新倉マコト さん プロフィール

  •  
新倉マコトさん: RelaxMediaParkへようこそ
ハンドル名新倉マコト さん
ブログタイトルRelaxMediaParkへようこそ
ブログURLhttp://makoto175878.blog.fc2.com/
サイト紹介文アニメの武器、乗り物のデータベース、泣かせるアニメ、アニメの名シーン
自由文涙は心の汗。アニメで泣いて心の老廃物を流し切りましょう!アニメの武器・乗り物のデータベースもやってます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2013/09/18 04:54

新倉マコト さんのブログ記事

  • 【ガンオン備忘録】ヅダが面白いとドハマリ中です
  • ガンオンは楽しい。その事実は変わらない訳ですが……何事にもマンネリになっちゃうときってあるよね。そこで今低コスト編成でどれくらいやれるか挑戦中。まあ、スコアは悪くなっちゃうし、降格を繰り返しているわけですが……うちのヅダは輝いている。ブースト管理の練習のために入れましたが、これがなかなかいい結構速いし、機体が貧弱なのに目を瞑れば、かなり戦える。特筆すべきは自爆で敵機を落としたときの高揚感。思わす笑 [続きを読む]
  • ガンオンはCT無くなれば面白くなると思って運営に言ってみた。
  • 初期ジム全盛期の連邦と違ってジオンは高コスト帯の機体が主力。そうなるとラーメンタイムは不可避なんじゃないでしょうか?今はジ・オもいて、事故る確率は前とは比べ物にならない。それがシステムとは言え、待ってる間の時間はすごくつまらない。ですので、運営にお願いしてみました。 ◇               ◇ CTの緩和策の検討をお願いします。いわゆるラーメンタイムの是正はゲームをより深く楽しむた [続きを読む]
  • 隊を統べる妖しき魔導幼女!? 『幼女戦記』に登場する銃器
  • ターニャ・テグレッチェフ少佐戦火の最前線を行く帝国の悪魔。而して、その実態は幼女。尋常ではない魔導術を使い、敵を蹴散らす。平時化にあってもライフルを片時も手放さない。復讐のその時までこの習慣は変わることはない。今回はアニメ『幼女戦記』に登場する銃器を紹介します。○シグ モンドラゴンM1908(ターニャ・帝国魔導師が使用) モンドラゴンM1908はメキシコのマニュエル・モンドラゴン将軍によって19世紀末に設計さ [続きを読む]
  • 機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ #16 感想
  • ○あらすじジャスレイの思惑は叶った。名瀬は死にもはや組織内に彼を妨げるものはいなくなったかに思えた。さりとてジャスレイの野心は留まるところを知らない。彼の凶弾はラフタを貫き、毒牙はマクマードをも狙おうとしていた。怒り心頭のオルガは遂に……○感想今回は初見で「つまらないな」&「コイツイラつく」しかし、よく見直してみると意義の深い回だったように思う。イオクは首切り秒読み入ったようですね。次の失態で見限 [続きを読む]
  • 機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ2期 #15 感想
  • ○あらすじアリアンロッドのイオク・クジャンに追われる名瀬は愛する者を守るためにテイワズからの脱退を表する。無抵抗を示すタービンズをダインスレイヴの凶弾が貫く。何も出来ないと臍を噛むオルガにシノ、アキヒロが救出を志願する。○感想名瀬の男意気が全開の回。女を守るために体を張る名瀬に対して、イオクのヒールぶりが際立った感があった。逃げる彼女たちを非情なまでに撃ち抜く彼に強い憤りを感じた。憎しみと愛。今回 [続きを読む]
  • 機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ2期 #13・14 感想
  • ○あらすじモビルアーマー撃墜に成功した鉄華団。彼らはマクマードにマクギリスとの関係性を認めさせるに至った。しかし、三日月は満身創痍で帰ってきた。バルバトスとの無理なリンケージの結果、三日月は右半身不随になってしまった。悔いるオルガは改めて、三日月の友情に感謝していた。イオクはこの一件でラスタルからの信用を失墜させた。汚名を雪ぐためにジャスレイと接触し、名瀬を的に掛ける。○感想阿頼耶識システム ヤベ [続きを読む]
  • 【ガンオン備忘録】初期ジムが強すぎてモチベが保てない病
  • 11月の大型アプデ以来、気に入らないことが4つある。1.連邦の圧倒的有利が終わってない。2.相変わらず、連邦だけに優秀機体が実装。3.コストの割に初期ジムが強すぎる。4.スナのワンショットキルが難しくなったこのアップデートでビーム兵器がサイツヨになって、それが低いコスト帯からある連邦が優位だし、ビムコ盾ある連邦が優位だし、新型のエース機体がたくさんある連邦が優位だし、こないだアレックス配りまくった [続きを読む]
  • 初期ジムの弱体化を熱望!
  • アップデート以前から囁かれていることだが、運営の連邦贔屓が露骨過ぎ。連邦の新機体は常に実用的だが、ジオンは常にネタ機体。軒並み戦力が充実する連邦に比べて、主力に据えるべき機体はテトラ・サイコ以来ずっと出てきていない。イベントは裏目裏目で連邦が有利に働いている。この度のアップデートによって、有効的な武装はビームライフルの一人勝ちで対抗手段は乏しい。当然、それが標準装備の連邦に優位に働いた。クリスマス [続きを読む]
  • ドリフターズ #12  感想
  • ○あらすじ帝都ヴェルリナを巡る攻防戦。待ち構えるのは土方歳三。豊久の眼前に現れ、新撰組の怨念霊とともに彼を襲う。一度は勝ちを意識した信長だった……○感想今回でとうとう最終回ですか? 寂しいです。トヨと土方の斬り合い。年を跨いでの因縁と確執。まあ、たしかに薩摩に恨みあるんだよね。興味深いのは武者としての在り方ですね。土方が考える“士道”とは潔く清らかな真っ直ぐ。豊久が考える“武者の道”は出来ることす [続きを読む]
  • 『鉄血のオルフェンズ』第37話「クリュセ防衛戦」
  • イオク様…、ピント外れ過ぎ…。ポンコツにも程がある…(汗)ジュリエッタもテキトーに手とか脚とか撃っちゃえばいいのに…、言葉で云っても通じないよ…、イオク様は使用言語が違うっつーか、アルゴリズムが違うカラ。そして、いつの間にかジュリエッタに呼び捨てにされているヴィダールさんですが!満を持して? 遂にマクギリス様と対決! …かと思いきや。「俺には解らない」って。科白の内容からしてヴィダールがガエリオなの [続きを読む]
  • 機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ2期 #12 感想
  • ○あらすじ予定外の行動を執るモビルアーマー。ライドの救援虚しく、プラントの住民は全滅。加勢にやって来たバルバトスとグシオンだったが、両機に組込まれた謎のシステムによって、不具合を発する。チャドらの必死の抵抗も虚しく、モビルアーマーはクリュセを目指す。風雲急を告げる中で、再びバルバトスがその行く手を阻む。○感想いきなり市民全滅の訃報から始まった今回。登場人物以外の犠牲だからか、ライド達の反応もいまい [続きを読む]
  • ドリフターズ #11 感想
  • ○あらすじサンジェルミ伯の計らいでオルテ強奪に乗り出した矢先……黒王の元より訪れたラスプーチンはサンジェルミ同様に無血簒奪を目論んでいた。気概で勝った豊久たちだったが、直ぐ様、黒王の軍が帝都を襲う。○感想オルテの都ヴェルリナ。某国の戦争映画とかでこんな光景を見たことあるよ。負傷兵が物乞いしたり、街の雰囲気が殺伐だったり……オルテが滅びゆく国なのだと象徴する描写ですね。もの知りなサンジェルミは豊久に [続きを読む]
  • 【ガンオン備忘録】荒廃都市攻略で思うこと。先手必勝&頭の切り替え
  • 荒廃都市。初動は、やはり4取りからの基盤づくりではないだろうか?よく、北に集中してしまうケースが見られるが、北攻めはあくまで奇策。SAが開いてしまっては、どんなに押していても捨てなければならないので、何もかも無駄になりやすい。SAが開いたら……4やビコや補給艦から出てしっかりSAを確保する。これ当たり前。…… なのだが、どうしても取られてしまう場合だってある。(連邦とて遊んでおるわけではあるまい?)問題 [続きを読む]
  • 異世界に広がる不穏な銃声!? ドリフターズに登場する銃火器
  • かつて、銃を操り、天下を翻弄した織田信長。彼の野望はこの世界に来ても潰えることはない。最高の職人を得て、銃の複製を完成させ、オルテ奪還を狙う。今回はドリフターズに登場した銃火器をチェック!!DENIX(デニックス) 火縄銃種子島 ポルトガル伝来 1543年モデル 全長65cm [1272] ○火縄銃(信長が愛用。増産して、兵に与える)火縄銃(ひなわじゅう、英: Matchlock gun / Arquebus)は、初期の火器(火砲)の形態のひとつで [続きを読む]
  • 機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ2期 #11 感想
  • ○あらすじ起動したモビルアーマーは殺戮を始める。イオクの部隊はイオクを残して、早々に全滅。モビルアーマーは人の多いところを目指して進撃を始めた。オルガとマクギリスは迎撃作戦を立案し、クリュセ手前の渓谷で待ち構えていたが、イオクの意地の砲撃で進路を変えてしまう。○感想イオクが可愛そうに見える回。頑張ったけどやっぱり彼じゃどうにもならない。そもそも、セブンスターなのも結局、親の七光りなんでしょ?モビル [続きを読む]
  • ドリフターズ #10 感想
  • ○あらすじ信長は解放したドワーフの力を借りて鉄砲を完成させる。これで兵力の増強は容易くなった。その最中、サンジェルミ伯が豊久らを尋ねてくる混乱、分裂してしまう前にオルテをまるごと占拠させるためにクーデターを持ちかけたが……○感想傷を治したり、食料をふやしたり……黒王って、何でもありなんですね。その力、私にもください。悪いことには使いません。かと言っていいことにも使わなさげ。一人生き残った童貞くんす [続きを読む]
  • 機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ2期 #10 感想
  • ○あらすじオルガの功績を快く思わなかったジャスレイはイオクに情報を流してオルガたちを貶めようとしていた。鉱山で発掘された巨大な機械はモビルアーマーと呼ばれいたものだと判明した。対MS用に開発された超兵器らしい。マクギリスは確認のために政情不安な地球を離れ、火星のオルガの元へと馳せるのだが……○感想冒頭は、いきなりヤクザ映画みたいな始まり方な訳で……ジャスレイの器がよく表現された描写ですね。ホントに小 [続きを読む]
  • ドリフターズ #9  感想
  • ○あらすじエルフたちを解放し、信頼を集めた豊久らは次の村に向かう。彼らを慕うエルフたちは、彼らに追従し既にオルテの軍隊顔負けの規模になっていた。目指すはガドルカ鉱山。ドワーフを解放するため……信長は出来たばかりの火薬で城塞を焼き、豊久は太刀を振るう。怯えるオルテの眼前でエルフたちは鬨の声を挙げる。○感想あの世界、まだ火薬がなかったんですね。一方的な戦いに逆に胸が躍る。蹂躙する豊久の暴れっぷりは、い [続きを読む]
  • 劇場版蒼き鋼のアルペジオCadenzaを今更ながらレヴュー
  • 劇場版 蒼き鋼のアルペジオ ‐アルス・ノヴァ‐ Cadenza 去年の今頃(2015.10.3公開)の作品ですが、やっと見ることが出来ましたので感想を書きたいと思います。○あらすじかつて、アドミラリティ−コードの意義を巡って、戦ったヤマトとムサシ。霧の艦隊と行動をともにしていたと思われる千早翔像は再び人類の前に姿を現した。人類の敵として……理解し合った仲間たちの協力を受け、霧の艦隊と交戦、突破。ムサシの下へたどり着 [続きを読む]
  • ドリフターズ #1〜8までの感想
  • 歴史上の勇者達が大集合ですごい面白い。日本の戦国時代から幕末、戦時中。日本にとどまらずローマ帝国や映画で有名な銀行強盗まで登場して物語の造形がとっても深くて面白い。豊久と信長の思惑にはズレこそあるが国盗りの一点で一致している。まだまだ漂流者は送り込まれて、豊久たちにどう関わっていくのかって楽しみです。土方歳三が敵方っていうのも意味ありげで面白い。しかし……廃棄物のボスは誰なんでしょうか?イエス様? [続きを読む]