野営人 さん プロフィール

  •  
野営人さん: 野営人
ハンドル名野営人 さん
ブログタイトル野営人
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yaeijin2008/
サイト紹介文猫のように気まぐれな猫好きソロキャンパーの寂しく孤独な野営と出張や旅先の出来事などを綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供188回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2013/09/22 08:03

野営人 さんのブログ記事

  • 気になるキャンプ場
  • 7月の初めの事だが、前からちょっと気になっていたキャンプ場を視察してきた。裏磐梯五色沼の近くにある “五色パラダイスキャンプ場” だ。久しぶりの五色沼、変わらぬ美しさである。キャンプ場はここの駐車場から入って奥にある。ここにキャンプ場があるなんて何故今までわからなかったのか・・・?外国人に人気のユースホステルに隣接されているということだが、周囲環境はハイキングコースもあり中々よろしいではないか。バ [続きを読む]
  • オリジナル中華粥@休暇村裏磐梯
  • なんだか物凄いお粥ができてしまった。(;´・ω・)中華粥はもっと白いイメージなんだが・・・一時間ほど炊き込んだ結果、中華スープはいろいろ入っていたのでお粥と言うより雑炊みたいになってしまったけれど、味は素晴らしくウマくできた。搾菜をみじん切りにして最後に投入野菜サラダがオカズチョレギ?なんて韓国語みたいだが新初売なので買ってみた。味が物足りない時は、シーズニングソースを使う。中華とチョレギの合作ヒルメ [続きを読む]
  • デイキャンプで哲学だかなんだか@休暇村裏磐梯
  • ヒルメシにお粥とは、日常生活上では絶対家でもやらないし外食でも食うことは無い。ところが野営飯となると普通に作って食うのである。キャンプとは不思議な遊びである。(←哲学か!?)仕込んで火をつけてから一時間以上もかかるので、その間何をするかってことになる。一度沸騰したらとろ火にしなければならないので、その場を離れられないし居眠りもできない。予定ではここで抹茶を点てて、まったりするつもりだったが一式すっ [続きを読む]
  • お粥キャンプ@休暇村裏磐梯
  • (前回の続き)ヒルメシは “中華粥” を作ることにした。米はキャンプ場に着くと同時に吸水させていた。さて今回は、中華粥の新しい試みに挑戦用意した材料はこれら ↓左の中華スープが今回の材料搾菜は後入れの必需品ささみスモークは単なるつまみとなる。米0・75合にとりあえず水500cc(途中で100cc追加)、塩をふたつまみ白っぽいのはシャンタンこれらを沸騰後、中火にして一時間くらいコトコトと炊く。果たして [続きを読む]
  • プチダイエットキャンプ@休暇村裏磐梯
  • (前回の続き)休暇村裏磐梯キャンプ場D地区そこへ着くと草刈りをしていた。D地区は区画ありのオートサイトで、その区画は下の写真のように草で区分けしている。毎年見る光景だが、目印も無く水糸も張らずに機械を操作しながら感覚だけで草を残して刈るその技に、「あの人、大したもんだなー」 といつも感心する。まもなく11時、ピザのチーズのようにその場に溶けてしまうような暑さを感じてきた。すると人間は本能的に自然と [続きを読む]
  • デイキャンプで森林浴@休暇村裏磐梯
  • (ちょうど一ヶ月のこと)7月初旬の標高800mと言えども、この日は実に30度超えの真夏日気持ち良いそよ風が吹いていたが、体を動かせばジワリと汗がにじみ出てくる。午前9時に入場した広大なキャンプ場には、まだ吾輩ひとりだけだった。暫し独り占めの優越感に浸る。しかし緑の砂漠に取り残された感じだった。 (-_-;)テントを張るには勾配があり好ましいとは言えないが、滔々と流れる小川の傍を陣地と決めた。過去に一度だ [続きを読む]
  • 雨の設営には必需品
  • 雨の日のキャンプ・・・それはただ運が悪いだけなので諦めはつく。しかし問題は雨の中での設営と撤収をする時の雨具つまりカッパ昔やっていたバイクツーリングや釣り用のカッパを普段は着用しているが、それを着て体を動かすにはゴワゴワしていささか鬱陶しいほどに動きも鈍くなる。つなぎみたいなカッパがあればと常々思っていたら、それがちゃんとあるんだよなー今の世の中たまげたもんである。キャンパーノ・カッパーダ(ドッペ [続きを読む]
  • 西蒲田をぶらっと歩いてみた
  • 仕事で大田区へ行ったついでではないが、30分ほど時間に余裕ができたのでJR蒲田駅の西側を歩いてみた。駅前はまさしく商店街アーケードがふたつもあるのだ。そう言えば、数年前にオウム高橋が西蒲田で逮捕されたことがあったっけその日オレは偶然に蒲田にいた。道幅の広いほうのアーケードをずっと奥まで歩いて行き、そこからオヤジの直感で脇道にそれた。白地の看板に「武田流 古式カレーライス」とある。しかも店名が、イン [続きを読む]
  • 野営には不向きな鎌の話
  • 一年を通して7回ほど墓の除草をしている。 6月から8月の梅雨から夏にかけては、草の伸びが早くまたブヨや蚊も発生して一番イヤな季節である。そんな中、過日大内宿に行った時にこんなものを見つけた岩手県大船渡市の㈱熊谷鉄工所が製作しているもので 「草取りカギカマ」 と言う。これまでいろんな鎌や道具を使ってきたが、これと言って気に入ったものはなかった。これは始めて見る刃の形だったので興味を引かれた。このギザギ [続きを読む]
  • 残念なオートキャンプ場
  • (月曜日だけど、ニャンコはお休みです。) ふと気になったので "藤沼湖自然公園オートキャンプ場" の視察をしてきた。 藤沼湖は2011年の3.11東日本大震災による震度6弱近い揺れで決壊 14歳から89歳の男女7人が犠牲になり、可哀そうに1歳の男児は今もなお行方不明である。 その後復旧工事が行われたが、残念ながらオートキャンプ場はまだ再開 [続きを読む]
  • 久しぶりにあの場所へ@日帰り観光
  • 朝、8時30分に家を出てクルマを走らせること二時間今回は長女夫婦と六か月の孫を連れてきた。渋滞に遭遇することもなく余裕ですんなり駐車完了第一駐車場は既に満車だった。早い時間から結構な観光客で賑わう大内宿惹き付ける魅力と言えば、やはり一軒一軒の佇まいと町並みであろう。土産物や食べ歩きも楽しいのかも知れない。この日は天気も上々で早くから多くの観光客で賑わっていた。白人やアジア系(台湾人か中国人)の外国 [続きを読む]
  • 100均セリアでアウトドア小物いろいろ
  • 他の100均店と比較してセリアって陳列されている商品はそこそこセンスがあると思いませんか?で、買ってきたのがこちら ↓ ↓ ↓まずこれ水を入れるために買ったのですが、塩化ビニールっぽい臭いが結構キツイ重層で取れるかな?これは無くなりそうな小物を入れておくのに良いと思ったのですが、具体的に入れたら良いかわかりません。そのうち見つかるでしょう!で、これ ↓ タオルグリップ十字の部分にタオルの端を指で押 [続きを読む]
  • 撤収日の朝は早い@休暇村裏磐梯
  • 今年ようやく五回目の出撃本当はコンスタントに毎月二回は出撃したいのだけど、オレの仕事や生活環境ではこれで精一杯なのである。しかし不思議なもんだ。オレは通年アレルギーだが、山に来るとピタリと症状は治まる。家に帰ると途端にくしゃみが始まる。従って 「これは一体なんだべなー オラは山のほうが性に合ってるべ」 ってことになる。そろそろ日がとっぷり暮れようとする午後7時30分を過ぎた頃少し雲が切れ空が出てき [続きを読む]
  • 猫の誕生日プレゼント
  • 月曜日のニャンコたち(但し、福丸君はお休み)一番下の娘が猫の誕生日プレゼントにフードボールとスタンドを新調した。彼女は自分が連れてきた猫なので責任感があるらしい。早速、ヤマト君が登場ステンレス製で現在のものよりは少し高さがある。背中を丸めて低くして食べる負担が軽減されるということなのだそうだ。“猫のおたく” というところから取り寄せたそうである。フードボールにはドギーマンの刻印(どうでもよいが)金 [続きを読む]
  • キャンピングライトいろいろ@休暇村裏磐梯
  • テントの張り方(風との向き)にもよるのだけど、このカーサイドリビングDXは意外と風にも強いことが何度か使っているうちにわかってきた。しかも、設営撤収が簡単なので雨の時なんかは大変便利なのである。但し、全面芝や土の地盤でなければダメで駐車スペースが石畳やアスファルト舗装なんかではペグ打ちができないので風に強い張り方は困難を極める。さて、NHKのまちかど情報室ではないけれどキャンピングライトとしてこん [続きを読む]
  • カーサイドリビングDXリノベーションの結果は@休暇村裏磐梯
  • 見上げると鉛色の雨雲で覆われた空が広がり、雨が降ったり止んだりしかし緑が豊富で広大なキャンプ場にいると、ストレスに感じることは無かった。一旦雨が降ると、台風のような風が襲撃してくる。 (-_-;)タープの中にいても風と共に雨が吹き込んでくる始末周囲を見ると、カッパを着てタープの下にいる頑張り屋さんやテントの中に避難した家族など様々である。一時は、ラジオがジリジリと雑音が聞こえ始め雷が落ちそうな気配になっ [続きを読む]
  • 食欲減退のキャンプ飯@休暇村裏磐梯
  • 今回は前回の雨キャンプのリベンジでやってきたのだが・・・前日に総会があり、二次会はホテルのバーで普段は飲まない洋酒をロックでやっつけて御前様(←もはや死語かww)その結果、飲み疲れで元気も食欲も無かった。従ってキャンプ料理など作る気にもなれず、途中のスーパーで買ってきた食材はどれもスグ食える惣菜ばかりとなった。この素晴らしい景色に、とりあえずビールでカンパイ飲み疲れではあるけれど二日酔いというわけ [続きを読む]
  • キャンプ出撃したら熊出没中だった@休暇村裏磐梯
  • カーサイドリビングDX(旧小川キャンパル製)のタープ固定用テープ部の穴をハトメで補強したのは良いが、果たしてこれが凶と出るか吉と出るかは実践して検証してみなくてはならない。それに前回は雨キャンプとなってしまったので、そのリベンジも果たさなくてはならない。というわけで早速、出撃 この幕を張るには、クルマ乗り入れ可の全面芝サイトでなければならないのだが、そうなるとロケーション抜群な休暇村裏磐梯が手っ取 [続きを読む]
  • カーサイドリビングDXリノベーション
  • この幕は、昨年の春に購入し以来三度ほど使用した。一人でクルマに取り付ける場合、風のある日は煽られやすいので難儀することもあるが、雨の中で設営しなければならない時は早くて簡単で良い。カーサイドリビングDX(小川キャンパル)休日に虫干しを兼ねて点検そこで・・・思い出したのである。これ ↓タープ固定用テープ部の穴使っているうちに段々大きくなってくるのだ。そのうち切れるか裂けるかして、オレの頭もブチ切れる [続きを読む]
  • 撤収日の朝が来た@沼沢湖畔キャンプ場
  • (前回の続き)翌朝は5時に目が覚めた。霧雨のようなものが降っていた。深夜に苦しんだ胸焼けは治まったようだ。湖畔に降りると何やら人の声がしたので、その方向に行ってみると釣り人たちだった。これから釣りにでかけるのだろうか?何やら楽しそうに大声で笑っていた。そして昨日波打ち際に見た黄色い現象を思いだした。再度 ↓気になったので行ってみた。これか・・・花の葯みたいな感じがする。そうしているうちに小雨が降っ [続きを読む]
  • 完ソロで晩飯その3@沼沢湖畔キャンプ場
  • シーフードのアヒージョをつまみにワインを半分空けたところで、今度は次の料理に取り掛かることにした。ワインときたらやっぱこれでしょ、ということでピザフライパンで焼きながら温めるだけなので超簡単でも、オレの小さいフライパンに入りきれない大きさのやつを買ってきてしまった。キッチンバサミで半分だけ切った。具材が物足りないのでハムとミニトマトをトッピングハムはオレの好きな赤いハム(笑)さらにチーズとピザソー [続きを読む]
  • 完ソロで晩飯その2@沼沢湖畔キャンプ場
  • まず初めに恒例の 「月曜日のニャンコたち」 「にゃにー?」ヤマト君福丸君どっちもメタボ猫です。(もちろん飼い主の責任)?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ?? ??ここから本文 ↓前回の続きミックスシーフードを投入したアヒージョにミニトマトとアスパラを追加トッピングしてみると彩りが一段と良くなった。オレ最近、料理に芸術性を求めてきた。(でもスグ飽きる)しかし、こ [続きを読む]