税理士・世利 さん プロフィール

  •  
税理士・世利さん: 税理士・世利の、岡目八目
ハンドル名税理士・世利 さん
ブログタイトル税理士・世利の、岡目八目
ブログURLhttp://www.seri-tax.jp/blog/
サイト紹介文福岡の、中小企業と個人事業に強い税理士が、税金・経理・総務の話、本の話、その他色々書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供141回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2013/09/23 10:16

税理士・世利 さんのブログ記事

  • 目標・ハーフマラソンへの遠い道 5、
  • 福岡市の税理士・世利です――ヨロヨロしながらでも、2分の次は頑張って3分。その3分を延べ3日くらいやったら、次は5分。その5分を延べ3日くらいやったら、今度は10分に挑戦。今も相当遅いのですが、そのころはカメより遅い?!そのころ、「ここ坂道だっ 大変っ」と思っていた道は、今見るとほんの少し上がっているかな?という程度です。そのころ、公道を普通に走っている人を見ると、眩しくて眩しくて、偉大なアスリー [続きを読む]
  • 書類の収納も八分目
  • 福岡市の税理士・世利です――以前の記事で、”服も八分目”と書きましたが、書類の収納も八分目!私はわりと整理整頓は得意なほうで、”さがし物”をすることは、めったにありません。会社員のころ、整理整頓が苦手な人をよくみかけました。そういう方が、ある日決心して、頑張って整理します。見ていると共通点があって、●それぞれの収納場所に、キッチリ、ピッタリ、入れてしまいます。それは一見、きれいな状態ではありますが [続きを読む]
  • 広〜い社長室
  • 福岡市の税理士・世利です――むかしむかし、「ゴルフのハンデがシングルの経営者には融資をしない」が、銀行マンの心得だと聞いたことがあります。(真偽のほどはわかりませんが……)シングルになるほどゴルフばかりしているようでは、先が思いやられる、ということでした。同様に、社員は狭いオフィスにひしめき、社長室だけが広々として、しかも贅沢な装飾品だらけ。これは誰がみても首をひねると思います。商談室兼用なので… [続きを読む]
  • 中年になってから始めた水泳 -115
  • 福岡市の税理士・世利です――[水泳で右往左往 4.]……ケノビ、それ何?プールに行き始めてすぐ、無謀にも、いきなり水泳初心者レッスンに出てしまいました。その前に、さらに前段階のレッスンがあるので、そちらにまず出るべきでした。(弁解しますと、一応スタッフに尋ねたんですが……)コーチ:「ケノビをしましょう」ケノビ……??? 聞いたことのない日本語です。「どうするんですか?」「普通にケノビするだけです」 [続きを読む]
  • キライな人は役に立たない?
  • 福岡市の税理士・世利です――若かりしころ、・嫌いな人でも長所をよく見て・自分も人も完璧ではない、批判より共感を・人は鏡、自分が嫌うと相手も嫌うそういう高説を実行しようという気持ちはありました。気持ちはありましたが……。直観は経験則、というように、「なんだかキライ」は、経験から生じる場合も多いようです。いわゆる”相性”これを変えるのは至難のワザで、当然相手もそうです。相手にメリットがあれば、何とか関 [続きを読む]
  • 中小企業個人事業の総務・給与・年末調整 -60
  • 福岡市の税理士・世利です――■総務業務 -29求人・面接・採用24(中小企業・中途採用の場合)大企業なら、新卒採用から研修まで、きちんとノウハウが整っていると思います。中小企業はそうはいきません。総務が果たす役割は、だからこそ大切です。採用決定後、各部署の対応が、てんでんバラバラという場合も多いと思います。なるべく早く、統一したマニュアルを作るべきです。新入社員も、少しずつ慣れてくれば、他の部署の社員 [続きを読む]
  • 目標・ハーフマラソンへの遠い道 4、
  • 福岡市の税理士・世利です――2分でギブアップ。いくら何でもそこでやめるなんて! 引けません!夫がいつも、「走るのと歩くのはまったく違う」と話していましたが、そのとお〜り。ウオーキングを、自分ではシッカリやっているつもりでしたが、それも負荷なしの「お楽しみ」レベルだったようです。間を1日あけてみたり、2日あけてみたりしてトライ。「走っているの? ヨロけているの?」という走り方ですから、早足で歩くオジ [続きを読む]
  • 再びの森茉莉
  • 福岡市の税理士・世利です――昨年購入した、早川茉莉編の森茉莉アンソロジー。〔紅茶と薔薇の日々〕〔贅沢貧乏のお洒落帖〕タイトルからしてさすがではありませんか!買わずにいられません。森茉莉の書くエッセイは、”森茉莉というジャンル”森茉莉の生き方は、”森茉莉というカテゴリー”4月にも出版されて、〔幸福はただ私の部屋の中だけに〕第?次森茉莉ブームの私としては、やはり買わずにいられません。しかしながら、もし [続きを読む]
  • 週休二日、週40時間って?
  • 福岡市の税理士・世利です――私の若いころ(昔々)、中小企業の事務職で、平日は9時から5時、土曜は半ドン(死語!)で9時から12時。それが週休二日が盛んに喧伝され始め、「わが社も」となって皆で喜んだのもつかの間でした。「週休二日にする代わりに、平日が9時から6時で〜〜」あらっ! えっ?以前は週の労働時間⇒38時間今後は週の労働時間⇒40時間二時間増えたといっても、土・日連休のほうが嬉しくて、特に社内 [続きを読む]
  • 中年になってから始めた水泳 -114
  • 福岡市の税理士・世利です――[水泳で右往左往 3.]……水の中にしゃがんでパニック以前の記事にも書きましたが、レッスンを受け始めたころ、コーチ:「水の中にしゃがんでみましょう」これでパニックになりました。なんといいますか、いきなり水をかぶったワンちゃん。ブルルッ、となってアワアワ。私よりも、コーチのほうがあわてていました。”水圧”というものに体が驚いたのです。その後、ボビングの練習でも同様でした。 [続きを読む]
  • やっぱりアウトプット、脳の活性化
  • 福岡市の税理士・世利です――言葉の定義としてはどうなのか、とも思いますが、このブログを書くのは、私にとっての”アウトプット”です。書き始めてから、3月で丸四年が経過しました。訪問して読んで下さっている皆様、まことにありがとう存じます。何を書こうかと考え、仕事に関することなら一応内容を調べて確認し、(これも業務上の”再確認”になります)仕事以外でも、不確実なことは避けるよう気をつけています。書き上げ [続きを読む]
  • 中小企業個人事業の総務・給与・年末調整 -59
  • 福岡市の税理士・世利です――■総務業務 -28求人・面接・採用23(中小企業・中途採用の場合)新年度が始まりましたが、中途採用であっても、初出社の日の気分は格別です。このときの自分の気持ちを、総務・採用担当者なら、いつでも思い出せるように心がけるべきです。そうすれば、初出社を迎える側として、何をどう準備したらよいか、細かいところまで気づきます。不安と期待。例え中途入社でも、たとえ何歳でも、それは同じで [続きを読む]
  • 目標・ハーフマラソンへの遠い道 3、
  • 福岡市の税理士・世利です――走ってみようかな?で、走ったら、”2分”で死にそうになりました。2分って!それはもお、ゼーゼー、ハアハア。「え〜ッ、水泳やってるし、ウォーキングやってるのに」そんなはずない、と思い再度走るっ!またゼーゼー。心臓はバックン、バックン、破裂しそうでした。「これはマズイ。これは生きものとしてダメ。何かあっても、走って逃げることさえ出来ない……」走って逃げるべき何かってナニ?と [続きを読む]
  • 運、不運、人生の勘定
  • 福岡市の税理士・世利です――運、不運、というのは確かにあると思います。例えば新卒就職。景気が冷え込み、就職に苦労した世代から見れば、最近の”売り手市場”は羨ましいかぎりだと思います。しかし、誰にも見通せない未来、トータルすれば勘定は合う、というのが私見です。季節と同様に人生にも春夏秋冬があり、生まれてから死ぬまで春ばかりの人生はなく、生まれてから死ぬまで冬ばかりの人生もない。うろ覚えですが、ギャン [続きを読む]
  • 物言わぬ社員
  • 福岡市の税理士・世利です――昔よく言われた、サイレントマジョリティ。会社の中でも同じです。もくもくと業務にあたって愚痴をこぼさず、信頼できる仕事をするのでさらに依頼されて仕事が増え、それでもガンバル社員。そういう社員が多い部署。それに対し、常に忙しいと口にし、業績を上層部にアピールし、声高にさまざまな要求をしながら、うまく手抜きをする社員。そういう社員が多い部署。忙しい経営者・上層部は、大きな声に [続きを読む]
  • 中年になってから始めた水泳 -113
  • 福岡市の税理士・世利です――[水泳で右往左往 2.]……プールから脱出できない運動習慣がないとはオソロシイ!歩くコースではなく、泳ぐコースに初めて入ったときのこと。(入るのは、ぽちゃ〜んと上から)コースエンドから、上にあがることが出来ませんでした。”手をついて、体を持ち上げて、あがる”これが出来ない!もう一度やってみる、のはあまりにハイリスクです。一度ならず二度もだと、「アノヒト何やってるの?」と [続きを読む]
  • 誤送信のお気の毒
  • 福岡市の税理士・世利です――いっせいメールなどでの誤送信。これが公職にある方の場合は大問題になります。実際多大な影響があるわけですから当然です。しかし、不謹慎だと承知していますが、影響を受ける方には申し訳ないのですが、これらのニュースを耳にすると、ちょっと可笑しい……。送信ボタンを 。そして誤送信に気が付いたあとの、思わず呼吸も止まる、絶望的な取り返しのつかなさ。「あややや〜」と茫然自失。「 [続きを読む]
  • 目標・ハーフマラソンへの遠い道 2、
  • 福岡市の税理士・世利です――五十代は水泳に打ち込みました。その大きな理由のひとつは、”関節に負担がかからない”何しろ水の中です。しかも無敵の皮下脂肪! 浮くのは得意!(泳げるようになるまでは、それはもお大変でした)夫からはず〜っと”走る”を勧められていましたが、太ったままではとても無理でした。たまたまダイエットに成功し、いろいろ積極的になり、目標のウエイトに近づいたある日。ウオーキングをしていて何 [続きを読む]
  • 「お楽しみはこれからだ」……スマホ前、スマホ後
  • 福岡市の税理士・世利です――「お楽しみはこれからだ」和田誠の名翻訳・名セリフとして知られています。私は”検索”は専らタブレットかPCでしていますが、世にスマホが行きわたってから、TV・CMで当たり前のように”詳しくは検索”となり、何よりも、行政が使うようになりました。後世、「スマホ前」「スマホ後」と、歴史年表に書かれるのではないでしょうか。加えて、人工知能。高齢ドライバーの運転をロボットがサポートする、 [続きを読む]
  • 中小企業個人事業の総務・給与・年末調整 -58
  • 福岡市の税理士・世利です――■総務業務 -27求人・面接・採用22(中小企業・中途採用の場合)採用が決定すれば、①採用条件・給与等の最終説明②提出してもらう書類等の説明今はさすがに中小企業でも明確にしているはずですが、昔は、最終の説明になってから、・実は、最初は契約社員で……・実は、試用期間中はこの給料で……・実は、試用期間中は社会保険は未加入で……(これはこれ自体がNGです!)という企業もありました。 [続きを読む]
  • 中年になってから始めた水泳 -112
  • 福岡市の税理士・世利です――[水泳で右往左往 1.]……ストレッチを知らず例えば片腕を上げ、頭の上で曲げて伸ばして、というストレッチ。私が子どものころ、ストレッチという言葉はなく、当然その動作もなく。大人になり、全く運動習慣がないままプールに行き始めたときには、「ストレッチ? 何それ?」最初に出たプログラムは、水中でちょっとだけエアロビクスっぽい動きをするものでした。最初にストレッチをするのですが [続きを読む]
  • けらえいこ:〔あたしンち〕のお母さん状態
  • 福岡市の税理士・世利です――中高年女性にありがちな姿勢、何といっても、けらえいこ:〔あたしンち〕のお母さん!(この漫画、大好きでした)がに股とはちょっと違いますが、足が外向きで、歩くときに、足と足の間が開いた状態。随分前のある日、夫から、「何だかお相撲さんみたいな歩き方になってるよ」え〜っ、お相撲さんとは失礼なっ! そんなわけ……と心の中で思いましたが、そんなわけ……ありました。あたしンちのお母さ [続きを読む]
  • みんな田舎?で大きくなった
  • 福岡市の税理士・世利です――生まれも育ちも都市部、という方ももちろんいらっしゃいますが、人口比としてはどのくらいなのでしょうか?今は大都市に住んでいても、元はと言えば、”田舎”と呼ばれる地域で育った方も多いと思います。鄙びた漁村、雪深い山村、過疎化が進む地域、小さな地方都市。ひところよく取りざたされた(今もでしょうか?)タックスペイヤー・タックスイーターという分類は、これ自体、とうてい軽々に語れる [続きを読む]
  • 目標・ハーフマラソンへの遠い道 1、
  • 福岡市の税理士・世利です――自分が”走る”に夢中になるとは!数年前には、まったく想像もしませんでした。著名な方、例えばスティーブ・ジョブズもランニングをやっていた、ランニングには健康だけではなく、さまざまな効用がある。そういう話を耳にはしていても、自分が走るなんて!無理!無理!の一言でした。年ですし……。以前はしっかり中年太りでしたし……。今からそんなことして関節でも痛めたら……。ちょっとヒザが痛 [続きを読む]
  • 持続可能性……ビジネスの流行語
  • 福岡市の税理士・世利です――横文字言葉、造語、カタカナ言葉。ビジネスの流行語も頻繁に生まれては消えてゆきます。数年前から耳にする「持続可能性」カタカナだと「サステナビリティ」だそうで、舌をかみそうです。概念あっての言語だとすれば、概念が輸入品なら、そのまま直訳するしかないのでしょうか。若い頃は新しい言葉にすぐ反応して、そのたびにあわてて勉強していました。しかし、新しい言葉が世に出れば、その言葉につ [続きを読む]