Tadachika さん プロフィール

  •  
Tadachikaさん: 季節の風の中で
ハンドル名Tadachika さん
ブログタイトル季節の風の中で
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/hayakawats/
サイト紹介文油彩風景画を描いている。自然に感動した時、生きていることを実感する。その感動を誰かに伝えたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2013/09/16 15:44

Tadachika さんのブログ記事

  • メロンは無事
  • メロンは無事(これを書いていたら、日付が変わってしまった。以下は1日遅れの記事です。)昨日(木)、畑に行ってびっくり、前日の風雨で、トマト、キューリ、インゲン、トウモロコシ、オクラ、メロン、みんな大きく傾いた。昨日と今日で、すべての柵に筋交いを入れ、ようやく復旧した。心配だったのはメロン。去年は、梅雨明けの高温で、一変に枯れてしまった。今年は、素人向きのプリンスメロンに挑戦中。右の4株が自分で接ぎ [続きを読む]
  • 大地と太陽のめぐみ
  • 大地と太陽のめぐみ梅雨入り前に、ジャガイモを収穫した。キタアカリとメークインを、それぞれ1キロ、合計2キロ植え、45キロ収穫した。マルチを掛けし、土寄せも、追肥も、芽欠きもしない省エネ栽培で、わずか3ヶ月で25倍になって還ってきた。大地と太陽の力はすごい。メークインの収穫数日前はタマネギを収穫早速、今夜はキタアカリのジャガバターで、大地と太陽に感謝し、一杯・・レギュラー缶1本が、我が家の唯一の贅沢 [続きを読む]
  • ミュシャ展と日洋展
  • ミュシャ展と日洋展昨日は、2時から日洋展の会場当番だった。いつものことだが、乃木坂の地下鉄出口で、新国立の企画展の入場券を売っていた。その時は、「まだ、ミュシャをやってるんだ。」程度ことだった。エントランス通路には、長い傘立てが続く。そこの案内書きに「傘はそのまま持って、通路を進んで下さい。」 どういうこと?建物に入って、びっくり。ながーい行列が何重にも渦巻いている。その列は再び外に出て、またぐる [続きを読む]
  • 第31回日洋展(港の休日)
  • 第31回日洋展(港の休日)31(水)今日から、新国立美術館で日洋展が始まりました。拡大して見てください                                 港の休日(F100油彩)100号を、この大きさの写真に収めると、なぜか、もの足りない。いい作品は、サイズに関係なく良く見えるはず。この作品は、のびのび描けたのだが、”なぜか”が、分からない。また、おなじ反省をしている。ブログ村油彩画 [続きを読む]
  • リアルのゆくえ展
  • リアルのゆくえ展金曜日は雨降りだったので、平塚美術館で「リアルのゆくえ」展を見てきた。日曜美術館のテレビ放映効果で、駐車場は満車で、平時より入場者は多かった。ウィークデイだから来場者は、お年寄り多かった。私達夫婦も、そのお仲間だ。ブログに書くのに、間があいたのは、「ちょっと疲れた。」感が、あったからだ。古い時代の作品に添えられている画家の言葉は、難解で、「苦しまなければ、いい絵は描けない。」と、い [続きを読む]
  • 1年ぶりのクロッキー
  • 1年ぶりのクロッキー昨日、地元の湘南市民美術会のデッサン会に行って、人物クロッキーを描いてきた。デッサン会は、年2回あるのだが、前回は欠席したので、1年ぶり。未熟だから、顔が見えると描きづらい。このポーズはわりと描きやすかった。人物を描く人は、この程度のクロッキーだったら、毎日描いているのだろう。ここ2ヶ月、展覧会続きで、何も描いていない。まだまだ、日本芸術協会展の事務処理や次の日洋展の当番がある [続きを読む]
  • 第34回日本芸術協会美術展のご案内
  • 第34回日本芸術協会美術展のご案内会場は、JR池袋駅西口のすぐ目の前です。お近くにお出での折にはお立ち寄り下さい。30〜100号が60点ほど出品されます。同じ階のコンサートホールで、13(土)、14(日)は、読売交響楽団の演奏会があります。待合いスペースが共通なので、ギャラリーの入場者も増えます。立地条件が良い分、他団体と競合し、会場は毎年抽選です。会場使用料の負担も重く、小さな会の事務局は苦労し [続きを読む]
  • 自作メロンの接ぎ木道具
  • 自作メロンの接ぎ木道具去年、メロンの接ぎ木を試した。接ぎ木は成功したが、収穫はいまいちだった。適当に手持ち種を使ったので、相性が悪かったのかもしれない。今年は2回目の挑戦。台木のカボチャもメロンも相性の良い種を買った。「接ぎ木苗を4本買ったほうが安いかな。」でも、自分で接ぎ木することに意味があるのだ。必要は発明の母、去年の経験から、台木の接ぎ口を切り込む道具を作った。三つ目錐の1つの刃をグラインダ [続きを読む]
  • 赤い灯台と白い灯台
  • 赤い灯台と白い灯台5月に入ると、日本芸術協会展と日洋展がある。合計3枚の100号を送り出さなければいけない。今日は二人展の最終日、この3週間は気ぜわしく、何も描かなかったが、日洋展作品だけ、ちょっと手直しをした。                           &nbs [続きを読む]
  • 季節は待たない
  • 季節は待たない25日まで、二人展をやっている。会場非常駐といっても、落ち着かない。「桜が咲いた。桜が終わって1,2週後・・。」とか、桜を目安に、やりたい畑仕事がある。私は直播き主義だが、今年は、ポット蒔きで時間稼ぎしている。芋類は、ポット蒔きというわけにはいかない。二人展会場の調剤薬局は、日曜日はお休みだから、畑仕事が出来る。日曜日が雨だと、ちょっと焦る。今日は晴れた。去年より少し遅れたが、里芋を [続きを読む]
  • 第7回 二人展(東北スケッチ旅)
  • 第7回 二人展(東北スケッチ旅)このブログを見て、二人展にお出でなる方は、まずいないのですが、どんなものか、一応ご紹介ということで、・・。今日、20点、搬入展示をしてきました。明日から公開です。毎回、妻の別冊、旅絵日記と日常絵日記が好評です。毎回、夫婦共々の古いつきあいの友人や、会社時代の先輩・後輩が来てくれます。隔年で7回目、年を重ねるうちに、もう、来られなくなった方が数人います。元気な先輩方か [続きを読む]
  • 第12回 湘南市民美術小品展
  • 第12回 湘南市民美術小品展が、今日から始まりました。午前中、搬入展示作業をしてきました。8号以下の作品が、80点ほどです。 プロ・アマも関係ない。優劣も関係ない。無審査で、誰でも出品できます。出品したいが、悩んでいる方には、きっと良い美術展です。一度、見に来てください。歓迎します。私は、30(木)午前中、会場当番です。ブログ村油彩画リンクhttps://art.blogmura.com/oil/ [続きを読む]
  • 春の雪・下大槻
  • 春の雪・下大槻暖かい日が続き、春を実感したのに、昨日は、急に寒さが戻った。5日ほど前に、春野菜の種をまいたので、今朝、畑の様子を見に行った。                            畑に行く途中、真土からの望遠風景昨日、丹沢表尾根にも雪が降った。今年の雪は、これが最終だろう。今日はもう春霞。これに、渋田川の桜が咲いていたら、めったに見られない組み合わせで、良い風景になったのに残念。  [続きを読む]
  • 春の雪・下大槻
  • 春の雪・下大槻暖かい日が続き、春を実感したのに、昨日は、急に寒さが戻った。5日ほど前に、春野菜の種をまいたので、今朝、畑の様子を見に行った。                            畑に行く途中、真土からの望遠風景昨日、丹沢表尾根にも雪が降った。今年の雪は、これが最終だろう。今日はもう春霞。これに、渋田川の桜が咲いていたら、めったに見られない組み合わせで、良い風景になったのに残念。  [続きを読む]
  • 八ヶ岳のまきば公園
  • 八ヶ岳のまきば公園この土日(3/11,12)に、山梨県大会に遠征してきた。「昔のA級のレベルではない。」と、云っても、A級はA級。みんな、ウォームアップ時から、気合いが入っている。その気合いに、ちょっと引いた。長い間、いろいろ経験してきたから、そんなに夢中になれない。初戦は、早々と落ちた。一泊し、もう一つの目的、八ヶ岳の”まきば公園”に行って、スケッチしてきた。                   [続きを読む]
  • 八ヶ岳のまきば公園
  • 八ヶ岳のまきば公園この土日(3/11,12)に、山梨県大会に遠征してきた。「昔のA級のレベルではない。」と、云っても、A級はA級。みんな、ウォームアップ時から、気合いが入っている。その気合いに、ちょっと引いた。長い間、いろいろ経験してきたから、そんなに夢中になれない。初戦は、早々と落ちた。一泊し、もう一つの目的、八ヶ岳の”まきば公園”に行って、スケッチしてきた。                   [続きを読む]
  • 白菜の花穂
  • 白菜の花穂 (誤字修正版)春が近づくと、菜花系は一斉に花穂を持ち上げ、冬野菜は、これでお終りになる。青野菜を好んで食べる方ではない。出されたら、なんとなく食べる。そんな私でも、白菜の花穂は、「とても、おいしい。」と、思う。だから、畑に残った白菜は、無駄にならない。これは、わざわざ播種時期を遅らせ、葉を巻かないようにして、花穂を収穫したもの。早速、お昼に油炒めにして食べた。ジャガイモを3畝植えた。マ [続きを読む]
  • 白菜の花穂
  • 白菜の花穂 (誤字修正版)春が近づくと、菜花系は一斉に花穂を持ち上げ、冬野菜は、これでお終りになる。青野菜を好んで食べる方ではない。出されたら、なんとなく食べる。そんな私でも、白菜の花穂は、「とても、おいしい。」と、思う。だから、畑に残った白菜は、無駄にならない。これは、わざわざ播種時期を遅らせ、葉を巻かないようにして、花穂を収穫したもの。早速、お昼に油炒めにして食べた。ジャガイモを3畝植えた。マ [続きを読む]
  • LED照明に改造
  • LED照明に改造居間兼食堂の蛍光灯が、チカチカし始めた。20Wが4本入っている。蛍光管の寿命は同じだから、これから、残りの管も、次々チカチカし始める。既存の器具本体は、天井に直付されている。新しいLED照明に変えるには、天井の始末に手間がかかる。ならば、「腕におぼえあり。」と、いうことで、ケースだけを利用し、LED照明に改造した。既存金具を加工し、E17のソケットを取り付けた。ランプは、25W型( [続きを読む]
  • LED照明に改造
  • LED照明に改造居間兼食堂の蛍光灯が、チカチカし始めた。20Wが4本入っている。蛍光管の寿命は同じだから、これから、残りの管も、次々チカチカし始める。既存の器具本体は、天井に直付されている。新しいLED照明に変えるには、天井の始末に手間がかかる。ならば、「腕におぼえあり。」と、いうことで、ケースだけを利用し、LED照明に改造した。既存金具を加工し、E17のソケットを取り付けた。ランプは、25W型( [続きを読む]
  • 春近し・城島
  • 春近し・城島 (誤字修正版)もう、春3番くらい吹いたが、しばらく磯にも行ってない。明日からもう3月、そろそろ、ジャガイモの植え付けの準備だ。                                         春近し・城島(F4油彩)人物は、「女学生の方が春らしい。」、と、妻が云う。スケッチでは、おばあさんだったが、いっぺんに若返った。今は、自由登校の時期で、よく見かける光景だ。春はも [続きを読む]
  • 春近し・城島
  • 春近し・城島 (誤字修正版)もう、春3番くらい吹いたが、しばらく磯にも行ってない。明日からもう3月、そろそろ、ジャガイモの植え付けの準備だ。                                         春近し・城島(F4油彩)人物は、「女学生の方が春らしい。」、と、妻が云う。スケッチでは、おばあさんだったが、いっぺんに若返った。今は、自由登校の時期で、よく見かける光景だ。春はも [続きを読む]
  • 雪の丹沢表尾根・下大槻
  • 雪の丹沢表尾根・下大槻先週の朝、北側の窓を開けたら、雪を被った大山が見えた。しかも、快晴、大山の雪は1日ぐらいしかもたないが、丹沢の雪はもう少し残る。こんなチャンスは年に1,2度しかない。朝食もとらず、秦野方面へ・。その途中、「ここ、絵になりそう。」 平塚と秦野との市境、下大槻から見た風景が良かった。ここは、景色の真ん中を東名が横切る。普段は描く気にならない場所だが、丹沢の雪で、いつもと違った風景 [続きを読む]
  • 雪の丹沢表尾根・下大槻
  • 雪の丹沢表尾根・下大槻先週の朝、北側の窓を開けたら、雪を被った大山が見えた。しかも、快晴、大山の雪は1日ぐらいしかもたないが、丹沢の雪はもう少し残る。こんなチャンスは年に1,2度しかない。朝食もとらず、秦野方面へ・。その途中、「ここ、絵になりそう。」 平塚と秦野との市境、下大槻から見た風景が良かった。ここは、景色の真ん中を東名が横切る。普段は描く気にならない場所だが、丹沢の雪で、いつもと違った風景 [続きを読む]