マンガ農園 さん プロフィール

  •  
マンガ農園さん: マンガのある農園(準備中)
ハンドル名マンガ農園 さん
ブログタイトルマンガのある農園(準備中)
ブログURLhttp://manganoen2013.blog.fc2.com/
サイト紹介文少しだけ野菜や果物を育てながらマンガのある暮らしをして行こうと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供134回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2013/09/22 05:20

マンガ農園 さんのブログ記事

  • 木の芽時期 (blog,490p)
  • 今年はもしかしたら全国的に【タケノコの地上発生、生育がゆっくりだった】というようなことがあるのでしょうか?ぼくが村の家へ通い始めて足掛け5年目の今頃になったわけですが、今年で4回目のタケノコ収穫の時期が、今年は去年までと比べて2週間ぐらい遅かったように感じています。そして数量もどうやら去年までと比べると半分程度に減っているように見えますがそれでもやっぱり【木の芽時期(きのめどき)】です。裏庭のそここ [続きを読む]
  • また一週間が、、 (blog,489p)
  • 前回ブログアップの日付17日の後も引き続き忙しく、厳しい一週間でした。ぼくはその間にまた村の家へ行き、緊急に必要な2,3の打ち合わせと少しばかりの畑作業をして3泊4日の日程をこなしてきました。『マンガのある農園』(仮称・準備中)の開設を目指して村の家と町の家を往復する暮らしはすでに丸4年になろうとしています。毎月二度か三度の行き来を続けてぼくたちにできることをしながら、一日も早い【小さい施設の完成とそこ [続きを読む]
  • この十日間のこと (blog,488p)
  • 現在4月17日の午前4時です。先日、村の家へ行き、いくつかの作業をしていろいろな問題を抱えて7日の夜中に町の家へ帰ってきてから、町の家で取り敢えずやらなければならないことがずっと続いていてここまで全然時間に余裕がありませんでした。(今も続いている。)切迫した出来事が二つ重なって、ぼくの対処能力は追いつけませんでした。一つは家人がまた(風邪を引いたのか?)ダウンしてしまって、2,3日体調が崩れて動け [続きを読む]
  • 俄か引っ越し屋さん (blog,487p)
  • 先月下旬から村の家への往き来の間隔を出来るだけ密にしようと心掛けています。一週間から十日の間に一往復しています。そして行く時は町の家から少しづつ荷物を運び始めていますが、ぼくの小さな自動車に積めるだけ積んでも一度にあまりたくさんの荷物を運ぶことはできません。それでも車の荷台を空けたままで走るよりはたとえ少しでも荷物を積んで行けばもしかしたら『チリも積もれば何とやら』で、意外に運べるかもしれないので [続きを読む]
  • じゃが芋の芽が出てきた (blog,486p)
  • 何の変哲もないことですが、でも未だにぼくには土の中から草や木が延びて来ることがやっぱり不思議な気がします。これがぼくたち人間だったらすごいなあなどと妄想してあれこれ思います。たとえば人間の足に根っこの毛細管枝が生えてですよ。土の中から栄養を選び、吸い取って段々身体が肥大化して行く。そしてやがて地上数メートルから数十メートルの大木のようになって、遥かかなたの山の頂を友達の姿を見るような気持ちになって [続きを読む]
  • またも試練の時か (blog,485p)
  • 今回は3月末から4月1日に帰宅するまでの僅か4日間弱の村の家滞在でした。春が来て、長雨が降るようになってきましたが、まだ建物のあちこちが工事途中で防水対処が出来ていない状態です。ぼくはせっかく作ってもらったウッドデッキなどが水浸しになってしまうのを見て未だ塗装もしてないので木材が腐ってしまうのではないかと心配で仕方がありません。しかし雨は容赦なく降っていたので自分で度々デッキを小さい雑巾で絞りながら拭 [続きを読む]
  • 床にワックス掛け (blog,484p)
  • もう今年も4月になりました。遅れに遅れてきた村の家の改築改修工事も先月位からやっと工事完了、改築完成へのカウントダウンが始まった。、、、と思っていましたが、実際にはまだまだカウントダウンは始まりませんでした。それでぼくは最近かなり強い焦燥感に追い詰められた気分になっています。工事の工程そのものにも会社の言い分がぼくとの打ち合わせ内容と違う現実がいくつか現れてきて、ぼくはそれでも黙々と自分にできる作 [続きを読む]
  • 家庭の事情のこと (blog,483p)
  • 先日3月29日の朝から昼下がりまで、家人の母が今月4日に入院・手術を受けてそのまま入院中だった病院から、リハビリ専門病棟を持つ別の病院への引っ越し(転院)に付き添ってきました。 「福祉タクシー」というのをお願いして、家人は同乗して行き、ぼくは必要な荷物を持って自分の車で後を走って病院まで搬送しました。             (福祉タクシーの運転手さんは車いすで自動車まで連れて行って下さる。)     [続きを読む]
  • じゃが芋の植え付け (blog,482p)
  • 今年初めての畑作物としてじゃが芋の種芋を植え付けました。前回までに耕運機と手鍬で鋤き返し、苦土石灰を撒いて木材や雑草の焚き火炭と焼成灰も振り込んで、その後、発酵鶏糞を堆肥分として鋤き込んでおいた畑に4本の畝を立てました。          ↓(畝立てはいつも手鍬手作業で行っている)↓     まあだいたいこれ位で準備しておいたジャガイモの種芋2種類をちょうど植え付けられる面積だろうと予測していたので [続きを読む]
  • ツクシのこと (blog,481p)
  • 今回の村の家滞在中に、やっと今年初めての野菜の作付けを開始したのですが、到着してすぐに先ずは自然界の春の動きを観察してみました。(梅や椿の花のことも前回書いた)家の正面・南側に面し公道の端に、大人にとってはそれほど幅も深さも大きくはない排水溝が続いています。毎年その道沿いの未舗装の部分にたくさんのツクシが育ってきます。        それはもう見事なものです。今年の春までには多分ぼくはこの村の家に [続きを読む]
  • 梅と椿 (blog,480p)
  • ここしばらく、ブログを更新できませんでした。今日は久し振りに書き始めています。やっとこのところ春を実感する日が多くなりましたが、未だ突然寒い日があったりしていよいよ引っ越し予定が近付いてきた村の家へ、ポカポカ陽気というわけでもない昨日までの一週間行って帰ってきました。今回の主要目的は、町の家から自分の小さい自動車で取敢えず運べるだけ少しでも多くの荷物を運んで(もちろん5往復も10往復もする計画)町の [続きを読む]
  • 冬の名残り (blog,479p)
  • 家人の母の入院・手術で(直接には何の役にも立たないのに)町の家にいる日数が長くなっています。でもずっと一緒に暮らして来ているので毎日短い時間見舞いに行くだけでも母が安心してくれるのでそうしています。術後の経過は今のところ至って順調です。機能回復訓練(リハビリ)も続いていて母自身の「再び自分の足で歩行したいという意欲」も強いので、きっともう一度歩ける日が遠からずやってくるだろうとぼくも家人も期待しな [続きを読む]
  • 村の家での食事 (blog,478p)
  • こうしてパソコンで村の家のことを書いていますが、パソコンは町の家にしかないのでブログを書いている時は町の家にいるということになります。(携帯機器も持たないので出先から書き込むこともない。)今日も町の家にいます。もうこの前、町の家へ戻ってきてから2週間いることになります。予定では3月中は1週間に1,2往復して今月中に自分の車で運べるだけ、なるべくたくさんの荷物を村の家へ運んで今月末か来月4月の初めには引越 [続きを読む]
  • 生き物の記念物 (blog,477p)
  • 今日はある生き物の記念物の写真です。これは現在、取敢えず村の家の改築中の6畳和室の押入れスペースに置いてあるものですが、自然界の生き物のことをいろいろ知っている人にとっては別に珍しいものではありません。        上の写真と下の写真は同じものを少しだけ角度を変えて写してあります。大きさはラグビーボールを二回り位太らせた感じです。 重さは割合軽いものです。台に敷いてある発泡スチロールのブロック型は [続きを読む]
  • 玄関がほぼ完成 (blog,476p)
  • 前のブログの続きで母屋改築工事の完成間近の模様を書きます。玄関もほぼ完成間際になりました。       玄関外側のタタキ部分(階段アプローチ)と内側のタタキ部分でタイルの色を変えました。(外側は和風の瓦色で内側は和洋折衷の薄いレンガ色のような仕上がり)           ↓             ↓        あとは玄関タタキと床の高さの中間に一枚の踏み板を設置してもらうと玄関も完成します。 [続きを読む]
  • 母屋改築、完成へ秒読み (blog,475p)
  • 村の家の【改修改築工事】の方も、ここへきてやっと完成への目途が経つ段階まで進捗してくれて、ぼくはようやく少しホッとすることができるようになりました。多分これが完成までの最後の建築工事部分になるであろう『ウッドデッキ』が(たいへんユニークなデザインでこれから遊びに来てくれる友人知人を案内するのが楽しみ)今回ぼくの滞在中に9割方出来上がりました。(まだ木部の塗装と屋根が完成していない。)      じ [続きを読む]
  • 春の畑作業を始めた (blog,474p)
  • 今回は少し長めの村の家滞在になりました。2月18日に町の家を出発し、昨夜まで滞在して、今日2日に日付が変わってから町の家へ帰着しました。いろいろなことをやってきましたが、久し振りで春植えの野菜をイメージした畑の土作りをしてきました。去年は夏以降ほとんど畑作業ができずにシーズンが終ってしまい、今は数本の果樹に実ってくれた柑橘類の八朔柑や夏ミカンやレモンを収穫する他には全く畑作物がありません。      [続きを読む]
  • 村の家での愉しみ (blog,473p)
  • 村の家には今のところまだコンピューターを置いていません。元々昔からあまりテレビなどを観てこなかったうえに一切の携帯ツールも不所持のぼくにとって、パソコンが無いのはかなり不便で「あれば便利だとは分かっている」のですが、家が改修出来上がって引っ越して暮らせるようになるまでは設置するまいと決めてここまで3年数か月を過ごしてきました。パソコンもなく、ステレオやラジカセの音楽も聴かないで過ごすと、夜間はけっ [続きを読む]
  • 母屋にも合併浄化槽 (blog,472p)
  • 母屋の前庭の一角に新たに『合併浄化槽』が埋設されました。地面の下にざっと縦1.6メートル x 横0.9メートル x 深さ1.0メートルほどのFRP素材の浄化水槽が埋められました。       そして、周囲を一旦土で埋め戻した上に二つのマンホールと一本の清掃用煙突が地上に開口部として残されます。その時点でマンホール蓋の水平位置(つまりこの後の地上平面高さ)を、ぼくが「今後の庭の花壇作りや玄関へのアプローチ通路と庭 [続きを読む]
  • バレンタインデーあり? (blog,471p)
  • 今回町の家へ帰っている間にはやりたいことが実行しきれず宿題がたくさん残ってしまいました。でもまた村の家へ行く時が来ましたので、今夜あたりから暫く行ってきます。(村の家の改修改築工事がやっと仕上げ段階に達してきているので出来るだけ現場を確認しておきたい。)今回は自動車の車検があったついでに〔最近相当調子が悪くなっていた車の足回り全体〕の補修整備もディーラーに頼みました。その結果、車軸と車輪を繋ぐベア [続きを読む]
  • アドルフ・ヴェルフリ展 (blog,470p)
  • 2月11日土曜日の午後、電車に乗って家人と二人で前から好きだったスイスのアール・ブリュット画家、アドルフ・ヴェルフリ展を観に行ってきました。前々日の9日から降った雪が当日の朝未明、まだ町の家の裏庭に積っていましたので天侯を気にしていましたが、アスファルト道路には残雪もなくどうやら行けそうだというので出掛けました。              (我家の裏庭から隣の家を見たところ。右上の方に光っているのは月 [続きを読む]
  • 柑橘類、豊作です (blog,469p)
  • 去年の夏以降、忙しくしていて畑仕事ができていませんでしたので、一年前の冬にはたくさん収穫した大根や白菜やレタス、春菊やホーレン草のような野菜が全くありません。しかし村の家へ通うようになってから4回目の冬を迎えている今年も、屋敷内の『柑橘類』だけはすべて順調に成育を続けてたくさんの実をつけてくれました。(大した世話もしなかったのにありがたいことだなあ)        ↑    ↑中でも今年の特筆物は [続きを読む]
  • 玄関先が完成 (blog,468p)
  • 1月30日から昨夜2月6日まで一週間、また村の家へ行ってきました。今回行った目的は、母屋の改修改築工事進捗に伴う現場確認と合併浄化槽天辺コンクリート打ちの高さの決定をするためでした。今日の書き込みはその内の一つ『玄関前』の「踏み台部分」が造られて行く過程についてです。この部分の呼び方を知らないのですが(昔は多分「玄関前のタタキ」とか言ったような気もする)今様の言い方なら「ポーチ」とか言うのでしょうかね [続きを読む]
  • ギャラリー前もスッキリ (blog,467p)
  • 前回のブログでは母屋周りの廃材の山がぼくにとっては新たに小屋などを作るための『建築資材』になるだろうということで廃棄処分をしないで場所を定めて保管することにしたことを載せました。こちらは元の家主さんご家族が何十年かこの家で暮らしてきた名残の生活用具が、数回に亘って処分された最後の片付けのビフォー・アフターの写真です。             ( 上の写真がビフォー ↑ で、下の写真がアフター ↓ )背 [続きを読む]
  • 村の家、工事状況 (blog,466p)
  • ここから村の家の改修工事の進捗状況を書こうと思います。ただ、家の内部工事についてはこれまで随分たくさん写真も載せて、柱や梁が造り変えられたり床や壁や天井が出来て行く様子を記述してきましたので、今回は建物の外回り(環境)の状況変化を載せて見ます。一昨年2015年2月から始まったギャラリーの改築工事が一段落して母屋の改修改築工事が始まったのがちょうど一年前2016年の1月でした。              [続きを読む]