雁来紅 さん プロフィール

  •  
雁来紅さん: 雁が来る頃からが忙しい
ハンドル名雁来紅 さん
ブログタイトル雁が来る頃からが忙しい
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/my_hyteau
サイト紹介文陶淵明の詩が好きで晴耕雨読の生活を楽しんでいます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供362回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2013/09/23 09:32

雁来紅 さんのブログ記事

  • 2017年は8月2日でお仕舞い
  • 「水、土壌、清浄な空気などの自然資源の2017年の割り当て分が来週にも底をつく見通しだ」そうだ。 http://www.afpbb.com/articles/-/3137016地球が一年間に再生できる自然資源を今年2017年は8月2日には使い尽くしてしまう、とのことで、8月3日以降はいわば貯金を切り崩していくことになる。 割り当て分を使い尽くす日のことを「アース・オーバーシュート・デイ」と呼ぶそうで、1993年には10月21日、2015年は8月13日、そして今年 [続きを読む]
  • ふたりで生パスタを
  • この夏5回目の生パスタを楽しんだ。 ほぼ毎週末生パスタを打っている。 生パスタを打つなんて面倒くさいと思われるかもしれないが、たしかにひとりでやると大変かもしれない。 生地は当日の朝か前日の夕方に捏ねておく。(♂) 昼になると妻がソースを作ってくれる。(♀) ソースの準備ができたら、冷蔵庫から生地を取り出し、4つに分割。 昨年まではパスタマシンを使っていたが、二人分なら手で伸ばして切った方が早い [続きを読む]
  • 暑さに強い人、弱い人
  • 梅雨明け十日という言葉があった。ところが、この数年、梅雨入りも梅雨明けもはっきりしないことが多く、今年も梅雨明けしたらしいと発表があった後も真夏らしい日がほとんどない。当地は未だ猛暑日はないが、全国的には猛暑ということになっている。 人はさまざまで、暑さに強い人と弱い人がいる。本当かどうか眉唾ではあるが、高年収の人の方が暑さに強い?という話を見つけた。https://news.nifty.com/article/item/neta/12189- [続きを読む]
  • 胡麻を擂る
  • 夏野菜が採れるようになると酢の物を食べる頻度が増える。 酢は食欲を増進してくれる。 そして、酢の物といえば胡麻。 胡麻がさらに食欲を増進してくれる。 胡麻は市販の炒り胡麻、あるいは擂り胡麻でもおいしいが、やはり炒りたて、擂りたてには敵わない。 胡麻を炒るのはフライパンや卵焼き器でもいけるが、我が家では焙烙を使っている。 焙烙はあらかじめ温めておく。 この予熱の加減が難しく、温度が低過ぎると時間 [続きを読む]
  • 昼間も左利きに
  • 今朝7時から3回目の大豆畑の草取り。昨日の筑波山登山とその後夕方まで轆轤を回した疲れが残った身体にはハードだった。帰宅後少し昼寝をして昼食をとって、ようやく少し動くことができるようになった。ホント、体力が落ちている。 陶芸教室の前の紫陽花が花盛り 体力も落ちているし、頭も老化で記憶力が落ちて、記憶が定かでないけれど、多分半泥子だったか、利き腕を問われて、「夜は左利き」と答えたのに、相手はその冗談を理解 [続きを読む]
  • 昼間も左利きに
  • 今朝7時から3回目の大豆畑の草取り。 昨日の筑波山登山とその後夕方まで轆轤を回した疲れが残った身体にはハードだった。帰宅後少し昼寝をして昼食をとって、ようやく少し動くことができるようになった。ホント、体力が落ちている。 陶芸教室の前の紫陽花が花盛り 体力も落ちているし、頭も老化で記憶力が落ちて、記憶が定かでないけれど、多分半泥子だったか、利き腕を問われて、「夜は左利き」と答えたのに、相手はその冗談 [続きを読む]
  • 桜の原木回収終了
  • 今日は筑波山に行く日。 ということで、桜の原木を持参する。 この桜、民家の庭の山桜を伐採したもので、根元の直径が130cmもあった。 御記憶の方はいらっしゃるだろうか。このお話をいただいたのは昨年の12月の初旬のこと。 太い幹の部分は春のうちに片付けたが、残った枝を少しづつ陶芸教室に運んでいて、それがようやく最後の一杯となった。半年以上かかってようやく片付いたというわけである。仕事が遅いにもほどがある。 [続きを読む]
  • トマトのぬたと免疫物語
  • 先日ご紹介したトマトの酢の物。 酢と醤油の二杯酢の醤油を味噌に換えてトマトの酢味噌和え、つまりぬたにした。 見た目は先日の酢の物と区別がつかないし、味も似たようなもの、、、どちらもおいしい。 このトマトのぬたを食べると免疫力が上がるかどうかはわからない。 免疫に興味を持ったのは故安保徹氏がラジオでお話されていたのを聴いたのがきっかけだった。氏の著作を読んでさらに興味が募り、もっと免疫について詳しく [続きを読む]
  • 梅雨明けと地球温暖化
  • 梅雨が明けたそうだ。 今年はこれまでに記憶がないくらい雨の降らない梅雨で、夕立ちを別として梅雨らしい雨の日は10日もなかった。 かと思うと、山陰や九州北部、新潟などでは猛烈な雨が降って被害も出ている。とにかく天気の振幅が大きい。天気が荒っぽい。 それが地球温暖化のせいなのかどうか、素人では判断できない。 地球温暖化は虚偽であるとする主張もあるが、個人では地球規模の観測ができるはずもなく、与えられた [続きを読む]
  • 軽トラの不快な異音
  • 昨日の最高気温は30℃に届かなかった。 今朝は21℃しかなく、涼しいと言うより肌寒いくらいで、長袖のシャツを着ている。 昨日の夕方は涼しかったので絶好の草むしり日和だったが、料理用トマトが色付いていたので収穫して今シーズン最初のトマトソースを作った。 新しい軽トラが来て2週間ほどした頃だったろうか。荷台の左側あたりから金属同士が擦れるようなキシキシという不快な音が聞こえてきた。それが次第に激しくなり、音 [続きを読む]
  • トマトの酢の物
  • 今年植えたミニトマトは品種名は覚えていないが、昨年のものに比べて実の付きがよくない。ひとつひとつは大きめなので、実の数は少ない品種なのかもしれない。 ミニトマトはそのまま食べてもいいし、塩麹に漬けるのもいい。 その他のお気に入りの食べ方としては酢の物にする。 トマトとオクラを刻んで、酢2に醤油1を加えてかき混ぜる。 キュウリも入れるといいのだけれど、我が家のキュウリは早々に終わってしまった。 その [続きを読む]
  • 合コンの問題
  • 土日と暑かったが、予報ははずれて35℃には届かず。 それでも今年22回目の筑波山登山では汗だくになり、所要時間も52分と久しぶりに50分を超えてしまった。 山頂下の御幸ヶ原に七夕飾り 奥に見えるのが男体山山頂 下りはここからケーブルカーで 土曜日の疲れがはなはだしく、日曜日は休養日にすることにして、一日家に籠って本を読んで過ごした。 夕方、晩酌を始めようとしているところに近所の大学生がやって来て、数 [続きを読む]
  • 純米酒が旨い
  • 今朝の最低気温は21.8℃。 3日続いていた熱帯夜が途切れた。 一方で予想最高気温は35℃とこの夏初めての猛暑日になりそう。 明日も猛暑日の予報が出ている。 今日はこれから筑波山に登る。 帰宅してからの酒がおいしくなる。 純米吟醸も純米大吟醸も勿論旨いが、純米酒も旨い。 吟醸や大吟醸の華やかな味も捨てがたいが、どっしりとした米の旨みを味わわせてくれる純米酒の方が好きだ。 喩えがあたっているかどうかわからないけ [続きを読む]
  • セイヨウニンジンボクが咲いた♪
  • 夏至から早二十日余りが過ぎ、夜明けが遅くなってきた。 この三日熱帯夜が続いているが、さいわいにも寝苦しい思いはせずに済んでいる。 朝、リヴィングは29℃もあったのに、半袖のTシャツ一枚では薄ら寒く、くしゃみが出て鼻水が垂れるので長袖のシャツを羽織った。どこまで寒さに弱くなっているのか。 と、あまり暑い思いはしていないながらも、庭のセイヨウニンジンボクは目に涼を届けてくれてうれしい。 そろそろ花盛りを [続きを読む]
  • 美女と斧
  • 中国文学を読んでいるとしばしば美人の特徴として蛾眉という言葉が登場する。 蛾の触角のような細くて長い眉という意味だ。蛾黛や蛾翠も同じだが、翠、つまり緑色の眉と言いながら実際には黒い眉のことらしい。日本でもみどりなす黒髪と言うが、関係があるのかどうか。 黛は眉を描く墨のことだが、眉を描く化粧は相当古いらしく、遅くとも春秋戦国時代には行われていたことが確認できるとのこと。それも、今日の女性もよくやってい [続きを読む]
  • 久しぶりのジョギングで筋肉痛
  • 今朝の最低気温が25.3℃で、この夏初めての熱帯夜になった。 昨夜就寝した9時頃には26℃あまりだったが、窓を開けていると涼しい風が入ってきて寝苦しさはなかった。 日曜日には33.5℃とこの夏一番の気温になった。つまり当地ではまだ猛暑日はない。 その日曜日の夕方に久しぶりにジョギングをしたら、翌日軽い筋肉痛が出た。 ジョギングは1年以上サボっていて、すっかり脚力が衰えていた。 歳を取ると体力を維持するには鍛え続 [続きを読む]
  • ジャガイモを掘った
  • ジャガイモを掘った。 今年は畑仲間が揃ってジャガイモが不作だと言っていた。 我が家は例年キタアカリを植えていたのが、今年は買いに行くのが遅れてキタアカリは売り切れ。仕方なくアンデス・レッドという品種を植えた。 過去、アンデス○○とかインカの○○とかを植えたことがあるけれどもことごとく不作。きっと日本の風土には合わないと勝手に決めて、以後手を出さないようにしていた。 と、言い訳を考えつつ、期待しない [続きを読む]
  • 忘れな薔薇
  • このところ梅雨明けしたかのような好天が続いている。 土曜日は午前中の1時間半ほど大豆畑の草取りをして汗だくになった後、筑波山で轆轤を回し、夕方帰宅した時には疲れ果てていた。 日曜日は関東の一部で猛暑日になったそうで、つくばでも33℃あまり。湿度が低かったのか、それほど暑いとは感じなかった。むしろ温度の高いのが気持ち良くて、夕方久しぶりにジョギングを楽しんだ。 先日、庭を眺めていたら雑草の間になにやらピ [続きを読む]
  • 車の給油口は右か左か?
  • 軽トラに給油して3度目の燃費計測をした。 504.0km走行し、27.45ℓ給油。 満タン法で18.36km/ℓ。 前回が18.2km/ℓだったのでわずかながら向上。 新しい軽トラが来る前に10日間ほど代車を借りた。 借りてすぐに給油したのだけれど、GSに入ろうとするところでハタと困った。給油口は右か左か?確認しないまま乗りこんでしまってわからない。車から降りて確認するのも面倒くさい。 で、車に乗ったまま給油口の蓋を開けた。 サイド [続きを読む]
  • 自家製ブルーベリーアイス
  • 今日は筑波山に登るつもりでいたら、昨日メイルが来て、急遽大豆畑の草取りに行くことになった。 先週は雨で登らず、今週も登らず。 陶芸教室には桜を持参 ブルーベリーは1本目の収穫はとうに終わり、先週から2本目の収穫が始まった。 と思っていたら、3本目、4本目も色付き始めた。 こうなるとまた収穫が追いつかなくなって、野鳥の餌になってしまう。 収穫も追いつかないが、消費も追いつかず、冷凍することになり、冷凍し [続きを読む]
  • さまよえる薔薇
  • 薔薇のモーツァルトが咲いている。 モーツァルトは一季咲きの薔薇で、普通なら5月下旬から6月上旬が花の時季。 実際その頃から咲き始めて、すでにローズヒップになっているものもある。 一方で、これからの開花に備えている蕾も多数見られる。 このモーツァルトは12年前に植えて、一時は大株に育ってこぼれんばかりの花を咲かせて目を楽しませてくれていた。ところが、カミキリムシが入って、枯れてしまった。 しかし、 [続きを読む]
  • 薪棚作り、頓挫
  • 製作中の薪棚は部材の切り出しと塗装をほぼ終え、柱部分の組み立ても終え、後は現場で組み立てるだけ。 が、今シーズンはこのまま放置しようかと迷っている。 5月に発症した右肩の五十肩が痛くて、組み立て作業に取り掛かる気が失せてしまった。組み立てるには部材を持ち上げたり、支えたりする動作が必要になるのに、とてもそんな動きに耐えられる右肩の状態ではなくなってしまった。 左肩の時には斧での薪割りを続けることが [続きを読む]
  • アベリアの生垣
  • 朝茶に茶柱が立った。 何かいいことがあるのか。 台風が無事通り過ぎてくれたことがいいことだったのかもしれない。 夕方からやや強い雨が降り始めたが、雨の本番は就寝後で、かなり激しい雨が降ったらしい。6時間で70mm近い降水量で、時間当たり最大で20mmほどだったらしい。風はほとんど吹かなかったとのこと。 朝、外に出てみると、生垣のアベリアの散った花が雨に流されて道路に帯状に連なっていた。 12年前に引っ越して [続きを読む]
  • 爽やか
  • 週末から一気に気温が上がり、連日猛暑日のところもあるようだ。 個人的には暑いのは嫌いではないので、苦にはならない。 とはいえ、湿度も高く、決して快適とは言えない。 そんな鬱陶しい陽気の中、庭では爽やかな花が涼しげに咲いている。 遅れていた桔梗がようやく咲き始めた 紙風船のような蕾がかわいい ローズマリー セイヨウニンジンボク ブッドレア サルビア・インディゴスパイア 5月下旬か [続きを読む]
  • ヒグラシが鳴いた
  • 昨日は暑かった。 32℃余りの最高気温に加えて早朝の雨で湿度が高く、大豆畑の草取り2時間余りで汗だくになって、それだけで一日分の仕事をした気分。それでも疲れた身体に鞭打って、夕方自宅の畑の草取りをした。 薄暮の7時頃、ビールを飲んでいると外でヒグラシの声が聞こえた、 ような気がした。すぐに外に飛び出したが、声がしない。 空耳だったのか。 そして今朝4時。 今度はハッキリとヒグラシの声が聞こえてきた。 ヒグ [続きを読む]