フェアリーグランマ さん プロフィール

  •  
フェアリーグランマさん: おばあちゃんのひとりごと
ハンドル名フェアリーグランマ さん
ブログタイトルおばあちゃんのひとりごと
ブログURLhttp://itazurakko713.blog.fc2.com/
サイト紹介文日々の生活の中から感じたことや、懐かしい昔の思い出を詩や短歌で徒然に綴っていきたい。
自由文年老いて、街で一人暮らしを始めました。その生活の中から過去と現在を綴り、これからの人生を明るく楽しんで健康に生活をしていくために、努力し、穏やかに満足の日々を過ごしたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供362回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2013/09/20 09:47

フェアリーグランマ さんのブログ記事

  • 嫌いなことはくたびれるが、好きなことをするのはくたびれない。
  •  多くの人は、運命に過度の要求をすることによって、自ら の不満の種をつくっている。               フンボルト 嫌いなことはくたびれるが、好きなことをするのはくたび れない。               淡谷のり子 なんか、まったく、そのとおりですので、自然に笑えますね。 あたりまえのわかっているというにこう書くとね。いい言葉。 ドラマを見ていたら、ときどき名台詞にあいます。 「喧嘩し [続きを読む]
  • 人間は、すべての人に好かれるということはあり得ない。
  •  世界中の誰もが自分を称揚しても、私は独り静かに満足し て坐っている。世界中の誰もが私を見捨てても、私は独り         静かに坐っている。            ホイットマン        かぎりあれば 吹かねど花は散るものを 心みじかき 春の山風            蒲生氏郷  ホイットマンはいいですね。こうして、心がこんなふうでおれたらいいな。 あのね。 小さい頃から、いらんことはいわ [続きを読む]
  • 「きちんと霊を供養すれば、霊があなたを守ってくれる」
  •  出来るか出来ないかわからぬ時は、出来ると思って努力せよ。                  三宅雪嶺 明日、何をなすべきかわからぬ人は不幸である。                  ゴーリキー  昨日は、ボンヤリとして、一日が過ぎました。 なんだか、手紙がきていまして、いつもお世話になっています菩提寺からは、大事な手紙でしてね。 前住職様が、親鸞聖人様の佛語をお軸になさって下されまして、お寺へお [続きを読む]
  • お釈迦様が亡くなる直前に行ったとされる説法。
  •   一家を立派に治める婦人は、その家の女王であり、大臣である。彼女は夫や  子供が仕事ができるようにつとめる。彼らに障害が起こらぬように護り、寝  食万端の世話をする。彼女は大蔵大臣である。そのお陰で一家の経済は均衡  を保つ。彼女は文化相である。家なりアパートなり、きちんと整え飾ていた  ら、それは彼女の努力である。 ……続きますが省略…………                        アン [続きを読む]
  • 俗に「茶は三煎して味わう」という。
  •  一流の人はみな明るい。              平澤 興 今が楽しい。今がありがたい。今が喜びである。 それが習慣となり、天性となるような生き方こそ最高です。              平澤 興 いつも、心がけているのです。そういう心でいたいなぁ。と。 昨日は、いつものカルシュームの薬が無くなったので、整形外科に行ってきました。いつものように、先生はおっしゃる。 「ふとっちゃぁいかんよ、膝に負 [続きを読む]
  • 父はいつも伯母から言われた「謙虚」を守ろうとしたが………
  •  すぐれたところがありながら疎んじられる人がおり、欠点 だらけでも好かれる人がいる。            ラ・ロシュフーコ― 私も人間でありながら、その人間が、私を人間嫌いにさせ てしまう。            ルナール  っまた、北朝鮮が飛ぶしょう体を発射したとか?韓国の通信社が聯合ニュースがなんらかを発射したとのこと。おそろしいね。  昨日は、桜を見にゆこうと歩いて出かけたら、信号のと [続きを読む]
  • 人に見えずとも、神さまには見えるからです。これが本当の奈良人形の心です。
  •  人間には二つの悲劇がある。一つは欲望が達成されない時、 もう一つは、それが達成されてしまう時である。            バーナード・ショウ 金の苦労を知らない人は、その人柄がいかに良くても、ど こか食い足りぬところがある。人の苦しみの察しがつかぬ からである。            森 信三 今朝は、ぼんやりしています。昨日歩き過ぎたかなぁ?疲れてるな……さあ。 昨日のことですが、急に暖かく [続きを読む]