刃連じろう さん プロフィール

  •  
刃連じろうさん: 刃連さんのウエブログ
ハンドル名刃連じろう さん
ブログタイトル刃連さんのウエブログ
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/yuki_zirou
サイト紹介文豊後国日田郡(大分県日田市)の近世史と筆者のグチがおもの極めて平凡かつ記事数の少ないブログです。
自由文地方の城の考察や家紋の考察もやっています。頻繁に更新することは滅多にありませんがご覧いただけますと私の餅兵衛が上がります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2013/09/16 17:16

刃連じろう さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ウッド平島公園
  • 待ち時間に日田市のウッドコンビナートにある「ウッド平島公園」に尾漕2号墳石棺を見に行きました。公園自体は芝生と遊具があるただの運動公園です。そこに本物の石棺と案内板が設置されています。バックに土塁のような方形土壇がありますが、関係は不明です。ただ、日田市のウェブページに掲載されている写真と比較すると、破損が進んで大分劣化しています。覆いも何もないので無理もないですが、そもそも水銀朱が塗布されていた [続きを読む]
  • 平成28年度第12回日田市美展出品作品反省レポート
  • ネット活動休止は本日、終わりました。休止していたことは、お伝えしていませんでしたが、実は市美展(日田市美術展)に出品する作品制作を優先していたためです。申しわけありませんでした。本日は実バレ覚悟です。大した人物ではありませんから。問題ないでしょう。10月3日に実名で応募し、無事入選いたしまして、今日市美展は16時に閉幕。早速、作品を引き取りました。絵の反省今回の作品は、疲れました。作品のテーマを日隈城 [続きを読む]
  • 平成28年度第12回日田市美展出品作品反省レポート
  • ネット活動休止は本日、終わりました。休止していたことは、お伝えしていませんでしたが、実は市美展(日田市美術展)に出品する作品制作を優先していたためです。申しわけありませんでした。本日は実バレ覚悟です。大した人物ではありませんから。問題ないでしょう。10月3日に実名で応募し、無事入選いたしまして、今日市美展は16時に閉幕。早速、作品を引き取りました。絵の反省今回の作品は、疲れました。作品のテーマを日隈城 [続きを読む]
  • とりあえずトップ絵とかブログの外観を変えてみました
  • 驚くべきことに、今年初めてのブログ更新です。更新するネタも気力もわかなかったので、暫く何もせずに機会をうかがっていました。熊本地震で熊本城が被害に遭い、日田でも永山城が被害に遭ってしまって、結構落ち込みました。ゴールデンウィークは飛び石でしたがずっと家に引きこもり、普通の休みの日は出品予定の絵を描いたり、その合間にアマゾンで買ったお城プラモを黙々と作ったり、仕事の資料を作ったり…と、まだ日田市から [続きを読む]
  • とりあえずトップ絵とかブログの外観を変えてみました
  • 驚くべきことに、今年初めてのブログ更新です。更新するネタも気力もわかなかったので、暫く何もせずに機会をうかがっていました。熊本地震で熊本城が被害に遭い、日田でも永山城が被害に遭ってしまって、結構落ち込みました。ゴールデンウィークは飛び石でしたがずっと家に引きこもり、普通の休みの日は出品予定の絵を描いたり、その合間にアマゾンで買ったお城プラモを黙々と作ったり、仕事の資料を作ったり…と、まだ日田市から [続きを読む]
  • 豊後府内城天守復元イラスト再考証
  • 『御城下絵図』(1658年-1743年 大分市歴史資料館蔵)の線描模写2014年9月に発表した府内城天守の考証に少し誤りがあったので、再考証しました。府内城天守を復元考証する上で、まず府内城天守の復元案の収集、府内城の簡易な縄張図作成と『御城下絵図』という絵図の模写を行いました。府内城縄張り図。上が北です。赤色が建物、黄土色が一般にいう武者走り、水色が水堀、浅葱色っぽい青の部分が海、肌色が平地です。北から東方面 [続きを読む]
  • 豊後岡城御三階櫓復元イラスト
  • この間に行った岡城の御三階櫓についての考察です。現在見られる、岡城の遺構は、1774年以降の再建によるもので、実は創建当初を留めているものではないことは、パンフレッドには書いてあるんですけど意外に知られていないことです。それは、石垣を見ればよくわかるように、所々切込み接であったり落し積であったりするので、察しのいい人であればパンフレッドを見なくても気づかれると思います。岡城の歴史(参考文献〔2〕〔3〕) [続きを読む]
  • 【城めぐり】大分の城を訪ねる - 岡城(竹田市)
  • この連休中、天気にも恵まれたので、急に岡城に行きました。急だったので、なにも用意せずに行ってきたのでちょっと骨折りました。竹田市は、市内に入ると谷なのかなんなのかよくわからないですが、トンネルがいくつもあって、谷や山の中に近現代的な家屋や商店が軒を連ねていて、よくわかんないです。でもそんなノスタルジックなごちゃごちゃしたところが好きです。谷間に栄えた城下町だったということが大体よくわかります。不便 [続きを読む]
  • 豊臣大坂城天守エスキース
  • 普通、エスキースというと粗雑な下絵のようなものなんですが、今回の考察がどうもそれっぽいので、「エスキース」と。今回は大坂城考察をご専門にされている方に失礼がないようにできるだけ慎重に、また軽く考察しました。やはり大坂城は大物です。「軽く」なのに1ヶ月近くかかりました。早稲田本丸図の活字模写。注目すべきは、北側の塁の幅。中井家本丸図は「幅三間」であるのに対してこちらは「幅二間半」と書き込まれている。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …