フェアリーグランマ さん プロフィール

  •  
フェアリーグランマさん: おばあちゃんのひとりごと
ハンドル名フェアリーグランマ さん
ブログタイトルおばあちゃんのひとりごと
ブログURLhttp://itazurakko713.blog.fc2.com/
サイト紹介文日々の生活の中から感じたことや、懐かしい昔の思い出を詩や短歌で徒然に綴っていきたい。
自由文年老いて、街で一人暮らしを始めました。その生活の中から過去と現在を綴り、これからの人生を明るく楽しんで健康に生活をしていくために、努力し、穏やかに満足の日々を過ごしたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供357回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2013/09/20 09:47

フェアリーグランマ さんのブログ記事

  • 「阿吽の呼吸での察し」と「思いやり」の文化を築いてきた。
  •   人は無我夢中に急いで結婚するから、一生悔いることになる。                    モリエール  年寄りになったから賢くなったんじゃありませんよ。用心深く  なっただけです。                    へミングウェイ 今朝も暑いわぁ。蝉の鳴き声がすごいです。 昨日、友人から電話が入りましてね。今日会うことになっていたんですが………大変。 「庭の草取りをしてて1メートルほ [続きを読む]
  • 老いも若きも関係なく、一日は誰にとっても等しく二十四時間です。
  •  きょうもうれしいです。楽しいです。ありがたいです。 という言葉をいった時には、 非常な何ともいえない快さを感じる。                   中村天風  こういう言葉が好きでそのまま、私は信じて自分なりに実行をするのです。 なんでも暫くは続くのですが、また、忘れるのも早い。 朝から、蝉の鳴く声がすごいの。一所懸命なのよね。私もそうやってがんばりたい。 昨日は、ご近所さんにお会いしました [続きを読む]
  • 「地獄も極楽も人の心が見せるもの」
  •  人生においては、何事も偶然である。しかし、また人生に おいては、なにごとも必然である。           三木清 今朝も暑いです。蝉が大さわぎで鳴いています。今日も全国的に暑いとのこと、西日本は不安定らしいですが、予想気温がまたも35度とか?”高温注意情報”がでてるとのこと。 昨日のこと。休日だけど、新聞が読みたくて、モーニングコーヒーに行くと混んでいてね。ご近所の奥様と [続きを読む]
  • 愛情の顔は、大勢のものを抱き込むという力がある。
  •   人は常に自分の幸福を望むものだが、その幸福を見分ける  ことは出来にくい。               ルソー  人間の幸福は、決して神や仏が握っているものではない。  自分自身の中に、それを左右する鍵がある。               エマーソン                 朝から暑いです。今日も猛暑日の予報。埼玉では37度の予報です。最近はいろいろと、 天候がさっと変わったり、突風が吹 [続きを読む]
  • 先生、私はすでに達観している身ですから、本当のことを教えてください。
  •   「あっちの水は甘いぞ、こっちの水は辛いぞ」なんて、お  互いにその水につかってみない限り、わからないものなん  ですよ。人生というものは。                  藤原新也 気温ですが例年より高いとのことで、梅雨明けとなると、また高くなるとか?暑いわぁ〜〜。今朝も蝉が大きな声で鳴いていて、蝉の声だけで暑さを感じます。 昨日は北海道の気温が高くてびっくりしましたが、熱中症をつけないと〜 [続きを読む]
  • 消えた猫
  •  幸福になりたいのなら、まず、人を喜ばすことからはじめたまえ。                ブリオール 自分が幸福だと思う人が、幸福な人なのだ。                ブリュウス・サイラス 毎日、この暑さ、ふうふう〜〜ひさしぶりに、昨日はいつもの旧い友人から電話が入り、声が元気でほっとしました。がんばって、歩いているとのこと。またコーヒーしよう〜〜ね。と。昨夜は知らない番号から電話が入り [続きを読む]
  • 人間と動物との違いは、尊敬する気持ちと恥を知ることの違いである。
  •   人間である以上、なくて七くせ、といわれるほど欠点は多い。だが、同じ  欠点でも、許せる欠点と許せない欠点とがある。許せない欠点とは、それ  は人間が卑しいということだ。品性下劣な人間、これは容赦なく嫌いな人  間のほうへ分類する。何故ならば、人間と動物との違いは、尊敬する気持  ちと恥を知ることの違いである。特に廉恥心を失うのは人間としての一つ  の資格を喪失することだ。            [続きを読む]
  • 「ああオヤジ前進したなあ」……胸に迫るような父の生きた道である
  •  生きていれば、自分の道を行くしかないときが、かならず来る。                   セルジオ・バンバーレン 世の親たちが、子どもに望んでいることは様々だと思いますが、 煎じつめたところ、「子どもたちよ、正しく生きてくれ、真の幸 福になってもらいたい」と希求しているのではないでしょうか。                   高森顕徹  ほんとはね。みんな消えてしまったのよ。”どじ”でし [続きを読む]
  • 梅の名所は各地に散在。
  •  この私にできたのですから、あなたにもできます。         マザー・テレサ なんて、いい言葉なんでしょう。とても、簡単なひとことですが、とても、ズシリと重くてね。なかなかできそうにないなぁと思えてしまいます。いつも、なんて、すばらしくあたたかいのでしょう。でも、できないと思うと絶対にできないですものね。なんでもをできると思いたいわ。 昨日は、久しぶりに5歳上の姉が野菜を持って遊びに来てくれま [続きを読む]
  • 「無責任なポイ捨てに、”禁止令” を発動しよう」
  •  望まれない、愛されない、顧みられない人がいないように               マザー・テレサ 昨日は、梅雨,当然よね。湿度が高いゆえか、疲れが出ました。なんだかどうしようもなくだるくて、ごろりごろり、何をしていても怒ったり叱ったりする人がいないし、ジロりとにらむ人もいません。ありがたい、たぶん神仏さまは優しく見守てくださっていることでしょう。弱気になるのは、珍しいのですがお年なんです。ふふふ [続きを読む]
  • 日本には「夕焼小焼」という童謡があって羨ましい」・・・・
  •  世の中というものは、自分のためばかり考えていると、結局は自分のために なってないことが多い。人のためだと思ってやったことが、まわりまわって 自分のところに帰ってくるものだ。                    越後正一  昨日は、病院でした。いつもと変わらない数値。よくもないけれども、まぁそれくらいならということで、二ヵ月後の予約ができました。 朝早く病院では、待つばかりです。でも、私はその時 [続きを読む]