leelin さん プロフィール

  •  
leelinさん: 暇つぶしに
ハンドル名leelin さん
ブログタイトル暇つぶしに
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/leelin
サイト紹介文漫画、イラスト、写真、など載せてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2013/09/20 20:05

leelin さんのブログ記事

  • 母の日
  • 本日の新聞のコラムから抜粋(中日新聞、中日春秋)『母の日である。どの母も子の成長、幸せに喜びを爆発させる。笑う。母とはそういう生き物である。そして子供は母の喜びに照れくさく感じつつも、勇気づけられ、励まされ、その道を歩んでいく。母の笑いは子の道を照らす』 さすがプロの物書きはうまいこと書くね。でも、本当にそう思って書いてるの?そうだとしたら、これを書いた記者は幸せな家庭で育ったんだね。「どの母も」 [続きを読む]
  • 古い話ですが
  • 30年ぐらい前、一戸建ての借家に住んでいました。ある朝、玄関のドアを開けたら、のら猫の死体が置いてあるじゃないですか。誰かが置いていったのか、たまたまうちの前で招魂尽き果てたのか、どっちなのかわかりませんが死骸をそのままにはできないので裏庭に埋めました。家の庭に犬猫の死骸を埋めるのは縁起が悪いとか祟りがあるとかいう話を聞いたのは、それからずいぶん後のことです。いま、その借家にどなたが住んでるのかわ [続きを読む]
  • 旦那と喋ってるとき
  • 私の旦那さんはアメリカ人。日本語わからない。普段の会話は英語です。でも最近、簡単なことばがでてこない。語彙力ないなぁと感じる瞬間、これすなわち、ひょっとして認知症かなと不安になる瞬間でもあります。 [続きを読む]
  • new blog
  • ここは私の主人のブログです。http://unfamiliarjapan.blogspot.jp/カリフォルニア生まれのアメリカ人です。英語は北米英語です。Hayato Tokugawa;もとSFPDの警官。退職後はサンフランシスコクロニクルでコラムを書いたり、編集の仕事をしてました。最近は小泉八雲の本を書いています。過去の著作物はアマゾンコムにあります。https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url [続きを読む]
  • 印象に残っている絵本は
  • ガブリエル・バンサン『アンジュール ある犬の物語』文章なし。でも伝わってくるよ。 まさに絵本です。鉛筆画が素晴らしい。ーーーーーーーーーーーーーーーーー  『うんこ』  サトシン(著) 西村敏雄(いらすと)ストーリーも面白いし絵もかわいい。アメリカじゃうんこをテーマにした本、見たことない。旦那(アメリカ人)に見せたら、考えられん!って言ってた。排泄物に関する話題は無教養な人がすること、って考えが [続きを読む]
  • 風邪と坂上忍。
  • 水曜日、朝起きたらのどが痛くて、声がかれちゃって仕事休んだ。医者でのどの薬をもらったけど、翌日は熱が出てまた病院。ちょっとは良くなった気がしたけど、なんか熱っぽい感じ、でも体温は36.5度なんだよね。今まで咳は出なかったのに、今日になったら咳が止まらなくなって、また病院へ行きました。インフルエンザの検査の結果は陰性。クスリを追加してもらって様子を見ましょうということですが、溶連菌とかマイコプラズマ [続きを読む]
  • アイデアの倉庫
  • 日用品からおもちゃ、小説や漫画のネタ、高度な科学技術を要する製品じゃなくてもっと私たちの暮らしに身近な何かの中から、こういうものはどうだろうという提案をする場所ってネット上にあるのかな?簡単に言えば、アイデアはあるけど金や時間がないなどの理由で製品化できない人たちのための場所です。アイデアを売って金を稼ぎたい人、あるいは金は要らないけど、誰かこのネタで漫画描いて、小説書いていう人のための場所。ピク [続きを読む]
  • 雨ニモ負ケズ
  • By みにゃぁざわ けんじ 雨ニモマケズ風ニモマケズ雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ丈夫ナカラダヲモチ慾ハナク決シテ瞋ラズイツモシヅカニワラッテヰルサウイフ妖怪ニワタシハナリタイ [続きを読む]
  • すっごい丈夫な車と親
  • 今日はマイカーとお別れ。22年間乗ったスターレットを廃車にしました。日産の車ってすごい丈夫だよ。丈夫といえば、私の父(86)と母(84)。この人たちもめちゃ丈夫。母は認知症と食道裂孔ヘルニア。父は高血圧、心肥大、不整脈、肺気腫、腎萎縮、白内障手術失敗で視野狭窄、タンパク出てる、肝機能悪い。現在、これだけの病気を抱えてます。でも、食欲旺盛。風邪もひかない。母は毎朝、食パン2枚、バナナ2本、ゆで卵 [続きを読む]
  • 子犬の日
  • 3月23日は national Puppy day (全米子犬の日)。愛犬から野良犬まで、すべての犬に感謝し、犬の幸せを願う日です。でも、猫族に撮っちゃ面白くない日だわにゃ。 [続きを読む]
  • 笑は世界を救う(切り絵)
  • クマと木は切り絵の本についてた図案を使いました。それにしても切り方下手だね。ーーーーーーーーーーーーーーーーー猫が森の中を散歩してます。クマが出た。(hugry じゃなくてhungry)猫、微笑んだ二匹は友達になりました。 [続きを読む]
  • 穏やかな一日
  • 今日はあったかい。風が気持ちいいねぇ。近所を散歩。久々に3時間歩いた。わたし、頚椎症と椎間板ヘルニアです。手足しびれて30分以上座ってられない。歩いてると結構調子いいみたいなんだけどさすがに3時間はきつかった。歩きながらふと思った。私の人生の中で、今が一番幸せな時なのかもしれない。家族のことを考えると途端にひどいストレスに襲われるんだけどね。でも考えたってしょうがない。今日みたいにのんびり [続きを読む]
  • 緑のビールを飲む日
  • 3月17日はアイルランドにキリスト教を広めた聖パトリックの命日です。(WIKIから)聖パトリックの祝日(せいパトリックのしゅくじつ、英:St Patrick's Day, セントパトリックス・デー)は、アイルランドにキリスト教を広めた聖人聖パトリックの命日。3月17日。カトリックにおける祭日であり、アイルランド共和国の祝祭日。シャムロックを服につけたり、ミサに行ったりする。アイルランドでは何世紀も前からこの日を祝う伝統が [続きを読む]
  • ザ・パシフィック
  • ガダルカナルから沖縄決戦まで、アメリカ海兵隊と日本軍との死闘を描いた物語です。http://wwws.warnerbros.co.jp/thepacific/mainsite/この映画を見ると、「戦争は絶対やっちゃダメ」って今更言うまでもないくらい当たり前のことを改めて思いしらされます。私の旦那さん、ベトナム戦争へ行きました。ずっぅぅぅっと前、こんなこと言ってた。「戦争には勝者も敗者もない、戦場にあるのは人殺しと死体だけだ」私はうなずくだけで [続きを読む]
  • 明治の漢文聖書
  • 父の本箱から明治20年発行の聖書が出てきました。全部漢文でかいてあります。表紙が古くて、翻訳者が誰なのか不明。ネットで調べたら、このサイトを見つけた。http://www.meijigakuin.ac.jp/mgda/bible/topics/kanyaku.html父の本箱にあったのはたぶん、ブリッジマン・カルバートソン版の聖書かな?新約聖書の目次だと言われたら、読める漢字もあるけど、そういうこと何も知らずに、漢字だけ見せられたら読めない。馬が [続きを読む]
  • 絵本紹介『キツネとカワウソ』とチャコ
  • 『きつねとカワウソ』 梶山俊夫 作・絵内容紹介(アマゾンコムから)キツネとカワウソが、お互いにごちそうし合おうと約束します。カワウソは魚を煮たり、焼いたり、キツネにたくさんごちそうしますが、カワウソがキツネのところへごちそうになりにいくと、キツネは知らぬふりでじっと天井を見ているだけ。仕方なく帰ったカワウソに、キツネは天のみはりをしていたんだと言い訳します。その次は、地面を見てばかりで、地面のみは [続きを読む]
  • 切り絵
  • この頃、切り絵に興味があります。これ、切り絵の本を見て作りました。切り絵ってただ紙を切るだけだから絵を描くより簡単だろうと思ってたら、難しい!特に曲線とか丸くくりぬくところ。切り絵用のカッターがなかったから、あまり切れ味のよくないアーミーナイフで作りました。かなり切り口がいびつ。やっぱそれに見合った道具を揃えることって大事だなと改めて実感。チャコ参上なぁんだ。うまくないじゃん。 [続きを読む]
  • サンフランシスコの危険地域
  • テンダーロイン地区は行かないほうがベターTenderloin District cop (SFPD)現在のテンダーロイン署シンフォニーホールのカベに落書きこの危険エリアで働く警官をモデルにした小説をかきました。(本編より)ケリーは私の耳元でささやくよりももっと小さな声で言った。「わたしがこいつをとめる。おまえのライトを消せ。絶対にライトは使うな。お前はあいつから見えないところですぐに救援を呼べ。サイレントアプローチだ、わか [続きを読む]