kurazoh さん プロフィール

  •  
kurazohさん: 教育失敗学から教育創造学へ
ハンドル名kurazoh さん
ブログタイトル教育失敗学から教育創造学へ
ブログURLhttp://f-sekiya2005.cocolog-nifty.com/novel_miyagitani/
サイト紹介文使命感をもった教師とは? 子どもの未来のために本当に必要な教育改革とは? 望ましい教師教育とは?
自由文公立学校に子どもを預け,PTA活動に参加した保護者・指導主事としての行政経験をもつ中学校の現役教師の目から,「本物の覚悟」ができる教師のあり方を考えています。本気で「本物の教師教育」のあり方を考えている人,教職について壁にぶつかっている人のうち,自分が「壊れてもよい」覚悟のある人に読んでもらえれば…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供333回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2013/09/23 23:40

kurazoh さんのブログ記事

  • 教師はエネルギーを誰からもらっているか
  •  言うまでもなく,教師は子どもたちから尽きることのないエネルギーをもらって生きています。 教師の中に,年齢よりも若く見える人が多いのは,吸血鬼のように子どもから若さのもとになるエネルギーを吸い取っているからです。 しかし,残念ながら,そういうエネルギーの吸収の仕方ができない教師,つまり,子どもたちとの望ましい関係が築けない教師がいます。 「どうして先生になったの?」と真剣に考えてあげてしまいたくな [続きを読む]
  • 子ども不在の教師教育論の無意味さ
  •  元小学校教師と中学校教師の対談本を読んでいるのだが,冒頭3分の1は若い教師たちへの愚痴のオンパレードであり,よくこんな本が出版できたものだと驚いている。 お互いに同じような「商売」をしている関係からか,最も大事なことには踏み込んでおらず,だれでも感じていることを確認し合っているに過ぎないやりとりは,読者の「時間泥棒」である。 そもそも小学校の教師と中学校の教師がガチで議論する場など,ほとんどない [続きを読む]
  • 政権が揺らいでも,日本で揺らがないもの
  •  現在の政権が発足するまで,日本の内閣総理大臣はころころと変わり,まるで戦前の東条英機内閣以前の内閣のようでした。 私は日本軍に関ヶ原の戦いの西軍のDNAが引き継がれているとは思っていませんが, 長州の勢力には,どこか物足りなさを感じていました。 「詰めが甘い」というか,ところどころで「本気なのか?」と感じてしまう動きがあります。 日本は独裁国家ではないので,政権が揺らいでいるといっても,日本という [続きを読む]
  • 保護者との面談は録音される時代に
  •  保護者が教員との面談の内容をICレコーダーなどで録音し,保護者間での情報共有の手段として利用される時代になった。 いじめや体罰などの学校側の説明を録音する保護者も増えていくだろう。 「飛び降りろ」発言の小学校教師と校長の謝罪の音声が,マスコミを通して公開されている。 保護者が自らの判断で録音し,マスコミに情報提供したのか, マスコミがあらかじめICレコーダーを渡して,録音するように保護者に頼んだのか [続きを読む]
  • 「自分を変える」ことは容易なことではない
  •  私が学校現場から行政にうつり,そして行政の世界から「抜け出した」一つの理由は, 「自分が正しいとは思っていないことを,学校現場にお願いすること」が精神的に苦痛だったからです。 そこには,「変えられない自分」がいた,ということでしょう。 学校現場に戻って,改めて感じたことは,「ここでも嘘つきがたくさんいる」ということでした。 著書や論文で堂々と嘘を書くのは当たり前。 「人を変える」ために,必死に極 [続きを読む]
  • 線状降水帯出現予測は可能か〜地上500mまでの空気中の水蒸気量が鍵か
  •  命を守るために必要な最低限の知識を伝えるのは,教育の大きな役割である。 地理院地図などを活用して,自分が住んでいる地域,自分が学んでいる学校周辺の地域の特色を理解させる教育は,現在の小学校や中学校でもできることである。 命を守るための教育に,教科の違いも何もない。 地理や保健,理科の専門家しかわからない話では困るし,すべての子どもに理解させることができない指導でも困る。 知識とは,「だれに聞けば [続きを読む]
  • 「頭がいい人」とそうでない人は「別の生物」?
  •  教師を長年やっていると,同僚たちをはじめとして,教育関係者や保護者たちが,どんな基準で人間を区別・差別しているかを実感できる機会が多くなる。 多くの場合,「頭がいい」「頭が悪い」「学習成績がよい」「学習成績が悪い」で人を区別しようとする人が多く,それが差別的言動になって表面化してくる。 差別扱いされるのは,どちらか一方とは限らない。 指導力のない教師の場合は,自分の言うことを素直に聞く人間と,聞 [続きを読む]
  • 学生に向かって「可愛い」と表現する気色悪い教員の始末
  •  地方によって,標準語でもそのニュアンスが異なるのは,仕方がないことだと思われるが, たとえば東京では,学生に向かって「可愛い」と表現すれば,当然セクハラになる。 こういう気色悪い言葉を使う教員のいる教員養成系の大学では,どういう教員が養成できているのだろうか。ぜひ,セクハラで処分された教員たちの出身大学別累計を公表してもらって,誤解を払拭してほしい。 一昔前に,ある女性教員から,「私の田舎では, [続きを読む]
  • 女性の機嫌の直し方
  •  女性の「ヒステリー」(これはもう死語?)にはどう対処したらいいのか,穏やかな女性とばかり接してきた人にはわからない話かもしれません。 そういう意味では,脳科学に頼るのもいいですが,経験が物を言う場合もあります。 ラジオで『女の機嫌の直し方』という本が話題になっていて,その要旨が一部紹介されているのを読みました。 女性が読むと,少しムッとするような内容かもしれません。 この著者の方は,ご自分の近く [続きを読む]
  • 東京大学に入れなかった人間が書いている妄言
  •  ときどき,東京大学やそこで学ぶ学生のことを何も知らないでものを書いている人が見かけられます。 その多くはただの妄言であり,自分の憶測を,自分がいつも言っていることの正当性を補強するために言っているだけであって,「真実」なり「実情」を知っている人間が読めば,「ああ,こいつの言っていることは嘘ばっかりだな」というのがバレてしまうのです。 甲子園優勝監督が個人指導すれば,イチローのような選手は生まれる [続きを読む]
  • 無責任体質の伝染力のバロメーターとなる国税庁長官人事
  •  国税庁長官人事が発表されて,「喜んでいる人たちがいる」との指摘をしている人がいる。 「絶対にないとおかしい書類はなかったことにできる」 「税金はいくらでもごまかせる」というムードになるから,だという。 官僚は,官邸の意向に沿うように仕事をする。 企業の財務担当者は,社長の意向に沿うように仕事をする。 国民や株主は重視されない,そういう雰囲気がさらに高まるだろう・・・という趣旨の指摘である。 日本 [続きを読む]
  • 挨拶をさせられている子どもたちが痛々しい
  •  「挨拶運動」という取り組みをしている学校や, 「挨拶をしよう」というスローガンを掲げている学校がある。 中学校で歴史を教えている私には,「国民精神総動員運動」を連想させられる。 「挨拶」をすることを生徒に呼びかけるのはかまわない。 「挨拶」をしてほしい人が,自分から「挨拶」をすればよいわけだから。 ただ,日本の道徳教育には,「儒教」の精神が紛れ込んでおり,「挨拶」は上下関係を基本にした「型」を強 [続きを読む]
  • 「おもてなし」精神をなくすと失業率が上がる?
  •  日本人は,余計な仕事を自分で増やしているから,労働時間が長くなるんだ,という指摘があります。 相手を思いやる気持ちが,一手間,二手間増やす結果になり,仕事が増えるのだと。 慢性的に仕事が多いという状況は,逆に言うと,人手が不足する,という環境をつくり, 失業率を押し下げる効果があると・・・・。 公務員ですら,一手間,二手間をかけていく人が多いのは,教師の仕事ぶりを見ていればわかるでしょう。 学級 [続きを読む]
  • 記録的な豪雨による被害が起こっている地域を地理院地図で調べてみる
  •  福岡県朝倉市と大分県日田市で猛烈な雨が続く・・・積乱雲が帯状に連なる「線状降水帯」が現われ,被害が広がっています。 地理院地図を用いた次のような地図から,どういう地域が危険であるか,予想できるでしょうか。             (地理院地図を用いて作成) 異常(=長時間+局地的)な豪雨が続いているメカニズムは,専門家によると,海水温が高く,海上の水蒸気量が増大しており,それが九州北部に流れ込ん [続きを読む]
  • 働きアリの法則を教育にあてはめると何が起きるか?
  •  有名な「働きアリの法則」と,経済学者の「パレートの法則」は, 2割と8割(2割と6割と2割)に分類して,それぞれの特徴を説明するものです。 経験上,多くのことに当てはまるので,「法則」として人間を理解するときにも使われることがあります。 ただし,「学級は2割の子どもが動かす」などという話が出てきたとたん, まともな教師なら憤慨することになるでしょう。 私もこれを批判する記事を何度か書いたことがあ [続きを読む]
  • 成果を上げる教師の10の性質
  •  読書編で取り上げた『世界最高の学級経営』(原著のタイトルは『学級開き』)では,「成果を上げる教師の10の性質」=教師が果たすべきリーダーシップ(当たり前のものばかりですが)が紹介されています。>1 達成のビジョンがある。>2 いいお手本となる。>3 同僚を導く対人関係のスキルを持つ>4 共通のゴールに向かって人を動機付け,鼓舞する>5 ゴールに集中する>6 締め切りを決め,中間目標を達成する>7 [続きを読む]
  • 「常識」が受け継がれないことの危険性
  •  「当たり前」のことが「当たり前」でなくなる。 経験の多い教師なら,学校が荒れ始める前の様々な兆候を見逃すことはないはずである。 今日は,野球の試合があったのだが,雨の中の試合になることがわかっていたにもかかわらず,下級生のだれ一人として,濡れたボールを拭くためのぞうきんを持っていなかった。私がそのことを予想して,家にあったものをバックに入れておいたので実害はなかったが,都大会への出場を目前にした [続きを読む]
  • 「働き方改革」の前に必要な「学び方改革」
  •  新聞には中立・公正原則はない。 表現の自由に基づき,独自の主張を展開できる。 だから,政権に近かろうが,政権批判を重視しようが,新聞社の自由である。 私たちは,歴史教育を受けることで,戦時中の政府と新聞社の関係,新聞が嘘の報道を続けていたことを知ることができる。 政権に近い新聞を読むメリットは何だろうか。 総理大臣の考えがわかりやすく説明されていることか。 政権しか知らない特ダネを早く,たくさん [続きを読む]
  • 教員でも「稼ぐ」人間が大事にされる時代が来るのか?
  •  私が指導主事だったころ,文科省にいた知り合いの先生が,出版やら講演やら何やらで儲けまくって,問題視されたことがあった。内部から刺されたのだろう。 週刊誌に「副業」のあがりの金額をすっぱ抜かれて,その先生は結局大学に行ってしまうことになったが,そっちの方が堂々と仕事ができて,幸せだったに違いない。 あるラジオ番組で,これからのサラリーマンは年収が上がらないから,自ら主体的に「稼ぐ」意思をもって,起 [続きを読む]
  • アメリカの反知性主義を輸入した人たち
  •  教育を自分が理解したいように理解し,反対の意見に聞く耳を持たず,自分だけが正しいと主張したがる人間が,やけに増えてきたと思えるようになったのはなぜだろうか。 学習指導要領のように,ごった煮にしすぎて,内部が矛盾だらけ,という問題のある国家指針も問題だが,それが誤っていることと,自分の考えが正しいこととは関係がないのに,「オレの言うことが正しい」ことを威張るためにこの話を持ち出す人がいる。 こうい [続きを読む]
  • 胡散臭さに気づける大学生がいて安心しましたが・・・
  •  ある国立大学のセンセイの教え子のことが心配で,知り合いの何人かの方に状況をお聞きしたところ,さすがに国立大学に合格できる人たちはそれなりの見識をもっていることがわかり,ほっとしました。 自分がお世話になった先生方との比較ができる年齢であることの意味も大きいのでしょう。 現場ではできそうにもないこと,教育学部以外の人からは笑われそうなことを延々と主張されることに嫌気がさしている大学生が多いそうで, [続きを読む]
  • 教育を「売りもの」にする卑しき「教育者」たち
  •  ほぼ言葉だけを中心に伝えられる「現場の教師の役に立つこと」を,「商いもの」にしたがる「教育者」がいるのが許せない自分がいる。 だれのおかげで「教育を語る言葉」を手にすることができたのか。 子どもを「商売道具」に使う人間がとても多い校種がある。 みんな同じような目つきをしているのが気になる。 昨日はある学会で発表させていただいたが, 参加者からお金はとらない会だったので,気兼ねなくその場にいられた [続きを読む]