さなぢ さん プロフィール

  •  
さなぢさん: 中国レポート
ハンドル名さなぢ さん
ブログタイトル中国レポート
ブログURLhttp://ameblo.jp/sanadi
サイト紹介文大連にて博士留学しながら、大学で日本語教えています。ニュース翻訳の仕事も。アラフォー未婚の母。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2013/09/20 22:54

さなぢ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ブログ引っ越し
  • http://sanadi.seesaa.net/にブログを移しました。  アメブロには6年間書き続けて、お気に入りに登録してくださっている方も多かったので1年ほど悩んだのですが、「中国から時々つながらなくなる」「写真の向きを変えられない」「写真のアップがめんどう」等々、ちょっとした使いづらさが積もり積もって、帰省ついでにブログも移動しました。 よろしくお願いしますね。 [続きを読む]
  • ブログ引っ越し
  •  海外からだとアメブロが何かと使い勝手が悪いので、帰国中に別のサービスを使ってみることにしました。 今日からしばらくこちらで書きます。http://sanadi.seesaa.net/ 2週間くらいやってみて、こちらに戻ってくるかもしれませんが、お手数ですが今後ともよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 通訳案内士試験の勉強
  •  通訳案内士とは、外国語かつ有償でガイドをする際に必須の国家資格です。あまり有名な資格ではないのですが、合格率が10〜20%と低く、半年〜1年は本腰を入れて勉強しないといけないと言われています。 言われているのに、私は今月に入ってようやく勉強を始めました。6月まではまったく予定していなかった仕事が、7月に入って4件も入ってきて(仕事を受注するためのテスト1件含む)、計画が大幅に狂ってしまったので [続きを読む]
  • 日本語の大雑把の定義
  • 大連の大学の教え子が、就職のために本日福岡入り。荷物が多いので、空港まで迎えに行った。新しい住居が決まるまで、中国人の友人宅に泊まるという。「友達は今、部屋にいるの?」「いえ、アルバイトで出かけてるみたいです」「じゃあ入れないんじゃ」「いえ、彼女はいつもドアの鍵かけないんです」「オートロック?」「違うけど、彼女は大雑把だから」いくら日本でもそれは危ないよ。せめてあなたがいる間は鍵かけときなさい、 [続きを読む]
  • 気が利かない人
  •  夕方、図書館にいたら大先輩から電話があり、「今夜、食事会あるんだけどどう?」と誘われた。時間的に誰かの穴埋めだと感づいたけど、空いていたので参加した。 その中に、自宅が私と徒歩圏内&車で来られている男性がいて、帰りは送ってもらったのだが、彼は車を停めると「ドアを開けますから待ってて」と、運転席を降りてわざわざ助手席のドアを開けてくれた! 花輪くんだ! おじさんになった花輪くん!   車を降りた [続きを読む]
  • 日本人のすばらしきマナー
  •  今日、友人とランチを食べたあと、彼女が「私は会社に戻ります」というので、「じゃあ、私もデパートに行く」(デパートは彼女の会社と同じビル)と、一緒に歩き出した。 「買い物ですか?」と聞く友人に、「いや、トイレ。せっかく天神出てきたんだから、日本のきれいなトイレを観光しないとね」と答え、デパートの前で別れた。 トイレに足を踏み入れたら、後ろを歩いていた中年女性が速足で私を追い抜き、一つだけ空いてい [続きを読む]
  • オラはモノ知らず
  •  12年前の7月、産休に入った私が最初にやったのは引っ越しだった。 当時住んでいた借り上げ社宅は、エレベーターのない五階建てで、私は五階に住んでいた。お風呂とトイが一体化しているユニットバスだった。会社からの家賃補助がその月で切れることもあり、出産前にエレベーターがあって、お風呂とトイレが別々の部屋に移り住むことにしたのだ。 私はたいがいのことは一人でできる。する。が、それが裏目に出ることもしょ [続きを読む]
  • ?個人旅行者はなぜ新宿御苑が好きなのか(上)
  •  インバウンドに強い関心を持つ知人が、「トリップアドバイザー知ってるか? あのサイトで東京の観光地人気ナンバーワンだったのが新宿御苑なんだよ。なんで???」と言うので、私は「あなたは、実際の旅行計画を立てる際に、トリップアドバイザー使ったことある?」と質問した。 答えはもちろん、ノー。彼は、インバウンドの周辺情報を調べる過程でトリップアドバイザーを知り、のぞいたに過ぎない。 実は私は最近、旅行サ [続きを読む]
  • 爆買いバブル(1)
  •  今回、日本に戻ってきて「ああ!」とつながったことが二つある。キーワードは「owned media」と「インバウンド」もしくは「爆買い」。今回は、後者にフォーカスして、思うことを徒然なるままにつづっていきます。 この数か月、訪日中国人旅行者関連の問い合わせ、仕事依頼が激増していて、爆買いの余波が自分のところまで到達しているのを実感するのだが、以前も書いた通り、私は新聞記者をしていた2010年に、中国出航のク [続きを読む]
  • スカイツリーと3人の男
  •  東京へは遊び? 仕事? と何度か聞かれましたが、今の私は、大学で教える以外はファイルを受け取って送り返す仕事が中心なので、寝る場所さえあれば、どこにいても同じなのです。 とはいえ、宿を転々とする生活には限界があり、2年ぶりの滞在は1週間。パソコンを持ってうろうろしながら、人と会っていました。 「東京は全然分からない、どころかほとんど外国人だから」とアピールして、食事場所はほぼ他人任せでしたが、 [続きを読む]
  • 会うのが怖い人
  •  4年ほど前に、ソーシャルゲームにはまってしまい、2〜3年ほど戦争に明け暮れてたわけですが、経験から学んだこと。強いプレーヤーは?社畜 ?社長 ?ニートのどれか。 そのゲームは同盟をつくって城を落としたり戦争するため、個人の力だけでなくチームワークが大切。?社畜は責任感が半端ないので、ゲーム中は寝る時も携帯を手放しません。与えられた任務は、勤務中にトイレの個室からでも遂行する。?社長には時間と金 [続きを読む]
  • 東京へはもう何度も行きましたね
  •  幼少の頃、埼玉に1年間住んでいたのを別にすれば、私にとって初めての上京は、駿台の夏期講習でした。 御茶ノ水のビジネスホテルに一週間泊まり、一人で外にご飯を食べに行き、見知らぬ地で地下鉄を乗継ぎ、短い滞在ながらも友達ができ。ちょっと歩いたら神保町の古書街でした。 今回は大連から東京に来て、最初の2泊は日本橋に宿を取り、昨日から神保町の外国人宿にいます。 それだけで感傷です。日曜日の夜に到着し、月 [続きを読む]
  • ゲーム翻訳の市場性
  • 「任務完成」を日本語に訳すと? ってのは中国語をかじったことのない日本人でも答えられると思いますが、これがゲームで出てきた場合は…クエストクリアです。 中国人の場合、特に若者はアニメやゲームで日本に関心を持つケースが多いので、日本のゲームやアニメを中国語翻訳する人材はごまんといます。 でもその逆となると、ほとんどいないのではないかと思います。 周囲を見ても、韓国語はドラマや文化が学習動機という人 [続きを読む]
  • 仕事あれこれ
  •  今週いっぱいで大学教員の仕事は一区切り。論文関係の資料も昼に留学先の教授に送り、ほっとしてたら、国際電話がかかってきました。 私のスケジュールを知ってるはずはないだろうけど、スポット的に ?大連の名所、グルメ、ホテルを紹介する記事30本 ?ゲーム翻訳という仕事が入ってきて、夏休みもフル稼働が確定しました。来週一週間滞在する東京では、ユースホステルの相部屋を予約してたんですが(個室に泊まると引き [続きを読む]
  • 完・五年後はどこで、何を
  •  先日降ってきたスポット業務の報酬が、小6の息子の夏期講習代とほぼ同額だった。 今の私は、業務単位で報酬をもらって、その積み重ねが「月収」になる。大学教員の仕事は月給ではあるが、1日の拘束時間が2時間そこらなので、報酬体系としては非常勤の「コマ換算」に近いのではないかと思っている。 翻訳も、ニュースは1日〇本×1か月という計算。個人的に来た依頼は、先に文書を見せてもらって、見積もりを出す。 こう [続きを読む]
  • 肥大化する欲求
  •  友人が、自分のサインを書いてくれた。小学校時代にはみんな、自分のサインを持っていたような気がするが、私はもう忘れてしまった。  2年前に飲食店で陣内孝則と会った。見かけた、ではなく、店でたまたま一緒になった知人が「高校時代の同級生」である陣内孝則とご飯を食べていて、紹介してもらった。 プライベートだし、写真は厚かましいだろうと思って、握手してもらった。 3年前には俳優の田中健と会った。彼が出演 [続きを読む]
  • 通訳案内士試験に申し込んだ
  •  今や日本の消費を支えてくれている中国のクルーズ船。実は新聞社に勤務していた6年前に、連載をした。当時は中国人クルーズ船が認知され始めたころで、期待はあるけど受け入れが全然追いつかないという状況。 上司が連載のタイトルを、「富む・クルーズ」で行こうと主張し、それを食い止めるためにボキャブラリーを総動員して「船客万来」を思いついたときの安堵感は今も忘れられない。 その時に取り上げたのが「通訳案内士 [続きを読む]
  • イケメンセンサーが機能しない
  •  金曜日夜に始まった映画の撮影が終わった。中国のスケールの大きさと段取りの悪さを味わいつくした3日間だった。 実際の撮影が始まるのは集合から2時間後。現場についてから打ち合わせ開始。当然、「カメラの位置が」とか、「台詞にもう少し間をあけて」と多くの注文がつき、二言三言の台詞を10回以上撮りなおす。そうやってその日のスケジュールが終わるのは夜中3時とか4時。昨夜は店休日の日本料理店にロケ地の協力を [続きを読む]
  • ?仕事が網に引っ掛かる
  •  社会人として育ってきた環境のおかげで、無意識のうちに紙媒体に重きを置いた発想をするが、今身を置いているのが海外なので、いろんな意味で私を生かしているのはネットなのだ。 そんなことをこの1、2カ月考えていたら昨日、メールボックスに「アメブロにメッセージが届いています」というお知らせがあることに気付いた。 なになに? と開くと、Web記事執筆依頼だった。ごまんといるライター志望者の足元を見て、まとめ記 [続きを読む]
  • 10万円で人を雇う
  •  非常に優秀だけど性格に癖があって扱いにくい男子学生を何となく面倒見てたら、半年前だったか「このご恩は忘れません。今の自分には何もできないので、老後の世話をさせてください。先生がぼけて自分の顔を忘れても気にしません」←原文ままという手紙をもらった。 この子、1年前は東野圭吾の小説を読んでいたが、最近ではラノベにはまって、私は帰国の度に本を買わされる。彼が事前に日本の中古本サイトを調べてくれている [続きを読む]
  • ?メディアの役割
  •  私は1997年にインターネットを始めて間もなく書くことに目覚め、2000年ごろからは断続的ではあるがずっと何かしらネットの世界に文字を残している。いまだに何かの拍子で、「早稲田の掲示板に書いて書いていたさなぢさんですよね」と聞かれることがあるので、「さなぢ」という名前だけは変えていない。 ユーチューバ―だろうがブロガーだろうが、定期的に活動を続ければ、それはストリートパフォーマンスと同じで、だけどスト [続きを読む]
  • 過去の記事 …