大東亜青年倶楽部 さん プロフィール

  •  
大東亜青年倶楽部さん: 大東亜青年倶楽部
ハンドル名大東亜青年倶楽部 さん
ブログタイトル大東亜青年倶楽部
ブログURLhttp://daitoaseinenclub.blog61.fc2.com/
サイト紹介文関西民族派青年共闘体のブログです。時局問題など、独自の視点で切り込んでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2013/09/20 16:22

大東亜青年倶楽部 さんのブログ記事

  • 久々に吼えてきました…
  • 久々に、大阪は梅田で行われる「社会の不条理を糺す会」定例会に参加してきました。まだまだ暑さの残る9月、バスの演台の上も暑い暑い(汗)。またも熱中症寸前になりました…。ちなみに、来月は休みらしいです。11月にまた行けたらいいなぁ。 [続きを読む]
  • 防災の日
  • 今日は防災の日。職場によっては防災訓練を行ったところもあるだろう。日本に住む私たちは、台風や地震、またそれによって引き起こされる二次災害など、あまりにも天災と隣り合わせにして暮らしている。また視点を広げれば、外圧も交交きたる状況で、心底からヘーワでアンシン・アンゼンかといえば、ちょっと心許ない。とはいえ、毎日なんだかんだ言っても、身の危険に迫るほどの緊張感を持つことはない。そういうコトが起これば起 [続きを読む]
  • 追悼 対馬丸
  • 本日は大東亜戦争末期、輸送船対馬丸が米国の潜水艦により撃沈された日である。これにより、疎開児童約1500名が亡くなり、わずかに生存した方々も、ある種の「後ろめたさ」を感じながら余生を過ごされているという。私が育った地は、いわゆる左翼的反戦教育が盛んだったため、8月のヘーワ登校日には対馬丸のアニメ映画を見た記憶がある。今にしてみれば、戦争の悲惨さを知る良い機会だったと思えるが、映画にせよヘーワ教育にせよ [続きを読む]
  • 長崎の鐘
  • 仕事帰りで疲れてはいたが、やはり少しでもスピーチはしておきたく、米領に赴いた。夜は夜で色んな制約があるらしかったが、繁華街でそんなの関係あるんやろか?と思いつつ、6日ほどではないけど、訴えだけはさせて頂いた。夜のキタで話すわけだから、当然通行人も仕事帰りか酔客か、今から出勤のママが多かった。道行く人は、聞いても聞かなくてもいい。こういう片意地張った、めんどくさい奴がたまに来るんだということを認識し [続きを読む]
  • 鎮魂 長崎忌
  • 本日、広島に続き、長崎にも原子爆弾が投下、多くの同胞が虐殺された。広島の陰にかくれがちな長崎での悲劇。否、決して忘れてはならない。多くの御霊の安らかならんことを。合掌二千六百七十六年葉月九日大東亜青年倶楽部 [続きを読む]
  • 原爆を投下したのは誰なのか
  • 炎天下、大阪は米国領事館にて、広島への原爆投下に対する抗議演説を行った(新しく購入した、ヘッドホン型拡声器のデビュー戦でもあった)。一時間半ぶっ通し、熱中症寸前…でも、訴えたいことはかなり発することができたと思う。ちなみに明日も、同志同憂による米国抗議集会ならびに行進が予定されている。私はそちらへは参加できないのだが、是非意志のある国民各位は参加頂きたい。日時:平成28年8月7日(日)集会:午後1 [続きを読む]
  • 鎮魂 広島忌
  • 71年前の広島で、一発の原爆により焼き殺された、数多の同胞の御霊に対し、衷心より哀悼の意を表したい。そして、この日に限らず、原爆を投下した当事者、米国の戦争犯罪について糾弾しなければならない。私たちは、「被爆者」に寄り添える唯一の国民として、決して原爆の問題を風化させてはならない。二六七六年葉月六日大東亜青年倶楽部 [続きを読む]
  • 大夢祭
  • 本日、五・一五事件の首領、三上卓中尉にちなんだ大夢祭が岐阜県にて開催の由、しばらく列席できていませんが、盛会をお祈り申し上げますとともに、悠久の国史と皇土の護持に、一人一人がより一層挺身することを省みる日としたいと思います。 [続きを読む]
  • オバマ大統領の広島訪問について
  • オバマ大統領が、伊勢志摩サミット出席後に広島を訪問することが決定した。現職大統領としては、初の訪問となる。日本国内では訪問を意義深くとらえる向きもあるが、ホワイトハウスとしてはあくまでも「訪問」を強調しており、米国として謝罪などは予定していないし、また日本側からも求める気はないという。ただし、「核無き世界」に向けたアピールをする狙いはあるだろうし、その中で何らかのオリジナルなメッセージを発する可 [続きを読む]
  • 暑くなってきた…
  • 一昨日は、毎月恒例の梅田での演説会に参加しました(恒例とはいえ、個人的には2ヶ月ぶりの参加でしたが…)。この時期より、段々演台の上が暑くなってくる(汗)。路上とはまた違った暑さ、体験してみませんかっ(笑)? [続きを読む]
  • やはり、謝罪は必要だ
  • G7(世界外相会議)が閉幕した。今年は広島での開催ということもあり、いわゆる「戦勝国」の外相が爆心地を訪れた意味で意義深い日程であったろう。なかでも、日本が米国に対し、オバマ大統領の当地への訪問を公式に要求したことは、戦後屈辱的外交史の中でも、一歩前進したといえよう。ただし、米国の見解はあくまでも「謝罪はしない」という姿勢を崩していない。2発の原爆投下で戦後秩序が基礎づけられ、その頂点に君臨するの [続きを読む]
  • やはり、表現力
  • 大阪市内の中学校長の卒業式における発言が賛否を呼んでいる。発言の趣旨としては、「女子はこどもを二人以上産むべきだし、男子もしっかり子育てに参加し、育ててくれたことへの恩返しをするべし。こどもが産めなくとも、里親になるなど、子を育てることはできる。そして、勉強をしっかりすること」に集約されるのだが、発言されるやいなや、賛否の声が上がった。「生き方を強制されるいわれはない」「個より公の発想が優先され [続きを読む]
  • んなアホな…な国民性
  • 毎日、facebookにログインすると色んな人が色んな情報を発信されている。タイムラインを見ていると、「みんなスゴいなぁ」と感心させられるわけだが、スクロールしていくと、ちょっとしたお遊びのアンケートが目に入ることがある。ほんの軽いゲームのようなものだ。最近やった中では、「あなたの国民性を診断します」というものがあり、「診断」を してみると、どうやら私はクロアチア人の国民性に近いらしく、85%がその血 [続きを読む]
  • 祈りも大切。だが…
  • 京都市北区にある上賀茂神社。世界遺産にも登録されているし、山城国一宮としても著名だ。しかし、5年前の東日本大震災を受け、3.11に合わせて慰霊祭と同じく原発事故早期収束祈願祭も執り行われていることは、さほど知られていないかもしれない。慰霊祭はともかくも、原発事故収束祈願祭がなぜ上賀茂で行われているのだろう。同社の御祭神は賀茂別雷大神で「電気の神様」として、いわゆる電力会社からの崇敬を集めてきた。そうし [続きを読む]
  • 国連(国際暴力団連合)にツッコむ
  • 国連の女子差別撤廃委員会で、いわゆる慰安婦問題における人権性について、日本政府を指弾しているのは連日ニュースで見聞きするところだが、それよりも看過できないのは皇室の男系継承についても「女性差別である」と非難しているところだろう。我が国の歴史を鑑みるとき、皇室の存在というのは欠かせない事柄だ。国際社会としては、なぜ皇室が2700年あまりも連綿と続いてきたのか、およそ理解できないのだろう。日本は、易姓革 [続きを読む]
  • 鎮魂 大阪忌
  • 本日、東京大空襲に続き大阪大空襲があった日から71年目を迎える(何度もいうが、本質は大虐殺である)。世間ではホワイトデーで賑わっているとは思うが、改めてここで、米国による戦争犯罪を検証し、彼の国による謝罪を勝ち取らなければならない。外来語のイベントで盛り上がるのも結構、だが、それに埋没しきってはいけない。空襲により命を奪われた御霊に合掌。 [続きを読む]
  • 鎮魂 東京忌
  • 我が国にとって、今日と明日は決して忘れてはならない日となっている。本日は71年前の東京大空襲(その本質は大虐殺だ)、一晩中帝都が米軍機によって焼き尽くされ、10数万人の同胞が犠牲になった。本土空襲が本格化するきっかけとなったのが、本日の東京大虐殺である。ほんの少しでもいい、一日のどこかで同胞の御霊に合掌十念を捧げよう。そして、今日にまでいたる米国の蛮行を、残酷な空襲と原爆を身をもって知る私たちこそが [続きを読む]
  • お久しぶりね
  • 年末よりしばらく行けていなかった、関西有志の演説会に参加してきた。同志同憂とじっくり懇談し、思いがけない再会や出会いにも恵まれ、ご無沙汰なりに色々変化があるもんだなぁと実感。約三ヶ月ぶりに演説もさせていただいたが、折悪しく喉の調子がすこぶる悪い…日頃の健康は大切だなぁとも実感(この後、声が完全に出なくなってしまい、現在急いで治療中…)。それにしても毎月こういう形で演説していると、本当に色んなこと [続きを読む]
  • 追憶 2.26
  • 本日、2.26事件から80年。大東亜戦争の前夜に起きたこの動乱、当時を知る人はもうほとんどいないだろうし、戦後生まれの私たちにとってみれば、それは完全に「遠い過去に起きた歴史の1ページ」に過ぎないのだろう。 しかし、それでも考えたい。あの事件を起こさざるを得なかった人々の苦悩と義憤とを思い起こす時、私たちの直面する問題の何と小さなことかと…。「国を憂えて起」った将校たちが、反乱軍として鎮圧される…あえて [続きを読む]
  • 竹島の日
  • 仮に、ある人に「竹島問題ってあるけど、そもそも竹島ってそんなに大事なもんなの?」と聞かれたら、私たちの立場の人間ならどのように答えるだろう?感情論で応酬する人もいるだろうし、歴史的な経緯を懇々と説く人もいるだろう。いずれにしても、基本的には「竹島およびそれに付随する領土問題」については、認識を高め、これを返還するよう政府や韓国に要求する立場であることには変わりない。もちろん、私もその認識を共有は [続きを読む]
  • いつまでもネット民
  • インターネット空間で、愛国的な言説(実際はほとんど愛国的ではないのだが)を繰り広げるネット右翼(ネウヨ)という言葉が定着して久しい。一時ほどの盛り上がりはなくなったものの、依然としてヘイスピ的な言辞はなくならないし、いつまで経っても「韓国=反日=在日」に見られる、パブロフの犬のような反応に終始している主張に、どれほどの世間的な広がりが期待できるのだろうか。そこがゆがんだ言説の限界性というものだろう [続きを読む]