった。                                        秋田杉の風景(M20 油彩)見た目は変わらないが、殆 [続きを読む]
  • 暖冬の頃の岡崎
  • 暖冬の頃の岡崎前年の同じ頃、どんな陽気だったか思い出せない。「べつに、いい加減だからでもない。特に記憶しておくべき、大事なことでもないからだ。」と、言い訳している。実のところ、最近は、「覚えておこう・・」と、思っても、すぐ忘れてしまう。大山が見える岡崎辺り。左の丘の上が岡崎小学校                    暖冬の頃の岡崎(F4油彩)去年のブログを見ると、これをスケッチした1月中頃は、暖 [続きを読む]
  • ちょっといいシューズ
  • ちょっといいシューズ2017年が始まった。年賀状が減ってきた。「ウーンちょっと・・」と、考える。そんな歳なのか。箱根駅伝が終わり、1/3夕方には走る。これが我が家の1年の活動開始。毎年、おなじパターンを繰り返し、「継続できる幸せ」を、実感している。昔、競技者でもない人は、暇人のようで、恥ずかしくて走れなかった。私は暇人ではなかったが、ずっと走ってきた。         妻の以前の絵日記から、適当な [続きを読む]
  • もう1枚の竜飛岬灯台
  • もう1枚の竜飛岬灯台来年4月に、7回目の2人展をやります。ほかに、3月と5月に合計3っつの美術展が控えているので、いま出来る準備をはじめました。テーマは「東北車中泊スケッチ旅2000k」、旅絵日記風な展示をします。1枚目の「竜飛岬灯台」は、横浜の床屋さんにあげてしまいました。作品がないと旅絵日記は継がらないので、「竜飛岬灯台」をもう1枚描きました。  同じものを描いてもつまらないので、少し角度を変 [続きを読む]
  • 今日は釣り師
  • 今日は釣り師絵のブログは、大きいサイズの制作に入ると、ネタ切れになります。このところ、ちょっと気分が乗らないことが続いているので、気分転換です。二日ばかり風が吹き、治まったので、片浦の磯に出かけました。私たちは、”描く、舞う、走る、耕す、釣る。” などの遊びを、いつも一緒にやる世にも稀な夫婦です。隣の磯から見ていると、妻の釣り竿が曲がっています。磯際まで寄せたところでバラシました。地団駄を踏んでい [続きを読む]
  • ここまでかな?
  • ここまでかな?(制作中50号2枚の1枚目)そろそろ完成。これ以上手が入らなくなった。シルバー額に入れてみたら、窓から景色を見ているようで、まあまあ・・だ。そんなことを云っておいて、ちょっと変だが、写真に撮ると、あまりパッとしない。なぜなんだろう。それが今回も未解決だった。                                         山里新緑(油彩F50部分)私の絵は、タッチが見 [続きを読む]
  • 小田原城址公園の紅葉
  • 小田原城址公園の紅葉(11/30地元美術会スケッチ旅行2日目)「良いところと・・」と、聞かされていた南足柄の川、吊り橋、キャンプ場、古民家、学校などは、公園の施設だった。さすが、2日目もここでは描けない。きのう初めて乗った大雄山線で、小田原に戻ることにした。ゆっくり走るローカル線は良い。電車に揺られながら、「明神岳が描けそうなところは・・?」どうやら、塚原、岩原あたりが良さそう。機会があったら、車 [続きを読む]
  • 南足柄の紅葉
  • 南足柄の紅葉「わたくし的には、景色もお風呂も良いところだから・・」と、いうことで、地元美術会の宿泊スケッチ会に行ってきた。「良いところって、ここだったのか・・」。大雄山の丸太の森、ここは、まったく見晴らしが効かない。しかも、陽も当たらない山の中。「わたくし的には・・」?                                           落ち葉の道(部分)各自、好みが異なるから、ス [続きを読む]
  • 大山子易の紅葉
  • 大山子易の紅葉去年の紅葉は遅く、いつまでもきれいだった。去年の今頃スケッチした。しかし、油彩を完成させた時は、すでに紅葉の時期は過ぎていた。次の紅葉の時期に合わせ、アップしようと思っていた。ところが、3日前に雪が降って、あっという間に冬になった。でも、季節は行ったり、戻ったりだ。                                       大山子易の紅葉(F10油彩)昨日は新宿、幹 [続きを読む]
  • 小春日和の大野山牧場
  • 小春日和の大野山牧場昨日(11/17)の朝、「おとうさん、こんな日は、大野山に行きましょう。」前日、気象予報士がさかんに”小春日和”を連発していた。予報通りだ。前に描いた10号を大きい作品にしようと思っているので、少し情報が欲しかった。246号からの取り付け道路は、途中の集落を過ぎると、穴ぼこだらけ。前に来た時と違う。心配したとうり、乳牛育成牧場は閉鎖されていた。県の事業仕分けだ。         [続きを読む]
  • 二人展のおみやげ
  • 二人展のおみやげ絵のブログなのに、「なに、これ・・」と、思われますね。今年は生姜が良くできました。1キロ植えて、11キロの収穫でした。                                             これで半分です                                   半分は、甘酢漬と醤油漬けになりました遠くから二人展に来てくれる友達へのおみやげにします。「商 [続きを読む]
  • 間口港の今と昔
  • 間口港の今と昔間口港は、三浦半島の剣崎灯台のすぐ東側にある。夜の明け前に、漁協に車を止め、東周りの磯伝いで火ヶ崎、西周りの磯伝いで剣崎に、黒鯛を狙って通った。昔は、この絵のように、湾の奥にある、ひなびた小さな港だった。今は、大きな外堤防が出来て、磯伝いに釣り場には行けない。この作品は、誰か私の知らない人の手に渡っている。画面を見ると、自分で作成日を記入したのが残っている。              [続きを読む]
  • 日展に行ってきた
  • 日展に行ってきたいろいろな意見があるが、日展は、私の中では最高峰の美術展である。友人の入選がきっかけで、7、8数年前から毎年来ている。洋画だけしか見ないが、月曜日だったせいか、今日は、ちょっと入場者が少なかった。                                           さすが池田清明                              喪章の塗師先生 達者だねえ、 [続きを読む]
  • 大倉の今と昔
  • 大倉の今と昔子育ての頃は、高度成長期だった。石油プラントの建設をはじめ、さまざまな新しい仕事で、休日出勤や残業が続いた。今のような、サービス残業や過労死などの概念もなかった。家族を養うために、月80時間の残業も我慢できた。それでも、年に一度、ゴールデンウィークには、絵を描きに出かけた。絵は油彩で、現場で描くものと決めていた。それが数枚残っている。何年前か忘れました かなり古い作品です        [続きを読む]