税理士・世利 さん プロフィール

  •  
税理士・世利さん: 税理士・世利の、岡目八目
ハンドル名税理士・世利 さん
ブログタイトル税理士・世利の、岡目八目
ブログURLhttp://www.seri-tax.jp/blog/
サイト紹介文福岡の、中小企業と個人事業に強い税理士が、税金・経理・総務の話、本の話、その他色々書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供142回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2013/09/23 10:16

税理士・世利 さんのブログ記事

  • 目標ハーフマラソンへの遠い道 12、
  • 福岡市の税理士・世利です――やっとようやく、15分なら走れます、になったので、公道を走ってみよう!と思いたちました。走ってみました。挫折しました。あたりまえですが、人が歩いていて、モノがあって、車も走っています。普段は歩いて目にしているそれらが、走っているので、ビュンビュン通りすぎてゆきます。(亀より遅いくらいでしたが体感としては……)風景が流れる速さに驚き、コワい!  無理!すごすごと公園に戻り [続きを読む]
  • バルブの王国
  • 福岡市の税理士・世利です――事務所で熱帯魚を飼っています。昨年も繁殖したゴールデンバルブは、今年もチビが九匹育ち、王国が築かれそうな繁栄です。以前からいる大人の三匹は、食事以外はほとんど泳ぎもせずに物陰で休みっぱなし。「ごはんは、探さなくてももらえる〜♪」とシッカリ学習したようです。(魚もカシコイ)チビたちはまだ学習していませんし、育ち盛りですから、ずっと泳ぎまわっています。するとそれに触発される [続きを読む]
  • 諦観、受容、そして再起
  • 福岡市の税理士・世利です――思いがけない艱難辛苦に直面したときに、人はいかにして乗り越えることができるのでしょうか。言葉として諦観(ていかん)、仏教用語として諦観(たいかん)解釈はさまざまなようですけれど、私なりの受け取り方は、起きたことと向き合い、その事実を受容し、そのうえで次の一歩を踏み出すこと。”諦観”が再起を促すと思っています。もうすぐお盆。毎年、さまざまな場所で、いろいろな理由で、このう [続きを読む]
  • 本業を大切に
  • 福岡市の税理士・世利です――栄枯盛衰は世のならい……とは言っても、一時代を築いた企業の枯や衰は、寂しい思いがします。創業し発展した中小企業で、世代交代まで上手くいく企業はどのくらいでしょうか。本業を疎かにしたから衰退するのか、本業で行き詰ったから他業種に活路を求めるのか。どちらが先か。しかし、どんなときでも時代でも、常に基本を忘れず現場を忘れず、本業を大切にする、そういう企業の社長、会長は、お年を [続きを読む]
  • 中年になってから始めた水泳 -122
  • 福岡市の税理士・世利です――[水泳で右往左往 9.]……誤解していましたいくらかクロールを泳げるようになったころ。どうも、”かき数”がポイントらしい、と知りました。『体が上手く使えて泳げていれば、かき数が減るらしい』かき数を、泳ぎながら数えるようにしてしばらくたち、『アラッ、減ってる! 上手になったのね』これが大いなる勘違い。単に、カキとキックのバランスが崩れ、不必要にキックを連打していました。つ [続きを読む]
  • 中小企業個人事業の総務・給与・年末調整 67
  • 福岡市の税理士・世利です――■総務業務 -36求人・面接・採用31(中小企業・中途採用の場合)次に、社会保険(健保、年金、雇用)の加入手続き。昔々は、試用期間・保険未加入や、3ヶ月・保険未加入、パートだから保険未加入、などの不法な行為がみられました。いくら何でも現在は、そんな企業はないと思います。あったら大問題です。……利益に課税される法人税等とは異なり、法定福利費は、損金・費用になるにもかかわらず、 [続きを読む]
  • 目標:ハーフマラソンへの遠い道 11、
  • 福岡市の税理士・世利です――たとえ五分でも十分でも、本人はシンドイので、それを乗り越えるべくやったこといろいろ。自分で自分をほめる、励ます。モチロン口に出したら変な人ですので、あくまで心の中で。内心ですから、どれだけほめてもOK!『すごい、すごい。やれば出来るねえ。やるじゃない』そしてロッキーのテーマ曲を、頭の中で大々的に。さらに、(ダイエット完遂、ウエイトをキープ中ですが)・今日は走り終わったらソ [続きを読む]
  • おばさんの流儀〔身長を自覚する〕
  • 福岡市の税理士・世利です――六十才も数年過ぎて、やっと自覚したこと……。ストール類が好きなのに、どうもうまくコナセていません。ネットで巻き方を調べてやってみても、いまひとつ。これで正解? う〜ん?ふと気づけば、セールで買った、ごくごくお安い、サイズ小さめのをよく使っていました。あら、もしかしたら普通のサイズが私には大きい?(かなり小柄です)洋服については、おしゃれな知人に、「ジャストサイズがいかに [続きを読む]
  • 「いまさら」は、NGワード
  • 福岡市の税理士・世利です――あと少しで税理士試験です。受験生のみなさま、体調に気をつけて頑張ってください。29歳のころ、何か勉強して資格を取って、と考えたときに、「いまさらね、もうすぐ30歳なのに……」と思ってしまいました。現在は超高齢化社会で、”みんなで何歳まででも働きましょう”となりました。いまや30歳は”若者”という感じですが、昔の感覚では、30歳はもう結構な年齢でした。けれど、結局それから [続きを読む]
  • 中年になってから始めた水泳 -121
  • 福岡市の税理士・世利です――[水泳で右往左往 10.]……むかしむかしのお話困ったコーチ①有料個人レッスンを受けていた某男性コーチ。ある日のレッスンでアルコールの匂いがプンプン。二日酔いのごようすで……。失礼だと思い、また、それで泳いで大丈夫?と思い。困ったコーチ②有料個人レッスンを受けていた某女性コーチ。私のレッスン中に、隣のコースの顔なじみのかたと、長〜いおしゃべり。そのプールは子どもスイミン [続きを読む]
  • 10代の”勝負”に見入る
  • 福岡市の税理士・世利です――少し前ですが、まったくルールも知らないのに夫に教わったネット中継に見入ってしまった、藤井四段14歳と増田四段十九歳の真剣勝負。高校駅伝、高校サッカー、高校野球。大人が惹かれるのは、やはり彼らの”眼”にだと思います。思春期は過ぎ、自我が確立し、ただひたむきに何かに熱中する”眼”そしてまだ、それほど多くの濁りを見ていないであろう”眼”その清廉さに惹き付けられます。いにしえに [続きを読む]
  • 目標・ハーフマラソンへの遠い道 10、
  • 福岡市の税理士・世利です――シューズも、手持ちのジョギングシューズを履いていました。これも失敗!悪くはありませんでしたが、”初心者ランニング用”を最初から選んで履くべきでした。ウエア、シューズ、グッズ。ちょっと費用はかかりますが、初心者だからこそ、キチンとスポーツショップ(出来れば、メーカー直営店)で、しっかり選んでもらった方が良いようです。最初にそろえれば、あとはそうかかりません。それに、形が整 [続きを読む]
  • 待って待ってと追いかけず
  • 福岡市の税理士・世利です――もうすぐ夏休みで、街には子どもがあふれます。年を取ってから年月が早く過ぎるのは、さまざまな出来事に”既視感”があるせいだと、以前、何かで読みました。確かに。なが〜く生きていますから、「ああ、前にもこういうことが〜〜」ということだらけです。子どもの頃の、例えば夏休みの一日が長かったのは、新しいものを見た! 感じた! 知った!驚きと感動に満ちていたからだそうです。あれっ、そ [続きを読む]
  • 中小企業個人事業の総務・給与・年末調整 -66
  • 福岡市の税理士・世利です――■総務業務 -35求人・面接・採用30(中小企業・中途採用の場合)本人からの提出物、まずは源泉税関係で、①〔扶養控除等(異動)申告書〕原則は、最初の給与支給”前”に提出、です。この提出がないと、”甲ラン”での源泉徴収は、できません。しかし以前は、中途入社の場合、年末調整の時期に提出、という場合も多かったと思います。現在はマイナンバーも必要ですから、基本通り、入社してすぐに提 [続きを読む]
  • 中年になってから始めた水泳 -120
  • 福岡市の税理士・世利です――[水泳で右往左往 8.]「水が〜〜」だってプールですから何カ所かプールに通いましたが、歩くコース、の隣が泳ぐコース=練習用・初心者用、でした。初心者が練習するわけですから、特にクロールのキックがむずかしく、バシャバシャします。(私も長期間、バッシャッバッシャしておりました)すると、歩くコースで歩いている方で、その水しぶきを体が倒れるほどに大きく避けて、顔をしかめ、いかに [続きを読む]
  • 職人の仕事
  • 福岡市の税理士・世利です――子供の頃、畳替え職人の仕事を見るのが、とても好きでした。(大きな針を突き刺して、肘で押さえて……)大工さんの仕事を、日がな一日眺めていたこともあります。(カンナをシュッ、シュッ、鉋屑がヒラヒラ……)以前、何かで知ったのが、96歳・時計職人のお話。現役バリバリです!集中力が必要な手先仕事は、脳にも心にも良いんですね。それに、どう修理してゆくのか(昔の時計です)を考える、発想 [続きを読む]
  • 無責任の連鎖
  • 福岡市の税理士・世利です――ズラッと並んだお歴々が、TVカメラの前でそろって頭を下げる。このシーン、昔よりも増えたように思います。昔よりも、物事が露見するようになった、のなら良いことですが、追い詰められるまで悪化させるようになった、のなら困りものです。権力は腐敗すると言いますが、組織も手をつかねてみていると腐敗するようです。保身のための責任回避が連鎖すると、歯止めがききません。「水は低きに流れる」に [続きを読む]
  • 目標・ハーフマラソンへの遠い道 9、
  • 福岡市の税理士・世利です――ところで、走るときの服装。グッズ。かなりポイントでした。なにしろ、ただでさえロクな基礎体力がありません。500のペットボトル1本持っても、その分重い!その重さでさえ負担になります。最初は、まあ適当なものでいいかと考え、普通のウエストポーチ(旅行用など)を使っていました。これは大失敗!今はスポーツショップで購入したものを使っています。その違いに驚きました。ジャストフィット [続きを読む]
  • バルブ、魅惑の胸ヒレ
  • 福岡市の税理士・世利です――事務所で熱帯魚を飼っています。ただ今の住人は、・ゴールデンバルブ(太っちょです)・コリドラス・オトシンクルス・ヤマトヌマエビ魚を正面から見る視点は、”さかなクン”の帽子で初めてオッと思いました。正面から見ると、確かにかなり可愛い!私が特に好きなのは、胸ヒレで、正面から見ると、パタパタ、パタパタ。けなげに動いてとても愛らしい。ところで、熱帯魚を飼うようになってから、スーパ [続きを読む]
  • 中小企業個人事業の総務・給与・年末調整 -65
  • 福岡市の税理士・世利です――■総務業務 -34求人・面接・採用29(中小企業・中途採用の場合)③アクセス、データ管理等についての説明社内ネットワークの使い方・アクセス権限については、規程があるはずですので、最初に説明すべきことです。もしまだ規程がなければ、総務からの提案として、早急に作成したほうが良いと思います。個人情報保護法(マイナンバーを含む)の観点からも、必要です。社内書式の入手方法・使い方は、 [続きを読む]
  • 中年になってから始めた水泳 -119
  • 福岡市の税理士・世利です――[水泳で右往左往 6.]……プールのおきてプールのマナーも、最初は皆目わかりませんでした。ごく最初のころ、一回だけですが、片側使って往復する練習コースでのこと。ビート板キックを途中で断念し、同じ側を歩いて戻ってしまいました。(歩いて戻るなら復路に行くべき!なのに、知らなかった……)コースエンドで待っている方のあきれた顔を見て、「あれっ、なんか変なことした???」帰宅して [続きを読む]
  • おばさんの流儀〔70代はフラダンス〕
  • 福岡市の税理士・世利です――50代は水泳、60代はランニングをやっています。これで”自転車”をやれば、いつかはトライアスロン?!さすがにそれは無理・無茶ですから、70代はフラダンスをやる予定です。(元気に生きている気です)何しろ、今よりさらに顔もシワシワになります。これはもう、あのハワイアンの原色花柄に頼って……。人はともかく、自分はきっと満足だろうと楽しみです。水泳・ランニングで、体幹を多少なり [続きを読む]
  • 社員は見た!
  • 福岡市の税理士・世利です――家政婦、ではなくとも、社員もあらゆるものを見ています。同族企業なら、経営者一族の一挙手一投足に注目。夫が社長で、社長夫人も会社にいるとしたら、長く勤務する男性社員は、社長の”負の部分”を反映し、長く勤務する女性社員は、社長夫人の”負の部分”を反映するようです。建前ではなく本音の部分。立派な掛け声ではなく、むしろ抑圧し隠している部分。見事に”背中”を見習っていると思います [続きを読む]
  • 目標・ハーフマラソンへの遠い道 8、
  • 福岡市の税理士・世利です――呼吸につぐ、思いがけない苦難。それは〔腕の重さ〕でした。腕をブンブン振るなんてことは、大人ですからありません。ウオーキングでしっかり振っていたつもりでしたが、それは単なる”つもり”一応、肘を直角くらいにして(これも、つもり?)振っていましたが、なんと脚より先に、腕が疲れてしまいます。「重い! 腕ってこんなに重いの?」自分の腕の重さに負けるという不甲斐なさ。たぶん、肩甲骨 [続きを読む]