フェアリーグランマ さん プロフィール

  •  
フェアリーグランマさん: おばあちゃんのひとりごと
ハンドル名フェアリーグランマ さん
ブログタイトルおばあちゃんのひとりごと
ブログURLhttp://itazurakko713.blog.fc2.com/
サイト紹介文日々の生活の中から感じたことや、懐かしい昔の思い出を詩や短歌で徒然に綴っていきたい。
自由文年老いて、街で一人暮らしを始めました。その生活の中から過去と現在を綴り、これからの人生を明るく楽しんで健康に生活をしていくために、努力し、穏やかに満足の日々を過ごしたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供358回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2013/09/20 09:47

フェアリーグランマ さんのブログ記事

  • 床の間の軸を拝見して、死ぬのはやめることにしました。
  •   あなたも、この世に望まれて生まれてきた大切な人ですよ。             マザー・テレサ なんだか、ジーンとくる言葉。        夜中から激しい雨の音に、びっくりし何度も目が覚めました。今も雨が激しいです。  昨日今日明日。またまた、めまぐるしく、すぐにすぎてゆきます。さびしいなぁ〜なんて思いながらも過ぎ行く早さに、それがありがたいんです。いろいろと忘れている、早い、早い。 しかしこ [続きを読む]
  • なんと、心躍ることか。このうえなく楽しい。
  • 楽しんでやらなきゃなにごとも身につきません。          シェイクスピア そうですね。なんでもを私はそう考えてきました。両親が甘えさせてくれ可愛がられ育ちましたので嫁いでからというものが、別世界でした。嫁ぎ先には、儀祖母と1歳下と5歳下の妹がいましたが、その小姑がなかなか出来が良くて、私のようなぼんやりさんではね。とてもとても……。 その時に、自分が自分で、楽しんでいかないと、そうしてやら [続きを読む]
  • 「何もありません。ただ自然に死んで……」広田弘毅さま
  •  かの人はまことに妙である。一日、かの人に接すれば。一日の愛生ず。 三日、かの人に接すれば、三日の愛生ず。しかれども予は接する日を 重ね、もはや去るべくもあらず。いまは善悪を越えて、かの人と生死 を共にするほかはない。             中津隊隊長 増田宋太郎             (かの人とは、西郷隆盛様のこと)  この言葉が好きですね。私は亡夫に対して、この言葉を、心にしあきらめていま [続きを読む]
  • 手に入れた生活の快適さに「しがみつく」のをやめる。
  •  一人でいる力をつけよう。       トーマス・ブラウン しんせつげに物をいう、うらみのもと也       良寛 たしかにね。マザー・テレサの言葉に「大切なのは、どれだけでたくさんのことや偉大なことをしたかではなくどれだけ心をこめたかです」そうですね。心をこめることか〜〜ね。優しいことですが……あんがい、かんがえるとできてないかもです。 昨日は土曜日。余りのいい天気に布団を干して気持ちよく、しか [続きを読む]
  • ◆春は花 夏はほととぎす 秋は月 冬雪さえも涼しかりけり◆
  •  何よりも大切なのは何を言いたいか知ること。次に 誰にそれを言いたいのかを決めることだ。        ハロルド・ニコルソン  そうですね。 昨日は東京の若い友人女性から手紙がきました。若さっていいですよね。お仕事をされていますので、頑張っておられます。 手紙の中のこと、少しここに書きますね。ーーーーーーーたったひとりの人とのコミニュケーションに       つまずき、めげてしまったり、不安になっ [続きを読む]
  • 父親というのは、大事な役割をもっています。
  •  大切なのは、どれだけたくさんのことや偉大なことをしたか ではなく、どれだけ心をこめたかです。            マザー・テレサ 心を込めるね。大事ですよね。私はなかなかできていなくてね。反省しても、また、同じことの繰り返しだわ。野際陽子さまのことをお亡くなりになり、テレビでいろいろとやっていましたが、うーんいいなぁ。なんてね。藤井さんすごいですよね。一手に70分ですか。 どなたも素晴らしいです [続きを読む]
  • 何かに迷ったときは、立ち止まって自分自身に問いかけてみて。
  •  幸福になりたいのなら、まず、人を喜ばせることから はじめたまえ。              マシュー・プリオール よい顔が推薦状であるならば、よい心は信用状である。              エドワード・リットン 今朝も晴れて、なんだか暑くなりそうです。あのね。 先日のことですが、仲のいい好きな奥様と会いましたので、玄関で話していたの。 なんていう犬か知らないけれども(何度聞いても、英語の名前だ [続きを読む]
  • 「自尊心」は「うぬぼれ」や「お高くとまる」こととは違うんです。
  •  人生は近くで見ると悲劇だが、遠くで見れば喜劇である。               チャップリン 有能な者は行動するが、無能な者は講釈ばかりする。               ジュ―ジ・バーナード・ショ―  いよいよ、昨日から梅雨入りとか。アジサイが喜ぶでしょうね。 でもカタツムリを見たことないわぁ。いるのかなぁ。 昨日のこと。いつものように、モ―二―ングコーヒーに行きましたらね、いつもの奥様お二 [続きを読む]
  • 「天が私にあと十年……せめて、あと五年の命を与えてくれたなら、本当の絵師のなれるのだが……」
  •  怒っていても、泣いていても、笑っていても、変わらず一生は 過ぎるものである。だったら笑っていたほうが得ではないか。                 大津秀一 私は特別な人間ではない。しいて言えば、普通の人よりちょっ と努力をしただけだ。                 アンドリュー・カ―ネーギ―                  昨日のことですが、夜八時ごろに幼なじみのマドンナちゃんから小包 [続きを読む]
  • どんなに避けようとしても どうしても通らなければならぬ道―――
  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ある日自分へ            相田みつを 著    道 長い人生ぬはなあ どんなに避けようとしても どうしても通らなければ ならぬ道――― てものがあるんだな    そんなときは その道を    黙って歩くことだな    愚痴や弱音を吐かないでな      黙ってあるくんだよ      ただ黙って―――      涙な [続きを読む]
  • 私は、ずーと親父を反面教師にして努力してきた。
  •   自然と時と忍耐の三つが、もっとも偉大な医者である。              ヘンリー・ボーン 「運」の強い人間とは、言い換えれば「勘」のよい人間のこと。              伊藤正裕 そうかもですね。ヘンリーさん、伊藤氏の言葉ね。 さぁ早や6月4日ですね。空は晴れています。暑くなるとの予報。 昨日は、姉のバースデイだったので、電話しいろいろと話し楽しく姉は、言う。「おとうちゃんの年までは [続きを読む]
  • 上杉鷹山藩主の生活信条を伝えるものとして有名な……「伝国の辞」
  •  明治11年・イザべラ・バードが米沢藩を初めて訪れ、米沢平野はまったく ”エデンの園” である。米、たばこ、麻、茄子、胡瓜 あんず、ざくろを 豊富に栽培している。実のり豊かに微笑する大地であり、人々は圧迫のな い自由なくらしをしているまさに、アジアのアルカデア(桃源郷)である。                  上杉鷹山 名君(ユーチューブより) アメリカ第35代ケネディ大統領が「一番尊敬する日本人は [続きを読む]
  • ”彼” を愛しているより ”恋” を ”恋” しているからである
  •  人我に背くとも、我人に背かず。             佐藤一斎 批判については、いっさい弁解しません。非があるから黙っているの ではなくそう思い込んでいる人には、何を言っても無駄ですから。             千宗室  夕方、バスで買い物に出た。夕飯の買い物だが、外が明るいので嬉しい。乗る時に一緒になった、おばあちゃんが、10分感覚のバスというに、偶然帰りがまた、同じになった。いくつかあるな [続きを読む]